学校給食調理員裏話「学校給食で働く人間と食育に僕は耐えられなかった」

gakkokyushoku-2
 
 
こんにちは。元学校給食調理員のテルオ(@undoteruo)です。
 
 
 
僕は適応障害になり学校給食の仕事を辞めました。
 
僕はゆとり世代ではないはずなのに、考え方はゆとり世代と同じなんだと学校給食で働いている時から感じていました。
 
 
以前の職場でみんなが僕に抱いていたイメージ。
几帳面で真面目で優しいけどメンタル弱い社員のテルオさん。
 
 
実は、僕はそんな人間じゃありません。(メンタル弱いは合ってる)
 
 
 
とにかく学校給食には、いわゆる職人肌の人間が多くいます。
 
見て覚えろ
 
肌で感じろ
 
 
とにかく上の世代の職人肌の調理員は人に教えるのが下手くそです。
 
教えることもできないくせに人が失敗すると怒鳴ったりします。
 
普段「見て覚えろ」とか言って多くは語らないので鬱憤ばかり溜め込みます。
 
溜め込みたいなら死ぬまで溜め込めよ
 
と思いますが、我慢も知らないヤンキー上がりの連中なので、どこかで必ず爆発します。
 
その結果、僕みたいな弱い人間は一瞬で適応障害となり去ることになるわけです。
 
今日はそんな学校給食の嫌いな人間について書いていきたいと思います。(ほぼ批判的な内容です笑)
 
 




学校給食ってどんな仕事?

 
学校給食の一日の流れはこちらに書いていますので興味のある方はご覧ください。
 
 
学校給食とはどういう仕事なのかというと、皆さんの想像通り、子供の給食を作る仕事です。
 
ですが、皆さんが想像するような❝飲食店の調理❞とは全く異なります。
 
飲食店の調理よりはるかに衛生面に対して敏感ですし、飲食店の調理よりはるかに多くのルールが設けられています。
 
 
飲食店感覚で学校給食に入ってきた人は、その学校給食の独特の雰囲気に馴染めずに辞めていく人も多いです。
 
僕は意外と馴染めました。
 
 
飲食店のバイト経験などある方は分かると思いますが、飲食店の調理は「そんなこと言ったってさ・・・」という現実を優先します。
 
いくら理想が書かれているマニュアルが存在しても、現実には❝できっこない❞ことばかりです。
 
そんな飲食店の❝できっこない❞理想を現実に行っているのが学校給食の仕事です。
 
 
それが僕が意外と学校給食という仕事に馴染めた理由です。
 
 
しかし、学校給食という仕事自体は好きだったんですが、学校給食に関わる人間全てが
僕は嫌いでした。
 
 

学校給食の嫌いな人間その1 「子供のために」とか言う連中

 
本心かどうか知りませんが、「子供達のためだから!」とか「かわいいわね〜!」とか口癖のように言う連中がいます。
というか、こういう人間がほとんどです。
 
そういう人間の❝子供を愛する気持ち❞で成り立っているのが学校給食のという仕事なわけですが。
 
 
僕はその❝子供を愛する気持ち❞に馴染めませんでした。
 
僕も一応社員だったので、そういう人間や❝学校に気を使った子供を愛するという上辺の表現❞に合わせていました。
 
 
「子供のためですからね」
 
「ほんと可愛いですよね〜」
 
 
そんな心にもない自分の言葉にうんざりしていました。
 
吐き気を感じるほどに。
 

スポンサーリンク

学校給食の嫌いな人間にその2 子持ちのパート連中

 
社員もそうなんですが、 「子供達のためだから!」とか「かわいいわね〜!」とか言う人は基本的にパートが多いです。
 
学校給食で働くパート達は同じく小学生くらいの子供がいる方が多いです。
 
そんなお母さんにとって、子供と休みや帰りの時間が同じな学校給食はパート先として適しています。
 
なので、学校給食のパートはお母さんが多いんです。
 
 
そして、実際に自分にも子供がいて、自分と同じくらいの子供達を相手にする仕事ですから、そりゃ日々の作業も丁寧になります。
 
こんなパートさん達のおかげで学校給食の仕事が成り立っていると言っても過言ではありません。
 
自分の子供に食べさせる料理を適当に作るわけにはいきませんから。
 
 
僕は子供がいないので子を持つ親の気持ちは分かりませんが、あまりにも過保護すぎるその言動や行動にヘドが出ていました。正直。辞めた今だから言えますが。
 
 
給食の残りが多かった日には
「子供達の口には合わなかったのかな〜」
 
「もうちょっと甘い味付けにした方が良かったかな」
 
 
何を言ってやがるんだと思います。
 
子供は大人が一生懸命作った料理は黙って食えというのが僕の考えです。
 
 

