嫌い!タイガーマスク伊達直人の正体は「河村正剛」ランドセル運動が間違いだと僕が考える理由

datenaoto

こんばんは。テルオです。

昨日テレビで初めて知ったこと。
「カナブンブーンデモエビインビン」
「ランドセルの伊達直人の正体」

PPAPは面白いなとは思ったんですが笑いはしませんでしたが、カナブンブーンデモエビインビンはめっちゃ笑いました!
日本語だから多分海外では流行らないと思いますが、日本人にはウケるでしょうねきっと。

そして、あのランドセルを玄関先に置いていく、いわゆる伊達直人のランドセル運動を始めた最初の伊達直人さんが素顔と実名を公表しましたね。会社員の河村正剛さん(43)という方のようです。

河村さんご自身もランドセルを持てなかった経験をしているとのこと。それで自分と同じような辛い思いを、親のいない子供達にさせたくないという思いで伊達直人運動を始めたということのようです。

素晴らしい心がけですね。

他にも、施設を出た子供達の支援もしているとのこと。例えば、アパートの保証人になったりとか。それ以外は詳しくは知りませんが、他にも色々と支援活動をされているんでしょう。

心がけは素晴らしいと思うんですが、世間の反応に対して、僕の感想は全く違います。

親がなくお金がないのならランドセルを持たずに恥ずかしい思いをしながら大人になるべき

だと僕は思います。

誰も言わないのであえて言ってみたいことがあります。
 
「誰もいないからあえて言ってみる」って僕、結構好きですね(笑)。以前にも何かこんなセリフを吐いたことある気がしますが。

 




タイガーマスク運動嫌いな理由1【親がいないなら人と違うのは当たり前】

「テルオお前は人でなしか!」
 
とか言われそうですが、とりあえず聞いてみてくださいよ。

 
僕の育ちも、いわゆる一般家庭ではありません。小学生の頃に両親が離婚しました。
 
そこで名字が変わったので恥ずかしい思いもしましたし、それなりに貧しい思いもしました。
 
ランドセルは持っていましたが、両親の離婚と同時に引っ越して転校したので、新しい学校の子供達とは持っているものが違いました。彫刻刀とか裁縫セットとか鍵盤ハーモニカとか、学校が違うとそのデザインとか全然違うわけです。
 
体操服も一人だけしばらく違う物を着ていました。
 
これらは当たり前のことじゃないでしょうか?
 

お金がないなら物は買えないし、親がいないのならば施設で育つんです。
 

スポンサーリンク

タイガーマスク運動嫌いな理由2【 みんな同じにしないとかわいそう】

オリンピックでも同じように感じるんですが、オリンピックとパラリンピック、出来るだけ同じようにしようとしますよね。
 
平等ってそういうことじゃない気がします。

 
動物は命を繋ぐことが主な仕事なわけです。

例えば、同性愛者は子供が産めないわけです。子供が産めないということは、動物の目的の子孫繁栄が出来ないわけです。

障害を持った動物もそうです。狩りが出来なければ子孫繁栄に支障をきたします。

動物の世界ではこれらは群から追い出され息絶える運命です。
人間界でも同じです。人と違えばいじめられます。

人間も自然界の動物と同じように群から追い出されないようにみんなを同じにするんですか?

