仕事に行きたくない緊急避難に【退職代行】を使いブラック企業からすぐ逃げ出そう!

taishoku-daikou-1-1
 
こんにちは。適応障害になり会社を逃げ出した経験がある雲藤テルオです。
 
 
「退職代行サービス」って最近よく聞きますよね。
 
なんとなく「簡単に会社を辞められそうなサービス?」というイメージがあるこのサービス。
 
結論から言うと、そのイメージ通り、簡単に会社を辞められます。
 
 
僕は会社で上司とのトラブルに悩んでいた当時は退職代行サービスなんて知らなかったので(多分そんなサービスまだなかった)、「辞めるなんて言い出しにくい…」とか会社から逃げるなんていけないことだ…」という思いがあり無理して頑張ってしまった結果、適応障害になってしまいました。
 
今考えると実にバカバカしい常識にとらわれていたなぁと思いますが、そういう病気になってしまう前に会社から逃げ出すお手伝いをしてくれるのが退職代行サービスです。
 
 
今はまだ始まったばかりのこういうサービスですから、退職代行なんて使って会社を辞めるのはなんか悪いことをしてるみたいだ…」という思いがみんなあると思います。
 
ですが、仕事の悩みで自殺した人のニュースなんかを見ていると、こう思いませんか?
 
 
そんな会社、早く逃げればよかったのに
 
 
そういう人にもし、タイムスリップして自殺前に出会うことができたら僕は、いや、殆どの人はこう言うはずです。
 
 
退職代行サービスっていうのがあるから、それ使えば会社なんて簡単に辞められるよ!イェ〜イヽ(^。^)
 
 
要するに、仕事で悩んでいる人にとっては、退職代行サービスは唯一の非常口なんです。悪いことではありません。
 
 
そこで今回は、退職代行サービスとは一体何をしてくれるのかと、僕がおすすめする退職代行サービス3社
 
 
を紹介します。
 

▼ 退職代行サービスとは

▸ 退職代行サービスとは具体的に何をしてくれる?

taishoku-daikou-1-7
 
退職代行サービスというのは、退職の意思を会社に伝えるところから退職するまでの会社とのやり取り全てを仲介し代行してくれるというサービスです。
 
自分が会社側と一切交渉をせずに、退職代行サービスが退職手続きの全てを仲介し代行してくれるので一切会社の人間と会わずに退職手続きを進めることができます。
 
退職代行がしてくれること
退職の意思を会社に伝える
退職日の相談
有給休暇消化や未払い賃金支払いのお願い
本人と連絡を取らないことのお願い
必要書類の送付のお願い
その他法的な問題へのアドバイス
 
退職代行サービスには強制力はなく、利用者と会社を仲介し退職意思の伝達や手続きのやり取りを代行してくれるものであり、会社側との交渉といったことはできません。
この後紹介する弁護士が直接代理人となってくれる汐留パートナーズ法律事務所ならば「交渉」も可能です。
 
強制力もなく交渉もできませんが、「退職する」というのは労働者に認められている権利なので、退職自体を認めてくれないという違法な対応をする会社は通常は存在しないわけです。
 
失業保険受給や転職時に必要になる離職票や雇用保険被保険者証、源泉徴収票の送付のお願いもしてくれます。
 
退職を認めておきながらこれらを渋る意味は会社にはないので、通常はスムーズに事が運びます。
関連記事
退職代行サービスの「転職に不利?」などの噂や疑問について調べてみました↓↓
»» 退職代行サービスの怪しい噂《違法》《転職に不利》などの疑問点をまとめてみた

▸ 退職代行サービスの料金の相場はどれくらい?

