いいから早くブログ書く(無料)!スマホは今の時代の最強武器!ブログから全てが始まる

makegumi-blog-2




 
 
こんにちは。妻大好き人見知りブロガーのテルオ(@undoteruo)です。
 
 
武器は時代と共に剣から銃へと変化してきました。
そして現代では、気付いている人は少ないと思いますが、銃からスマホへと代わっています。
 
インターネットの情報発信は、銃にも勝る武器となりました。
 
インターネットが銃よりも遥かに優れた武器となる最も大きな理由として、ブログは誰でも手にできるという点があります。
 
 
そして実は、ブログが銃よりも優れている点がもう一つあります。
 
銃は自分を守るための最強武器ですが、ブログは自分の未来をつくるための最強武器なのです。
 
 




あなたにこそ読んでもらいたい記事↓

ブログ早く書きなよ!

以前も↑上の記事でフリーターで独身で30代こそブログを書くべきだと話したんですが、ブログを書くというのはなにも、目的があってじゃなくてもいいんです。
 
何の目的もなく、ただただ、社会への不満、ただの日常の出来事、なんか面白くて人に話したいと思ったこと、何でもいいんです。
 
「やらなきゃ!」と気合を入れてやるもんじゃないということです。
 
ブログは学歴も職歴も年齢も性別の壁も一切ありません。
 
何の目的もなく無理はぜずただただブログを書いていれば、それがもしかしたら将来何かの役に立つこともあります。
 
 
だから早くブログ書けってば!
 
 
実は僕もこの『ぼくのつまたん』を始める以前から適当にやっていたブログがあります。
 
何の目的もなく、ただただ社会への不満やテレビで見た番組に対しての文句とかをたまに書いていました。
それが将来どう役に立つかなんて全く考えていませんでしたが、実は、今、これが役に立ってるんです!
 
 

テルオが最初のブログを始めた理由

 
僕がこのブログを始めたのは去年の10月からでした。
仕事を辞めて「ブログで飯を食っていく!」という思いで始めました。
 
テルオが仕事を辞めた理由↓
 
 
が、実は、僕がブログを始めたのはこれが最初ではありません。
 
20代の半ばくらいから始めて30歳くらいまでは更新し続けていたブログがあります。(今でもまだ存在しています)
 
当時ブログが流行っていて、ブログをやるって「なんかカッコイイな!」と思って始めました。「オレ、ブログやってんだけどさ〜」とか言いたくて。
 
勿論カッコイイなと思って始めたわけなんで、バイト先の人にはそのブログのことを話していました。見てほしかったからね!
 
 
 
僕は人見知りですが、お笑いを目指していて放送作家なんてかじっていたくらいなんで、面白いことを言葉で伝えることが好きだったんです。
 
でもその一方で、自分の人見知りの性格に加え、極度の緊張症のため人前で話すことが苦手でした。
お笑いとしては致命的です。
 
友達とコントを披露したこともあるんですが(台本は僕が考える)、自分の緊張症のためか、自分が想像しているようにコトが運ばないんです。
 
「もっと面白いはずなのになぜできないんだ・・・」
 
 
そんなこともあって、お笑い芸人の道は諦め放送作家へ逃げたわけです。
 
でも放送作家も人前で話すことは必須でした。
 
プロデューサーやディレクターに自分の企画をプレゼンしてアピールしなきゃいけないんです。
 
これもコントと同じで、自分の伝えたいことがなかなか相手に伝わらない。
 
 
 
そして結局放送作家からも逃げ出しました。
 
そこで、実際に人前に立って話さずに文字だけで伝えられる『ブログ』というものに手を出すことにしたんです。
 
とくに何かに繋げようと思って始めたわけではなく、ただ自分が面白いと思ったこと、バイト先の人間にも公開していたんで、バイト先の先輩などをイジった身内ネタなどを書いていました。
 
 
やがてそのブログも、就職や結婚をして段々と面倒になり、更新はもう3年くらいストップしています。
 
 

過去のブログが今、役に立っている

 
今では「ブログで飯を食っていく!」というつもりでこの『ぼくのつまたん』を運営しているので、当時のブログのようにただただ「面白いことを言いたい」というだけで運営してはいません。勿論。
 
以前のブロクは何の目的もなかったので、誰かに読まれたいとかそんなに意識していませんでした。
「好きな人何人かに読まれればいいや」という思いだったので、勿論SEOなんて意識していません。
 
著作権だとか引用だとか不適切なワードだとか、何も考えずに好きなことを好きなように書いていました。
 
 
 
そんな昔の僕のブログが今、役に立つことがあります。
 
その昔のブログからネタを引っ張ってくることがたまにあります。
 
ブログのネタに困った時や、ネタを煮詰めている時に「あれ、このネタ昔のブログで書いたことあるような・・・」と思った時に昔のブログを見て参考にしています。
 
参考にするというか、丸々パクることもあります(笑)。
 
例えば↓この記事の「神の子体験」の話なんて、まさにコピペです!
 
 
一応そのコピペした後のケアとして、昔のコピペ元の記事は削除しています。
単純な丸パクリ記事になってグーグルに嫌われることを恐れてのことです。
 
どっちも自分の記事なんだからいいじゃんとも思いますが、その二人が同一人物かどうかなんてグーグルは知りようもないと思うので。
 
 
 
このように、何の目的もなく書いていたブログが、今の僕には役に立っているんです。
 
僕はたまたま同じブログという形で役に立っていますが、別にブログはブログの役にしか立たないわけではありません。
 
何の目的もなく、何かに特化しているわけでもなく、人の目なんか全く気にしなく、キーワードやグーグルになんて全く気を使わずに書いたそのブログは、
将来自分が何かに気を使うことになった時の土台となる大きな可能性を秘めています。
 
 




テルオ的まとめ

 
とにかくブログを書いてみる
 
今日言いたいことはこの一言につきます。
 
 
ブログの世界に学歴、職歴、年齢、性別の差別は全くありません。
 
実際に僕も適当に書いていた昔のブログが今では役に立っています
 
将来役立たせようなんて別に思わなくていいんです。
そんなこと考えるとかえって書けなくなります。
 
好きなことを好きなように好きなだけ書いてみてください。
 
ブログは今すぐに無料で始められます。
 
 
もしブログを仕事にすることに興味のある方は、僕がブロガーの世界に足を踏み入れるきっかけになった『ブログ飯』をおすすめします!
 
 
 
 
そんなあなたにきっと役に立つ記事↓

カテゴリー別に気になる記事をチェック!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。