「ぼくのつまたん」へようこそ。初めての人に是非読んでほしい10記事

gensen10kiji-3
 
 
はじめまして。雲藤テルオ(@undoteruo)です。
 
 
「ぼくのつまたん」へお越しくださいましてありがとうございます(^^)/
 
 
「いったいコイツどんな奴なんだ?」と、(ありがたいことに)僕に興味を持ってくれた方がこのページを見てくれていることと思います。今日はそんな方のために、雲藤テルオが「まずこれを読んでもらいたい!」と思う(自画自賛)10記事を紹介しようと思います。
 
 
※注意:なんだかんだで16記事になっちゃいました!
 
 

雲藤テルオの得意分野は「学校給食」です

 
自己紹介はプロフィールに書いてあるので省きますが、僕の前職は学校給食調理員です。学校で給食を作るおじさんですね。
 
なので、一応「学校給食」という分野にはそれなりに自信があります。その学校給食の知識を活かして、食中毒事件について勝手に分析をしています。
 
まずはこの「和歌山県御坊市のノロウイルス集団食中毒事件」が僕の初めての食中毒記事でした。

和歌山の学校で集団食中毒発生!(原因磯和えと特定)残念ですがお母さん、ノロウイルスは防ぎようがありません。(立川でも食中毒発生!)

2017.01.29
そして、Googleトップニュースに初めて載った記事でもあります。
 
この記事は、僕の学校給食の経験により知った「ノロウイルスは防ぎきれない」という理由を話すことになりました。
 
 
その関連で、ノロウイルス食中毒を防ぐために有効なトイレの使い方についても記事にしています。

和歌山集団食中毒事件で「磯和え」が原因メニューと特定!ノロ感染経路はトイレ後の手洗い不足か!?

2017.02.02
これは僕の経験した学校給食で実際に採用されている方法です。
 
 
そして学校給食が得意分野ということで、学校給食に必須の資格の調理師免許についても記事にしました。

【調理師免許取得方法】学校給食で働きたいあなたへ

2016.10.25
調理師免許の勉強方法についての記事です。
 
 
こんなに学校給食の記事を書いているので、「さぞかしこの人は学校給食という仕事が好きで誇りがあるんだろうな〜」と思われるとおもいますが、実は学校給食という仕事(人間や食育の考え方)が僕は嫌いでした。
 
それで辞めたわけです。そのあたりの僕の学校給食の嫌いなところを「学校給食裏話」として記事にしました。

学校給食調理員裏話「学校給食で働く人間と食育に僕は耐えられなかった」

2017.02.04
これを読んで頂ければ、そして学校給食裏話の関連記事も読んでいただければ僕がどのくらい学校給食が嫌いだったか知ってもらえると思います。(笑)
 
 

「適応障害」や「自殺」についての記事も自信があります。

 
そして、僕が学校給食という仕事を辞める最終的な原因となったのが「適応障害」というものでした。
 
実は全然大したこと無かったと今では思っているんですが、会社から「病院に行け!」としつこく言われたので診断してもらったところ、適応障害という診断結果でした。これで心置き無く仕事を辞めました。(笑)
 
 
 
その適応障害に関連し、自殺を考えている人向けの記事もいくつか書きました。
 
いくつか書いているうちに、「死ねば楽になれるって言うけど、それ、本当かな?・・・」と思うようになり、書いた記事がこちら。

死にたい人へ【天国じゃ楽できない】って知ってる!?死にたくないならたすけてあげるから最後に聞いといて。

2017.01.18
 
「死んで楽になりたい・・・」ってよく聞きます。そしてイジメを苦にして自殺した残された家族は、「きっと天国でイジメから逃れて幸せにしてるねよね!」とか言います。でも、「死後の世界は楽できる」って、いったい誰から聞いたんでしょう?そんな疑問から書いた記事です。
 
 
そんな「死」に関連して、僕の少年時代に体験した「神の子体験」も記事にしました。

うつ病なんて!宗教なんて!詐欺になんて!テルオの“神の子”体験談から逃げる準備の大切さ教えます!

