女性活躍社会と言う名の男女差別

男女平等1

 

こんばんは。ちょっと前から最近の男女平等の考え方について違和感を感じているテルオ(@undoteruo)です。 
テルオ家では絶対女王妻たんが君臨しています。

僕は集団給食調理(学校給食調理員)の仕事をしていました。

【調理師免許取得方法】学校給食で働きたいあなたへ

2016.10.25
↑の記事では学校給食調理員の仕事についても語っています。

ある施設で毎日700名弱の食事を調理していました。
ひと一人が横になって入りそうなでっかい大釜で、虫歯菌が持っているようなでっかいフォークを使って調理します。味噌汁一つとっても、何十キロという野菜を運んだりします。
もはやガテン系肉体労働です。

【第1話】天海祐希主演 シェフ「Chef 三ツ星の給食」学校給食調理経験者テルオの感想!

2016.10.20
↑学校給食がテーマのドラマあります!

 

男女の給料格差

そんな日々の業務をこなしながら、ある日たまたま知ったことなのですが、どうやら僕の会社では、最初から男女の給料に差があるらしいんです。
「男女平等が叫ばれている今時こんなことしてるのかウチの会社!?」

女性社員も不満を口にしていました。
「男女差別!」

家に帰ってこの話を妻たんにすると、予想していなかった答えが帰ってきました。

当たり前じゃんそんなの

さすが妻たん。あんたと話すと楽しいよまったく!

「肉体労働なんでしょ?女は力が弱くて重いもの運んだりできないんだから給料に差があって当然でしょ!社員の女が不満だって?男女差別!?はき違えてんじゃねーよボケ!」

あんたと話すと面白いなまったく(笑)

 

男女平等の考え方

最近の男女平等って女も男と同じことをさせることってなってませんか?
それってはたして男女平等なんでしょうか?
それが男女平等と言うならば、女性も男と同じように何十キロもの野菜を運ばなくてはなりませんが。

男女平等2

重いものは男が持つのが平等で、肉体的労働においては、男性の給料が高いことが平等で、
誤解を恐れずに言えば、
女性が子供を産み育て夫を支え、男性が働き金を持ってくることこそが、本来の男女平等なのではないでしょうか。

一方で、社会進出願望のある女性の社会進出を妨げてはならないのもまた、男女平等であると思います。
そして、男性の肉体的優位の性質を持つ労働では給料に差があるのもまた、男女平等だと思います。

 

男尊女卑

問題は男尊女卑なのであって、肉体的優位な男性の給料が高いことではありません。
「男尊女卑」を辞書で引くとこのように出てきます。

男性を重くみて、女性を軽んじることこと。また、そのような考え方や風習。
男性を社会的優位とし、女性を独立した人格と認めない思想。

男が重い荷物を持つことは、女性を軽んじているのでしょうか。
肉体的優位な男性の給料が高いことは、女性を独立した人格と認めないことなのでしょうか。

男女平等を議論する時、男尊女卑も合わせて考えないととんでもない間違った方向に行ってしまいます。
国もメディアも女性に気を使ってか、間違った方向へ誘導する傾向にあります。
テレビばかり信用せず、男女平等ということについて、一度自分で考えて、自分なりに整理することも必要だと感じます。

 

テルオ的まとめ

男女平等の考え方が最近間違ってはいないかと常々感じていました
昨今、女性活躍社会の流れにあって、極端に女性に気を使うあまり、女性に文句を言われないように、女性に嫌われないようにを優先していると感じています。

平等とは本来、対等な立場で話し合うことです。
女性に嫌われたくないとうい男性の考え方がもうすでに女性差別なのではないでしょうか。

僕は、自分で勉強し考えることこそが、法律にも何にも縛られない人間に残された最後にして最高の自由だと思っています。

 

 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。

僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。

無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 


僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。
今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら→無料ダウンロード
自由な生き方について書いているだいぽんさんのブログはこちら→「僕は雇われずに生きていこうと思った」
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。