【社会保険給付金】とは?退職後最大28ヶ月間給付金を受給する方法

kyufukin-1
 
 
こんにちは。会社を辞めてから貰える失業保険の期間は3ヶ月間しかなかったので、当時は時間的な焦りとお金の不安を常に感じていた雲藤テルオです
 
 
僕は適応障害で会社を辞めたので回復期間もある程度必要でしたが金銭的猶予が3ヶ月間しかない中で、元気を取り戻し次の仕事を決めるには時間的に無理があり苦労したことを今でもよく覚えています。
 
 
 
今回の内容は
 
 
仕事が辛い..
行きたくない…
精神的にもう限界…
とにかく早く会社辞めたい…
でも辞めても次の仕事がすぐ見つかるか不安…
ってか…たぶん無理..
収入が無くなると生活できないから辞めたくても辞められない...
倒産!?
リストラ!?
 
ウソでしょ…
 
 
こういう
 
 
精神的に参っていて会社を辞めたいけれどお金の心配があり辞められない…
 
 
コロナ不況などでの突然の失業ですぐに再就職も難しい...
 
 
 
という方にぜひ知ってほしい社会保険給付金サポートというサービスについての紹介です。
 
 
退職してからも給付金を最大28ヶ月間受給することができる国の制度なので、対象の方は知らないと僕のように確実に損をします。
 
 
 
社会保険給付金を申請できる対象者の大きな2つの条件を先に話しておきます。
 
 
社会保険に1年以上加入している方。
退職日まで2週間以上期間がある方。
 
 
この2つの条件に当てはまる方ならば給付金を受給できる可能性があるので、とりあえずこのまま読み進めてみて大丈夫です( ・ิω・ิ)و
 
 
隠れ給付対象の人
後の方にデメリットについても書いてあるみたいだから、とりあえず最後まで読んでから考えてみようかな。
 
 

1. 社会保険給付金とは

kyufukin-1
 
「社会保険給付金」とは、条件を満たしている方に対し、会社を退職後に最大28ヶ月間給付金が支給されるというものです。
 
 
 
会社を辞めた後にハローワークに申請することで貰える「失業保険」は通常3ヶ月程度ですが、〝「傷病手当」と組み合わせる〟ことによって最大28ヶ月間給付金を受け取ることができます。
 
 
隠れ給付対象の人
「28ヶ月間」っていうのはかなりデカい!Σ(゜o゜)
 

2. 傷病手当とは

kyufukin-1
 
「傷病手当」とは、健康保険の加入者が病気や怪我等で今すぐに働くことが困難な方が申請し受け取ることのできる給付金のことです。
 
 
 
意外と知らない方も多いかもしれませんが、傷病手当は健康保険の手当なので、業務中の事故の際に貰える「労災」とは違い、業務外の病気や怪我で申請ができます。
 
 
 
なので、傷病手当をもらう為にその理由を仕事と無理矢理結びつける必要もありません。
 
また、傷病手当のお金は会社が払うわけではないので会社に迷惑をかけることもありません。
 
 
 
そして、傷病手当は会社を休職している間だけ支給されるものではなく、病気や怪我が完治していなければ給与の2/3の額を最長で1年6ヶ月間は会社を退職後も継続して受け取ることができます。
 
 
 
この失業保険と傷病手当を組み合わせたものが「社会保険給付金」で、合計で最長28ヶ月間となります。
 
 
隠れ給付対象の人
でも、私は病気や怪我はしてないし…。
 
 
こう思い自分は社会保険給付金の対象者ではないと諦めてしまう方も多いでしょう。
 
 
しかし最初にも話した通り、「仕事が辛い」「会社に行きたくない」「精神的にもう限界」という方は、何らかの精神疾患を患っている可能性があります。
 
 
 
精神疾患というのは自分では気付きにくいものです。
 
 
 
