人に恵まれる人の特徴は7つの無理せず人を引き寄せる特徴を持つ人だった

hitonimegumareru-1
 
こんにちは。僕の38年のこれまでの人生の中で「このひと人に恵まれてるなぁ〜」と感じた人は2人くらいしか思い浮かばない雲藤テルオです。
 
 
つまり、「人に恵まれる人」というのは、結構レアな存在です。
 
 
 
でもそんな「人に恵まれる人」を観察していると、べつに特殊な手法を使っているわけでもなく、一つ一つの特徴を見てみると、実は誰でもできそうなことばかりだと気づきます。
 
 
にもかかわらず、普通の人はそんな簡単なことをやろうとしません。
 
それは何故かと言えば、人に恵まれない人の特徴を実践する方がもっと簡単だからです。
 
 
 
人の悪口を言わないようにするよりも、みんなに混ざり一緒に悪口を楽しむ方が、簡単です。
 
 
 
最初にちょっと意識するだけで人生が変わる、人に恵まれる人を観察していてわかった7つの特徴を紹介します✧(・ิω・ิ )
 
 

人に恵まれる人になるには「人に恵まれない人」の逆を行けばいい

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人になるには、まず「人に恵まれない人」の特徴を知るとことも大事です。
 
ー人に恵まれない人の特徴ー

自分の話ばかりする
他人の悪口を言う
人を差別している
自分が一番仕事ができると思っている
ネガティブなことばかり言う
必ず相手に見返りを求める
常にイライラしている

 
これらをやめれば、少なくとも「人に嫌われる」ということにはなりません。
 
 
 
人間には、人に「恵まれる人」と、人に「恵まれない人」の2通りの人間しか存在しないわけではなく、その中間には普通の人」というのも存在します。
 
 
例えば、わざわざ他人の会話に割り込んで来て自分の話にすり替えてしまう人って、たまにいますよね?
 
 
つまり、わざわざ自分から自慢話を他人に押し付ける人。そういう人が人に恵まれない人です。
 
 
他人の会話に割り込んで自分の自慢話なんかしない人というのが、普通の人です。
 
 
 
「人に恵まれる人」になるには単純に、これらのを行けばいいだけです。
 
ー人に恵まれる人の特徴ー

人の話に耳を傾けられる
他人の悪口を言わない
人を差別しない
仕事のやり方が “うまい”
ネガティブなことを言わない
相手に見返りを求めない
人生が充実している

 
例えば、他人の会話に混ざってもちゃんとその人の話に耳を傾けられる人が、人に恵まれる人の素質を持っている人です。
 
 
でも、“嫌々話を聞いているフリ” をしても、人に恵まれる人にはなれません。
 
 
なぜ人に恵まれる人というのは、他人の話に嫌々ではなく耳を傾けることができるのでしょうか?
 
 
それがわかれば、あなたは人に恵まれる人の素質を既に持っている人です。
 
 
次ですぐにその答えを話しているので、ちょっと考えてみてください。
 
 
(・ัω・ั)
 
(¯―¯)
 
(゜o゜)
 
 
それでは「人に恵まれる人の特徴7つ」を解説します。
 

人に恵まれる人の特徴7つ

1 人の話に耳を傾けられる

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人というのは、他人の話にもちゃんと耳を傾けることができる人です。
 
 
しかも嫌々ではなく。
 
 
なぜそんなことができるのかというと、「自分の考えが正しいとは限らない」という、常に自分を疑い他人の意見や考え方を柔軟に取り入れようとしていからです。
 
 
 
わざわざ他人の会話に割り込んでまで自分の自慢話をする人や、上の空で他人の話を聞く人というのは、自分が一番正しいと思い疑わない人です。
 
 
そういう人は他人に自分の考えを押し付けることになり、つまりそれが自慢話に聞こえます。
 
その自慢話が本当に正しければまだマシですが、間違ったことを自慢げに話す人が人に恵まれるはずはありませんよね。
 
 
 
それと、「人見知りだと人に恵まれない」と言う意見もたまに聞きますが、僕はむしろ逆だと思っていて、他人の話に耳を傾けられるのは人見知りの得意技です( ・ิω・ิ)
 

2 他人の悪口を言わない

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人というのは、他人の悪口を言いません。
 
 
 
