適応障害に薬や根性は必要ない。仕事から逃げろ。立ち向かうな。一旦引け。

ad-4-1
 
こんにちは。適応障害になり会社からすぐに逃げ出した雲藤テルオです。
 
確かもう何度か適応障害カテゴリー内の記事の中で話していると思いますが、僕が最終的に会社を辞めようと決心したのは、社長のこの言葉を聞いた瞬間でした。
 
 
 
実際にこの会社でも鬱病になっても薬を飲みながら頑張っている社員も何人かいるんだから、テルオ君も薬とか飲みながら頑張ってみようよ
 
 
 
一見、すごく優しい社長の言葉のように思えます。
 
いや、実際、優しかったんだと思います。
 
会社にとって厄介者以外の何者でもない適応障害や鬱病の人間に対して引き留めてくれているわけですから、社長は優しい人間だったのでしょう。
 
ですが僕はその社長の言葉を聞いてこう思ってしまいました。
 
 
 
会社って、薬を飲んでまで頑張って居続けなきゃいけないものなのかな
 
 
 
社長の優しい言葉を聞いてこんなふうに思ってしまった僕は、やっぱりその後退職することにしました。
 
普通の人ならばここで、休職とかして傷病手当とか貰いながら通院して復帰を目指し、薬を飲みながら社長の優しさに応えるために頑張るのでしょう。
 
僕もその “普通” に逆らい会社を辞めた直後は「本当にこれで良かったんだろうか...」なんて考えたりしましたが、あれから数年経ち、今ではこう思います。
 
 
 
やっぱ仕事辞めて正解だったな
自分の直感に従ってよかった
 
 
 
今回は、適応障害になりソッコーで会社を辞めた経験を持つ僕がその後に目撃した「鬱病から復職した同僚の末路」と共に、適応障害になった場合に会社は「辞めるべきなのか」「頑張って居続けるべきなのか」について話していきたいと思います。
 
 
結論を先に言えば、
 
立ち向かうな
一旦引け
 
です。
 
 

「休職」というもの

 
会社には「休職制度」というものがあります。
 
病気や怪我などで働けない場合に、一時的に傷病手当という給料の何割かが貰える制度とかを利用しながら会社を休むことができるというものです。
 
鬱病や適応障害の医師からの診断書があれば申請可能です。
 
 
僕は会社を辞めた今、飲食店でアルバイトをしているんですが、そのバイト先に鬱病で直前まで休職していたという社員が配属されました。復帰を目指してリハビリがてら営業に参加しているという社員です
 
 
鬱病になっても会社を辞めずに頑張ろうと思えばこのように、傷病手当を貰って休職して復帰して頑張って働き続けることも可能です。
 

僕が休職せずに会社を辞めた理由

ad-4-2
 
僕は傷病手当も貰わず休職することなく会社を辞めました。
 
適応障害はその原因から離れれば6ヶ月以内に治ります。
 
 
 
傷病手当を貰って休職するというのはその会社で復帰を目指すことが前提です。
 
なので僕の場合も、傷病手当を貰って完治するまでしばらく会社を休むことは可能だったわけです。
 
しかし、僕の適応障害の原因は仕事にありました。
 
 
 
傷病手当を貰って休職するというのは復帰を前提としているため、会社の人間と頻繁に電話などでやり取りをしなければいけません。
 
3ヶ月間休むからって3ヶ月間放置しておいてはくれないわけです
 
僕は仕事のことを思い出すのも嫌だったため、会社の人間とは一切関わりたくありませんでした。
 
これでは、休職も難しい。
 
 
 
それと、僕が傷病手当を貰わなかった理由がもう一つ。
 
傷病手当は復帰を前提としているとはいえ、会社に「実は辞めるつもりなんです」なんて言わなければべつにバレません。
 
辞めるつもりであっても、少し落ち着くまで傷病手当を貰いながら休職し、その後退職してもいいわけです。
 
ですが僕はこれをしませんでした。
 
その理由というのは最初にも話した通り「薬を飲んで頑張るなんて嫌だ」という思いがあり既に辞めると決めてしまったということと、もし今後他の会社へ転職しようと思った場合に、傷病手当を貰いながら休職していたという事実は相手企業に知られることになるからです。
 
 
 
前の会社では傷病手当を貰いながら休職しその後すぐに退職されていますが、何があったのですか?
 
