「仕事に行きたくない死にたい」と思った僕の体験談。死ぬのをやめたら楽しい人生が待っていた。

shigoto-ikitakunai-7-1
 
こんにちは。仕事に行きたくなさすぎて「死にたい」と思ったことがある雲藤テルオです。
 
飛び込みは怖いのでもっと楽な方法を探したりしました。
 
 
 
僕は以前から「自殺するやつなんてバカだ」と思っていた人間だったんですが、いざ自分が死にたいゾーンに入っちゃってる最中は、自分が以前までそんな考えの人間だったことはすっかり忘れていました。
 
死にたいゾーンから生還してしばらくしてから、自分が「自殺するやつなんてバカだ」という考えの持ち主だったことを、やっと思い出したんです。
 
なので、「オレは自殺なんかしない」はもちろん、「オレは詐欺になんか引っかからない」とか「クスリなんてオレはやらない」と思っている人間だって、平等に危ない。
 
 
自分という人間を甘く見ないほうがいい
 
 
僕はこうして今ブログを書いているのでもちろん、死なずに生きているわけですが、死の淵から生還してみるとこれが不思議と、以前よりも人生がより楽しくなったんですね。
 
以前よりもパワーアップした感じです。フリーザにだって勝てそうな気がしてます。
 
こういう話どっかで聞いたことありません?
 
 
そう。死ぬ寸前のところから蘇ると急激にパワーアップするというあの民族のことです。サイヤ人ですね。
 
実は地球人にもその性質があることを僕は知りました。
 
これは、そのまま死んでしまえば知るよしもありません。あの世に行ってから「マジかよ…もうちょっとネバればよかった!」と思ってももう遅い。
 
生還した人間だけが知っている事実。
 
 
死ぬのをやめたら楽しい人生が待っていた
 
 
そんな僕の体験談です。
 
 

仕事に行きたくなかった

shigoto-ikitakunai-7-7
 
僕が仕事に行きたくなくなって「死にたい」なんて思ったのは仕事のことで適応障害になったからなんですが、経緯については説明すると長くなりそうなので、もうちょっとそのへん詳しく知りたい方は僕の適応障害体験談を見てみてください。
 
 
僕が「仕事に行きたくない」と思っていた当時にどんな症状が現れていたのかというと、だいたいこんな感じです。
夜なかなか寝付けない。

朝は早くに目が覚める。

電車に乗ると頭痛がする。

会社に近づくに連れて足が動かなくなる。

職場の同僚の顔を見ると吐き気がする。

仕事で作業するときに手が震え、ミスが多くなる。

言動や行動が暴力的になる。

家一人でいると涙が出てくる。

 
会社をズル休みする方法の中で《仕事に行きたくなければ吐き気ぐらい自然としてくるものなので嘘というわけでもない》と言いましたが、まさにこれですね。
 
嘘というわけでもない。
 
 
こうして字面で見れば誰が見たってちょっとイッちゃってるヤバそうな症状ですが、自分では “普通じゃない” ことは認めたくないので「またいつもの悪い休みグセ出てきたな」くらいにしか思っていませんでした。
 
それに行きたくないとは言っても、行ったら行ったでそれなりに仕事もこなせていたので。
 

死にたいと思った

shigoto-ikitakunai-7-6
 
こうしてたまのズル休みでしのいでいましたが、会社の上司とのトラブルにより症状はどんどん悪化していきました
人混みに行くと周りの全ての人間の視線が自分に向いていると感じる。

人に「笑われている」「罵倒されている」という感じがして人間が怖くなる。

「事故にでも合えば仕事行かなくても済むかな···」なんて度々考えるようになる。

「犯罪犯して警察に捕まれば仕事行かなくても済むかな···」なんて度々考えるようになる。

(調理の仕事だったので)「この包丁で指切断でもしちゃえばしばらく仕事休めるかな···」なんて思って何度も指の上に包丁を持っていっては断念···を繰り返す。

 
これは誰がどう見たってアッチの世界に足を踏み入れていることはわかりますよね。
 
 
今思えばこんなことになる前にとっとと会社を辞めていればよかったと思いますが、同時に一方では、これを経験せずにいたらまたきっといつかどこかでこの症状が出たんだと思ったりもします。
 
結果を先延ばしにしただけだったと思うので「あの時に経験しといてよかったんだ」と思ったりもします。一度経験しておけば次は前段階で「あ、これ、あのパターンだな」と気づいて逃げることができるので。
 
 
こういう症状が出るようになると、1日休むともうそれからは会社には行けなくなります。
 
僕は「1日だけ休もう」と思ってズル休み(もうこの段階では “ズル” とも言えませんが)をしたんですが、それからはもう出社することができず、その後1ヶ月間公園に7時出勤することになりました。
 

