適応障害が発展してうつ病にならないための考え方。仕事は3年も我慢しなくていいって知ってた?

ad1-1

 
こんにちは。死ぬ前に仕事を辞めて現在は幸せに生きている雲藤テルオです。
 

僕は以前学校で働いていたとは何度も言っていますが、仕事を辞めた最大の理由は、適応障害になったからです。
 
今日は適応障害とうつ病について話していこうと思います。
 




適応障害とうつ病の違い

適応障害

明確な心理的、社会的ストレスがあり、そのストレスの始まりから1か月以内に情緒的、行動的症状が現れÏ、社会的機能が著しく障害される精神疾患。
 
ストレスの原因には対人関係や、事故や災害、職場の環境の変化などがあげられます。これらのストレスが引き金となって、家庭や学校や職場などでも不適応を起こします。
 
しかし、ストレスにさらされない環境では症状の改善がみられることも多いとされます

例えば職場の人間環境が変わり、出社しようとすると吐き気や頭痛、精神的に不安定になります。以前は出来ていたことなのに手の震えや集中力がなくなりミスを繰り返し、仕事に支障が出ます。
 
仕事が休みの時は症状はでないが、原因が仕事であれば仕事から離れるなど、原因を取り除くことで改善します。
 
また、原因を取り除いてから6ヵ月以内に完治するとされています。

うつ病

過度なストレスや憂鬱な気分が毎日続き、興味や喜びが感じられなくなる精神疾患で、気分障害の一つ。不眠や過眠、食欲不振や過食、頭痛、倦怠感などの身体症状を伴います。
 
病状が進行すると、自分には価値がないと感じたり罪悪感をもつようになり、自殺を考えることもあります。
 
適応障害との一番の違いは、うつ病は原因が一つに特定できないということと、その原因から離れている間も症状が持続するということです。

適応障害うつ病 医者の判断基準

僕の症状は、上の適応障害に全てピタリと当てはまっていました。
素人でも、うつ病に片足を突っ込んだ状態になれば「自分はちょっとヤバイかも・・・」と、薄々そのヤバさに気付くものです。

僕もそのヤバさに何となく気付いていました。
何日か休んでみたのですが、会社から「病院行け」としつこく言われたので病院へ行ったわけです。

病院での診断結果は適応障害というものでした。
てっきり僕はうつ病と診断されると思っていたんですが、適応障害だったんです。
 
うつ病は知っていたけど適応障害って、今一どういうものか知りませんでした。でも何となく、「うつ病よりはマシなのかな?」という印象でした。

後になって適応障害とうつ病を調べて知ったのですが、医者は明確な原因があるか、その原因から離れている間も症状が持続しているか」を、適応障害とうつ病の一つの判断基準にしているようです。

僕の先生も診断を出すまでに僕と色々話をしました。
僕の場合は、

  • 明確に仕事が原因であること、
  • 仕事がなく、別なことに没頭しているときは症状が出ないこと

などから、先生は適応障害と診断したのだと思います。

そして、「原因が仕事であるならば、仕事から距離をおかないと治らない」とも言われました。
 

僕の適応障害時の主な症状

僕がどんな症状だったか、具体的にざっと書き出してみます。

もしここを読んで、自分も同じ症状があるなと思ったら、僕もこの記事でまとめまで書こうと思っているので、全て読んでみてくださいね。

  1. 仕事で作業するときに手が震える。
  2. 以前は普通にこなしていた作業のはずなのに、何故かミスをする。(仕事が適当になる)
  3. 上司の指示等も集中力がなく頭に入ってこない。
  4. 職場の同僚の顔を見ると吐き気がする。
  5. 電車を降りると吐き気と頭痛がして一歩も足が動かない。
  6. 人混みに行くと他人の目線が気になり、何か自分のことを言われているんじゃないかと、自分が何か変なことをしているんじゃないかと感じる。
  7. 夜なかなか寝付けず、朝は早くに目が覚める。
  8. 自殺をする勇気はないが、何か犯罪を犯して刑務所に入れば仕事のことは考えなくて済むんじゃないかと考える。
  9. 言動や行動が暴力的になる。

