調理師になるには『専門学校』も一つの方法。資料請求は無料で一括がおすすめ!

chorishi-5-1
 
こんにちは。調理師で元学校給食調理員副責任者のテルオ(@undoteruo)です。
 
 
学校給食というのは、調理師免許で働くことのできる仕事ということで最近人気を集めています。
 
そんな学校給食調理員で副責任者を務めていた僕が、調理師免許取得を目指している方のお役に立てる情報を発信しております。
 
 
調理師になるには大きく分けて方法が2つありますが、今回は『専門学校』での取得を中心に、専門学校へ行くことのメリットと、全国の調理師専門学校の資料を個人でも無料で一括請求する方法を教えます。
 

調理師になるには2つの方法がある

 
調理師免許を取得すには、2つの方法があります。
 
  1. 独学で受験する
  2. 専門学校へ行く
 

①独学で受験する

 
まず『独学』での取得方法ですが、調理師免許を独学で取得する場合にはその条件として2年間の実務経験が必要です。
 
実務経験というのは、調理に関わる仕事を2年間行うというものです。
とにかく、調理を行なう仕事に2年間従事していれば調理師免許試験の受験資格がもらえます。
 
僕も飲食店のバイトの実務経験で調理師免許試験を受験しました。
 
 
『独学』での取得を目指そうと考えている方はこちら↓の記事を参考に頑張ってみてください。

②専門学校へ行く

 
独学の他には、『専門学校』で学んで調理師免許を取得する方法があります。
 
専門学校での取得に向いている方は、
 
  • 高校を卒業して学校へ進学したい方(“専門学校卒”と今後履歴書に書きたい方(“専門卒”のブランドが欲しい方))
  • 調理には興味があるが、自分の進みたい料理のジャンルがまだ決められない方
  • 将来の独立も見据え『経営学』も学びたい方
  • 働きながら通学したい方(夜間コース)
 
卒業後の進路が周りの友達はみんな進学となる場合、やっぱり自分も進学したいと考えるのが普通です。でも「調理にも興味がある」という場合には調理師専門学校への進学がおすすめです。楽しい学生生活を送りながら調理の勉強ができます。
 
「調理の世界に興味はあるが、和食がいいか、中華がいいか、洋食がいいか決められない」という方も専門学校はおすすめです。
調理師専門学校は大体どこの学校でも様々なジャンルの料理を学ぶことができるので、その中から自分の進路をじっくり探すことができます。
 
どこかの料理店に一生勤めるのではなく将来は独立も視野に入れている」という方は、学校(特に2年制の学校)では『経営学』も学ぶことができます。
これは調理の仕事だけしていたのではなかなか学ぶ機会が無いので、独立だけではなく勤務調理員として将来『料理長』などを目指したいという野望のある方も学校では役に立つ知識を学ぶことができます。
 
 
僕は実務経験で独学で調理師免許を取得しましたが、高校卒業時にこういうことを教えてくれる人が周りにいたら『調理師専門学校』に進学していたかもしれません。
 
歳を重ねる毎に進学はなかなかハードルが高くなるので、若くて親に頼れるならば調理師専門学校を目指してみてはいかがでしょうか。
 
学校によっては『夜間コース』の学科もあるので働きながら通学することもできますが、“働きながら通学”するのであれば、調理の仕事を2年間すれば受験資格がもらえるので、個人的にはこの夜間コースのパターンはもったいない気もします。
 
ですが、現在の仕事が『実務経験』に当たらない調理とは全く関係の無い仕事をされている方にとっては夜間コースはいいかもしれません。
 
 
調理師専門学校進学を少しでも考えている方は、とりあえず各学校から資料を取り寄せてみましょう。
 

全国の調理師専門学校の資料請求は無料で一括取り寄せが可能です

 
全国の調理師専門学校は『コレカラ進路.JPというサイトで無料でまとめて資料請求が可能です。
 
勿論、調理師専門学校だけではなく、様々な専門学校が検索でき、その検索でヒットした全ての学校の資料請求が無料で行なえます。
 
 
まだ特に「興味がある」という程度の段階で担任の先生にこういう相談をすると、「○○君は調理の学校に行きたい人だ」という“レッテル”を貼られてしまうので、そういう「まだ何となく」と考えている学生の方にはネットで自分で無料で資料請求ができるこういうサービスの利用がおすすめです。
 
 
例えば、【『職種から探す』→『栄養・調理・製菓』→『調理師』→『関東』→『東京都』】の順番で調理師専門学校を検索してみると、現在47件の東京都の調理師専門学校がヒットします。
 