悪口が盛り上がっている現場にわざわざ自ら割り込み悪口に参加する人。これは勿論人に恵まれない人です。
 
悪口が盛り上がっている現場を目撃しても混ざらない人。これが普通の人。
 
自分が元から参加している現場で悪口が始まってもその話に乗らない、又はその場から逃げる人。これが人に恵まれる人です。
 
 
 
悪口を言わないのは当然として、人に恵まれる人というのは悪口の現場にも近付きません。
 
 
 
他人の悪口を言う人は周囲からも「私もどこかであの人に悪く言われてるかも…」と思われてしまうため、本音は見せず気を使った接し方をされるようになります。
 
また、巡り巡って悪口を言った相手にそれが伝われば、その人からも自分の悪口が広がることにもなります。
 
それでも集まってくる人というのは同じく一緒になって悪口を言いたい人なので、そういう集団に囲まれていれば一見、人に恵まれる人と見られがちですが、それはただの悪口集団の派閥です。
 
こういう派閥は取り巻きが勝手に周囲を寄せ付けない空気を出すので、良い人は集まってきません。
 
 
 
その悪口集団からは「ノリが悪い」ということでよく思われないかもしれませんが、ノリの良さを手に入れるために悪口を言うのは長い目で見てです。
 
 
 
他人の悪口を言わない人は前向きな思考を持つ人に見えるので、「何かを生み出してくれる」「自分も引き上げてくれる」と感じ、この人から何かを学びたい」という人間が集まってきます。
 
「この人なら本音で話しても悪く言われない」と思われるため、上辺だけでなく本音で話す人間が集まってきます。
 
もし仕事などで何かのチームを作る場合、本音で話せる人間が周りに大勢いれば、適材適所に人を配置しやすくなります。
 
人を適材適所に配置しそれが上手く回ればあの人は人に恵まれてるね」となります。
 
 
 
よって、人の悪口を言わない人は「人に恵まれる人」と言えますね。
 

3 人を差別しない

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人というのは、人を差別しません。
 
 
人を差別するというのも、これもまた自分の考えが正しいと疑わないという、人に恵まれない人の特徴です。
 
 
常に自分を疑いましょう。(ただし疑いすぎてネガティブにならないこと)
 
 
・性別
・人種
・学歴
・仕事の出来不出来
 
 
これらを自分の常識だけに当てはめずに差別なく学べる姿勢を持つ人が「人に恵まれる人」です。
 
 
 
ただし、差別はしませんが「区別」はします。
 
 
ちょっと意外かもしれませんが、人に恵まれる人というのは誰彼構わず優しく受け入れる人というわけではありません。
 
誰彼構わず甘い顔をしていれば “悪い人間” も近付いてきます。悪口が好きな人とか差別好きな人とか。
 
そういう人間にも区別なく接しているとストレスになります。
 
ストレスというのはどんなに隠しても見た目に出てしまうので、常にイライラしている人には誰でも近付きたくありませんよね?
 
 
 
人に恵まれる人というのは、そういう人を区別しストレスを排除します。
 

4 仕事のやり方が “うまい”

hitonimegumareru-1
 
人間性というのは仕事に出ます。
 
いくら隠しても仕事に出ます。
 
 
 
一見「仕事をサボらず真面目に一生懸命にこなす人」というのが人に恵まれる人と思われがちですが、意外とそうでもありません。
 
 
人に恵まれる人というのは、仕事のやり方が “うまい” 人です。
 
 
仕事の優先順位の付け方がうまい人。
 
程々サボってもうまく仕事を回せる人。
 
仕事の教え方がうまい人。
 
仕事の優先順位の付け方がうまい人。
程々サボってもうまく仕事を回せる人。
仕事の教え方がうまい人。
 
 
毎日サボらずに一生懸命残業をしている人は勿論、仕事ができる人なのかもしれませんが、本当は人は皆程々サボりたいと思っています。
 
 
程々にサボりながらもうまく仕事をこなせる人というのは魅力的に見えますよね!ʕ•̀ω•́ʔ✧
 
 
しかも仕事の教え方がうまいとくれば、嫌でも人に恵まれてしまいます(^^)v
 

5 ネガティブなことを言わない

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人は、ネガティブなことを言いません。
 
 
これは「悪口を言わない」にも似ていますが、会社に対する文句や上司に対する愚痴など、たとえ多少言ったとしても、最後には必ずポジティブな発想で話を締めくくります。
 
 
 