2016.12.07
僕が小学生時代に母親に連れられて通っていたある宗教での体験です。そこで僕は「神の子」と崇められていたという話です。
 
実は、雲遠テルオは、神の子だったんです。(笑)
 
自殺や詐欺など、「自分に限ってそんなことにはならない!」と思っている人ほど実は危険です。僕もまさか適応障害になるなんて思っていませんでしたから。
 
そういう人に「逃げる準備の大切さ」を話しておきたいと思って、僕が神の子であることを告白しました。
 
 
そもそも、何でそんなに死について僕が記事をいくつも書いているのかというと、実は、僕の父親の死が関係しています。
 
実は僕の父親は、僕が21歳の時に自殺をしています。
 
ブログ開設6ヶ月記念として、父親の自殺のことについて書きまし

僕の父親が自殺した。命日は忘れた。①「排気ガス(一酸化炭素中毒)」

2017.03.31
記念にしては随分重い内容になってしまいました(笑)。ですが、どこかでいつか書いてやろうとはずっと思っていた話です
 
一応これを読む方は内容が内容なので、ある程度覚悟をして読んでみてください。
 
 

「フリーマーケット」も得意分野です

 
得意分野といえば、これもまぁ得意分野と言えるんでしょうか。フリーマーケットです(あまり自信ありませんが)。趣味で前からフリマでよく買い物をしているのでそれを記事にしています。
 
フリマの記事は今のところ15記事くらいになってるんですが、各フリマ会場の情報を僕なりにまとめた記事がこちら。

東京おすすめ人気フリマまとめブログ【場所·日程·出店情報2017最新版】(幕張メッセフリマ17.5.1に追記しました)

2017.01.17
フリマの記事は、僕がよく行く味スタ、代々木公園、世田谷公園、駒沢公園、大井競馬場、日産スタジアム中心に記事にしています。
 
まとめ記事ではこれからの追加フリマ会場も予告しているんですが、最近サボって更新していません・・・。予告しているからにはやり遂げようと思ってはいますが、記憶を思い出しながらの作業なので、結構疲れるんです。でも頑張ってみます!
 
 

雲藤テルオは政治にも興味があります

 
あと、僕は意外と、政治が好きなんです。若い頃は全く興味なかったんですが、歳を重ねるに連れて興味が出てきています。まぁみんなそうでしょうが。
 
そして、変に政治家の行動やらを深読みするという趣味(癖)があります。そこで、深読み全開で書いたのがこの記事。

金正男(キムジョンナム)暗殺殺害で影武者説?自殺の可能性も指摘!そろそろ北朝鮮の時代が動くか

2017.02.28
最近暗殺された北朝鮮の金正男についてです。
 
タイトルを見てもらえばわかる通り、金正男の自殺の可能性に言及した、深読み全開の(妄想とも言える)記事です。誰も金正男が自殺だなんて考えていないので、「金正男 自殺」のキーワードで検索すれば1位です。
 
今検索してみたら3位でした。「他にも自殺説を考えている仲間がいるのか!?」と思ってちょっと嬉しかったんですが、上の2つは「犯人の自殺」という意味の「自殺」でした。金正男が自殺したなんて考えているのはどうやら僕しかいないようです・・・。
 
でも結構自信あるんですがね。
 
ついでに、最近話題の石原慎太郎元東京都知事の豊洲移転問題についての記者会見を見ていたら、どうしても言いたくなったのでこんな記事も書いてみました。

石原慎太郎会見の評価 恥さらし責任逃れと批判されるが、謝罪を求める資格が私達にあるのか?2017豊洲移転問題どうなる

2017.03.04
 
 

雲藤テルオは福島県出身(得意分野?)