学校給食の嫌いな人間その3 教え方が下手なことに気付いていないオッサン職人調理員

 
職人肌の調理員は、とにかく人にものを教えるのが下手クソです。
 
いわゆる、「無口」「見て覚えろ」「威圧的な言動」こういった人間達のことです。
 
 
学校給食にはこういった人間も多く存在しています。
 
覚えることが山ほどある学校給食の現場において、こういう人間は本当に迷惑で、出来ない人間を潰しにかかってきます。
 
あなた達が❝出来ない人間❞と呼ぶ人間は、お前のそういう人に教えるのが下手クソな人間によるものだし、自分の指導力不足を棚に上げて潰しにかかるとは・・・
 
本当に大っ嫌いです。
 
 

スポンサーリンク

学校給食の嫌いな人間その4 教育委員会の食育方針に絶対服従の栄養士

 
魚に骨があってはいけないと、骨無しの魚を発注する栄養士。
 
万が一骨が残っていようものなら業者を呼び出し、給食納品業者選定の権限を盾に脅しをかける栄養士。
 
子供が箸を落としたら自分で洗わせずに新しい箸を与える栄養士。
 
 
素晴らしいですね〜。
 
 
大っ嫌いですねこういう人間。というか仕事。というか食育。
 
 
社員時代はニコニコして従っているフリしてたけど、もう辞めたから言わせてもらうけど、
 
大っ嫌いなんだよ。
 
 
魚に骨があるのは当たり前だし、自分の不注意で落とした箸は自分で洗わせて使わせるのが、教育者として当然の教育であるはずです。
 
 
 
学校で給食に使うものは、調理器具、食器、箸スプーン全て殺菌消毒済みのものです。
 
そういうことから、床に落とした箸は使わせずに殺菌消毒済みの新しいものと交換するんです。
 
 
勿論僕もその通りやっていましたよ。社員なので。みんなやってるので。ルールなので。仕事なので。
 
 
この落とした箸を新しいものと交換するということを、僕と同じように仕事だからという理由で行っているならば僕もそこまで嫌いにはならないんです。
 
でも、他の調理員もパートも栄養士も、
「いくら自分の不注意で落としたとしても、箸は汚いから新しいもと交換するのは当然で正しいこと」
と本気で考えている連中ばかりなんです。
 
 
そんな麻痺した連中の中で笑っていることなんて僕には出来ませんでした。
 
今では、そんなところから逃げさせてくれたパワハラ上司に本当に感謝しています。マジで。
 
 
その節はパワーハラスメントありがとうございました。
 

 

スポンサーリンク

学校で一番まともな人間は実は担任教師だと思った

 
僕が学校給食の仕事を通して感じたことは、実は学校の中で一番まともな人間は担任教師なのではないかと思いました。
 
 
担任教師は子供達に勉強を教えるのが仕事ですから、給食のルールや衛生面のことなんか知りません。
 
なので、箸を落としたら自分で洗って使わせようとしますし、給食の味付けが子供の口に合っていなかったとしても特に文句なんか出ません。
 
その食育に対して無知な担任教師をうまく教育、誘導するのが栄養士の仕事であるわけですが、僕から言わせれば食育に対して無知な担任教師の方がはるかに人間らしく、教育者だと感じます。
 
 
だって、自分で落とした箸を自分で洗って使わせるのって、当然じゃないですか?
 
大人が一生懸命作った食事を文句を言わず食べさせるのって、当然じゃないですか?
 
 
そんな人として当然なことを、衛生面やら食育やらで駄目にしているのが日本の学校給食です。
 
 
子供を甘やかせ過ぎなんだよ。
 
 




 

テルオ的まとめ

 
ちょっと、こういう本音を語るのはどうかと思っていたので今まで控えていたんですが(それでもたまに溢れていたに違いない)、隠しきれなくなってきたので書いていこうと思いました。
 
 
「給食裏話の別ブログ作ろっかな」とも思ったんですが、面倒なのでここで語ることにしました。(需要あるようなら独立も考えていきます)
 
 
もし批判殺到なんてことになったらすぐに削除します!
 
それまでは書き続けます!
 
 

東京都は「ニート、フリーター」の就職支援に力を入れています(全て無料)



 
就職したいが何の経験も無いニート、フリーター、派遣、無職の方のために東京都が無料で就職支援に乗り出しています。

たとえば、もう「調理師として学校給食で働くんだ!」と決めている方はそれにまっしぐらに突き進めますが、「ずっとニートだし···」「ずっとフリーターで社会経験無いし···」「資格も無いし···」「何がしたいかもよくわからない···」そんな方のための東京都の公共事業で行う無料相談&無料支援サービスです。最初から最後まで全て無料!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。