taishoku-daikou-1-6
 
退職代行サービスというのはたくさんありますが、費用の相場は一般的にこんな感じです。
 
退職代行費用の相場
正社員だと→5〜6万円
アルバイトだと→3〜4万円
 
退職代行サービスの相場はこういった感じです。
 
 
退職代行サービスなんて使わずに「バックレる」という方法もありますが、アルバイトならばまだしも、正社員の場合は会社の重大な業務を任されていることもあり、退職届を出さずにバックレると損害賠償を請求される恐れもあるため、自分で会社を辞めることができないのであれば「バックレ」ではなく退職代行サービスを使って退職しましょう。
 

▸ 退職代行サービスは退職までどんな流れで進むの?

taishoku-daikou-1-5
 
一般的な退職代行サービスの利用はこういった流れで進みます。
 
退職代行サービスの流れ
1. 電話、メール、LINE等で相談
  
2. 見積もり(通常ここまでは無料の場合が殆ど)
  
3. 正式依頼・料金の支払い
  
4. 担当者と具体的な手順についての打ち合わせ
  
5. 退職代行サービスが会社へ退職意思を伝える
  
6. 退職手続き
  
7. 退職
 
退職代行サービスはどこでも大体このような流れで進むのが一般的です。
 
「最初の費用の支払い以外のお金はかからない」というのが優良な退職代行サービスなので、「オプション」など、その他の費用がかかるのかどうかといった点は事前に必ず確認しておきましょう。
 

▼ 仕事に行きたくない緊急避難におすすめの退職代行サービスを紹介

 
退職代行サービスはいくつもあり、どれを選んでいいかわかりませんよね。
 
ですが殆どの人は次の3点を基準に選ぶ場合が多いでしょう。
 
実績のある有名なところがいい。
できるだけ安いところがいい
ちゃんと迅速に会社を辞めさせてくれるところがいい。
 
この3点を満たす退職代行サービスは、
 
この2社は共に業界最大手で、業界最安値(EXITは条件付きで実質無料)で、今まで退職に至らなかった案件はゼロという、安心の退職代行サービスです。
 
ではまずはこの2社を詳しく紹介します(^o^)/
 

▸ 業界最安値!『SARABA(サラバ)』

taishoku-daikou-1-8

料金

職種問わず一律料金:28,000円

SARABA最大のおすすめポイント

退職代行業界最安値の28,000円で!
退職できなかった場合全額返金保証!
 
SARABAでは、退職代行業界の相場が5〜6万円なのに対し、業界最安値の28,000円での対応というのが一番のポイントです。
 
安いというと「なんか怪しい…」って感じですが、SARABAは業界最安値でありながら利用者数業界1位の最大手という安心の実績です!
 
しかも、オプション料金など、これ以外の費用は一切かかりません。
 
「これ以上はかからない」と料金が明確化されているのは安心ですよね(^_^)
 
 
 
もう一つのポイントは、万が一退職できなかった場合には、全額返金保証があります。
 
つまり、退職させることに絶対の自信があるということですね。現時点での退職成功率はほぼ100%とのこと。
 
ちなみに、この “ほぼ” というのは、相談者自身が退職ではなく休職を自ら選んだので “ほぼ” とのこと。「相談者が退職したいのにできなかった」という案件はゼロということです。
 

対応時間

電話・メール・LINEで24時間即日対応。
 
相談から退職完了までスマホ1つで利用可能で、メールやLINEでやり取りできるのも嬉しいポイントですね。
 
退職代行サービスへの問い合わせのピークは仕事終わりの夜から深夜にかけてだそうです。
 
なのでSARABAでは深夜の時間帯の対応にも力を入れているとのことで、「深夜でも数分で返信を返すことができる」と自信を持っているようです。
 
深夜の相談でも翌日に出社せずに済むというのは心強いですね!(*>_<*)ノ
 
 

その他おすすめのポイント(特徴)

