1.テルオが愛する妻たんに出逢うまで「幼少時代編」

とり1

 

どうもはじめまして。雲藤テルオです。
一発目なので緊張しています!

誰も僕に興味なんかないことは重々承知しているのですが、自分のことは書きやすいので、書きやすいことから始めてみようと思います。

まずは、僕が愛する妻たんに出逢うまでに出逢った出逢いを、自己紹介も兼ねて教訓と共に振り返っていきます。

教訓その1 [人を笑わせる技術は大人になっても役に立つ・・こともあると思う]

 

テルオが愛する妻たんに出逢う34年前の1982年・・・

「ファミコン発売開始」とか「オイルショック」とか
当時の社会的出来事とか合わせて書いた方が良いんでしょうが

面倒なのでやめておきますね。

僕の出身は福島県。
あの原発事故で有名になった福島県です。
いわき市の湯本という温泉町です。スパリゾートハワイアンズのあるところですね。

就職活動の際、震災エピソードを語ると食い付きがいいので、当時よくあることないことネタに使わせてもらいました(笑)

出身者なんだから語る資格あるよね!

出身者なんだから多少の着色許されるよね!!

 

保育園時代に初恋を経験しました。(多分これが初恋と思われる)

・・・やっぱ興味ないよね(笑)

でも決めちゃったからしばらくこれでいかせて!

いつもちょっかいを出して先生に怒られていた記憶があります(笑)
好きになるといじめちゃうタイプなんですね。
となりのトトロで言うところのカンタタイプです。

妻(彼女)を実家に連れていくと、母親がニヤニヤしながら子供時代のアルバムを携えて登場するというあるあるも経験しましたが、
その初恋と思われる女の子との自分の部屋でのツーショット写真が出てきました。

 

こんな写真初めて見たぞ!

やるなーオレ!(笑)

 

小学2年生の時にも女の子を好きになった記憶があります。
ちょっとハーフっぽい見た目で可愛かったんですけど、すぐ転校しちゃいました。

 

当然いじめました

 

写真探そうと思ったんだけど面倒なのでやめました。

結局その程度です。

小学校5年生の時に両親が離婚。
僕は母親に引き取られ、名字も変わりました。
離婚と同時に引っ越したのですが、名字が変わったことを知られたくなくて必死に隠してましたね。

大人になった今ではたまにネタに使ったりしていますが、当時は本当に恥ずかしくて隠したかったんです。

彫刻刀の柄の部分に旧姓の名前が彫られていたので上からシールで隠していたのですが、剥がれないように図工の時間は誰にも触らせずに必死で死守していた記憶があります。

せっかくだからフル活用して笑いに変えろよ!

 

って今ではもったいなかったなーなんて思いますが。
そんなの小学生できないよね。

僕は極度の人見知りのため、笑いを取って「面白い人」として生きる術を中学時代に何となく身に付けます。

中学生でテルオは笑いに目覚めてしまいました。
ここから人生が狂いだしたとも言えます(笑)

「天然キャラ」も中学時代に身に付けました。

 不意に転ぶ→女子にウケる→女子先輩に「可愛い~❤」と可愛がられる
 授業中にすっとんきょうな答えを発表する→男子女子共にウケる
 家のテレビのリモコンを間違って学校へ持っていく→隣の席の女子爆笑
 テストで面白回答を優先する→先生を笑わせる
 漢字を間違えて音読する→クラス中が笑う

勉強そっちのけでこんなことばかり考えていました。

中学校生活で一番僕が悩みに思っていたことはの「テストで面白回答を優先する」です。
答えが分からない時はいいんですが、答えは知っているのに同時に面白回答が浮かんでしまった時は・・・どちらを取るかマジで悩みました。

何考えてもいいけど、とりあえず勉強しろよな!

 

しかも、迷惑がっている人も一定数いたであろう。

中学卒業後、工業高校に進学。
高校でもやっぱり人見知りのため、なかなか友達もできず、唯一の「笑い」を武器になんとか乗りきりました。

人見知りの僕が学校で生き抜くために何となく身に付けたのが「笑い」でした。
人それぞれですが、僕は勉強も運動も苦手だったので自然と「笑い」を身に付けたのでしょう。
今でも役に立ってますね。

女の子を引っかけるときはまず笑わせますからね。

これがなかったら女の子と目もあわせられません(笑)

いまだにね

 

 

続きを読みたい!

2.テルオが愛する妻たんに出逢うまで「初めての彼女編」

2016.10.01

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。
無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。
僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
 
「でも、お高いんでしょ?」
 
安心してください。無料です。
 
 
聞き逃した方にもう一度。「自由な人生を手に入れる教科書」は今無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら↓
自由な生き方について書いている「だいぽん」さんのブログはこちら↓
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。