 
 
こんな感じで必ず聞かれるでしょう。こうなれば適応障害だったと言うしかありません。
 
転職には不利な状況になります。
 
勿論調べられなきゃバレないかもしれませんし、面接で嘘をつき通せばバレないかもしれませんが、僕にはその自信がありませんでした。
 
 
 
今の会社に復帰することを前提として頑張ろうと考えている方にとっては傷病手当はいい制度かもしれませんが、その仕事を今後辞めて転職する可能性があるのならば、傷病手当は不利になってしまう可能性があります。
 
こういう理由で僕は、休職せず傷病手当を貰わずに会社を辞めました。
 

精神疾患は会社にとって「お荷物」でしかない

ad-4-11
 
適応障害は原因から離れて6ヶ月経過すれば完治するのが通常だよ」と医者から言われ、僕もそれを経験し実際にその通りでしたが、鬱病に発展してしまった場合には原因から離れてもなかなか楽にはなれない」と医者は話していました。
 
 
 
例の、僕のバイト先に鬱病を何度か繰り返している社員の話ですが、その社員を見ている限り、この会社では今後出世は望めないでしょう。
 
・人と目を合わせられない
・声が小さい
・コミュニケーションがとれない
 
接客業としては致命的です。
 
 
これが完治すればいいですが、鬱病は繰り返す可能性が高いため、一生付き合っていかなくてはいけません。
 
一時は良くなったように見えてもまた繰り返す恐れのある人間を、責任ある立場にすることは会社はするはずもありません。
 
それに、飲食店は慢性的な人手不足のため、リハビリがてらとは言っても、一人の戦力として鬱病の社員もシフトに組み込まれます。
 
 
 
この社員がこの前、突然当日に体調不良で欠勤したんですが、お店の他の健康なスタッフからは文句の嵐でした。
 
 
急に休むなよな!
 
何であんな使えない人間入れるんだよ!
 
あんな変なヤツ配属するなよな!
 
あの人に包丁握らせたらヤバくない!?
 
 
勿論皆その社員の事情は知っていましたが、健康な人間には関係ありません。
 
 
今日、営業がスムーズに回るかどうか
 
 
それ以外のことは知ったことではなく、鬱病であっても当日急に欠勤したことに対する不満、シフトに組み入れている店長への不満、そんな迷惑な “使えない人間” を配属させた会社への不満。
 
そして、包丁を握らせたらヤバいんじゃないかという、身の危険への不安。
 
 
 
僕は適応障害を経験しているため、この鬱病の社員の辛さはそれなりにわかります。僕のようにすぐに辞めることはせずに薬を飲んで “普通の人” に戻るべく頑張っているのでしょう。
 
僕にはできなかったことをやっているので凄いなとは思いますが、他の多くの健康な人間には理解されにくい。しかもただでさえ人手不足の飲食店ならば尚更です。
 
他のスタッフから信頼を得られず理解もされないこういった鬱病を抱える人間を責任ある立場の店長に会社もするはずもなく、会社にとってはお荷物でしかありません。
 
鬱病と闘いながら仕事に復帰するその「根性」は素晴らしいと思いますが、その会社でその「根性」が報われる日はたぶん、やって来ません。
 

適応障害に「根性」は必要ない

ad-4-4
 
鬱病や適応障害になる人間は真面目で完璧主義な人が多いんです。
 
普通の人ならばスルーするようなことでも細かく深くいちいち考え込んでしまい、人が集まって笑っていたら「僕のことかな…」なんて考えてしまいます。
 
人の言葉の裏の意味を探ってしまいます。
 
人に気を使うあまり、自分の意図とは違う行動や言動をとってしまい周囲に誤解されることもよくあります。
 
適当に済ませることができず完璧にこなそうとするくせに、自分の能力がそれには追いつかず、結局は途中で投げ出すことになる。
 
この繰り返しの人生は、真面目で完璧主義の人間には結構キツイんです。
 
どんどん「オレはダメ人間だ…」との思いが強くなっていき、精神を病んでいきます。
 
 
 