 
どうでしょうか。これが僕が経験した主な症状です。

この症状にほぼ当てはまるという方は最後まで是非読んでみてください。何かあなたの今後のヒントになるかもしれません。
 

僕の適応障害原因の発生から退職まで

僕の場合、原因は一つに特定できています。ある一人の上司との人間関係です。
そこから全てが始まりました。
 
その始まりから退社まで約2ヶ月です。

当時はすごく長い2ヶ月間でしたが、今思えばたった2ヶ月です。あっという間の出来事ですね。

僕は一般社員から副責任者へと昇格し異動することになり、異動先でその上司と出会いました。トラブルがおこる約3ヶ月半前でした。
 
昇格しての異動人事でしたので不安もありましたが、初めての副責任者という肩書きへの責任と、気合いも多少入っていました。
 
 
最初は「いい人だな」という印象でしたが、すぐに違和感を感じました。何となく、その人間性への違和感です。

すぐにその違和感の正体が判明しました。
 
以前その上司は、パワハラの問題を起こした過去があると噂を耳にしたんです。
 
僕が何となく感じていた違和感とは、頑張って笑顔を見せてはいるけれど、何かを我慢しているんじゃないかという違和感でした。

そして実は、異動の話があったときに、本社の部長に「テルオ君、何かあったら私に直接でいいから連絡して」と言われて、部長の個人の携帯番号を渡されました。
 
当時は「すごく僕のことを親身に考えてくれているんだなぁ・・」と、その手厚さに若干の引っ掛かりがありましたが、こういうことだったのかと繋がりました。
 
それから約3ヶ月半の間に、その上司に徐々に変化が現れ始めました。我慢が押さえられなくなる頻度が徐々に増していったのです。
 
 
今思えばこの段階で部長に相談しておけば良かったのですが、まだそこまでの段階じゃない」と僕は判断していました。社会経験の少ない僕は完全に見誤った判断でしたね。

そして出会いから約3ヶ月半後にその上司はついに爆発しました。爆発の詳細は省きますが、手を出す以外のパワハラとしておきましょう。
 
 
まぁ、僕も元々弱い人間だし、人によっては「そんなことぐらいで」と言われることなのかもしれませんが、僕にとっては事件でした。
僕はこの時になって初めて部長に連絡を取りました。遅すぎましたね。

翌日には、その上司も社長から説教されたようで、朝礼でみんなに頭を下げて謝罪しましたが、僕はその数時間後に帰宅し、それから数日間仕事を休みました。
 
その日のうちに、上司の上司(僕から見れば2段階上の上司)にもうあの人とは一緒に働けない」と伝えました。僕は「パワハラを受けたから嫌だ」ということだけではなく、その人の人間性に身の危険を感じたのです。

謝りはしましたが、社長から言われたから謝っているだけで、人間性など変わるはずもなく、また我慢する日々に戻り、また繰り返すだろうと容易に想像ができる謝罪でした。
 
社長にも身の危険を感じることは話しましたが、笑っていましたね、社長。「それは考えすぎ」だと。

僕はすぐにでも異動したかったのですが、社長からは「明日から復帰しろ」と言われました。2学期からは別の学校に異動させるから、その条件として今学期は今の現場に復帰しろと言うのです。
 
またどこかで社員研修とかで顔を合わせなきゃいけなくなるかもしれないんだから、今学期も残り数日だから復帰してケジメをつけた方が今後のテルオ君のためだ」

学校給食調理員の仕事でしたので、1学期残りあと数日で夏休みに入るというところでした。ですので、あと数日我慢しろということです。

僕はその場で「分かりました。復帰します。」と答えました。しかし同時に、近い将来この仕事はもう辞めようとも決意しました。この時に。

そして数日休んで現場に復帰し、心を無にして何とか数日乗りきり、夏休み明けに別の小学校へ異動しました。

別の小学校とはいっても、異動前に所属していた小学校でした。
元々その現場での僕の仕事ぶりを見て本社が僕を昇格させたわけですから、人間関係も良く、僕にとって働きやすい最良の人事といえる・・・ハズでした。
 
 
 
上で書いた「適応障害時の主な症状」は夏休み中から現れていました。
ですが異動先の現場は、以前まで普通に働けていた現場だったので、「異動すれば大丈夫だろう」と考えていたわけです。
 
しかしどうでしょう。
 
異動しても治るどころか、悪くなっていきました。
 
近い将来に会社を辞めようとは思っていましたが、それは来年を想定していました。でも持ちそうにありません。
 
戻れなくなる前に決断しなくてはと思い、すぐに上司にその考えを話し、また社長と面談することになりました。
 
 
「病院行ったの?行ってないなら行った方がいいんじゃない?」

以前にも何人もの社員が会社を辞めたいと言って辞めていったけどその殆どが辞めたことを後悔してまた採用してほしいって言ってくるよ。」

「精神的な病気を患っても、薬を飲んで通院しながら何とか頑張っている社員も何人かいるんだよ。」
 
 
普通の人間ならば、この社長の言葉を聞いて「もう少し頑張ってみよう」とか思うのかもしれませんが、僕はこう思いました。
 
なに言ってんだコイツ

 
薬飲んでまでこの会社にしがみつく理由って、なんだよ
 

適応障害と聞いた時の妻の反応

社長と面談したその日に今月末での退社の意向を伝え、次の日からもう出社しませんでした。
 
そして会社から「病院へ行って診断結果を教えろ」と言われたので、それで会社が満足するならと思い病院へ行きました。
こうして出た診断が適応障害です。
 
まずこの結果を妻に話しました。
 
 
マジで!?
ウケる!(≧▽≦)

