人見知りで無職のテルオの1日のスケジュール(ブロガーを目指す人間の1日)

lifestyle-1
 
 
 
こんにちは。妻大好き人見知りブロガーのテルオ(@undoteruo)です。
 
 
去年の12月26日と27日のフリマの記事で、1月3日は五反田TOCのフリマへ行くと予告していたんですが、急遽妻たんと福島の実家に帰省することになったためフリマへは行けませんでした。
 
 
 
 
フリマの記事を楽しみにしていた方申し訳ありませんm(__)m
 
次回は1月8日日曜日にまたまた味スタか大井競馬場フリマへ行く予定です。(天気予報が雨のため微妙な状況)
 
最近味スタフリマ開催がやたらと多くて、味スタの記事ばかり増えてきてしまったので大井競馬場フリマ行きたいんですが、なんたって味スタはチャリですぐなので、、めんどくさがり屋のテルオは現時点で味スタ行きが濃厚。
 
 
 
 
lifestyle-3
lifestyle-2
 
 
よく田舎へ帰省すると「もう東京には帰りたくないよな⋅⋅⋅」という上京人間あるあるがあると思うんですが、僕の場合は「早く東京(渋谷とか新宿とか)に帰りたい!」という気持ちになります。
 
 
 
どうやらこの辺に↑その理由はあるんだと思うんですが、一般的ではないこの僕の気持ちはどこから来るものなのか、そのうちもう少し分析した内容を書いてみようと思っています。
 
 
 
 
さて今日は、最近twitterで知り合った灰垣せいたさんが運営しているブログ『haigaki reports.』で、「ニートの生活サイクルを紹介。自宅警備員の1日の過ごし方(働き方)とは。」という、せいたさんの1日の生活サイクルの記事を見ました。
 
その記事を見て、僕の1日の生活サイクルも書いてみたくなりました。
 
たいした毎日ではないですが、これでも結構今、
充実しています。
 
 

無職のテルオの1日

 
6:37
 
起床。
無職のテルオの朝は以外と早い。
 
先に起きている妻たんが観ている日テレZIPのクイズコーナに反応してリモコンのdボタンを押すところからテルオの1日は始まる
その後同じくZIPの「朝だよ貝社員」を観てその日の初笑い。(テルオの推しメン→ワスレ貝)
 
僕は元々朝が苦手で夜型人間だったんですが、学校給食調理員を仕事にすることにして早起きになりました。6時30分には仕事が始まるので5時30分には毎朝起床していました。
 
ブロガーになって一人で稼ぐことを目標にして仕事を辞めたわけでそれなのに早起きをサボったら罪悪感が半端なくなるので早起きは継続しています。(妻たんの目が最大の早起きの理由)
 
 
7:00
 
チャリで近くの公園へ出かける。(出勤)
 
公園から見える駅のホームのサラリーマンが電車の具になるのを観察しながらメールとかtwitterとかのチェック。
 
その後隣駅のカフェまでチャリを飛ばす。(10分くらい)
 
仕事を辞めたのが去年の10月でまだ暖かかったので、夏場は公園にずっといられました。多分午前中いっぱいいたような気がします。
 
おかげでハトの交尾も目撃することができました。
ハトの交尾なんて見たことある人いますか?
 
メスの背中の上にオスが乗っかってなんか白いものをぶっかけます。(無表情で5秒くらいの行為)
 
 
7:30
 
カフェでブログ執筆。
 
ネタが決まっているときはすぐに始められるけど、決まっていないときはネタ帳とかtwitterとかYahooニュースとかでネタ探しから始まります。
 
早いときだと10時くらいまで。遅いときだと午前中いっぱいかかっちゃいます。(たぶんめちゃくちゃ遅い方だと思う)
 
 
11:30
 
家へ帰る。
 
家へ帰ったら妻たんが用意してくれている昼御飯をバイキングを観ながら食べる。
 
 
13:00
 
またパソコンを開いてブログデザインのカスタマイズや、アフィリエイト、SEOについて調べたりする。同時に翌日のブログネタも決められれば◎。
 
調べて終わりのときもあれば試すときもあるので、この作業が18時くらいまで続くこともある。
 
 
16:00
 
オークションの発送作業。
 
僕の趣味のオークション関連の作業です。
郵便局の窓口が17時までなので、16時まで連絡をもらった落札者を対象に梱包作業をし、17時に間に合うように郵便局へ行き発送する。
 
