【ブログ初心者向け】稼げる記事づくりの基本を超解説!

 
こんにちは。ブログ歴も5年目になる雲藤テルオです。
 
 
正確に言うともっと前から日記みたいなブログはやっていましたが、ブログを「仕事にしよう」とおもい始めたのが約5年前になります。
 
ブログを「遊び」から「仕事」にしてみて約5年が経ち、僕もそれなりにブログでお金を稼いできました。
 
 
 
そんなブロガーの僕が稼げるブログの記事づくりの基本を解説します。
 
 
 
けっこう常識的な内容なので知ってる人は退屈かもですがブログでお金を稼ぐためには超重要なことなので、「これからブログを..」と考えている初心者の方は騙されたとおもって聞いておいて損はありません ʕ•̀ω•́ʔ✧
 
今回の記事づくりの基本を読んでから(記事の書き方のコツ(近日公開予定))を読むと、より理解がしやすいかとおもいます。
 
 

稼げるブログの記事づくりの基本

・ブログの存在意義の理解

 
 
ブログは検索するユーザーの悩み解決のために存在しており、悩みを解決してくれるブログほど価値があるブログ」と言えます。
 
これ↑マジで重要なので覚えられない人は腕にタトゥー彫って刻んじゃっていいレベルですヽ(・・ )
 
 
 
あなたが人気芸能人でもないかぎり、収益化を目的としたブログではただの日記では絶対にお金は稼げません。
 
悩みを解決するために人は「検索」をするので、そのユーザーの検索意図を理解し、読めば悩みが解決できる記事づくりを心がけましょう。
 

・ブログの更新頻度

 
ブログの更新頻度は毎日更新がベストです。
 
 
更新頻度が高いブログだとGoogleから「有益なブログだね」評価され、自分のブログが検索上位に表示されやすくなります。
 
地道に敵と戦うことでレベルが上がるドラクエのレベル上げと同じように、更新が多いほどブログの評価は高くなります。
 
 
 
 
ですが、ブログは「更新頻度」よりも実は「良質な記事」の方が重要度は高いです。
 
 
 
 
マイナス(クソ記事)をいくら積み上げてもマイナスにしかなりません。プラス(良質な記事)を積み重ねることで評価が上がっていきます。
 
 
 
とはいえ、あまり考えすぎるとペンが進まないので、まず最初は「とにかく書いてみる」ことが大切です。
 
 
 
 
これからブログを始める方は(稼げる副業ブログの【ジャンル・タイトル・ドメイン名】の決め方)などを参考に、ネタ切れをおこさず無理なく書き続けられるジャンルを事前にある程度考えてからブログを始めることをおすすめします
 

・1記事あたりの文字数

 
ブログの1記事あたりの文字数は一般的に3000文字程度が目安と言われています。
 
 
 
 
400字の原稿用紙だと7枚半になるのでハードル高そうに感じるかもしれませんが、普通に自分が興味のあることを書いていれば意外と「気づけば超えている」というレベルの文字数です。
 
 
 
ただし文字数も更新頻度と同じように、「多ければいい」というものでもありません。
 
 
 
検索していると、やたらと長くて答えがどこにあるのかわからないブログに出会うことって、たまにあるじゃないですか。そういうときってどうします?
 
僕だけじゃなくみんなそうだとおもいますが、すぐ見限って検索結果にもどり他のサイトに入り直しますよね。
 
 
なので、文字数を増やすことだけを意識するのではなく必要な情報を最適な言葉で説明してたらたまたま長くなっちゃったというのが理想です。
 
3000文字程度ならば次で説明する記事の構成の基本」に習って書けば軽く超えられる文字数なので大丈夫です (^_^)v
 

・記事の構成の基本

 
僕がブログを書くときには、読者の満足度と案件の成約率を高めるために、こんな記事構成にしています。
 
記事の構成の基本
 
  1. 主張
  2. 理由
  3. 他の意見に対する理解
  4. 主張
 
僕のブログ記事(アフィリエイト記事)はほぼほぼこの構成でつくっています。
 

① 主張

たとえば「パーソナルトレーニングジム」の紹介記事(アフィリエイト記事)を書く場合、
 
① 主張(結論)
 
このパーソナルジムに3ヶ月通えば10キロ痩せることができます
 
こんな感じに、この記事で一番言いたいこと(主張・結論)を最初に書きます。
 
 
これは(記事の書き方のコツ(近日公開予定))でも話していますが、最初の導入文で結論を言ってしまうことで記事全体の内容が明確に伝わります。
 
インターネットユーザーは結論が見えないものにいつまでも時間を使ってはくれません。目次から先を読むかどうかは導入文で決まります。
 
「結論を先に言う」というのはそのテクニックの1つでもあります。
 

② 理由

次に、そう主張する理由を説明します。
 
② 理由
 
  • 専門家のトレーニングだから間違いない。
  • 食事のアドバイスもある。
  • 実績が豊富。(口コミ)
  • 私も3ヶ月通い10キロ痩せた。(体験談)
 