僕の過去の話を例にすると、会社から「仕事休むなら病院行ってこい」と言われ仕方なく病院を受診したら「適応障害」と診断されました。
 
当時の僕は社会保険給付金なんてものを知らなかったので申請もせずに退職しましたが、明らかに当時の僕は社会保険給付金の対象者でした。
 
 
つまり僕は、給付金を申請せず金銭的に損をしました。
 
 
隠れ給付対象の人
もし私が〝対象者〟なら、給付金を貰いながらゆっくり人生を見つめ直す時間が欲しい (゚´Д`゚)゚
 
 
そういう「損」をしないために社会保険給付金サポートというサービスを紹介します。
 
 

3. 社会保険給付金サポートの【料金&条件】

kyufukin-1
 
社会保険給付金を申請するには、在職中に満たしておくべき条件がいくつかあります。
 
 
また、社会保険給付金を個人で調べ申請することも可能ですが、申請手続きが難解なため、途中で諦めてしまう方も多いと言います。
 
 
更に、もし個人で申請が通り給付金を受給することができたとしても、受給中の行動一つで支給が止められてしまうというケースも多くあるようです。
 
 
隠れ給付対象の人
いや、私には無理。。(¯―¯٥)
 
 
そういう
 
 
満たすべき条件
申請の手順
受給停止にならないための知識
 
 
について専門家が万全のサポートをしてくれるのが社会保険給付金サポートです。
 
 
隠れ給付対象の人
専門家のサポートがあれば申請がスムーズなのはわかるけど、サポートしてもらうにはお金がかかるんでしょ?
 
 
給付金サポートにお願いすれば勿論サポート料金がかかります。
 
 
サポート料金
トータルで受け取れる金額の10%~15%程度。
 
 
サポート料金については人それぞれの状況によって異なります。プランもいくつかあるようなので、詳しくは相談しヒアリングをしてみてからじゃないと正確に「いくら貰えます」とは言えません。
 
※ 料金について詳しくは「デメリット」のところでも話しているのでそちらの方も是非。
 
 
 
ですが社会保険給付金を受け取ることができれば、何もしなかった場合と比べ一人あたり数十万円~数百万円の金額の差が出るので、費用をかけてサポートをお願いしたとしても金銭的な損がありません。
 
 
隠れ給付対象の人
でもきっと、サポートの条件はめっちゃ厳しいんじゃない?
 
 
そんな金銭的な損が無い給付金サポートですが、社会保険給付金は国の制度なので、いくら給付金サポートと言えど、もう会社を辞めて4年以上も経っている僕のような人には流石にサポートのしようがありません..(~_~;)
 
 
なので、給付金サポートの申込にはこのようなサポート条件があります。
 
 
給付金サポート申込条件
社会保険に1年以上加入している方。
退職日まで2週間以上期間がある方。
怪我や病気で今すぐ働くことが難しい方。
年齢が20歳~54歳。
現時点で転職先が決まっていない方。
使用可能な有給日数が4日以上ある方。
 
 
このような条件がありますが、先にも話した通り、精神疾患は自分では判断できなかったり、転職先を探す探さないはこれからの行動一つですよね?
 
 
隠れ給付対象の人
確かに事前に知っていれば〝計画的に条件を満たす〟ことのできる項目も多いかも ( ・ิω・ิ)✧
 
 
なので、とりあえず上の2つのに当てはまる方ならば相談可能とのことです。
 
 
相談だけなら何度でも無料。
相談は全国どこからでもOK。
派遣やアルバイト・パートでも社会保険に加入している方ならばOK。
 
 
隠れ給付対象の人
の条件なら満たしてるから、とりあえず相談だけしてみようかな!( 。>﹏<。)ノ
 
 
社会保険給付金は会社を辞めた後からの申請でも不可能ではありませんがかなりハードルは高くなるようなので、とにかくの2つの条件に当てはまる方は是非在職中に相談しておきましょう!
 