学校によって調理師関連の学科も多数あり、例えば1年制や2年制が選べたり、夜間通学人気のパティシエや製菓に特化した学科もあったりと、学校によって様々です。
 
こういった、学校それぞれの特徴はある程度サイト上に記載されているので、通いたい地域の学校を適当に資料請求するのではなく、ある程度自分の方向性に合った学校を選別して資料請求してみましょう。
 
無料で資料請求できるからと片っ端から取り寄せていては膨大な資料が自宅に届くことになりますので。
 
 
更に学校によっては『オープンキャンパス』の申込みができたり、『体験入学』の募集を行っている学校もあります。
 
 
更に更に!『10問でスッキリ適職診断』というのもサイト内で無料で登録無しで試せます。
 
ちなみに僕はこのような結果に。
 
chorishi-5-2
 
僕は調理師ではなく『歯医者さん』が適職だったようです(笑)。
 
もっと早く教えてもらえばよかった!!
 
 
学生の方は自分である程度調べてから先生に相談すれば話もスムーズです。
 
調理師の専門学校進学に少しでも興味がある方は、とりあえず無料なので、気になる学校資料を取り寄せちゃいましょう!
 

調理師免許取得で独学よりも専門学校が優れている点

 
調理師免許を独学で取得した僕が、独学よりも専門学校が優れている点を調べてみました。
 
今まで独学を推奨していた僕ですが、専門学校でも優れている点が結構多くあります。
 
  1. 様々なジャンル『和洋中』の料理を一度に学べる
  2. 様々な調理現場に対応できる技術が学べる
  3. 将来の独立を意識した『経営学』の知識も学べる
  4. 就職がしやすい
  5. 2年生の専門学校であれば調理師関連資格も取得可能
  6. 専門学校卒業生は試験を受けることなく調理師免許を取得することができる
  7. 独学では受験資格が実務経験2年のところ、専門学校では1年で取得できる
 
①から③まではすでに話した通りですが、④の『就職がしやすい』と、⑤の『関連資格』も注目のポイントです。
 
⑥の試験を受けることなく』と、⑦の『1年で取得できる』は、専門学校での調理師免許取得においての最大のメリットです!
 

就職が有利で調理師関連資格も取得できる

 
勿論学校ですから、就職に力を入れていることは言うまでもないことですが、独学だと就職活動は一から十まで自分行わなくてはいけません。
専門学校では実際に有名店のシェフが授業を行うこともありますし、学校毎にコネのあるレストランが必ずありますので、就職には独学よりも有利です。
 
もし僕がシェフ講師の立場だったら、欲しい生徒は自分からスカウトしに行くでしょう。
 
 
学校にもよりますが、2年制の学科であれば『調理師関連資格』を同時に取得することも可能です。
 
例えば『製菓衛生師』『ふぐ調理師』『食品衛生管理者』などを2年間で取得できる学校もあります。
 
これは学校によるので、『コレカラ進路.JPで自分が進学を目指す地域の各学校の特色を見てみて資料請求してみてください。
 

試験を受けることなく、1年で取得できる

 
『調理師専門学校』での調理師免許取得が優れている点で最も注目するべき点は⑥の試験を受けることなく』と、⑦の『1年で取得できる』という点です。
 
 
僕も専門学校での調理師免許取得の方法を調べるまでは知りませんでしたが、調理師専門学校へ入学すれば試験を受けることなく卒業と同時に調理師免許が与えられます(各都道府県に申請する必要はあります)
 
独学では一見無駄とも思える分野も試験のために勉強しなくてはいけないというのがありますが、専門学校では試験を受けなくていいので調理技術を磨くことに専念することができます。
 
 
そして最も驚きなのが調理師免許を『1年で取得できる』という点です。
 
独学では2年の実務経験が受験の条件になりますが、専門学校では1年の通学で調理師免許を取得することができます。(各都道府県に申請する必要はあります)
 
実務経験2年の半分の1年で取得できるというのは、専門学校での調理師免許取得で最大のメリットです。
 
「調理師免許を最短で取得したい」という方は1年制の学科へ、「経営学や調理師関連資格も同時にとりたい」という方は2年制の学科へと、そういう選び方ができます。
 
 
 
こうして見てくると専門学校には独学に勝る点が多くあることがわかります。
 
調理師専門学校への入学を少しでも考えている方は、とりあえず専門学校を検索して無料で資料請求してみましょう。
 
 




2年制専門学校なら『栄養士』も選択肢に入れるべき

 
僕が以前勤めていた、調理師で働ける仕事で今人気の『学校給食調理員』という仕事は、これは意外と知られていないことかもしれませんが、実は調理師免許だけではなく『栄養士免許』保持者でも働くことができます。
 