1ヶ月間公園に7時出勤した

shigoto-ikitakunai-7-8
 
妻には内緒で会社に行っているフリをして公園で時間を潰す。
 
というよく聞くリストラパターンではなく、僕は妻には全部話していました。
 
なのでべつに家にいてもよかったんですが、朝の段階ではまだ「今日も仕事に行かない」と決めているわけではなく、一応行くつもりで家は出るんです。
 
でも、駅までの道中に今日の仕事のことを考えると足が止まり、気分が悪くなり、頭がグルグルと酔っ払ったみたいになり、気づいたら公園のベンチで上司にLINEで「今日も休みます」と打っていました。
 
それがだいたい朝の7時頃。
 
そこからそのままベンチで午前中いっぱい過ごしました。
 
これが約1ヶ月間続きます。
 
2016年9月の出来事です。
 
まだまだ真夏です。
 
本当に苦しかったです。
 
ホームレスが毎日同じ場所で空き缶潰しているのを眺めていました
 
そのまま持っていって金にすればいいものを、何でわざわざ時間かけて缶を潰しているのかが気になりネット検索してみると、潰して持って行った方が高値で買い取ってもらえることを知りました。
 
そんなのを毎日眺めていました。
 
「死にたい」と「死にたくない」が交互に頭の中をめぐりました。
 
 
逆に、この1ヶ月間の “公園出勤” があったから、今僕は生きているのかもしれません。
 
1ヶ月間公園のベンチに座り考え続けた答えが「生きる」だったからです。
 
最後の方には、ホームレスの空き缶潰しの仕事の方が、なんか楽しそうに思えてきました。
 
誰の指示も受けず、誰の目も気にせず、自分の意思で、自分のペースで空き缶を潰しているホームレスの方が僕よりもよっぽど、自分の人生を生きていると感じました。
 

仕事はただの生活の手段だと気づいた

shigoto-ikitakunai-7-5
 
僕は毎日家に帰ったら今日も仕事を休んだことを妻に話していました。
 
そしてある時妻に言われたんです。
 
 
仕事はただの生活の手段に過ぎないんだから嫌なことはやらない方がいい。明日辞めてきなよ。
 
 
妻に言われたこの言葉で僕の人生は上向きに転じるんですが、妻に言われなくてもたぶん、もう僕はその答えに自力で行き着こうとしていました。
 
「今言おうと思ってたのに先に答え言わないでよー!」ってなもんです。
 
 
仕事ってなんだろう
 
人生ってなんだろう
 
楽しいことってなんだろう
 
人生って楽しむもんだよな
 
仕事が楽しい人生の邪魔になってる
 
嫌な仕事なんて逃げてもいいんじゃないか
 
仕事の悩みで死ぬなんてもったいないんじゃないか
 
 
あと数日公園で考えればたぶんその答えを僕は自力で出していたと思いますが、妻の言葉と自分の考えが噛み合ったその瞬間に「自殺するやつなんてバカだ」と、そう以前の自分は考えていたということを思い出したんです。
 
ここで始めて「生きる」というのが自分の中の正解だと、確信しました。
 

仕事を辞めたら楽しい人生が待っていた

shigoto-ikitakunai-7-2
 
「仕事を辞める」と決めてからは頭の切り替わりが早かったです。
 
ずっと我慢···というか、仕事なんて簡単に辞められるということに “気づいていなかった” ので、そこに気づいて辞める決断を下すと便器を前にしたときの下痢と一緒で、もう止まりません。汚い話ですみません。
 
汚い例えですが、本当にその感覚と同じです。快感ですね。
 
 
会社へは「もう行かない」と決めたので、退職日までは有給の消化と「体調不良で休みます」という事務的なLINEで終わらせました。
 
今まで悩んでいたのがバカバカしいと思えるくらい気が楽になりました。まさに下痢と一緒です。
 
そして汚物を流した後はすぐにもう仕事を辞めた後のことを考え始めました。
 
 
 