 
 

4. 給付金サポートに相談をする前に

kyufukin-1
 
社会保険給付金の仕組みや給付金サポートについてある程度理解したところで、この社会保険給付金&給付金サポートについてのメリットと〝公式サイトには載っていない〟デメリットの話もしておきます。
 
 
隠れ給付対象の人
〝公式サイトには載っていないデメリット〟って!?(゜-゜)
 
 
給付金サポートへ相談すれば全ての内容を(デメリットについても)教えてもらうことができますが、とくにデメリットは個人個人の状況次第で異なるため、誤解を防ぐため公式サイトではあえて全ての内容は載せていないものと思われます。
 
 
具体的に「いくら貰える」とか、具体的な受給条件は個人によって様々なので、ヒアリングをしてみてからじゃないと正確には答えられないんですね。
 
 
隠れ給付対象の人
だから「とりあえず相談してみて」ってことなのね (︶^︶)
 
 
デメリットも知った上で相談すれば誤解も時間のムダも省けるので、是非メリット・デメリット」についても確認した上での相談をおすすめします。
 
 
相談時に質問するべきことを事前にある程度まとめておく為にもご活用ください。
 
 

5. 社会保険給付金サポートの【メリット】

kyufukin-1
 
社会保険給付金&給付金サポートのメリットはこんな感じ。
 
メリット
安心・確実・スピーディーな申請。
退職後のお金の不安が減る。
全額返金保証付き。
転職に不利になることは無い。
国の制度なので安心。
 
詳しく解説していきます。
 
 

・安心·確実·スピーディーな申請

 
社会保険給付金サポートに依頼をすれば、個人では難解な申請手続きがスムーズに進みます。
 
 
 
社会保険給付金は公的な制度なので、満たすべき条件や書類記入など、手続きは全て正確に行わなくてはならず申請自体が難解です。
 
 
更に、受給中の行動一つで支給が止められてしまうケースもあります。例えば「引っ越し」や「無理を押しての転職活動」などがその一例です。
 
 
転職活動を行える状態であればいいんですが、本当はまだ無理なのに将来への焦りから無理して活動を行ったり、無理してアルバイトをし、その後「やっぱまだ無理だった」となっても支給が止められてしまう場合もあります。
 
 
隠れ給付対象の人
給付金支給のルールを知らず知らずのうちに破っちゃうかもしれないってことね ( ´Д`゚。)~
 
 
こういう難解な申請手続きや受給を継続するためのアドバイスはその道のプロの給付金サポートに相談するのが安心です。
 
 
 
 
 
ちなみにですが、この社会保険給付金を自分で調べ申請を行うには、実際の社会保険給付金の中身は
 
 
雇用保険の失業手当
健康保険の傷病手当
 
 
この組み合わせのことなので、公的機関に問い合わせる際にはこの2つを分けて問い合わせ、その後組み合わせは自分で頑張って考えて手続きをする必要があります。
 
 
つまり激ムズです。
 
 

・退職後のお金の不安が減る

 
社会保険給付金を28ヶ月間受給することができれば、お金の心配をせずにゆっくり次の人生計画を立てる時間に充てられます。
 
 
 
精神的に不安定な状態で、失業保険の3ヶ月間だけで次の生活の準備を整えるのは結構キツイですよね?
 
 
当時の僕のように、本来給付金の対象にも関わらずこの制度を知らなければ数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねることになります。
 
 
「過去に戻れるならいつに戻りたい?」という質問には「退職の2週間前」と今の僕なら答えるでしょう(笑)。
 
 
隠れ給付対象の人
28ヶ月間お金の心配をせずに済むってのはかなりデカい!\(>﹏<)/
 
 

・全額返金保証付き

 
もし万が一サポートを受けても社会保険給付金を受給することができなかった場合には、支払ったサポート費用は全額返金保証があるので安心です。
 
 
隠れ給付対象の人
サポートを依頼して申請が通っても通らなくても金銭的な損は無いってことね (^_^)♪
 
 

・転職に不利になることは無い

 
社会保険給付金を受給していたこと自体が転職に不利になることはありません。
 
 
なぜなら、たとえ面接を行った企業から傷病手当を支給する健康保険組合などに問い合わせがあったとしても、個人情報を他人に教えることは無いからです。
 
 
また、企業が面接を受けに来た人に対してそんなことをいちいち調べることも通常ありません。
 
 
隠れ給付対象の人
自分から言わなければ会社に知られることは無いのね (^。^)♪
 
 
ただし、この後のデメリットのところでも話しますが、給付金を受給している〝空白の28ヶ月間〟については面接時に質問されることだけは覚悟し面接対策をしておく必要はあるでしょう。
 
