トランプ大統領誕生!“次期”大統領が職務不能の場合の権限継承順位とは?

trump




 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。  

なんと!あの破天荒金髪おじさんのドナルドトランプが、金髪おばちゃんのヒラリークリントンを金髪対決で破り、次期金髪大統領に選出されました!
ヒラリークリントンモノマネ芸人さん残念でしたね!(いるかどうか知りませんが)

日本人は特番を組むくらいアメリカ大統領選は国民的関心事ですが、今回の大統領選は
まさか!?と思っていた結果に驚いているのではないでしょうか。木村太郎さん以外は。

涙目の会見を見ていると、ヒラリーおばちゃんずっと大統領になるために準備してきたのに「可哀想だな」なんてちょっと思いますが、国民が決めた金髪ですからね。
仕方ありません。
敗けを認めて次へ進む姿を国民に見せるのが敗者の最後の役割ですから。

日本の例の民主党政権誕生時を思い出しました。例の友愛の鳩山さんとは対極な気はしますが。世界で言えば、イギリスのEU離脱以上の衝撃かもしれません。

次期大統領の権限継承順位ですが、結論から言うと、
“次期” 大統領が不測の事態により職務不能になった場合には “次期” 副大統領がその権限を継承します。

トランプ大統領誕生を受けての日本人の反応

日本人の反応の街頭インタビューをテレビで観ました。僕が観た中では日本人でトランプで良かったと言っていた人は皆無でしたね。
「なんかね~・・やだわ~」
日本人のおばちゃん達みんなこんな反応です。
僕の妻のダンス仲間のおばちゃん達も「トランプだって~やだね~」といった話が出ていたと妻は言っていました。
まぁ、日本人の一般おばちゃんはもちろん他人事だし、日本で報道されるテレビを見て絵面だけの印象で言えば当然の反応でしょう。

日本政府も澄ました顔で「誰が大統領なっても変わることはなく・・・」なんて言っていますが、「マジかよ・・・」というのが正直なところでしょう。

そんな時、一緒にテレビを見ていた妻がぼそっとこんなこと言いました。

「暗殺されちゃうんじゃないの?」

 

継承順位は確定していても暗殺は何としても阻止しなければならな

アメリカ合衆国大統領候補の暗殺の危険性は近年では今が一番危険度高いのではないかと感じます。
勿論、遠い極東の国の僕のダンスバカの妻でもそう思うんですから、アメリカもそれは感じているでしょう。

しかし、いくら国民が真っ二つに別れる破天荒な次期大統領だったとしても国の威信をかけて暗殺だけは何としても阻止しなければなりません
もし暗殺なんてことになれば、民主国家の代表とも言えるアメリカという国が崩壊しかねない事態ですから。

暗殺は置いておくとして、現職大統領ではない、まだ次期大統領の段階で職務不能となった場合、その権限はどうなってしまうのでしょう。

まさか決まってないはずはありませんよね。

 

大統領権限の継承順位は第18位まで決められている

僕は、「アメリカ版あぶデカ」とも呼ばれている (聞いたことありませんが)  24トゥエンティーフォーが好きで全シリーズ観ています。
24のことなら朝まで語れますよ!

 

その24で得た知識でアメリカ大統領の権限は結構知ってます僕。
大統領が職務不能となった場合は、継承順位第1位は副大統領ですよね、勿論。

「職務不能」と見なす根拠にも意見は別れるところなんですが、合衆国憲法では職務不能とは大統領の健康上の問題があった場合のために設けられた規定であるという意見や、いやいや、職務不能の根拠にはなんら制限はく・・・

このまま語り出すと止まらなくなるのでこの辺で止めておきます!

とにかく、大統領権限の継承順位は第18位まで決められています。
「そんなに必要!?マジメか!?」と思うかもしれませんが、“世界の大統領” ですからね。念には念をですね。

しかし24でも “次期大統領の暗殺” はありませんでした。(シーズン1で主人公ジャックバウアーが頑張って阻止しました)

“次期” 大統領が職務不能になった場合は “次期” 副大統領にその権限は継承されます。

 

ちなみに、継承順位第1位の副大統領が大統領権限を継承する場合は副大統領から大統領へ昇格しますが、第2位以下の下院議長、上院議長、国務長官・・に大統領権限が継承される場合は、あくまで大統領代行であり、大統領へと昇格することは出来ないとされています。

なるほどね。あくまで国民が選んだ大統領であるべきということなんですね。

 

ちなみにちなみにですが、大統領と継承順位第1位の副大統領が一緒に移動することはありません。テロに合って2人とも負傷したら大変ですからね。
24でも大統領と副大統領の共演自体あまり見たことありません。
毎日でも一緒に行動したい大親友は補佐官に任命することをお薦めします!