僕は小学生の頃から結構休みグセがありました。
 
嫌いな友達。嫌いな授業。その日の天候や先生など、色々嫌な理由がありズル休みをちょくちょくしました。
 
しかし、友達や自分の周りの環境が楽しい時には多少嫌なことがあっても「行きたくない」なんて思わなかったんです不思議と。みんなそうだと思いますが。
 
つまり、人生が楽しいかどうかは環境次第ということです。
 
 
小学生の頃は学校からの逃げ道なんて知らなかったのでズル休みくらいしか逃げようがありませんでした。
 
しかし大人になれば、見ようとしていないだけで、逃げ道は探せばいくらでもあるんです。
 
探すというか、“気づく” と言った方が正しいかもしれません。
 
環境は自分で選ぶことができます。
 
これ、当たり前のようで、以外とみんな知りません。
 
死ぬ前にそこに気づけるかどうかで、人生は大きく変わります。
 
 
人生が楽しいかどうかは環境次第
 
その環境は自分で選べる
 

死ぬ寸前で蘇るとパワーアップするというのはサイヤ人だけではなかった

shigoto-ikitakunai-7-3
 
以前までは、友人やその他の周りの同年代なんかと自分とを比べてネガティブ思考になることがよくありました。
 
 
みんな就職していく。
 
みんな出世していく。
 
自分の歳だと、昔の友達はもう課長とか部長とか出世してるんだろうな。
 
家をローンで買い、子供ももういい歳になってるんだろうな。
 
 
以前はこういう “勝ち組” と自分とを比較してネガティブ思考によく陥っていました。
 
しかし、一度「死にたい」と思い、一度会社から逃げ出す決断をし、一度「仕事は生活の手段に過ぎない」という考えを持つようになると、他人と自分とを比べて落ち込むといったことが不思議と綺麗さっぱりなくなりました。
 
 
本当にアイツらは勝ち組なのか?
 
 
なんで他人と比べることをしなくなったんだろうと考えてみると、どうやらこういうことのようです。
 
死の世界から蘇りこの世に戻ってみると、以前とは別なステージに自分が立っていることに気づきます。
 
普通の多くの人間が競い合って立っている “仕事のために生きている” という舞台ではなく、“生活のための仕事” という以前とは違う舞台に蘇った僕は立っているので、もう他の人間と自分を比べる必要がなくなったんですね。
 
自分は棋士なのに野球選手と比べても意味がないのと同じです。羽生善治を倒すのが目標なのに大谷翔平の活躍を恨めしく思う棋士はいないのと同じように。
 
 
この舞台は正直、生きるのがすごく楽です。
 
そして、人生が楽しくなります。
 
自分で選ぶことのできない同僚と一緒に働く仕事中心の生活ではなく、自分のために生きることができるんだから。
 
 
サイヤ人だって死んだら終わりです。
 
死なずにこっちの世界へ戻ってきた人間だけが、新しい舞台に立つことができる。
 
死ぬならそれを知ってからでも遅くはないと思う。
 

死ななくてよかった

shigoto-ikitakunai-7-4
 
あの時死ななくてよかった。
 
 
仕事に行きたくなくて、仕事が原因で「死にたい」と思っている人に死の淵から蘇った僕が言いたいのは、仕事辞めてやりたいことだけやって一度生きてみなよ」ってことです。
 
「死にたい」と思うならばその行動力で、もう一度最後に、仕事を綺麗サッパリ捨て去って、自分だけの人生を生きてみる。
 
 
こういう話をすると「お金どうすんの?」とか言われますが、お金なんて東京だって月に10万円くらいあれば生きていけます。
 
東京で月に10万円というのは、時給1200円のバイトで84時間働けば手にできる金額です。人と一緒に働きたくなければバイトだったら探せばいくらでもあります。
 
正社員ではないアルバイトの84時間というのは、結構楽です。
 
 
ちなみに僕は会社ではもう働きたくないのでブログでそのくらいは稼いでいます。(密かに会社へ潜入し “社畜潜入ライター” としてバイトもしています)
 
ブログに興味のある方は「ブログの始め方」の本でもちょっと読んでみてください。↓↓
 
 
僕は自力で会社を辞めましたが、自力で会社から逃げることができずに「死にたい」という発想に行き着く人も結構多くいます。
 
そういう人は今流行の「退職代行」を使ってでも、とにかく会社から逃げるのが先決です。
退職代行サービスなんていうのは、よく社内でもネタの対象になったり批判的な意見もよく聞きますが、そういう常識的な意見を言う人は「死にたい」なんて思ったことがない人間です。
 
一度死ぬ寸前まで行って蘇り “スーパー地球人” になってから言ってみろ。ってなもんです。スーパー地球人の僕から言わせれば。
 
僕は社畜潜入ライターなので潜入捜査がバレないように社内でのそういう批判話には一応乗っかりますが、乗っかるとわんさと普通の地球人はペラペラと勝手な批判的持論を展開してきます。
 
僕をスーパー地球人と知らない普通の地球人の話は聞いてて面白いですが。
 
 
どうでもいい話が続きましたが、まとめます。
 

まとめ読むのがめんどくさい方はワンチャン180文字のここだけ読めば大丈夫だよ)

 
仕事なんて生活の手段に過ぎない
 
 
嫌な仕事なんてすぐに逃げろ
 
 
一度だけでも自分だけの人生を生きてみろ
 
 
「死にたい」と思ったなら、その行動力でもう一度最後に生きてみろ
 
 
死ぬ寸前から蘇ると人生が楽しくなるぞ
 
 
一度仕事を辞める決断をすると、逆に思考が回り出して快感だぞ
(試しにやってみるといい)
 
 
死ぬのは最後にそれを経験してみてからでも遅くない
 
 
 
死の淵から蘇ったスーパー地球人の僕が言ってるんだから、たぶん間違いはない。
 
 

 
 
 
 
 
 

関連記事