 
 
なにそのリアクション(^▽^;)
 
旦那が適応障害になった時のリアクションじゃないよね普通(笑)
 
僕の妻はこういう人間です。
 
ですが、その妻の普通ではありえない反応に救われた部分は多分にあります。
 
僕は自分を褒めることなど何一つない人生を歩んできましたが、この人と結婚した自分のことだけは褒めてあげたいですね。
 

入社したら3年は我慢しろ説

「入社したら3年は我慢しろ」ってみんな言いますよね。伝説みたいに。
 
「オレも昔は頑張って我慢したんだからお前も我慢しろ」ってことでしょうか。
 
野球部の先輩と廊下ですれ違った時のバカでかい異様な挨拶とか、1年生はひたすら玉拾いとかいう部活の訳の分からない伝統のアレと同じですね。
 
 
僕は、我慢するなんて人生において何の意味もない無駄な時間だと思っています。
 
「すぐ辞めると辞めグセつくよ!」なんて言います。
 
最高じゃないですか、その癖

なんて立派な癖でしょう。
 
 
例えば、働ける会社が全国に10社しかないのならば、1社辞めれば残り9社しかなくなるわけだから、この場合出来るだけ仕事は辞めない方がいいと思いますが、日本だけでも仕事なんて何千何万とあります。
 
いくら仕事を辞めても選ばなければいくらでも仕事はあります。しかも今の時代、海外にだって仕事の幅は広げられます。
 
 
最高じゃないですか、その辞め癖
 

頑張ることをやめてみる

ad2

 

「頑張る」って何でしょうか?
 
何故頑張らなくてはいけないんでしょう?
 
 
毎日毎日人は頑張って生きています。嫌な勉強も、嫌な仕事も、嫌な人間関係も、満員電車も何もかも、全ては幸せになるために必要だからです。

「何であなたは頑張るんですか?」と人に聞けば、「幸せに生きるためだよ」と、大体の人間はそう答えるでしょう。
 
幸せになるためにそれは本当に必要でしょうか?
 
幸せの妨げになってはいませんか?
 
嫌なことを克服するために頑張ってはいませんか?

嫌なことを克服するための頑張りなんて本当に無駄です。
 
嫌なことを克服するために頑張ってる最中に地震がおきて死んでしまったら、あなたの人生一体何だったのか。
 
嫌なことを克服するために頑張る人生なんて嫌ですよ僕は。
 
いつ大地震が起こってもおかしくはありませんし、いつどこかの国からミサイルが飛んでくるか分からない時代です。それでなくても、予期せぬ事故や事件に巻き込まれていつ命を落とすか分かりません
 
