ノロウイルスにはアルコールが効果あり!危険な次亜塩素酸よりも安全な対策予防を!

norovirus-taisaku-1-1







 
こんにちは。学校給食調理員として毎日食中毒予防に神経を尖らせていた雲藤テルオ(@undoteruo)です。
 
 
学校給食調理員とは、他のどんな調理の仕事よりも食中毒予防に徹底して取り組んでいる仕事であるため、ある意味、学校給食で働く人間は自然と食中毒予防の専門家になっていきます
 
僕もそんな人間の一人なので、これまでも食中毒、特にノロウイルス予防対策について色々話をしてきました。
 
 
学校給食の現場で行うノロウイルス予防とは主に『温度管理』次亜塩素酸を使った消毒』という2点で対策をしています。
 
ですが僕はこの中の『次亜塩素酸を使った消毒』というものに、現役の調理員時代から不安を抱いていました。
 
その不安とは何かと言うと、次亜塩素酸の原液を人の手によって薄めて使うということに対する不安です。
 
 
次亜塩素酸は適切な濃度に薄めて使用するものですが、原液がそもそも危険ですし、“人の手により”薄めるため、人によってどうしても濃度にばらつきが出てしまいます。
 
次亜塩素酸ナトリウムの消毒液は人体に害の無い濃度まで薄めなければ危険なんです。
 
 
そんなモヤモヤとした気持ちを持っていた僕が見つけたのがキューピーの“口に入っても安全な”アルコール消毒『K Blanche(ケイブランシュ)』です。
 
そうです。キューピーは次亜塩素酸ではなく、安全なアルコールでノロウイルスをやっつける気満々なんです!
 
キューピーはマヨネーズだけじゃなく、3分クッキングの収録の合間を縫ってこんなものも作っていたんですね!
 
 
ノロウイルスやその他の細菌等の対策の消毒液としては多分、現時点では安心安全と言う意味で、
これが最強だと思われます。
 




「ノロウイルスには次亜塩素酸しか効果が無い」はもう古い!

 
ノロウイルスにアルコールは効果が無い
 
 
毎年のようにどこかでノロウイルス食中毒が発生しているのでノロウイルスについて調べている方も多いかと思います。
 
そういう方にとってはノロウイルスはアルコールでは効果が無く次亜塩素酸で消毒するべき」というのはもはや常識となっていますね。
 
僕も学校の給食室で働いていた当時は「アルコール消毒は意味がないから塩素消毒して」とパートや新人社員に指示をしていた人間です。
 
 
実際に厚生労働省でも、ノロウイルスに対してアルコールでは「効果は高くはない」と言っています。
 
ですが僕は元々「口に入るものまで次亜塩素酸で消毒をするのは危険ではないか?」と思っていた人間なので、次亜塩素酸以外のできるだけ安全な方法を調べました。
 
しかし、いくら探してみても、次亜塩素酸以外の効果的な消毒方法が見つからない…。
 
諦めかけていたそんな中、ついに出会ったわけです!
 
会社をあげてこのアルコール消毒液はノロウイルスを除去できます!」と言っている、キューピーに!
 
それが今回僕がおすすめする『ケイブランシュ』というものです。
 
  • ノロウイルスなどアルコールに強いウイルスも除去できる事を確認
  • タマゴから作っているので口に入っても安全
  • 吹きかけて5秒で99.9%のウイルス・細菌を除去できる事を確認
 
norovirus-taisaku-1-25
 
僕の次亜塩素酸に感じていた問題点を全て解決してくれています!
 
「塩素系漂白剤は本当はあまり使いたくないんだけど、ノロウイルス対策にはこれしかないから…」
 
という不安を抱きながら仕方なく次亜塩素酸を使っていた方にはこれで全ての不安が解決されます。
 
どうだ!厚生労働省!
 
勿論ノロウイルスだけではなく、インフルエンザやその他の雑菌の消毒もできます。
 

(学校給食でも使いまくっている)次亜塩素酸ナトリウムの危険性

 
学校給食の現場は食中毒や異物混入に非常に敏感で、中でもノロウイルスというものに対しては異常なくらい徹底した対策をしています。
 
常に次亜塩素酸を薄めた液体の入ったバケツを用意しておき、冷蔵庫の取手やドアノブをそれで拭いて消毒しています。
 
2017年には学校給食によるノロウイルス集団感染が相次いだこともあり、より徹底した対策が進められています。
 
そんな仕事の中で僕が「次亜塩素酸ナトリウムが危険」と感じていたのは主に次の3点です。
 
  • 塩素化合物は発がん性物質なので高濃度で吸入経口摂取すると危険
  • 他の洗剤等と混ぜ合わせると塩素ガス発生の危険
  • 適切な濃度を毎回きちんと守ることが困難
 