出品物がたまっているときは写真撮影したり商品説明文を作ったりもする。
 
 
17:00
 
郵便局の帰りにいつもの朝の公園のベンチに座り、明日の予定をスマホにメモる。ついでにちょっと調べものも。
 
ホームレスのオッサンがごみ袋に入っている大量の空き缶を潰す作業を観察。(空き缶そのまま持ち込むより潰して持ち込んだ方が高値で売れるらしい)
(いつかこのホームレスのオッサンにインタビューするのが夢→人見知りにはなかなか高い壁)
 
 
18:00
 
家へ帰る。
 
公園でのついでの調べものの結果、ですぐにできそうなものがあればちゃちゃっとパソコンで試してみる。(大体ちゃちゃっとは終わらずイラついて終了)
 
 
19:00
 
ダンスが終わって帰ってくる妻たんを駅まで迎えに行く。
(僕はイラついているとすぐ態度に出てしまうため、好きなプロブロガーの成功体験談的な記事を見て「オレもできる!」と明るさを取り戻しておく←以外と重要)
 
 
19:30
 
夫婦の時間(食事、テレビ、洗濯、風呂)
 
できるだけ妻たんが帰ってきてからはパソコンは開かないようにしている。
 
ちなみに、お風呂は一緒に入る(ラブラブ)
 
 
23:50
 
就寝。
 
ちなみに、手を繋いで寝る(ラブラブ)
 
 

無職になればゆっくりできると思っていたが、以外と忙しい現実

 
大体こんな感じで無職のテルオの1日は流れていきます。
 
これは何1つサボらずに過ごした1日なので、サボったときはこの中の何かが飛びます。(毎日何かしら飛びます)
 
 
今月からは午後の数時間をジムの時間に使おうと思っています。
仕事を辞めてからずっとパソコンと向き合う毎日なのでどんどん太ってきてしまいました。
運動嫌いなんですが、さすがに最近身体を動かしたくて仕方ありません。
 
 
こうして見ても、僕としては仕事をしていたときよりもはるかに忙しい毎日を送っています。
 
僕が言う「忙しい」とは、全部自分で考えて全部自分で決めた行動という意味です。
 
 
僕の前職の学校給食という仕事は、以前にも書いたんですが、
 
 
 
とにかく衛生面に厳しく、正しい導線も常に考えて行動しなくてはいけないので忙しいは忙しいんですが、逆に言えば、既に決まっていることをこなせばいいわけです。
 
それに引き換え仕事を辞めればマニュアルなんて何もありませんから、その行動は全て自分で考えて決めなくてはなりません。
しかも、その決めた行動が正しいのかどうかも分かりません。
 
 
僕は本当にサボリ癖が酷いんで、すぐサボろうとします。
 
でも今の僕はある意味、サボるための頑張りですから、何とか頑張れています。
 
今は僕の人生の中で一番サボっていない毎日です。(それでも毎日サボる時間を捻出しようと常に頭のどこかで考えている)
 
 

テルオ的まとめ

 
プロのブロガーになるためにやりたいことが山積みで頭がパンクしそうです!
 
 
僕はめんどくさがり屋ですぐサボる癖があるので、仕事を辞めた当初は「ちょっと楽しようハハハ⋅⋅」なんて考えていたんですが、全然楽できません!
 
こういう性格なので、普通の人ならちゃちゃっと済ませられることでも僕の場合結構時間かけちゃいます。(明日にしようかな⋅⋅とか)
 
 
楽したい!
 
サボりたい!
 
 
それでも、誰にも求められていない忙しさであっても、今が僕の34年の人生で一番充実していることも事実です。
 
ちっちゃな喜びに過ぎないけど、自分の思い通りの設定ができたとき、問い合わせに嬉しいメッセージが届いたとき、この充実感を、この喜びをまた味わいたくてもっと頑張ろうと思えます。
 
絶対に今の努力は、プロブロガー以外であったとしても、何らかの形で役に立つはずだという思いでこれからも頑張ろうと思っています。
 
 
ちなみに、僕の一番嫌いな言葉は「頑張れ!」ですが⋅⋅。
 
 

ぼんやりとした、募集的な話

 
今、僕の最大のコンプレックスである「人見知り」というキーワード1つで、何かできないかなと考えています。
 
最大のコンプレックスを最大限活かせる何か⋅⋅⋅。
 
 
あくまで現時点では “何か” なので何もないんですが、そんな “何か” に何らかの興味や面白い案が何かしらぼんやり持っている方、是非気軽にメッセージください!
 
 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。

僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。

無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 


僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。
今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら→無料ダウンロード
自由な生き方について書いているだいぽんさんのブログはこちら→「僕は雇われずに生きていこうと思った」
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。