  • 業界最安値
  • 退職できなかったら全額返金保証
  • 24時間即日対応
 
これ以外のSARABAのおすすめポイント(特徴)をまとめるとこんな感じになります。
 
面談不要
直接来社しての面談も不要で、相談から退職完了まで電話とメールとLINEで完結させることができます。
 
質問や相談は回数無制限で対応
実際に退職が完了するまで、わからないことや困ったことがあれば電話やメールにて回数無制限で対応してくれます。
 
無料転職サポート付き
退職が決まれば、SARABAが転職活動を無料でサポートしてくれるとのこと。
 
法律の専門家が在籍
違法性のある退職代行サービスもあるようですが、SARABAでは行政書士が在籍しているので適法な対応で安心です。
後で会社から「違法なので退職は無効ですよ」なんて言われる心配はないということです。
 
その他あらゆるケースに対応
・会社の人と話したくない
・有給休暇を消化したい
・残業代を払ってほしい
・必要書類は全て郵送で
など、通常の退職の中で会社とのやり取りが必要な部分は、全て代行で会社へ話をしてくれます
 

SARABA利用はこういう人向き

とにかく早く安く確実に退職したい方。
「安く」とは言っても、対応がしっかりしている代行サービスにお願いしたい方。
 
SARABAは業界最安値とはいえ、他の退職代行サービスがしてくれることはほぼ全て同じように対応してくれますし、退職できる確率は現在ほぼ100%と実績も十分です。
 
料金が高い退職代行サービスは安心と思いきや、法律の専門家が在籍していないところも多く、そういうところだともし万が一弁護士法に違反するようなことをしてしまいそれが会社にはバレてしまった場合には、最悪「退職無効」とかにもなりかねません。
 
SARABAでは業界最安値でありながら法律の専門家の行政書士の指導の元運営しているので、そういった心配が極端に軽減されます。
 
 
すぐに5万円6万円というお金が準備できない方も多いでしょう。
 
「とにかくすぐに会社を辞めたいけどお金がない…」という方にはSARABAがベストな選択です!(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 

申し込み方法

 
SARABAへの相談は公式サイトから電話・メール・LINEで受け付けています。
 
「とにかく安く退職代行を利用したい」という方は一度相談してみてください。相談だけなら無料です。
 
 

▸ 転職成功で実質無料!『EXIT(イグジット)』

taishoku-daikou-1-9

料金

正社員・契約社員の方:50,000円
アルバイト・パートの方:30,000円
 
退職完了まで、これ以外の追加料金は一切かからないとのこと。
 
EXITでの支払いには銀行振込のほか、各種クレジットカード払いも対応しています。
 

EXIT最大のおすすめポイント

退職後に転職成功で代行費用全額キャッシュバック!
次回以降の利用が1万円割引きに!
 
EXITを利用して退職が成功した後に、EXITが提携している転職サイトの『ワークポート』で転職が決まればEXITの代行費用は全額キャッシュバックされるので実質無料になります。
関連記事
転職サイト『ワークポート』の他、僕がおすすめする転職サイトの詳しい内容はこちらから↓↓
»» 30代初めての就活に登録しといて間違いない【転職支援サイト】を紹介!
 
退職代行サービスにお願いする時点でまだ次の仕事が決まっていない方はEXITが断然お得です!
 
この方法を利用すれば業界最安値のSARABAよりもある意味こっちの方が最安値ですね!(゜o゜)
 
 
 
もう一つのポイントは、EXITを利用して退職した後に万が一次の会社も辞める場合にはEXITを次回以降1万円引きで利用可能とのことです。
 
勿論次の仕事は退職代行なんて利用しなくても済む会社を選びたいものですが、変な会社はこの日本にたくさんあるので、こういう割引も嬉しいですね!
 

対応時間

電話・メール・LINEで24時間即日対応。
 
相談から退職完了までスマホ1つで利用可能。休日や深夜でも可能な限り相談をした当日から対応可能とのことです。
 
退職代行サービスを利用する多くの方は明日からもう行きたくない!」という緊急性のある方も多いので、即日対応というのは嬉しいですね!
 