次亜塩素酸ナトリウムにはこういう危険性があります。
 
 
とにかく原液が危険なんです。
 
そしてその原液を扱うのは人間です。
 
適切な濃度で使用すれば安全だとされていますが、原液を薄めるのもまた人間です。
 
飲食店等でも毎回水と次亜塩素酸のグラム数を計って適切な濃度の水溶液を作るわけではなく、一般的には一番最初に作るときに計って後は記憶による“感覚”というものに頼り作ることが多いわけです。
 
 

次亜塩素酸の危険性についての詳しい内容と、次亜塩素酸を食品に使用する場合の正しい計算方法についてはこちらの記事でガッツリ解説中です↓↓
 
こうなると、次亜塩素酸ナトリウム水溶液の濃度は“人による”ということになるわけです。
 
目に入れば失明の危険があり、間違って原液を飲んでしまえば死亡する場合もあります。
 
 
どうでしょうか。
 
他人、そして自分を、
 
信用できますか?
 
飲食店などで食事をした際に「なんか塩素臭いな…」などと感じた経験は、ありませんか?
 
 
要するに僕が言いたいのは、「次亜塩素酸を薄める」というのは人の手で行う行為であるため、何らかの間違いや事故がおきる可能性があるということです。
 
なので、元々安全だから間違いなど起こりようもない『ケイブランシュ』がおすすめなんです。
 

キューピーのアルコール消毒液は安心安全にノロウイルスを除去できる

 
キューピーのアルコール消毒液『ケイブランシュ』の主な特徴はこの5点!
 
  1. ノロウイルスなどアルコールに強いウイルスも除去できる
  2. タマゴから作られているので口に入っても安全
  3. 吹きかけて5秒で99.9%のウイルス·細菌を除去できる
  4. スプレー後水洗い不要
  5. スタイリッシュなボトルデザイン
 
ノロウイルスなどアルコールに強いウイルスも除去できる
norovirus-taisaku-1-5
 
なんと言っても、今までノロウイルスにはアルコールでは効果が無いと言われていましたが、「ノロウイルスが除去できる」というのが一番の特徴です!
 
『ケイブランシュ』はタマゴの研究から生まれた卵白由来の抗ウイルス成分です。
 
キューピーの実験では、ノロウイルスなどアルコールに強いウイルスも除去できる事が確認されています。 
 
人体に安全なアルコールでノロウイルスを除去できる
 
というのが『ケイブランシュ』の最大の特徴!
 
 
タマゴから作られているので口に入っても安全
norovirus-taisaku-1-8
 
ノロウイルスに効果的な次亜塩素酸を使いたくない理由は「危険」だからなので、それに代わる『ケイブランシュ』も同じく危険では意味がありません。
 
『ケイブランシュ』はタマゴから作られているので、塩素系や刺激の強い除菌成分は使いたくないという方も安心して使うことができます。
 
塩素系成分非配合で100%食品成分由来で作られています。
 
中身はアルコール、卵(ノロクリアプロテイン)、水だけなので口に入っても安心です。塩素系の成分はいっさい入っていません!
 
次亜塩素酸のように“適切な濃度に薄める”という作業もなく最初から安全というのがポイントです!
 
 
吹きかけて5秒で99.9%のウイルス·細菌を除去できる
吹きかけて5秒で99.9%のウイルス・細菌を除去できる!
 
norovirus-taisaku-1-23
 
いくら安全でも除菌に何十分も時間がかかるのでは意味が無い...とまでは言いませんが、少なくともアルコール消毒の魅力は減ってしまいます。
 
ですが、『ケイブランシュ』は5秒で除去!
 
うまい5秒の例えが思いつかないほど一瞬の出来事です!
 