そんな、いつ死ぬかもしれない人生を生きているのに、嫌なことを克服するために我慢して頑張る人生なんて、僕はゴメンです。

報われる前に命尽きちゃいます。
 

仕事は生活の手段に過ぎないことを知る

ad1-1 
仕事は生活の手段に過ぎないことを知る
 
知るって言うか、みんな知ってるんです。そんなこと。
 
知っているけど、みんなすぐ忘れちゃうんです。
 
世界の人々の働き方を見てくださいよ。
 
仕事は生活の手段に過ぎないという考え方は、特に日本人に失われている考え方です。
 
当たり前のことなはずなのに。何で忘れちゃうんでしょうか。
 
 
すぐにやめることは悪であるという考えを脳に植え付けられたのはいつのことでしょうか。
 
それは教育です。義務教育で徹底して脳に植え付けられます。
 
その教育が、行き場を失って自殺をしてしまう人間を生むんです。
 
国の教育が行き場のない人間を作り出したくせに、事件がおこるとその会社を叩きまくります。
 
全て教育が作り出したくせに。
 
 
いつ失われるかもしれない1度きりの人生です。
 
日本の教育は完璧じゃありません。完璧じゃないどころか、人間には無数にあるはずの逃げ道のトビラの1つ1つに鍵を掛けていくのが日本の教育です。

しかし、鍵が掛かっているだけでトビラは存在しています。
 
鍵を見つけることさえできれば、トビラは開きます。
 

人間が生きる意味は楽しい生活をおくることにある

ad3

仕事は生活のための手段に過ぎません。
 
人間が生きる意味は、楽しい生活をおくることにあります。
 
仕事が楽しくなければ生活も楽しいものにはならないばかりか、仕事の悪影響が生活にまで影響することになります。
 
その結果が鬱病や適応障害です。
 
精神疾患を一度患い「周りに相談するのは恥ずかしい」と、一人で解決しようとすると更に深みにはまり込んで抜け出せなくなります。
 
 
適応障害と診断された方で、そのまま仕事を辞める場合には新たな環境へ転職できれば症状はおさまるでしょう。
 
しかし、適応障害で休職を選び「まだオレはギリギリ大丈夫だ!」と頑張っちゃう方は、部署の異動はしてくれるとしても、“同じ会社”というだけでまた適応障害になるリスクが転職をする方よりも高くなります。
 
僕が社長に言われたように、同じ会社内にいればいつかどこかで原因となった人間と出会うこともあるでしょう。
 
出会わなかったとしても、「どこかで出会うかも···」という考えが頭の片隅にはいつも存在しビクビクしながら働かなくてはいけません。
 
もし今の会社に現場復帰を目指して休職中であれば、ニューロワークスというものを利用してみるのも一つの手です。
 
 
ニューロワークスとは、「長く健康的に働ける身体」をテーマに、社会復帰のための支援をで行っているサービスです
 
  • 対人能力向上プログラム
  • 脳と身体の健康に良いフィットネスプログラム
  • 正しい食事と睡眠などの生活習慣見直しレクチャー
  • PCスキル学習・模擬面接などの就職支援
  • 職場実習
  • 会社の面接に同行
  • その他、精神科医・脳科学者監修のもと科学的根拠のある各種プログラムを実践
 
など、こういうサービスが、
鬱病や適応障害などの精神疾患を患い、現在休職中、失業中の方であれば全て無料で受けられます。
 
せっかく休職中なのであれば無料で行っているこういうものを利用してみるのも良い方法です。
 
また、僕のように仕事を辞めた方は、次はもっといい環境で健康な身体で仕事ができるように、こういうものを利用してみてください。
 

鬱病・適応障害経験者の働き方

 

「そんな仕事早く辞めようよ」と強要はできませんが、僕の場合は仕事をスパッと辞めてみて今は完全復活し楽しく生活できているので、本当は精神疾患を患ったら転職することをおすすめします。
 
 
「仕事を辞めるのは悪だ」という罪悪感に縛られる気持ちというのは、実は、転職を考え始めると少しつづ薄らいできます。
 
薄らぐ···というか、新しい仕事について考え始めると「こんな仕事、こんな職場だったら人生、もっと楽しいだろうなぁ···」なんて楽しい嫌でも未来を想像することになり、
 
実際に転職サイトなんかに登録し色々な会社を見ていくうちに、新しい仕事で心が豊かになる自分という理想が罪悪感を上回りはじめ、
 
今までは別の世界だと思っていた楽しい人生というものが、実は自分でも実現可能だと知ることになります。
 
そうなれば、「仕事を辞めるのは悪だ」という罪悪感に苦しんでいた以前の自分が、バカみたいに思えてきます。
 
 
転職というと「休職の理由」や「会社を辞めたい理由」なんかを必ず面接では聞かれることになりますね。
 
例えば『就職Shop』という転職サイトでは、書類選考がなく面接で採用を決める会社としか提携していないので、面接で「休職の理由」や「会社を辞めたい理由」をどう答えたらプラスに働くかの面接対策を一緒に考えてくれます
 
また、職員が実際に企業へ足を運んで仕事内容や職場の雰囲気(居心地の良さ)を取材してから利用者に提案してくれるので、実際に自分が働いている風景を想像し自分に合った会社を見つけやすいんです。
 
探せばこういう特徴のある転職サイトがあるので、精神的に不安のある方こそ転職サイトを利用することで間違いのない会社に出会う可能性を高めることができます。
 

テルオ的まとめ

設定-23

日本人は頑張ることが当たり前で常識で、頑張らないと世間から白い目で見られます。
 
今までがむしゃらに頑張って我慢して生きてきた世代の人間は、僕の言っている「3年も我慢しなくていい」「仕事は生活の手段に過ぎない」「嫌なら転職しようよ」なんて意見は認めることができないでしょう。
 
しかし正解は人間一人一人、自分の中だけにあるものです。
 
先程紹介した『ニューロワークス』や『就職Shop』の他にも僕の適応障害の経験から、人生を楽しくする転職サイトランキングも作成していますので、興味のある方はこちらも参考に↓↓
 
今回の内容が、あなたの楽しい人生の一つのヒントになれば幸いです。
 

設定-15

おすすめ記事 & 関連記事

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/ジブンディレクター/食育·飲食店·働き方評論家。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。