「仕事が辛い」と言う会社員を僕は全く「可哀想」だとは思わない理由について。

shigoto-tsurai-1
 
こんにちは。「おれ、こんなに大変なんだよ···」アピールをする会社員に「可哀想」とは微塵も感じない雲藤テルオ(@undoteruo)です。
 
 
僕は現在飲食店と商業施設の清掃員のアルバイトをしていますが、
 
 
毎日終電
 
休みがない
 
夜勤で通しで寝てない
 
 
こんな社員を目にするとパートやアルバイトのみんなは
 
 
「大変だね···」
 
「可哀想···」
 
 
なんて言います。
 
そして、そう言われている社員も“私は可哀想でしょ面”をしてヘトヘトな表情で更に大変さをアピールしてきます。
 
 
そんな周りの反応を見て僕はどう感じているのかというと
 
 
 
 
「無」です。
 
何も感じません。
 
その理由を今から説明します。
 
 
大丈夫。10秒で読めます。
 
 

日本人は・・・

 
 
日本人は、強制労働させられているわけではありません。
 
 

自分で望んで・・・

 
 
日本人は基本的にみんな、自分で望んでその会社へ入り、
 
自分で望んでその会社で働いています。
 
 
そして「仕事が辛い」と言う会社員は自ら望んでその辛い場に留まっています。
 
 

いつでも・・・

 
 
日本の会社員は、いつでも仕事を辞めることができます。
 
 

結論

 
 
よって、可哀想ではありません。
 
 
 

日本人は
 
辛いんじゃない
 
 
辛いことが
 
好きなだけ

 
 
本当に「可哀想」な人間とは、自分の意思に反して強制的に労働させられている人達のことを言うんです。
 
 
 
以上。おわり。
 
 
【そんなアナタの役に立つ!関連記事】

設定-15

好きなカテゴリーを選んでみてね!

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/食育·飲食店·働き方評論家/食品衛生コンサルタント。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。