フット後藤みたいな発想がないのでお許しを( ・ั﹏・ั)
 
 
スプレー後水洗い不要
次亜塩素酸の消毒は「危険」という他にももう一つ鉄を錆びさせる」という面倒な特徴があります。
 
家庭ではそれほど面倒とも感じないかもしれませんが、学校の給食室のような消毒をする箇所の多い場所だと、これがめっちゃ面倒です!( •̀ㅁ•́;)
 
塩素系の消毒では金属に使用した場合には後から水拭きをしなくてはいけませんが、アルコールの場合そういった使用後の面倒な水洗いの必要もありませんし、万が一口に入っても安全なので子供の玩具にも使用できます。
 
 
スタイリッシュなボトルデザイン
norovirus-taisaku-1-18
 
デザインて、結構重要です。
 
 
こういうものだと、ちょっと、デザイン的には、アレですよね…。
 
 
ですが『ケイブランシュ』だと、こんな感じ!
 
norovirus-taisaku-1-16
norovirus-taisaku-1-19
norovirus-taisaku-1-20
 
白を基調としたデザインなのでどんなキッチンにもスタイリッシュに馴染み清潔感があります。
 
置いておくだけでキッチンの雰囲気を良くできるデザインですね!
 
 
このように、キッチン以外の除菌もでき、ノロウイルスやインフルエンザ、その他の雑菌の消毒に効果のある安全なアルコール消毒液を選ばない理由がみつかりません!
 

『ケイブランシュ』のお値段

 
ケイブランシュのお値段は1本1,200円(税込み)と、ちょっとお高めです。
 
ですが公式サイトを見てみると3本購入から送料無料となっていて、まとめ買いで更に割引もあるようです。
 
また、詰め替え用も900円(税込み)で購入できます。
 
norovirus-taisaku-1-24
 
キューピーによると使用期限は製造日から12ヶ月が目安とのことなので、「まとめ買いしたいけど使用期限が心配…」という方は、ずっと10%OFFで購入できる定期コースもあります。
 
 
購入レビューをちょっと覗いてみると、購入の決め手は
「キューピーなので信用できそう」
「デザインが良い」
という2点の声が多くありました。
 
“除菌”というものは効果が目に見えないものです。
 
実際にこういう商品を購入する方は、効果が目に見えないのに一体何にお金を払うのかと言えば、それは「安心」「デザイン」ということのようです。
 
 
僕は個人的にキューピーの他の商品も気になったので「キューピーさんでこれ以外に除菌系の商品はありますか?」と実際に聞いてみたところ、
「消毒の働きがある弊社商品はこのK Blancheのみでございます。」
との回答でした。
 
逆にこの回答が僕個人的には「信用できそう!」と感じました。
 
 
マヨネーズとかずっと作ってたら良い発見したので研究してみたらめっちゃ効果あることが分かっちゃった!”
 
 
という自信の商品なんだな、と、個人的感想ですが(笑)、そんな信用を感じました。
 
値段やQ&Aなど詳しくはキューピーの公式サイトで確認してみてください↓
 
 




ノロウイルス予防対策のためにアルコール消毒をするべき場所

 
ノロウイルスはそのウイルスが口に入ることから感染しますので、消毒をするべき場所は食事をつくるキッチン周りが中心です。
 
食器や食卓
 
norovirus-taisaku-1-14
 
調理前後のまな板
 
norovirus-taisaku-1-6
 
包丁
 
norovirus-taisaku-1-3
 
スポンジ
 
norovirus-taisaku-1-17
 
調理台
 
norovirus-taisaku-1-15
 
電子レンジ
 
norovirus-taisaku-1-2
 
 
そして、『ケイブランシュ』は“口に入っても安全”なので、お弁当箱に
 
norovirus-taisaku-1-4
 
グラスに
 
norovirus-taisaku-1-21
 
子供の玩具に
 
norovirus-taisaku-1-10
 
そしてなんと、歯ブラシにまで使えます!
 
norovirus-taisaku-1-7
 
その他(水筒、冷蔵庫、コーヒーメーカー、炊飯器など…)にも幅広く使えます。
 
 
そして、トイレや外からウイルスの持ち込みを防ぐためにドアノブに
 
norovirus-taisaku-1-11
ノロウイルス予防のための『正しいトイレの使い方』と具体的な『トイレの消毒をする箇所』の説明はこちらを参考に↓↓

 

水道の蛇口に
 
norovirus-taisaku-1-9
 
次亜塩素酸ではないので金属に使用しても錆の心配もなく使用後の水拭きの必要もありません。
 
 その他、汚れや菌が気になるところ(爪切り、耳かきなど…)も清潔にするとより完璧です。
 
 
口に入っても安全だし、鉄も錆びない。
 
 
僕がまだ現役の給食調理員だったら間違いなく学校の栄養士に『ケイブランシュ』の導入を懇願していたでしょうね!
 
 

口に何でも放り込む子供にこそ安全なアルコール消毒を!

