世田谷公園フリーマーケット最新情報!【フリマついでに子供と遊べるスポットも紹介】

setagayapark-1

 

こんにちは。妻とフリマが大好きテルオ(@undoteruo)です。

テルオ的総合フリマランキングで第3位にランクインした「世田谷公園フリーマーケット」に行ってきました。

世田谷公園フリマの規模はそこまでではありませんが、それでもなかなかのもんです!個人出店者が多いのが特徴で、若者向けのブランドも多く、子供服を取り扱う方も多く出店されています。
そしてバイヤーのお客さんも多いのが特徴です。むしろ名物です(笑)。

世田谷公園フリマの特徴(商品ラインナップ等)はこちらに詳しい記事あります↓




世田谷公園フリマ以外のおすすめフリマ記事はこちら↓

世田谷公園フリーマーケット(2016年11月20日)

setagayapark-2

 

どうですか。この平和な日曜日って感じ!

 

setagayapark-3

 

前日が雨だったのでちょっと心配だったんですが、当日は雲一つ無い晴天で多くの出店者と多くのお客さんで賑わっていました!

フリーマーケットは基本的に野外で開催されるものなので、当日の天気が良くても前日に雨が降ってしまうと、、

前日が雨天だと⋅⋅⋅

setagayapark-4

 

こんな風に地面がぬかるんでしまうので出店者さんも敬遠する傾向にあります。

 

ちなみに、味スタフリマは全てコンクリなのでぬかるむということはありませんね。屋根のある場所も一部あるので、当日小雨程度なら開催する場合もあるかもしれません。

  

setagayapark-5

 

いつもだとここも出店者で埋まるのですが、今日は前日の雨の影響でいつもよりは少ない出店数でした。
当日の天気が良くても前日の天気に影響されるのは “フリマあるある” の1つですね。

 

setagayapark-6

 

それでもそれでも!前日の悪天候にしては出店者さん、頑張りましたね今日は!お店いっぱいです!

 

世田谷公園のトイレ

setagayapark-7

 

久しぶりに世田谷公園行ったんですが、トイレがいつの間にか綺麗に改装されていました。多目的トイレもありますね。トイレが綺麗って、それだけで安心感ありますよね!

 

世田谷公園に機関車

setagayapark-8

 

僕は入ったこと無いんですが、すぐ隣には機関車が展示されているところがあります。その隣には段差とか坂になっているところがあって、若い兄ちゃんがよくスケボーやってます。

 

世田谷公園の遊具

setagayapark-9

 

フリマ会場のすぐ隣にはちょっとした遊具が設置されています。お父さんがフリマを楽しんで、子供が飽きてきたらここで遊ばせて子供の機嫌回復させるんですね

スポンサーリンク

世田谷公園で子供が交通ルールを学べる

setagayapark-10

 

今まで子供が遊んでいるスペースには興味がなくてスルーだったんですが、ブログにのせるために写真を撮っていたら不思議なものに気付きました。

子供が何やらカートみたいなものに乗っていて、そこには信号機?

 

setagayapark-11

 

これはたぶん、遊びついでに交通ルールを教えているんですね。

係員の人に聞いたらなんと、無料とのこと!
「でも、並んで下さいねー」とテルオも言われました。お父さんがルールを知らずに割り込もうとしてると思われたんでしょうね(笑)。
子供にルールを教えようとしてるのに親がルールを破るわけにいきませんね!お父さんしっかり並んでね。

 

setagayapark-12
setagayapark-13

 

子供を事故から守るのは親の義務ですからね!

子供の事故死があまりに多いけど、子供の命を守るのは親の義務って知ってた?

2016.11.13
フリマついでに親の義務の手助けもしてくれますよ世田谷公園!

 

世田谷公園フリマ名物バイヤー

そして、前回のテルオ的フリマランキングでも少し触れましたが、もはや世田谷公園フリマの “名物” と言っていいかもしれません。バイヤーさんの存在です!

 

setagayapark-14

 

大きな荷物を持った方々がソレです。

出店者さんが商品をカバンから出した瞬間に、、事件は起こります!初めて目にした人は、その迫力に圧倒されることでしょう!

 

setagayapark-15

 

とりあえず商品が何かも見ずに四方八方から手が伸びて一瞬で商品をかっさらいます!
動画で撮りたかったんですがバレたら怒られそうなので出来ませんでした(笑)。

僕もフリマ歴はそれなりにあるけど、その勢いに圧倒されちゃってまだ参戦出来ません。でもいつか参戦してみたいですね!

 

この方達のことはよく分かりませんが、たぶん、自分のお店で売るための仕入れと思われます。経営しているのか雇われなのかは分かりませんが。
あと、個人での転売目的の方もいるでしょう。
実は、僕もフリマへ行くのは自分のためのものを買う目的もありますが、転売目的でもあるわけです。
その辺のことは、いずれ。

 

出店者さんによっては、いわゆる、こういう “プロ” の方々を嫌う人もいます。
僕も出店者さんとたまに話をすると、「さっきまでバイヤーがいたから隠してたんだよ!」と言ってバッグから新たに商品を僕の前に並べてくれます。
「バイヤーには売りたくないから5000円て言ってたんだけど、お兄ちゃん2000円でいいよ!」なんてこともたまにあります(笑)。

一方で、その “プロの技” を楽しんでいる出店者さんもいます。
出店者の話を盗み聞きしていると(聞こえてきちゃうんだから仕方ないでしょ!)、こういうバイヤーが世田谷公園フリマにはいることを知っていて、それを楽しんでいるようです。バイヤーが一荒らしして去ってくと、「噂には聞いてたけど⋅⋅⋅すごいな!」なんて声をよく聞きます。
世田谷公園と言えば!みたいなことになっているんでしょうね。




テルオ的まとめ

どうでしたでしょうか。世田谷公園フリーマーケット。行きたくなってきちゃいました?

都内では毎週どこかしらでフリーマーケットが開催されています。雨天決行の会場も何ヵ所かありますよ都内は。
僕がフリマ開催の情報を集めるのに利用しているサイト、「フリマガイド」で全国のフリマの開催情報が確認出来ます。

僕もまだまだ行ったことの無いフリマ会場が数多くあるので、手堅いところを押さえつつ、新規開拓も狙っていこうかと思ってます。
今後も、テルオ的フリマランキングにある会場を基本にして、実際に行ってみた感想や情報をお伝えしていく予定です。

 
各フリマ会場の詳しい特徴一覧はこちらの記事へ↓
 
フリマ関連でこんな記事もあります↓

 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。
無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。
僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
 
「でも、お高いんでしょ?」
 
安心してください。無料です。
 
 
聞き逃した方にもう一度。「自由な人生を手に入れる教科書」は今無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら↓
自由な生き方について書いている「だいぽん」さんのブログはこちら↓
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。