脱!思考停止ロボット人間で豊に生きるための考え方

manual2




 
おはようございます。今年はハロウィンに何かしら参加してみたいと思っていたのに忙しくてすっかり忘れていたテルオ(@undoteruo)です。

さて、今回も昨日に引き続きマニュアルの考え方第2段です。
前回はマニュアルを守ることが目的となって思考停止することは自分の人生において何の特もないからもったいないよ」という話をしましたが、今回はその次の段階の話をしていこうと思います。

マニュアルを守って思考停止するのは自分の人生で何の特もないよ

2016.10.31

ルールに疑問を抱くのは良いけれど、勝手に破るのはダメ

世の中には「何このルール?いらなくね?」といったように、おかしなルールがたくさんあると思います。

そんなルール、無意識にでも破ってはいませんか?
自己責任で勝手に破るのはいいけど(勿論法律は守らなくてはいけませんが)、それを他人にも強要してはいませんか?
または、ルールを真面目に守っている人をバカにしてはいませんか?

マニュアルや決まり事に疑問をもって何故こんなマニュアルになっているのか。この決まり事にはどんな意味があるのか」を考えることは大事なことです。
しかし、深く考えもせずに勝手に破って、しかも他人に強要してくる。

これもまた、思考停止状態と言えます。

 

ルールを勝手に破る人

「密着警察24時」的な番組が好きでよく見るんですが、道路交通法違反でこんなのがありました。

踏切の一旦停止

踏切の一旦停止を無視して突っ走ったというものですね。

「みんなやってるだろ!明らかに電車来てないのに何の意味があるんだ!」とモザイクの人がぶちまけていましたが、僕も正直何の意味があるんだとは思います。線路からいきなり子供が飛び出してくるわけでもあるまいし。

しかし、疑問を持つところまではいいんですが、何故こんなのルールになっているのか」まで考えてないんじゃないでしょうか。

踏切の機械が故障している可能性もあります。
一旦停止の義務が無くなれば、もし踏切の機械が故障していた場合、「電車なんか来ない」という強い思い込みで走行しているため、近付く電車に気付かない可能性だってあります。
この人は「警察に怒られるから」という理由でこれから一旦停止を守るのでしょう。残念ですが。

横断歩道

これは、僕はいつも哀れんだ目でその人を見てしまうんですが、横断歩道の渡り方です。

渋谷駅からスクランブルを渡って丸井方面に歩くと、西武と西武の間に小さい横断歩道があります。この場所を知っている人は分かると思うんですが、「この横断歩道信号いる?」くらいの小さい横断歩道です。ほとんど車入ってこないんです。でも、日本人はみんな真面目に青信号待つんですね。
真面目です、日本人。
僕はこういう日本人が好きでもあり嫌いな所でもあるわけですが・・。

そして必ず何人か無視して渡る人もいます。
そしてその中でも稀に、振り返ってニヤニヤしてルールを守っている人をバカにしてくる人がいるんです。「何真面目待ってんの?(笑)」みたいに。声に出して言ってくる人もごく稀にいます。

あんたが勝手に信号無視するのはいいんです。勝手にしてください自己責任で。
でもそれを他人に押し付けないで下さい。あんたよりももっとこのルールについて深く考え理解した上で守っている人もその中にはいるのかもしれません。
あんたの浅はかな思い付きよりも遥かに深く。

ちなみに僕は何も考えず周りに従って青信号待つ派です。こんな偉そうなこと言っといて。
僕こそザ・日本人です(笑)。

 

対案を持って提案するという次の段階

世の中のルールというものは、誰も頼んではいないかもしれないけど、ルールを決めるべき職に就いている人が、それなりの理由をもって、それなりの手順を踏んで決めています。
そのルールを破ると言うならば、少なくともその人達よりも多くを考えねばならないと僕は思います
その上で、やっぱりどう考えてもおかしなルールであると言うならば、ルールを作った人に対案を示して話し合うという作業を行わなければなりません。

普通そこまでしませんよね。普通しません。そんなことよりやらなければならないこと沢山ありますからね。

であるなば余計に、勝手にルールを破ってはいけません。最悪破っても、他人に押し付けてはいけません。

 

ロボット人間ならロボットでいい

ルールを守ることがルールと化した思考停止人間。
ルールを思い付きで勝手に破る思考停止人間。

どちらも考えることを放棄したロボット人間です。

食事をし、排泄し、睡眠も取らなくてはいけなく、面倒な人間関係も存在するロボット。こんな面倒なロボットならば、本物の機械のロボットの方が遥かに使い勝手がよく、遥かに優秀です。

であるならば、ロボット人間は必要ありません。ロボット人間は、本物のロボットに取って代わられる時代がやって来るでしょう。

現実に人間の仕事の何割かはロボットに置き換えられています。身近なところで言えば、駅の自動改札機や飲食店のタッチパネル注文です。これからも人間の仕事はどんどん減っていきます。
そんな時に、優秀なロボットにロボット人間が勝てるでしょうか?

勝ち目はありません。

であるならば、人間が思考停止してロボット化することに何の意味があるでしょうか。人間にとって何の特があるでしょうか。

何の特もありません。

テルオ的まとめ

変える変えないの作業は別として、疑問を持って3階層目くらいまで深く考えることは大事なことだと思います。
「考える」という作業は、憲法にも法律にも何にも侵されない人間にとっての最高の権利と最高の自由です。

ロボットと人間の競争を真剣に考える時代がやって来ました。
何百年後の未来は知りませんが、少なくとも私達が生きている数十年間は、人間にしか出来ないことはまだ沢山残っています。

ロボットに仕事を奪われないために、思考停止を脱却し、最高の自由を手に入れましょうよ。
 
 

  
  
  
  







好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazonランキング1位の電子書籍が無料ダウンロードキャンペーン中!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 

僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!

 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。

 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

「ぼくのつまたん」の購読者になる!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。