みんなと同じにようにランドセルを持たせたいというのは、みんなと同じように異性を好きになって子供を産めと言っている差別者と同じなんじゃないでしょうか。

同じになんかなりません。
同じじゃないんだから。

人間界には平等という言葉がありますが、みんなと同じランドセルを、持てない子供達に与える行為は間違った教育だと声を大にして言いたい。

人間の平等とは、みんなと同じにすることではなく、
みんなと違ってもそんなこと関係ないよ
という社会です。

人と違うことを認めてあげる社会こそが平等なんじゃないでしょうか。

それを教えるのが教育です。

よって、みんなと同じようにランドセルをもたせることは間違った教育と言わざるを得ません。

スポンサーリンク

伊達直人(河村正剛)さん、ランドセルを持たせても現実は変わらないよ

百歩譲って、ランドセルを全員に配って同じにするとしましょう。

これによってみんなと持ち物が違うからという理由でのイジメはなくなるでしょう。そして、みんなと同じランドセルを持てて子供達も嬉しいでしょう。

でもこれによって「親がいない」という事実がリセットされるでしょうか。

リセットされるならば意味がありますが、親がいないという事実は死ぬまで変わらない事実です。

みんなと同じランドセルを持たせることで、どこまで親がいないという事実をごまかし続けられるでしょう。

授業参観はどうなります?
自分の名前の由来を親に聞いてくるという授業は?
お父さんの似顔絵を描くという授業は?
家族旅行の作文は?
友達に家に遊びに行っていい?と言われたら?

伊達直人さんはどこまでこの子達の面倒を見てあげられるんですかね。

事実は決して変わらないんです。

変わらないのであれば変わらない事実を受け入れさせ、苦しんで成長するべきなんです。

親がなく、お金がないのなら、
ランドセルを持たずに恥ずかしい思いをしながら大人になるべきなんです。
 

スポンサーリンク

伊達直人(河村正剛)さん、いかにして早く事実を皆に公表できるかが全てだよ

僕も親が離婚して父親がいないという事実をしばらく隠し続けました。今思えば大した事実ではないんですが、当時は本当にその事ばかり考えて苦労しました。

そうやって学校生活を過ごしてきた僕が大人になって思うことは、いかにして早く事実を皆に公表できるです。

「親がいないことは恥ずかしい事だ」
という思いが子供達を苦しめているんです。

そしてランドセルを贈るという行為は、「親がいないことは恥ずかしいことだから隠せ!」という隠ぺいの手助け行動に他なりません。と、僕は思います。

私達大人がするべきことは、親がいないことは恥ずかしいことだと子供に植え付け、子供の隠ぺいの手助けをすることではありません。

親がいなく、他人と違うことは何の関係もないことだと教育することです。
 

スポンサーリンク

全国の伊達直人さんに言いたいこと

伊達直人さんのランドセル運動は、心がけは素晴らしいと思うんです。
思うんですが、
以上の理由から、僕にはどうしても受け入れられません。

もしやるのであれば、顔も見せずにランドセルを黙って玄関先に置いておくことではなく、親がいないことは、むしろ自慢に思えるくらいのことを子供達に教えることではないでしょうか。
 




テルオ的まとめ

偉そうなこと言ってきましたが、僕は特に何か行動しているわけではないので、河村さんはよっぽど僕なんかより親のいない全国の子供達の助けになっているんでしょう。
僕は自分が生きることで精一杯ですが、赤の他人の子供達のことを考えて実際に行動している河村さんはすごいと、正直思います。

思いますが、応援はできないわけです。
だって僕は、それは間違った行為だと思っていますから。

厳しい精神論語るおじさんより、ランドセルくれるおじさんの方が子供達も好きでしょう。

でも、僕の前職の学校給食の食育にも繋がる話ですが、子供に甘いものを与えれば子供はより甘いものを欲しがります。これは教育とは言えません。

子供には、一人で生きていくための力を与えることが教育だと思っています。

ランドセルなんかよりももっと大事なことがあるんじゃないでしょうかね。

どう思いますか伊達直人さん。

 

東京都は「ニート、フリーター」の就職支援に力を入れています(全て無料)



 
就職したいが何の経験も無いニート、フリーター、派遣、無職の方のために東京都が無料で就職支援に乗り出しています。

たとえば、もう「調理師として学校給食で働くんだ!」と決めている方はそれにまっしぐらに突き進めますが、「ずっとニートだし···」「ずっとフリーターで社会経験無いし···」「資格も無いし···」「何がしたいかもよくわからない···」そんな方のための東京都の公共事業で行う無料相談&無料支援サービスです。最初から最後まで全て無料!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。