アメリカ合衆国第45代大統領となるドナルドトランプ。アメリカは何としてもその命を守らなくてはなりません。

 

アメリカ国民が求めていること

日本の民主党政権誕生時もそうだったように、アメリカの国民も今までの政治にうんざりしているんでしょう。

外国のために血を流すアメリカの若い兵士
外国に戦争を仕掛けて恨まれるアメリカ
不法移民に仕事を奪われ貧困に苦しむ労働者

今までどの政治家も言葉を濁すばかりだったのに、この人は全部言ってくれます。時代が求めていることを提供しようとしているのがトランプさんです。

時代が求めていることを提供しようとした日本の民主党が倒れてしまったように、トランプ新政権も倒れてしまうんでしょうか。

アメリカの目線に立つならば、是非成功させてほしいですね。

 

今、ちょっとアレな韓国国民はこの盛り上がり、どう見ているんでしょうか。
この圧倒的な破天荒金髪おじさん、羨ましく見ているんでしょうか。

 

日本の立ち位置

片や、このトランプ新政権の誕生で日本はこれからどんな道を歩むことになるのでしょう。

テレビを見ていると、「選挙戦では過激な発言をしていたが、大統領になれば現実路線にシフトしてくるだろう」という意見から、「いや、おそらくトランプはやると言ったことはやってくるだろう」という意見まで様々です。

僕も政治は好きですが、政治にそこまで詳しくはありません。ましてや、外国の政治の話なんて、分かりません。

でももし、トランプさんが言っている
「核兵器を持ってもいいよ」
「アメリカ軍にもっとお金出してね」
お金出さないなら撤退するよ」
これらを全部本当に実行してきた場合、日本の防衛にとって最大の試練に直面することは間違いありません

特に何もしてくれないとしても(犯罪を犯したとしても)、アメリカ軍が日本にいること自体が防衛になっている日本にとって、アメリカ軍の総撤退はどんな事態を招くのか。
安倍政権は夜を徹して分析していることでしょう。

トランプさんを説得するのか
核兵器を持つのか
カネで解決なのか
はたまた、民間人の親友に意見を求めるのか

どうなるんでしょうか。

 

政治素人が予想する今後の日本のシナリオ

まずはやっぱり、トランプさんと仲良くならなくちゃですよね。「日本はトクベツね❤」と思ってもらえるように。

 

スポンサーリンク

そして、なんとか国民を騙くらかして(言葉悪くて申し訳ない)少しはお金の面で譲歩するでしょう。

多分ですが、トランプ政権の次の政権では路線を修正してくる可能性が高いと思いますから、長くても8年。できれば4年。
長くても8年で元通りとはいかないまでも、かなり戻ってはくるだろうという予測の元、それまで何とかお金で繋いでできるだけ現状を維持するのが懸命かと。
一時の破天荒な大統領と捉えて、極端な路線変更は日本政府はしないでしょう。

カネで解決です。

絆やら愛やらという言葉で騙くらかして(言葉悪くて申し訳ない)国民から税金をむしり取って(言葉悪くて申し訳ない)現状維持。

アメリカに渡すカネを捻出するために増税ですねきっと。

 

そして野党です。
もしトランプ新政権が成功すれば、民主党(現民進党)はそこから学び取ることが出来るでしょうか。
これから4年、長くて8年。民進党はトランプ政権を勉強しなくてはいけません。
それが出来るでしょうか。しなきゃいけませんね。

出来なければ、・・・ですからね。

テルオ的まとめ

世界中に衝撃を与えたアメリカ合衆国第45代大統領ドナルドトランプの誕生。

誰もが予想していなかったとは言われていますが、アメリカ国民はその空気感、薄々感じていたのではないでしょうか。
口には出せないけど、みんな心の中では言いたかったことを代弁してくれているのがトランプですから。

外国の事とはいえ、日本人がいろんな意味で大好きで依存しているアメリカですから、決して他人事ではないでしょう。
今後トランプ新政権の誕生によって世界はどう変わっていくのでしょう。

楽しみでもあり、不安でもあり。
複雑な心境ですね。

 

 

カテゴリー別に気になる記事をチェック!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。