  
僕は、アレのアレで、世界的に有名になってしまったFUKUSHIMAの出身です。高校卒業まで18年間を福島県いわき市で過ごしました。スパリゾートハワイアンズがあるところです。
 
高校時代はスパリゾートハワイアンズでバイトをしていました(パインアラモードを主に作っていました)。
 
そんな僕なんですが、特に震災の後は、福島県が嫌いになりました。元々田舎の人間が嫌いなので福島を捨てて東京に飛び出したんですが、震災があって、福島県の被災地に住み続ける人間が、どうも、僕は好きになれません。
 
 
 

雲藤テルオはバイトリーダー

 
僕は今現在失業者ですが、17年続けているバイトがあります。東京へ出てきた18歳から続けているバイトです。
 
バイトの記事は特にないんですが、17年間毎年卒業生に贈るサプライズプレゼントのお金を強制徴収させられているので、いい加減腹が立って書いた記事があります。

強制徴収ちょっと待て!バイトの先輩の送別会でプレゼントを企画する幹事よ、そろそろいい加減にしてくれたまえ

2017.01.26
今年はついに強制徴収バックレてやりました。
 
福島の記事でもわかると思いますが、僕がどういう人間かがよくわかる内容だと思います。(笑)
 
 

ブログ開設当初の方向性

 
プロフィールにも書いてあるし、このブログのタイトル「ぼくのつまたん」を見てもわかる通り、ブログ開設当初は「妻との幸せな結婚生活」に関するブログにしようと思っていました。
 
ですがブログを書いていくに従って、どんどん書きたい分野が増えてきて、一時は食中毒専門ブログと化していた時期もあります。(笑)
 
結婚恋愛関係は最初の方に書いていた記事が多いので、今読み返すと幼い文章で恥ずかしいんですが(今も文章力は幼いですが)、その中から1つ紹介したいと言えばこれですかね。

「彼氏と女友達の2人きりの食事」を許さない彼女の気持ちを、知ってね!

2016.11.17
一応僕の妻へのインタビューも取り入れました。
 
 

Googleトップニュース掲載記事

 
現時点でGoogleトップニュースに載った記事が3記事あります。
 
もう10記事超えていますが気にしない!
 
 
 
全て食中毒関連の記事です。やっぱり学校給食については得意分野なので、その専門性のある内容をGoogleも評価してくれたのだと思います。
 
 

最後に

 
当初の方向性とは全く関係のないカテゴリーが、今ではどんどん増えてきてしまいました。これからも「あっ、あれも書きたいな!」と思う分野が増えていくかもしれません。
 
今のところは一応、「学校給食」と「フリーマーケット」中心でやってます。
 
 
学校給食については、食中毒やアレルギー事故などのニュースが一年を通してあるので、その度に僕の元学校給食調理員としての経験を元にして、これからも勝手に原因分析を行っていきたいと思っています。
 
 
フリーマーケットについては、いつも行きつけのフリマ会場の記事が中心だったので、他のフリマ会場にも足を伸ばしてみようかなと考えています。
 
 
とりあえず、学校給食とフリーマーケットについては、「ぼくのつまたんの右に出るものはいない!」くらいに思われるように専門性を高めていこうかなと思っています
 
 
これからもよろしくお願いします\(^o^)/
 
 

東京都は「ニート、フリーター」の就職支援に力を入れています(全て無料)



 
就職したいが何の経験も無いニート、フリーター、派遣、無職の方のために東京都が無料で就職支援に乗り出しています。

たとえば、もう「調理師として学校給食で働くんだ!」と決めている方はそれにまっしぐらに突き進めますが、「ずっとニートだし···」「ずっとフリーターで社会経験無いし···」「資格も無いし···」「何がしたいかもよくわからない···」そんな方のための東京都の公共事業で行う無料相談&無料支援サービスです。最初から最後まで全て無料!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

【コメントを残す】(コメントは公開されます。公開されたくない場合は「お問い合わせ」からご連絡ください。)

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。