このネガティブなことを言わないというのを「ポジティブと言ってりゃいいんだろ」と勘違いしている人がたまにいますが、べつにポジティブ人間の塊である必要はありません。
 
 
むしろ「ポジティブ!ポジティブ!」と常に言っている人からはポジティブさは感じなくないですか?(笑)
 
ポジティブという言葉に取り憑かれているネガティブさを感じてしまいますΣ(゜-゜)
 
 
そういう人と一緒にいると疲れるので、人には恵まれません。
 
 
残念ですが、僕の経験上、事実です。
 

6 相手に見返りを求めない

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人は、相手に見返りを求めません。
 
 
「ギブアンドテイク」ではなく「ギブギブ」の人です。
 
 
 
見返りを求める人というのは、見返りがないとイライラします。
 
この前は私がやってあげたのに私にはしてくれない!
あれだけ教えてあげたのに全然覚えてくれない!
 
これらを一人で勝手に頭の中で考えているだけならばいいですが、こういう見返りを求める人というのは、直接本人に言えばまだいい方で、その不満を悪口として裏で誰かに話すものです。
 
あの人さ、私がこの前してあげたのに私にはしてくれないんだよ!嫌な人ね!そう思わない!?
あれだけ教えたのに全然覚えない!あいつマジ使えないよね!そう思わない!?
 
見返りを求めない人というのは「してあげたから自分もしてもらえる」という考えがないため、見返りがなくてもイライラしません。
 
 
また、教えたのに覚えてくれなければ「自分の教え方に問題があるのでは?」と考えるため、冷静に相手の能力に合わせた教え方をすることができます。
 
 
当然、裏で「使えねぇ」とただ悪口を言われるよりも、わかりやすく教えてくれる人の方が人からは慕われます。
 
 
 
相手に見返りを求めてもそれが返ってこないとストレスでイライラし、それが周りにも伝わります。
 
相手に見返りを求めなければイラつく理由もないので、ストレスが減ります。
 
ストレスは無ければ無いほど自分の心に余裕が生まれ、この余裕」こそが、人を引き寄せます。
 
 
 
よって、相手に見返りを求めない人は「人に恵まれる人」と言えますね。
 
 
 
まずは、僕が実践している「挨拶に見返りを求めない」というところから始めてみるのがおすすめです
 
職場で「あの人全然挨拶しないよね」という不満(徐々に悪口に発展)を話している人がたまにいますが、僕の場合はそういう不満は皆無です( ・ิω・ิ)v
 

7 人生が充実している

hitonimegumareru-1
 
人に恵まれる人は例外なく、自分の人生が充実している人です。
 
 
 
自分の人生が充実していないと自分に余裕がありません。
 
自分に余裕がない人は、自分に対しても他人に対してもイライラするものです。
 
「してあげたんだから私もしてもらって当然だ」と相手に見返りを求め、それが返ってこなければ悪口になる。
 
 
 
人生が充実していれば、自分に降りかかるネガティブな事柄は全て自分の中で消化することができ、ポジティブで前向きな考え方が冷静に行えるようになります。
 
 
また、他人のネガティブさにもポジティブなアドバイスをすることができます。
 
 
ネガティブからは何も生まれないため、こうしたポジティブ思考の人間は人から慕われもし自分が困っていれば「今度は私があの人の役に立ちたい!」と、イザというときには大勢の人が自分を助けてくれます。
 
 
 
よって、人生充実してる人は「人に恵まれる人」と言えますね。
 
 
 
6番までの「人に恵まれる人の特徴」は今すぐにでも実践できることですが、この最後の人生の充実」というのが一番難しいことですね(゚Д゚)
 
 
べつに人間は「充実したくない」と思っているわけではなく、誰でも自分の人生は充実させたいと思っています。
 
 
人に恵まれる人というのは、一体どうやってこの難しい人生を充実させているのでしょうか?
 
 
それは、そういう環境に自分の身を置いているだけなんです。
 

人に恵まれる人は「無理せずに済む環境」に自分の身を置いている

hitonimegumareru-1
 
自分の人生を充実させる方法は簡単なものだと、こういう方法が一つあります。
 
 
自分が無理せずに済む環境を探し、そこに自分の身を置く
 
 
ちょっと “精神世界へようこそ” みたいな話に聞こえるかもしれませんが(笑)、人間、豊かで充実した人生をおくるための第一歩は無理をしすぎないことにあります。
 
 
 
仕事で無理をしすぎる人って、結構多いですよね?
 