 
 

・国の制度なので安心

 
社会保険給付金は法の隙間を突いた〝裏技〟などではなく、国の制度の正しい活用なので安心です。
 
 
 
しかし「国の制度だから安心」と言えど、公的な制度だからこそ法は守らなくてはいけませんよね。
 
 
なので給付金サポートを行っているCREED BANK株式会社では、顧問弁護士・顧問社会保険労務士といった国家資格を持つ専門家の指導の元、適切に給付金サポート業務を運営しているので安心です。
 
○ CREED BANK株式会社の専門家顧問

・顧問弁護士:弁護士法人 V-spirits法律事務所
・顧問社会保険労務士:社会保険労務士事務所タクスフォース

 
 
隠れ給付対象の人
法律の専門家がいるなら安心できそう (^^)/
 
 
気になる方は、法を遵守した安心の給付金サポートに一度相談してみましょう。相談だけならば何度でも無料です。
 
 
社会保険に1年以上加入している方。
退職日まで2週間以上期間がある方。
 
 
この2つの条件を満たしている方はとりあえず相談だけでもしてみることをおすすめします。
 
 
 

6. 社会保険給付金サポートの【デメリット】

kyufukin-1
 
良い事ずくめのように聞こえる社会保険給付金サポートですが、勿論デメリットもあります。
 
 
デメリットというか、リスクと注意点ですね。
 
デメリット(リスクと注意点)
サポート料金は先払い。
離職期間が長い程再就職には不利。
傷病手当は同じ病気で2度受けられない
生命保険の加入が難しくなる。
 
詳しく解説していきます。
 
 

・サポート料金は先払い

 
サポート料金は「トータルで受け取れる金額の10%~15%程度」と話しましたが、このサポート料金は先払いになります。
 
 
つまり、社会保険給付金を受け取る前に支払わなくてはいけないお金ということです。
 
 
ここが給付金サポートを依頼する上でなかなか一歩が踏み出せない最大のポイントでしょう。
 
 
隠れ給付対象の人
えっ…先払いは無理だって..(´-﹏-`;)
 
 
実はサポート料金の支払い方法は一括払い以外にも「分割払い」もあります。
 
 
2つの支払い方法
1. 一括払い
2. 頭金 + 分割払い
 
 
最初の頭金さえ何とかなれば、あとは分割で毎月の給付金の中から支払っていくということもできます。
 
 
個人的にあまりおすすめはしませんが、退職後だとクレジットカードが作りにくくなるので、在職中にカードを作っておきそのカードで払っちゃうという手もあります。
 
 
ですが、条件を満たしている方ならば社会保険給付金は確実に受け取ることのできるお金なので、頼れるならば親を頼ってみるのが一番ですね。
 
 
隠れ給付対象の人
頭金さえ何とかなれば、給付金の中から分割で払っていくことはできそうね (゚∀゚)v
 
 
先に諦めてしまわず、費用の支払い方法も含め、とりあえず一度給付金サポートへ相談してから決めてみてはいかがでしょうか。
 
 
相談までならば何度でも無料です。
 
 
 

・離職期間が長い程再就職には不利

 
メリットのところで「社会保険給付金を受給していたこと自体が転職に不利になることはない」と話しましたね。
 
それは間違いありません。
 
 
ですが当然、離職期間が長ければ長い程再就職には不利になるでしょう。
 
 
 
社会保険給付金を満額受け取ることになれば28ヶ月間になるので「28ヶ月間何してたの?」ってことです。
 
面接ではこの空白の28ヶ月間のことは必ず突っ込まれるので、その面接対策は必須です。
 
 
 
