女性活躍社会とは本当に女性の民意なの?

womanempowerment




 

女性の社会進出を促進し、少子高齢化に歯止めをかけ、全ての国民が活躍できる社会を目指す。

 

こんばんは。テルオ(@undoteruo)です。
テルオ家は妻たん単独活躍社会です。

東京初の女性都知事、民進党初の女性代表、アメリカ初の女性大統領⋅⋅⋅はもうちょっと先になりましたが、女性の社会進出が最近目立ってきましたね!
韓国は今ちょっと、アレですが⋅⋅⋅。

 

女性活躍社会。素晴らしいですね。
能力のあるものは男女関係なく評価され、活躍する。
これこそ男女平等です。男女差別のない社会です。女性にはどんどん社会に進出しやすい環境が整いつつあります。

ただ、社会で活躍したいと願っている女性には、ですが。

教育が根付かせた「民意には従え」

子供を産み、家庭で夫を支えたいと考えている女性には、無理やり社会に出させられる” と恐怖を感じているんじゃないでしょうか。

 

でも、あまりそんなこと人に話せないじゃないですか。
強いものには逆らうなという教育を受け、流れに身を任せ集団で行動することを義務教育から脳に植え付けられてきた日本人にとって、流れに逆らうことなど悪ですから。
民意に逆らう悪は叩き潰される世の中ですから。
誰も悪にはなりたくありませんから。

みんな言ってるし、社会進出した方がいいんだよね・・・
そういう時代だしね・・・

 

女性の本当の気持ちって?

女性の社会進出の促進と、少子高齢化に歯止めをかけることは、僕にはどうしても対極にあると思えてなりません。
待機児童の解消の取り組みで何とかその両者を繋げようとしていますが、ちょっと自分の周りの女性のこと考えてみてください。

結婚したくて、仕事もしたくて、子供も産みたくて、子供を産んでからもバリバリ働きたい女性。
一体どのくらいいますかね?
少なくとも僕の周りには2パターンの女性しかいません。

仕事は結婚して子供が産まれるまでのつなぎと考えている女性。
男なんかに頼らずにバリバリ仕事をしたい女性。

この2パターンしか少なくとも僕の周りにはません。
幼い子供を抱えて働いている女性もいることはいますが、好きで働いているんではなく仕方なく働いています。
一方、男なんかに頼らずにバリバリ仕事をしたい女性は、結婚して子供、産みたくないんじゃないでしょうか?

 

僕が言いたいのは、
働いて、結婚もして、子供も産んで、子供を預けてもバリバリ働きたい女性。

これは本当に民意なのか?ってことです。

 

民意の作り方

民意とは何でしょうか?民意とはどうやって決まるのでしょうか?
民意とは、指導者によって作られるものと僕は考えています。

 

例えば僕が日本の指導者だったとします。
僕には日本を良くするために実行したい政策があります。この政策は絶対に日本を良くできるという自信があります。

しかし、新しく斬新な政策のため、なかなか国民に理解させるのは難しい政策です。
もちろんデメリットだってあります。ただでさえ国民の理解が難しい政策なのですから、デメリットはあまり口にしない方が得策です。

メリットを前面に押し出してアピールしよう。
自分の考えに賛成の学者を集めて対策立てよう。
国民に人気の番組で国民に人気の芸能人にアピールしてもらおう。

僕ならこうして自分の政策を何としても実行します。
こうして民意は作られるのだと思います。
そして人間は、若干の違和感は感じつつも流れに逆らえずに物事を決め、思考を停止します。まるで元から自分の考えであるかのように記憶を作り変えます。

 

これが民意ってやつだと、僕は思います。
そして、これを今の日本は、やっているんじゃないでしょうか。

子供を産みたいと思っている女性は、ちゃんと育児、したいんじゃないでしょうか。

でも、女性が社会で活躍できるように国も “応援” してくれているし、先生も言ってるし、旦那の給料だけじゃやってけないし、そういう時代だし・・・。

 

男女平等は “妨げてはならない” こと

民意が正しかったかどうかは、歴史が判断してくれます。

しかし、私たちは研究者でも財界人でも政治家でもありません。今を生きている私たちには未来の歴史なんてどうでもいいことです
歴史なんてどうでもいいということは、民意なんてどうでもいいということです。
民意とは、ある人間が作りり出した空気によって、空気の中で形作られ、空気の中で発生します。

誤解を恐れずにあえて言えば、女は子供を産み育て、男は狩りをして食料を持ってくる。
これが本来の人間の基本の姿です。

しかし私たちは男女関係なく平等な人間です。
そこで男は、女性の社会進出を妨げてはならないという男女平等の考え方を持ちました。

男女平等とはあくまで “妨げてはならない” のであって、強制的に社会進出させることではありません。

テルオ的まとめ

女性の社会進出の流れにある昨今ですが、社会進出することだけが女性の活躍の場ではありません。子育ては立派な活躍だし、社会に進出しなければ「サボってる」というのは間違った考えです。

社会での活躍に意欲的な女性の社会進出を妨げないことこそが男女平等なのであって、強制的に社会に出したがる考え方に疑問を持つことは決して悪ではないと思います。

 

男には出来ない「子供を産む」ということは素晴らしいことだと思います。

覚悟を持って子供を産んだら、育児に専念し、夫婦で協力して子供に生きるための教育を施すことは素晴らしいことだと思います。

子供を産まずに仕事を選択する女性も立派で尊敬します。

子供を産んで子育てと仕事を両立している女性も尊敬します。

子供を産ませて女性に仕事もさせて税金もたくさん払ってねという国のやり方には、尊敬できません。

 

誘導され作られた民意と言う名の空気に流されず、自分の答えを見つけてください。
本当の意味での自分の活躍の場をみつけてほしいなと思います。

 

 

カテゴリー別に気になる記事をチェック!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。