自分が休んだら皆が大変だろう
 
いや、こんな状態ならば休んだ方がいいだろう
 
 
こんな考えがぐるぐる頭の中を回って答えが出ません。
 
 
休んだら皆に迷惑がかかる
 
逃げたくない
 
今辞めたらもう社会復帰できないかもしれない
 
精神病で辞めたなんて言ったら恥ずかしい
 
仕事を辞めたら家族に迷惑がかかる
 
 
何よりも、「自分は完治して以前のようにバリバリ働きたい!」という思いがあるからこそ、頑張って “普通” を取り戻そうとします。
 
どちらが自分にとっていいことなのか、周りに迷惑をかけないためにはどうすればいいのかということについてずっと悩みます。
 
 
 
つまりこれらはすべて「根性」というものです。
 
 
 
僕もそうでした。「根性」だけでなんとかしようと考えていました。
 
でも僕の場合には幸いにも、元々人よりも根性が足りなかったので(笑)、すぐに「根性」を捨てました。
 
根性は捨て、自分を最優先に考えることにし、逃げ出しました。
 
 
 
一番の敵は、これまでの教育で培った自分の中の「根性」です。
 
 
 
「根性」で頑張っていた僕のバイト先の鬱病から復帰を果たしたかのように見えた頑張りやさんの彼。
 
彼はその後また出勤できなくなり、結局退職しました。
 
 
 
ただの適応障害の僕が鬱病を語るには知識が足りませんが、もっと早く「根性」を捨てることができていたならもしかしたら、適応障害で済んでいたのかもしれません。
 
わかりませんが。
 
 
 
それでも「根性」って、必要でしょうか?
 
 
 
完璧主義の性格はなかなか変えることができませんが、「根性」ならば、簡単に捨てられます。
 

適応障害に「薬」は必要ない

ad-4-5
 
適応障害になり通院して薬を飲みながら頑張って会社勤めをしている人は、なぜそんなに頑張って会社に留まろうとするのかというと、逃げるのは恥ずかしいこと」と考えているからです。
 
「恥ずかしい」とは一体何を想像しているのかといえば、
 
 
暗い部屋に閉じこもってお母さんが部屋の扉の前に食事を用意しておく
 
 
こういった映像を思い浮かべて「そんなことは恥ずかしいこと」だと考えます。
 
確かに恥ずかしいことかもしれません。僕もそんな生活は嫌です。
 
でも会社から逃げたからといって、逃げた先が暗い部屋である必要はないわけです。
 
 
 
「逃げることは恥ずかしいこと」という考えがそもそもの間違いで、生き物は嫌なことから身を守るという本能が備わっているものです。
 
「逃げたい」と感じたということは、あなたにとってその場に留まり続けることは「危険なこと」だと自分の脳が警告しているんです。
 
野生の動物は病院や薬なんてないのでもう逃げるしか道はないわけですが、人間界には病院や薬やカウンセラーがいますから、なんとかそれに頼って頑張ろうとします。
 
つまり、嫌なことから逃げずに薬を飲んで頑張るという行いは自然な行いではない」と言えるのではないでしょうか。
 
 
 
原因から離れれば6ヶ月以内に完治するはずの適応障害で、なぜ薬が処方されるのというと、「会社に留まり続けるため」です。
 
原因が仕事で、その原因である仕事を続けるためには、自分の危険察知能力を薬で麻痺させる方法が一番いい。
 
 
もし自然界で暮らす野生の動物が自分の「ここは危険だ」との直感を薬で麻痺させそこに留まり続けたら、どうなるでしょう?
 

ソッコーで狼に食い殺されるんじゃないでしょうか?
 

ad-4-6
 
それを人間はやろうとしているんです。
 
 
 
実際に僕にも薬が処方されましたが、僕は会社に留まり続けるつもりがなかったので、帰りにその処方箋を破ってゴミ箱へ捨てました。
 
嫌なことを無理して「根性」で頑張るつもりがなかったので僕には必要のない薬と考えたからです。
 
適応障害の処方箋を破り捨てるという行為は、その処方された薬を飲んで得られる効果よりも高いと僕はその瞬間感じました。
 
原因である仕事に戻るつもりがないという断固とした自分の決断は実に清々しく、生きる気力が戻ってきたように感じました。
 
 

自分の危険察知能力を薬で麻痺させる行為はマジでやめた方がいい

ad-4-12
 
薬全般に言えることですが、薬とは、逃げずに頑張って生き続けるためのものです。
 
 
インフルエンザはどこへ逃げても治りません。
 
虫歯はどこへ逃げても虫歯のままです。
 
でも適応障害は、逃げれば治ります。
 
 
逃げれば治るものに対して薬を飲むなんて自然ではないし、薬を飲んで頑張って会社へ行かなければ死んでしまうというものでもありません。
 
つまり「あなたにとってここから先は危険なことだよ」と脳が警告しているにも関わらず、薬で脳を麻痺させて会社へ行くという行いこそ自殺行為だと僕は考えています。
 
 
 