理由を説明する目的は、主張に説得力をもたせるためです。
 
 
その中でも一番説得力があるのは最後の「私も3ヶ月通い10キロ痩せた」という自分の体験談です。
 
 
・経済状況
・生活スケジュール
・年齢
・体重
・これまでの運動経験
 
 
など、このような環境が筆者と似ている読者であれば「オレと同じような人が3ヶ月で10キロも痩せられたのか…やってみるか!!」と、成約の確率が高まります。
 
 
 
 
ネットでアフィリエイトのやり方を検索すると「自分で使って良かった商品を紹介しろ」なんてよく先輩ブロガーが言っていたりするのは、これが理由です。
 

③ 他の意見に対する理解

そして超重要なのに意外と見落としがちなのがこの他の意見に対する理解です。
 
 
他の意見に対する理解を正しく記事内に加えることで、まだ迷っているユーザーの購入意欲を促進させ、購入の気持ちが薄いユーザーの取りこぼしも防ぐことができます。
 
 
ここが抜け落ちていると本当にもったいないので今回サクッと学んじゃってください ( ・ิω・ิ)و
 
 
「他の意見に対する理解」というのは、
 
 
● 不安
● 反対意見
 
 
読者には「不安」や「反対意見」は必ずあるものなので、それらをできる限り想像し、それらに対して理解し、解決方法を提示するということです。
 
 
 
 
パーソナルジムに通ったことがない人にはこんな不安や反対意見があります。
 
 
・デメリットはないの?
・他のジムと比べてどうなの?
・やっぱ料金が高くて手が出ない…
・ジムに通う必要なくね?
・3ヶ月で10キロってコスパ悪くね?
 
 
こういう読者が抱えているであろう不安や反対意見に対して、こんな方法で解決策を提示してあげます。
 
③ 他の意見に対する理解(解決策の提示)
 
  • メリット&デメリットの紹介
  • 他のジムとの比較
  • お得な割引制度の紹介
  • 自己流とプロ指導との違い
  • ダイエットサプリなどの紹介
 
ユーザーの不安を想像し、その不安を解決してあげます。
自分でも実際にそのパーソナルジムへ通った経験があれば書きやすいですよね。
 
 
でもパーソナルジムの場合やっぱりその料金の高さがネックになるので、どんなにメリットを説明しても「やっぱ無理」と思う人も少なくありません。
 
そういう人に対してはパーソナルジムへ通うよりは断然安いダイエットサプリなどを紹介したりも◎です。
 
 
ただし、ここのボリュームを増やしすぎると主張から遠退いてしまい、一番大切な購入意欲のあるユーザーにとっては退屈な内容になってしまいます。
 
 
なので、
 
 
● 購入意欲のあるユーザー
● その他のユーザー
 
 
を分けて考え、たとえばダイエットサプリの詳しい内容を書きたい場合には関連記事を別でつくり興味のある人だけそっちへ流す方法が◎です。
 
 
他の意見に対する理解は大切ですが、その他のユーザー向けの内容はできるだけボリュームを少なめにした方がいいですね。
 

④ 主張

そして最後にもう一度主張(結論)で締めくくります。
 
④ 主張(結論)
 
  • プロに任せれば短期間で健康的で効率的に痩せられる。
  • 食事のアドバイスもある。
  • 実績もある。
  • 私も実際に3ヶ月通い10キロの減量に成功した。
 
などの理由から、このパーソナルジムに3ヶ月通えば10キロ痩せることができます
 
こういう記事の構成で読者の満足度と案件の成約率を最大限高めることができます。
この構成ならば3千文字は軽く超える文章が書けるでしょう。
 
それに、ある程度構成のカタチを決めておくことでペンも進むので更新頻度を上げることにもつながります。
 
 
 
この構成を最大限活かすための更に具体的なライティングテクニックについても解説しているので、次はぜひこちら↓の内容も参考にしてみてくださいヽ(・ิω・ิ )

※近日公開予定
 

初心者のためのブログ開設の手順

 
とかなんとかいろいろと話してきましたが、準備にばかり時間を使っているよりも「まずはやってみる」ことが一番です。
手を動かしながら考えるのが一番の近道です。
 
 
 
なのでまず自分のブログを立ち上げちゃいましょう!
 
 
 
サーバー契約
ドメイン取得
WordPressインストール
テーマインストール
 
 
という、初心者のためのワードプレスでのブログ立ち上げの手順をこちら↓で順番に詳しく解説しています。
※近日公開予定
 
 
 
ブログは仕事をしながらまずは副業からでも大丈夫です。
 
稼げるブログを本格的につくってみようと考えている方はこれを参考に、今すぐ〝ジブンメディア〟を立ち上げてみましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 

 
 
 
 
 
 

関連記事