 

その他おすすめのポイント(特徴)

  • 転職成功で代行費用全額キャッシュバック
  • 次回以降の利用が1万円割引き
 
これ以外のEXITのおすすめポイント(特徴)をまとめるとこんな感じです。
 
多数のメディアで紹介
・フジテレビやNHKなどのTVメディア
・Abemaや新R25などのネットメディア
・日本経済新聞や毎日新聞などの紙メディア
など、多数のメディアで紹介されているという実績があり知名度No.1。
 
安心の実績
EXITはこれまで数千件の相談に対応してきたが退職できなかったケースは今までに一件もない」という安心の実績です。
 
面談不要
直接来社しての面談も不要で、相談から退職完了までスマホ1つで利用することができます。
 
会社への連絡不要
会社への連絡は全てEXITが代行してくれるので、上司と話す必要は一切なく、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOK。
 
法律の専門家が在籍
SARABAと同じくEXITでも法律の専門家が在籍しています。こちらは弁護士監修の元での運営なので適法で安心です。会社から後で「違法なので退職は無効ですよ」なんて事態になる確率は限りなくゼロです。
 
その他あらゆるケースに対応
・会社の人と話したくない
・有給休暇を消化したい
・残業代を払ってほしい
・必要書類は全て郵送で
など、通常の退職の中で会社とのやり取りが必要な部分は、全て代行で会社へ話をしてくれます。
 

EXIT利用はこういう人向き

実績のある退職代行サービスにお願いしたい方。
まだ転職が決まってなく、退職後はすぐに次の仕事を探したい方。
 
EXITは各種メディアにも取り上げられるほど、実績も知名度も十分な安心の退職代行サービスです。
 
料金はSARABAよりは高額ですが、転職が決まれば代行費用は実質無料になるので、退職後の転職もセットで考えている方にはEXITが断然おすすめです!
 
「退職後の仕事がまだ決まっていない」という方はEXITがベスト!(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 

申込方法

 
EXITへの相談は公式サイトから電話・メール・LINEで受け付けています。
 
「退職後の転職もまとめて考えている」という方は一度相談してみてください。相談だけなら無料です。
 
 

▼ 退職代行サービスを利用しない方がいい人(弁護士へ相談するべき人)

taishoku-daikou-1-4
 
会社を簡単に辞められるという退職代行サービスですが、次のような方は代行サービスを利用せずに自分の力で退職するか、弁護士への相談を考えた方がいいでしょう。
 

▸ 退職代行サービスを利用しなくてもいい人

退職代行の利用に向いてない人
自分でなんとか退職できる方。
退職を言い出すのがただ面倒くさい “だけ” の方。
有給休暇消化や退職金を普通に払ってもらえるホワイトな企業に勤めている方。
 
退職代行サービスはいろんな事情により自分一人では退職できない」という方を対象としていますので(勿論「面倒くさいだけ」という方でも利用は可能ですが)、自分で退職可能な方は無駄にお金を使う必要はありません。自分で辞めましょう。
 
 
“普通の会社” は退職を申し出れば有給休暇の消化や退職金などは普通に対応してくれるものです。
 
ホワイトかブラックかは、その会社に勤めていれば空気でわかると思うので、余程ヤバイ会社でなく自分で退職の話を切り出せる方は自分の力で辞めましょう。
 

▸ 弁護士に相談するべき人→『汐留パートナーズ法律事務所』

taishoku-daikou-2-6
弁護士に相談するべき人
自分に代わって未払い賃金など、会社と様々な交渉をしてもらいたいという方。
パワハラやセクハラなどの慰謝料を請求したいという方。
既に会社から損害賠償請求をされているという方。またはその恐れのある方。
横領など、解雇に相当する犯罪行為を行っているという方。
 
一般的な退職代行サービスは退職後の手続きまでは代行してくれませんし、弁護士が直接対応してくれるわけではないので弁護士法違反(非弁行為)となる会社側との「交渉」も行ってはいません。(手順などのアドバイスは受けられます)
 