危険な場所から逃げることは恥ずかしいことではありません。
 
適応障害はただ、目に見えなく人によって感じ方に差があるものであるから「逃げたら恥ずかしいんじゃないか」なんて考えられがちですが、実はチェーンソーを振り回す頭のイカれた人間から逃げることは恥ずかしいことではないのと一緒なんです。
 
 
ad-4-3
 
立ち向かうな
一旦引け
 
 
頭のイカれた殺人鬼は全ての人間が「危険」と感じるものであるから逃げることが「正義」ですが、適応障害は多くの健康な人間には理解できないために訳のわからない理由で逃げることは「恥」と思われてしまいがちです。
 
ついでに言えば、国会議員が都合よく適応障害を度々使うので、適応障害は「ただの都合よく逃げるための道具」と一般には思われてしまっています。
 
適応障害を都合よく使う国会議員は適応障害経験者すべてを敵に回しています。
 
おめでとうございます。
 
 
 
話がそれましたが、例えばハリウッド映画とかでも、ヒーローも最初は敵にやられて一旦身を引きます。
 
つまり逃げます。
 
一旦引いて体制を整える時間を必ず作ります。
 
これが、逃げずに「このままじゃ勝てない」という自分の脳からの警告を薬で麻痺させ根性で敵に立ち向かうヒーローだったなら、どうでしょう?
 
ボッコボコですよね?
 
ad-4-13
 
 
適応障害もこれと全く一緒です。「全く」ではないかもしれませんが(笑)。
 
逃げるのではなく、体制を整えるために一旦引く。
 
そういう期間が必要です。
 
適応障害に必要なのは薬と根性ではありません。
 

立ち向かうな、一旦引いて体制を整えろ

ad-4-7
 
僕の適応障害の経験と、僕が見た鬱病克服を頑張っていた彼のことからも、適応障害は「根性」で立ち向かわずにすぐに逃げ一旦引いて体制を整えることが、今後の長い自分の人生のためには必要なことだと思います。
 
 
 
「体制を整える」と言っても僕の場合、処方箋を破り捨てたときに7割くらいは体制が整ったと言えます。
 
僕の場合は運が良かっただけかもしれませんが、もし不安であれば、この国にはシゴトライなんていう適応障害と鬱病経験者専門の社会復帰支援サービスなんてものもあります。
不安な記憶がつきまとうようであれば、万が一今後またうつ傾向が現れたときには自分で予防する方法を身に着けておくと安心できますね。
 
社会復帰支援サービスではそういう訓練を無料で行ってくれるので、参加してみるのも一つの「体制を整える」方法です。
 
 
 
それと、会社を辞めたらそのうち再就職をすることになると思いますが、適応障害なんかを経験して自分に自信を失っている方は、それを隠しても面接では隠しきれずにバレてしまう可能性が高いです。
 
 
自信の無さは面接で暴かれます。
 
 
適応障害に限らず、自分に絶対の自信を持っている人なんて実は少ないんです。みんな「ハッタリ」をかましてなんとか虚勢を張って生きています。
 
ですが実は「自信」というのは、自分の弱さを認めなければ持つことができません。
 
自分の短所を認めて受け入れて初めて「じゃ、どうしようかな···」ということで、それを補うための方法を探しに行くことができます。
 
この自分の短所を客観的に分析してくれるためのツールとして有名なのがリクナビNEXTのグッドポイント診断
グッドポイント診断を利用するにはリクナビNEXTへの無料登録が必要なので、「①会員登録→②TOPページのグッドポイント診断」と進んでください。
 
詳しい内容はこちらでも↓↓

リクナビNEXTの【グッドポイント診断】やってみたら短所が長所に変わった(=゚ω゚)ノ

2019.10.22
僕も試してみましたが、自分では今まで短所だと思っていたものが実は長所にもなるということが発見できました。
 
こういうのも「体制を整える」方法です。ちなみにこれも登録するだけで無料でできます。
 
 