 
そういう、常日頃から仕事で無理をして頑張っている人で無理したおかげで楽になる日がついにやって来たぞ〜!\(^o^)/」って人、どのくらいいるでしょうか?
 
 
10人いたら1人いるかいないかじゃないでしょうか。その1人も、楽になる日までには10年くらいはかかってるんじゃないでしょうか?
 
 
つまり、10年間は楽ができないんです。残りの9人は20年かかるかもしれません。
 
 
多分、20年も無理をしているうちに、その無理をする人生が当たり前になり、いつしか「楽になる」というゴールを目指していたことすら忘れてしまうでしょう。
 
 
実は、これが日本人の多くの人が当てはまる事実です。
 
 
 
「無理をせずに済む環境に身を置く」というのは単純に転職するという方法もありますが、そんな簡単に自分の居場所(天職)なんて見つかるものでもありません。
 
 
転職を繰り返すこと自体がストレスにもなります。
 
 
 
例えば僕の場合だと、自分の能力以上の仕事に手を出してしまい、いくら頑張っても結果を出すことができず、更に僕は完璧主義という性格もあるため、頭がパンクするまで頑張り続けました。
 
そしてついにはいつも放り出す結果になるんですが(笑)、後になって考えれば簡単な話で、得意な人に仕事を振ればよかっただけなんだと気づきました。
 
 
つまり、自分の長所と短所に気づきそれを受け入れることさえできれば、今いる場所でも無理をしない環境を作り出すことだってできるんです。
 
 
 
そういう自分の長所や短所など、向き不向きを診断してくれる有名なリクナビNEXTのグッドポイント診断なんて便利なツールもあります。
 
そういうものを使って、今自分がいる場所でも無理をしなくて済む環境を自分で作り出すヒントを得ることもできます。
 
 
僕も実際にやってみたので、このグッドポイント診断が気になる方はこちらも是非覗いてみてください

「引き寄せの法則」を利用すれば無理せず人に恵まれる人になれる

hitonimegumareru-1-
 
人生を楽にするという意味では、個人的に「エッセンシャル思考」という本が結構おすすめで、僕もこれまで迷ったときには何度か読み返している本です。
 

 
人に恵まれる人間になりたいとは言っても、出会う人全てから好かれるのは無理です。
 
 
無理じゃないかもしれませんが、色んなタイプの人間から好かれるには無理をして色んなタイプの性格に自分を合わせなければいけないので、その無理が蓄積し結局は本当に必要な人まで逃してしまうことになります。
 
 
まずは不要なものを排除し、必要なものもを区別する。
 
そうすればもっと人生が楽になります。
 
楽になれば心に余裕が生まれるので、そこから人に恵まれる人の特徴を一つづつ取り入れてみる。
 
 
その排除と区別の方法について書かれているのがこのエッセンシャル思考です。
 
 
 
 
無理をせずに自分の人生を充実させ人に恵まれる人になるには引き寄せの法則」というものを利用するのも一つの手です。
 
 
引き寄せの法則とは、悪いことを考えれば悪くなり、良いことを考えれば良くなるという「思考は現実になる」という考え方から、自分の思考をちょっと変えることで自分の望む現実を引き寄せることができるようになるという思考法です。
 
 
つまり、ネガティブなことを考えればネガティブな方向へと引き寄せられ、ポジティブなことを考えればポジティブな方向へと引き寄せられる
 
 
例えば、具合が悪くても病院へ行かず薬も飲まず家にいればどんどん具合が悪くなっていくような気がしますが、病院へ行けばなんか治ったような気になりますよね。
 
 
思考を変えるだけで意外と自然にポジティブな気持ちになり、そのポジティブさが人に恵まれる人の特徴へと直結します。
 
 
無理をしてはいけません。
 
無理に「ポジティブ!」と連呼してもそれはネガティブの塊です。
 
 
無理をせずに自分に余裕がある人というのが、人に恵まれる人の最大の特徴です。
 
 
 
引き寄せの法則としてランキング上位の有名な本も3冊だけ載せておきます。
 

 
 
「引き寄せの法則」は人に恵まれる人の思考方法としても人気なので、その目的によっても色んなパターンの本がたくさん出版されています。
 
興味がある方は一度レビューなどを参考に探してみてください。
 
»【引き寄せの法則 本】の検索結果が1,000件以上のamazon
 
»【引き寄せの法則 本】の検索結果が1,000件以上の楽天
 
 
  

 
 
 
 
 
 

関連記事