つまり、学校給食という仕事に限って言うと、調理師免許の全ては栄養士免許でカバーできる」と言えます。
 
 
調理師免許は専門学校へ行かなくても独学で2年の実務経験があれば受験して取得することができますが、『栄養士』は最低でも専門学校へ2年間通学しなくては取得することができません。
 
このことから、調理師免許よりも栄養士免許の方が上位の資格と言えます。
 
つまり何が言いたいのかというと、せっかく2年間専門学校へ通学するのであれば上位の資格の栄養士を目指してみてはいかがでしょうか」ということです。
 
 
「俺は、私は、料理人になる!」と、最初から将来の自分の進むべき道を『料理人』と設定している方は、それは勿論調理師の資格を目指すべきだと思いますが、「何となく料理系かな?」と、まだ将来がハッキリと決まっていない方は調理師の範囲を全てカバーすることのできる『栄養士』を目指してみるのもアリだと思います。
 
栄養士の資格を取っておけば、更に上位の『管理栄養士』を目指すことも可能になります。
 
管理栄養士になれば更に仕事の幅が広がります。
 
例えば学校給食の仕事ですと、以前までは学校給食調理員は公務員が行っている仕事でしたが、現在は全国的に民間委託の流れにあり、調理員の公務員採用はほぼ存在しません。
 
一方で『栄養士』や『管理栄養士』はまだまだ公務員の仕事ですので、今人気の職業の公務員で働くことができます。
 
勿論公務員なので公務員試験を受けて合格しなければいけませんが少なくとも調理師には存在しない公務員になれるチャンスが栄養士にはあります。
 
 
実は僕も一度、調理師試験の勉強を始める前に栄養士も考えていたんですが、その当時僕はもう28歳で仕事をしていましたので、栄養士は最低でも2年間通学する必要があるということを知り、栄養士は諦めて独学で取得することのできる調理師の道を選びました。(それしか選べませんでした)
 
もし僕が、学生の頃に栄養士という道もあるのだということを知っていれば多分、栄養士を選んでいたと思います。
 
もしくは、適職診断の結果を知っていれば、歯医者さんだったかもしれませんが(笑)
 
 
専門学校へ入学することを考えている方は『栄養士』も一つの選択肢として考えてみることをおすすめします。
 
勿論『コレカラ進路.JPでも栄養士専門学校の資料請求もできます。
 
というか、一つの専門学校内で栄養士科と調理師科がある学校が多いので、資料を取り寄せた際には是非一度『栄養士科』も一読してみてください。
 

調理師免許で働ける人気の仕事『学校給食』

 
調理師免許で働くことのできる仕事で現在『学校給食』という仕事が人気と聞きます。僕の以前勤めていた仕事でもあります。
 
なぜ学校給食の仕事が人気なのかというと、学校給食の仕事は調理系の仕事の中でも一番と言っていいほど休みが多く、残業もほぼ無いという仕事だからでしょう。
 
 
 
土日祝日は勿論、夏休み冬休み春休みといった長期の休みや、中学校勤務になればテスト期間中も休みになります。
 
要するに、学校で給食が提供されない日は休みになるということです。
 
そして、学校給食の仕事は飲食店と違い、忘年会や新年会シーズンの団体客の予約もありませんし、原因不明の「急に混んできて忙しくなった!帰れないよ〜!」ということもありませんので、残業はほぼ無いと言っていいでしょう。
 
 
調理師免許で働くことのできる人気の仕事『学校給食調理員』も今後の就職先に参考にしてみてください。
 
特に『正社員』の仕事内容についてはこちら↓
 
『パート』の仕事内容についてはこちら↓
 

調理師の管理人テルオ独自サービス『なんでも相談』

 
調理師で元学校給食調理員副責任者の私管理人テルオが、学校給食の仕事や調理師関連の質問に何でも答える『なんでも相談』という独自サービスを行っています。
 
学校給食の仕事内容についての質問ということで始めましたが、調理師関連の質問にも答えさせていただいております。
 
「ネットで検索してもよくわからないなぁ…」という方は是非ご利用お待ちしております。
 
『なんでも相談』の詳しい内容はこちら↓を参考にしてみてください。
◆関連記事:元学校給食調理員が仕事内容の【学校給食なんでも相談】を『ココナラ』で始めました!
 
 

設定-15

好きなカテゴリーを選んでみてね!

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/食育·飲食店·働き方評論家/食品衛生コンサルタント。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。