「差別」を恨むのはやめよう

ad-4-9
 
日本の多くの会社には未だ、精神を患う人間を受け入れる体制が整っているとは言えない状況です。
 
現場で働く多くの “健康な” 人間からは、迷惑でしかない存在です。
 
 
最後に少し「差別」について話したいと思います。
 
 
 
イジメや差別はおそらく、誰がどんなに頑張ってもたぶん、この世から無くなることはありません。
 
それは、人間の危険察知能力と同じように、動物の本能だからです。
 
 
 
自然の中で群れて暮らす野生動物は、皆と違う “使えない” 動物は群れから追い出される運命です。
 
いろんな意味で “健康な” 動物だけの方が、群れにとって安全で生きやすいからです。
 
 
ad-4-10
 
人間界でこれを行うと「差別」と批判されるため、知能の高い私達人間は、動物の本能を理性で抑え、世間の常識に従い、生きています。
 
ですがそれは隠しているだけであって、本心では面倒だと思い、そういう人間が集まれば不満が膨れ上がり集団で排除しようとする
 
結局は本能が勝ちます。これが現実の世界です。
 
つまり厄介な人間を排除しようという人間の本能を恨むのはやめようよ」という話です。
 
差別をする周りの人間を恨むんじゃなく、自分が居場所を変えるだけでいい。
 
 
 
何か事件が起こる度に人権団体的なところがいつもテレビで世間に対してこう訴えます。
 
 
こういう人間もいるのだと理解してほしい!
 
社会は受け入れる体制を整えるべきだ!
 
一人一人が考えてみてほしい!
 
 
と、こういったことをテレビで訴えかけてきます。
 
 
が、こういう社会への意識改革の訴えが実を結ぶのにかかる時間は、声を上げ始めてから早くて20年。遅ければ50年くらいの時間がかかります。
 
そうやって50年かけて人間は「差別」というものを理性で抑えるのではなく、自然と生まれないように徐々になっていくものです。
 
 
 
人間の一生は長く見積もっても100年。
 
25歳で適応障害になり理解のない社会を恨んでみても、適応障害に理解のある理想の社会が出来上がるのが50年後の75歳。
 
つまり、無駄な「憎しみ」というものに大事な時間を使うのはやめようよ。って話です。
 
差別は故郷だ
 
誰にでもある
 
ぺこぱのネタをパクりました。
 
 
 
テレビのコメンテーターとかSNSとかで声を上げる人は大体社会が変われ!」と世論を焚きつけ偉い人たちにアピールしようとしますが、意外と「自分の居場所を変えろ」と言う人はあまりいません。
 
社会が変わってほしいと声を上げる人たちは、これから生まれてくる未来の人たちのことを考えた発言なのでとても立派なことなのだと思いますが、同時に健康な人たちなんだなぁ」と僕なんかは思います。
 
今苦しんでいる人にしてみれば、社会の意識が変わるのを待ってる時間なんかない。50年後の未来の話なんかどうでもいい。
 
 
イジメはいけません!
 
地域の皆さんの目が大切です!
 
高齢者ドライバーは免許の返納を!
 
人の命を奪ってしまうかもしれない乗り物を運転しているという自覚を!
 
 
こんな常識的で立派な話をする前に、「そこから逃げろ」「一旦引いて対策を練れ」「自分の居場所を変えろ」と言う人はなぜいないのか。
 
今後加害者側になりうる人へ自覚を促したり、無関心な人へ自覚を促したりする言葉は溢れているのに、今苦しんでいる人への救いの言葉がこの日本には非常に少ないんです。
 
それはたぶん、未経験者だから。
 
そしてこの世の多数の人間は、健康な人だから。
 
少数派よりも多数派を相手にした方が、儲けやすいから。
 
 
だから僕は言いたいんです。
 
 
差別を恨むな
 
逃げろ
 
根性で立ち向かおうとするな
 
一旦引け
 
居場所を変えろ
 
仲間を探せ
 
薬じゃなく、自分の直感を信じろ
 
  
とにかく今すぐ逃げろ
 
 
ad-4-8
 
 
未来のことを考えるのは、自分が健康になってからでいい。
 
でも健康になったらまずは、自分が救われた経験から先に今苦しんでいる人に話してあげた方がいい。
 
みんながそうすれば、この日本も少しはマシになるはずだ。
 
きっとそうだ。
 
 
 

 
 
 
 
 
 

関連記事