また、慰謝料請求や会社からの損害賠償請求といったことにも勿論、弁護士ではない一般的な退職代行サービスでは対応してもらえません。
 
もし自分の勤めている会社が、 
・明らかなブラック企業
・単なる「お願い」では未払い賃金をもらえそうにない
・パワハラやセクハラで慰謝料請求なども同時に考えている
・退職後に会社から損害賠償請求などを受けている
と、こういった方は、弁護士が直接対応してくれる退職代行サービス汐留パートナーズ法律事務所』へ相談しましょう。
関連記事
汐留パートナーズ法律事務所の詳しい内容はこちら↓↓
»» すぐ会社を辞められる一番安い【弁護士対応の退職代行サービス】はこれ!
 
勿論言うまでもなく、犯罪行為に手を染めている方は弁護士へ相談の後速やかに警察へ出頭してください。
 

▼ 退職代行利用前に準備しておいた方がいいこと

taishoku-daikou-1-3
 
もう限界よろしく「明日からもう会社行きたくない!」と、夜中思い立って退職代行サービスへ申し込むという方も多いですがもし事前に計画的に退職代行サービスへの依頼を考えているのであれば、こういったことは事前に準備しておくと退職がスムーズに進みます
 
 
まずは自分の「これから」を考える時間を確保する
 
毎日の忙しい仕事の中で自分の「これから」をじっくり考えている暇はなかなかありません。まずは仕事を「辞めるのか。辞めないのか。」から、仕事を休んで考えてみる時間を確保しましょう。
 
退職代行サービスの費用
会社勤めをされている方ならば数万円のお金は何とかなると思いますが、退職代行サービスは料金の支払い完了後に行動してくれるものなので、事前に費用の準備はしておきましょう。
 
会社への返却物
会社への返却物は郵送で返却できるように退職代行サービスが会社側に話してくれるので大丈夫ですが、事前に会社へ置いてくればその手間が省けスムーズに話が進みます
ただし、保険証などの個人情報が記載されていて失くしては困るものに関しては、デスクの上にポンと置きっぱなしは不安なので後からの郵送が安全ですね。
 
退職届(退職願)
退職届(退職願)に関しても郵送でやり取りできるように退職代行サービス担当者が会社に話してくれますが、事前にデスクの引き出しに入れておけばその手間が省けスムーズです。
ですが、会社側で決まった書式のものがある場合もあると思うので、その辺がわからなければ後から郵送でも構わないでしょう。
 
次の仕事
「とにかくすぐに会社から逃げ出したい!」という方は、次の仕事のことなどはとりあえず置いておきすぐに辞めるべきですが(できればそうなる前に早めに逃げ出すべき)、余裕があれば次の仕事のことも考えておきましょう。
関連記事
適応障害やうつ病を患ってしまった方は次の仕事を探す前に「うつ症状を自力で予防する力」を養う必要があります。これも無料のサービス↓↓
»» うつ·適応障害で仕事が怖い人は【社会復帰支援サービス(無料)】で人生を取り戻そう!

▼ 退職代行を使って会社を辞めることは悪いことではない

taishoku-daikou-1-2
 
退職代行なんて使って会社から逃げ出すのは社会人としてどうなの?
 
 
一般世間では退職代行サービスというものに対してこういう意見やイメージがあるかと思いますが、こういう意見というのは “健康な人間” の意見です。実際に僕も適応障害なんかになる前は同じ意見でした。
 
しかし会社にはブラック企業や様々なハラスメントがある場合があり、そこで働く人間は心身共に “不健康” になっていきます。
 
そこで健康な常識的感覚が邪魔をしてなかなか会社を辞められずに自ら命を絶つ人が現れます。
 
そういう人にとっては、退職代行サービスは唯一の非常口なんです。
 
本来は誰にでもある「退職する権利」をなかなか行使できない環境にいる方は、退職代行サービスにお願いし、できるだけ早く不健康な会社からは逃げ出しましょう!
 

 
 
 
 
 
 

関連記事