ちなみにですが、投資・不動産収入・ネットビジネス・在宅ワークならば法的に労働とは見なされないので、給付金を受給しながら収入を得ることもできます。
 
 
なので、そういったビジネスを勉強する時間に充てることができれば、人によっては面接に役立てることもできるでしょう。
 
 
隠れ給付対象の人
勉強して資格を取るのもいいわね ʕ•̀ω•́ʔ✧
 
 
ですが、働くことができるならば就職するのが最善ですね。
 
 
心身共に健康な人が安易に給付金受給期間を無理矢理引き延ばそうとするのはおすすめしません。
 
 

・傷病手当は同じ病気で2度受けられない

 
今回の社会保険給付金で傷病手当を申請し実際に給付金が支払われることになった場合、今回と同じ病名での傷病手当を再度受けることは基本できません。
 
 
 
しかし「前回の時は病気が治っていて治療の必要がなかった」と医師が判断すれば、同じ病気でも傷病手当を受給することができます。
 
 
ですがそれをすれば、何度か会社とのやり取りが必要になるため、自分から同じ病気で再度の申請をすれば過去の受給歴が会社にバレという覚悟はしておいた方がいいかもしれません。
 
 
 同じ病気での傷病手当は今回一度限りと心に決め申請する。
 会社に知られたくなければ同じ病気で申請をしない。
 逆に、最初から傷病手当受給の事実を会社に話しておく。
 
 
隠れ給付対象の人
ここは結構重要な部分かもね!
 
 
給付金サポートへ相談する際にはこのリスクについても担当の方によく確認しておきましょう。
 
 
 

・生命保険の加入が難しくなる

 
傷病手当の病気の種類にもよリますが、生命保険に加入する際には病歴や給付金を貰っていた期間が審査対象になることがあるので生命保険の加入が難しくなる場合があります。
 
 
 
勿論「一生入れない」ということではなく、給付金を貰わず約3年〜5年以上経過すると時効とみなされ、多くの生命保険では加入できるようになります。
 
 
また、病院を継続的に受診していても加入できる保険もあるでしょうし、給付金受給の前に既に生命保険に加入済みならば問題はありません
 
 
隠れ給付対象の人
若いうちはあまり関係なさそうだけど、年齢が高い方や家族がいる方はよく確認しておいた方がよさそうね (・。・; )
 
 
 

7. 社会保険給付金サポート【申込方法】

kyufukin-1
 
社会保険給付金サポートへ申し込むには、まずは無料相談から始めましょう。
 
 
公式サイトにもいきなりの申込みボタンなどは無く、じっくりヒアリングをした後の申込みになります。
 
 
個人個人で状況が様々なので、まずは相談者の今の状況を聞いてみてからじゃなければ、サポート「できる」「できない」も含め、受給期間や金額も判断ができないんですね。
 
 
 
お問い合わせは公式サイトにある「LINE」「メール」2つの方法から可能です。
 
 
その後予定を合わせ、通話によるヒアリングを通し、より具体的な話を進めることになります。
 
 
給付金サポート申込条件
社会保険に1年以上加入している方。
退職日まで2週間以上期間がある方。
怪我や病気で今すぐ働くことが難しい方。
年齢が20歳~54歳。
現時点で転職先が決まっていない方。
使用可能な有給日数が4日以上ある方。
 
 
この上の2つの条件に当てはまる方ならばとりあえず無料相談が可能とのことなので、気になる方はまずは相談だけでもしてみましょう。
 
 
隠れ給付対象の人
今回知ったメリットとデメリットから疑問や質問のポイントをまとめて相談してみよう ( ・ิω・ิ)و
 
 
 
 
もしまだ相談に迷っている方や、逆に、相談したけど「よくわからなかった」「断られた」という方は、会社を辞める際の「損をしないお金の話」が詳しく解説されている本なんかも売っていたりします。
 
 
時間的に余裕のある方ならばまずはこういう本から情報を得て知識を身に付けるのも良いでしょう。
 
 

 
 
隠れ給付対象の人
とりあえず即決はせずに相談だけしてみて、疑問が残るようなら本を見て勉強してみようかな ٩(  ・ิω・ิ  )۶
 
 

■ その他退職にまつわる情報関連記事

 
 
 
 
 
 

関連記事