【5年再発なし】僕が適応障害を克服した方法→誰でも真似できます

ad-overcome-1
 
 
こんにちは。(「仕事に行きたくない死にたい」体験談。僕の異常行動の記録)でも話しているように、過去に適応障害になり結構精神的にヤバいところまで行ったことのある雲藤テルオです。
 
でも運よくギリギリのところで帰ってくることができ、あれから約5年くらいの月日が流れ、僕は適応障害を克服しました。
 
 
こういう適応障害やうつ病というのはけっこう「繰り返す」と言われたりしますが、僕の適応障害はこの5年間再発していません。そしてたぶん僕は今後も再発はしないと思っています。
 
なぜ僕が「今後も再発しない」なんて言えるのかというと、僕は適応障害が再発しない方法を知っているからです。
 
 
 
今回の内容は、僕が適応障害を克服した方法をお伝えします。誰でも真似できる方法です。
 
結論を先に言えば僕のその方法は「逃げる」なんですが、「そんな簡単に仕事から逃げられないよ…(・ัω・ั ٥)」という方のために、ついでに仕事で役に立つ「適応障害回避術」も僕の経験からお伝えしておきます。
 
 

僕が適応障害を克服した方法

 
 
僕が適応障害を克服した方法は「逃げる」です。そしてこれが適応障害を克服する一番確実な方法でもあります。
 
 
 
適応障害などの精神疾患は会社の人間関係が原因になることが多いですよね?
 
適応障害を治す方法は病院でも「原因を取り除けば治りますよ」と言われます。
 
なので普通、適応障害になったり「なりそう」という人は、周りからの助言や自分の中の「逃げちゃだめ!」という常識により、人間関係の改善を頑張りなんとか適応障害を治そうとします。
 
 
 
でもこの〝原因を取り除く〟を超シンプルに考えれば、逃げちゃった方が早いし確実ということになります。
 
僕の肌感覚ではありますが、人間関係改善の努力を真面目に頑張る人ほど適応障害を繰り返すことが多く、スパッと逃げてしまう人の方が再発リスクは非常に低いと感じています。
 
 
 
嫌いな人間を努力で好きになることはありません。ただただ疲れるだけです。
 
疲れるだけならまだしも、嫌いな人間を好きになる報われない努力をずっとしていると徐々に精神が病んでいきます。
 
実際に嫌いな人間からスパッと逃げちゃった僕は5年再発していないし今後する気配もありません。
 
 
 
そして、うつ病に発展してしまうと難しいと思うんですが、まだ適応障害ならば、逃げることができれば薬を飲む必要もありません。
 
 
 
適応障害を克服しようと病院へ通院しながら仕事を頑張っている人も多いと思いますが、なぜ適応障害で病院へ通院しなければならないのかというと、今の仕事を続けるためには薬が必要だからです。
 
つまり、適応障害の原因から逃げることができるのであれば薬を飲む必要もないということになり、今後も逃げ続けることができるのであれば再発もしないということになります。
 
 
 
碇シンジ君は嫌でもなんでもエヴァに乗らないと人類が滅亡してしまうのでもし適応障害になっても通院し薬飲んで精神を麻痺させ頑張るしかありませんでしたが、私たちは逃げても地球は滅亡しないので大丈夫です v(´∀` )
 
 
 
適応障害は「逃げる」ことで克服することができます。今後も逃げ続ける(危険な兆候を事前に察知し回避する)ことができれば再発もありません。
 
これが僕の適応障害を克服した方法です。
 
 
 
とはいえ、「逃げるは恥」の考えを捨てることはできても、会社から逃げるにはお金の不安がありますよね。
 
でもその不安は国の給付金制度である程度解決できます。
 
ついでに〝お金の面の克服方法〟もお伝えしておきます。
 

お金の不安は国の給付金制度で軽減できます

 
適応障害で会社を辞めると最大で28ヶ月間国から給付金を貰うことのできる制度があります。
 
これで会社を辞めても最大28ヶ月間はお金の心配をせずに適応障害を克服することができます。
 
 
 
適応障害を克服する一番簡単な方法は「逃げる」ですが、とはいえ、突然会社を辞めてしまったら次の仕事が決まるまで収入がありません。
 
それがネックとなり本当は会社を辞めた方がいいのは知ってるけど収入が無くなると困るから辞められない…」という方も実際多いんじゃないでしょうか。
 
というか、適応障害になっても会社を辞めないで続けるのは「お金」の理由がほとんどですよね。
 
 
 
そういう方は社会保険給付金という制度を知ってみると良いと思います。
 
 
 
「適応障害」と病院で診断された方は、少なくとも通常3ヶ月間の失業保険よりも多くの給付金を貰える可能性が高いです。
 
適応障害の克服には「お金の克服」が最も効果的!(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 
 
この社会保険給付金について詳しくはこちらを参考にしてみてください。

仕事で役に立つ適応障害回避術

 
 
ここまでは「逃げる」という僕の適応障害克服の一番シンプルで確実な方法を話してきました。
 
 
 
とはいえ、簡単に(仕事や人間などから)「逃げる」という選択ができない人が実際は多いでしょう。
 
お金の問題以外にも、なにより退職すること自体が面倒だし、辞めた後に次の働き口を探すのも面倒です。
 
 
 
僕だってべつにすぐになんでもパパッと「逃げよ」と決められるわけじゃありません。
 
これまでいろいろと自分なりに頑張ってみた結果、「頑張る時間なんて無駄だからとっとと逃げたほうが得だな」という考えに至ったので、今ではパッと逃げます。
 
 
 
つまり、会社で〝頑張って耐える〟などという無駄な頑張りは疲れるだけで意味がないばかりか、適応障害発症のリスクや再発リスクが高くなるだけです。
 
なので、もし今の会社で頑張って働きたいのならば今あなたが頑張るべきこと」を僕の経験から最後に話して終わりたいと思います。
 
 
 
会社で今あなたが頑張るべきことは次の4点です。
 
会社で今あなたが頑張るべきこと
 
  1. 自分は他人からどう見られがちなのかを知る。
  2. 無駄に頑張ることをやめる。
  3. 人間関係を適切に整理する。
  4. 逃げ道を複数確保しておく。
 
僕と同じようなメンタル弱めな人が今の会社で頑張るならば、この4点を頑張りましょう。
 
 
これらについて詳しくは(仕事の人間関係を改善し【適応障害を回避する】4つの方法)で話していますが、要するにこの頑張りはなんのためのものなのかというと、
 
ー 適応障害になりにくくなる ー
 
● 自分を客観的に知ることで正しい対処がしやすくなる。
 
● 頭の中をできるだけシンプルにすることで物事の判断を正しく行えるようにする。
 
● 逃げ道を複数確保しておくことで万が一のときに無駄に頑張らず逃げやすくする。
 
こういうことを目的にしています。これらを身につけておくと適応障害が発症しにくくなります。
 
 
 
適応障害になりやすい人は、
 
ー 適応障害になりやすい人 ー
 
● 自分が他人からどう見られているのかよく知らないので無意識に地雷を踏みまくっちゃう。
 
● 自分の頭の処理能力が限界を超えてるから正しい判断ができない。
 
● 逃げ道がないのでそこで(その会社で)頑張るしか方法が思いつかなく適応障害を繰り返す。うつ病になっちゃう。
 
こういう目の前の物事に対処するだけでは適応障害は一生解決できません。
 
 
これについては話すと少し長くなるので、もっと詳しい内容はこちらを参考にしてみてください。

 
 
 
 
 
 

関連記事