 
子供の玩具にはいくら効果があるからと言っても、塩素系の消毒には抵抗のあるお母さんが多いと思います。
 
なぜなら、子供はすぐに何でも口にしてしまうからです。
 
norovirus-taisaku-1-13
 
その点『ケイブランシュ』は、触っても口に入っても安全なので、小さな子供のいる家庭にこそおすすめです!
 
norovirus-taisaku-1-12
 
そういう意味で、小学校や幼稚園にも是非使ってもらいたいですね!
 

『ケイブランシュ』のデメリット

 
「ケイブランシュにだって何かデメリットはあるだろう!ʕ•̀ω•́ʔ」
 
ということで、無理やりデメリットを探してみました。
 
  • お値段けっこう高め
  • 実店舗では(多分)売ってない
  • 裏には成分表示等が
  • 効果が目に見えない
  • 卵アレルギーの心配
  • 食品には直接使用できない
  • 大好きな塩素の臭いがしない
  • 大好きな塩素の“ぬるぬる感”が無い
 
値段が高いことはもう話しましたが、街のドラッグストアとかでもなかなか売っていません。
というか、実店舗では僕はまだ見かけたことがありません。
購入はネットしかなく、公式サイトからの購入が一番安心確実です。
 
 
それと、スタイリッシュなデザインではありますが、裏面には成分表示やお客様相談センターの電話番号などの表示がされています。
レビューではこの点をデメリットとして上げていた方もいました。
 
 
「効果が目に見えない」というのはこの商品に限ったことではないのでデメリットとも言えませんが、無理やりひねり出してみました(笑)。
 
 
卵アレルギーの人にはどうなのか?という点ですが、キューピーではアレルギー発症の可能性は極めて低いので通常の使用では問題ないと紹介されています。
ですが心配であれば、主治医の先生に一度相談されてからの方が安心でしょう。
 
 

『ケイブランシュ』は食品に直接吹きかけて消毒することはできません。
食品を消毒する場合には『次亜塩素酸』か『食品の加熱』があります。こちらの記事を参考にしてみてください↓↓
◆関連記事:ノロウイルスの生食野菜·果物対策「次亜塩素酸の作り方(濃度·希釈の方法)」
 
個人的には危険な次亜塩素酸は使用せずにこちら↓↓の食品の加熱』をおすすめします。
◆関連記事:ノロウイルスは加熱による温度管理とアルコールによる対策で予防を!

 

 
とにかく塩素の臭いや塩素を素手で触った時の“ぬるぬる感”がたまらなく好き!というイッちゃってる方にはアルコールは安全すぎるので、危険と隣合わせのスリルを楽しみたい人にとってはデメリットです。(勝手にしろ)
 
 
 
僕が現時点で考えられるだけのデメリットを上げてみました。
 
一番購入をためらうのはやっぱり値段ですね。
 
ですがテレビCM等のプロモーションにお金をかけすぎると多分この値段も維持できないと思われるので、僕のようなブロガーの紹介で多くの方にケイブランシュの情報が届けられればと思っています。
 
今後、実際に僕がしばらく使用してみての感想も追記していこうと思っていますのでお楽しみに!
 
 




テルオのまとめ

まとめ-2
 
キューピーのアルコール消毒液『ケイブランシュ』の特徴は
・ アルコールなのにノロウイルスを除去できる
・ 食品由来なので口に入っても安全
やっぱりこの2点につきます。
 
 
人間、生活をする上で一番お金を使うべきところは「安全」です。
 
「安全」にお金を使うとどうしても「デザイン」を妥協しなければいけないことが多い中、その両方を満たしてくれるのが『ケイブランシュ』です。
 
安全で、デザイン最高
 
『ケイブランシュ』を選ばない理由が見つかりません!
 
 
アルコール消毒なんて使わない人はそもそも、次亜塩素酸も使いません。
 
そしてこういう消毒に関心がある方は、やっぱり次亜塩素酸での消毒を行っています。
 
そして次亜塩素酸を頻繁に使用しているお母さんは塩素は本当は使いたくないけど、仕方ないか…」と思いながら使っている場合が多いんですね。
 
それならば、アルコールに代えられる部分は安全なアルコールを使いましょうよ
 
食中毒予防の専門家、元学校給食調理員はキューピーのアルコール消毒『ケイブランシュ』を強くおすすめします。
 









好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます


会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。
 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」
誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです。
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから




ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー・ジブンディレクター。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間17万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。