キムハンソルに暗殺の危険性高まる!ビデオメッセージから彼の決意を読み解く

Kim-hansol-1
 
 
金正男の息子キムハンソルは賢く優秀だという。
 
もし彼がバカでないのなら、表舞台に顔を出した彼の狙いは明らか。
 
北朝鮮を手に入れること
 
 
 
こんにちは。政治を深読みしすぎるクセのあるテルオ(@undoteruo)です。
 
 
一連の金正男氏暗殺事件で前回僕は、「金正男が自殺した可能性」に言及しました。

金正男(キムジョンナム)暗殺殺害で影武者説?自殺の可能性も指摘!そろそろ北朝鮮の時代が動くか

2017.02.28
 
自殺というのは、「金正男が暗殺される時を待っていた可能性」という意味での「自殺」です。
 
自分で腹を刺して自殺する自殺ではなく、暗殺計画を知りながらその時を待っていたのではないかという意味で「自殺」という言葉を使いました。
 
 
そして今回、金正男の息子のキムハンソル氏がビデオメッセージをネット上に公開しました。
 
これで僕は確信しました。
 
 
キムハンソルは北朝鮮を手に入れるために動き出した
 
 
のだと。
 

キムハンソル(王族)を北朝鮮(金正恩)は恐れている

 
北朝鮮の最高指導者金正恩委員長が最も恐れている事は、自分が最高指導者の地位から引きずり降ろされることです。
 
その場合、同時に命も失う可能性が強くなります。
 
金正恩はこれを恐れています。
 
 
そして誰が自分を引きずり降ろすのか。
 
金正男か。
 
いや、たぶん違うでしょう。
 
金正男は平和な暮らしを望んでいました。
 
では誰が金正恩を引きずり降ろすというのか。
 
それは、金正男を担ごうとする勢力です。
 
 

金正男(キムジョンナム)暗殺殺害で影武者説?自殺の可能性も指摘!そろそろ北朝鮮の時代が動くか

2017.02.28
↑の記事でも書きましたが、王族は自分の意思とは関係なく表舞台に立たされることになります
 
自分がそれを望まなくとも、周りの、現政権に反対する者、他の人間を担いで王位に就け恩を売り、自分の地位向上を狙う者達によって表舞台へと立たされることになります。
 
 
なのでまず金正恩は、北朝鮮国内の反乱勢力の粛清にかかりました。
 
そして今回、まだ北朝鮮は認めてはいませんが、最大の危険分子、金正男を暗殺しました。
 
 
しかし僕は、金正男は❝暗殺を受け入れた❞と想像しています。
 
それは、家族を守るため。
 
 
王族のキムハンソルを守るために
 

スポンサーリンク

金正男がキムハンソルを守るためにしたこと

 
金正男が家族を守るために暗殺を受け入れたとはどういうことなのか。
 
 
金正男は家族と平和に暮らすことを望んでいたのだと思います。
 
しかし同時に、王族の自分がこのまま平和に暮らすことなど到底不可能だということも知っていたでしょう。
 
王族は自分の意思とは関係なく表舞台に立たされることになります
 
そして、それに失敗すれば命を失います。家族もろとも。
 
金正男がバカでもない限り、これを知らないはずはありません。
 
 
金正男は、自分の権力の全てを息子のキムハンソルに相続させました。
 
しかも、「金正恩に殺された」という世界中が知ることになった事実によって、その自分の権力を最大限に高めて相続させることに成功しました。
 
 
生き残るためには表舞台に立たなくてはならず、立つのであれば金正恩に勝たなければならず、勝つためには力が必要。
 
自分の力を最大限に高め、王族の血を引く若いハンソルへ全てを託した。
 
 
それが金正男だったと僕は考えています。
 

スポンサーリンク

キムハンソルが生き残るためには北朝鮮を手に入れるしか道はない

 
前回の「金正男自殺説」を書いた時にはまだ僕の完全なる妄想だったかもしれませんが、今回、キムハンソルと名乗る男のメッセージ動画がネット上に公開されたことにより、僕は確信しました。
 
 
キムハンソルは覚悟を決めている
 
 
と。
 
 
 
まず、「自分は北朝鮮のキム一族の一員のキムハンソルだ」とキムハンソル氏は話しています。
 
「自分は王族だ」との強いメッセージです。
 
 
また、「父親の金正男が❝殺された❞」と発言しています。
 
北朝鮮が、死んだのが金正男とも、殺害されたとも認めていない中、「金正男が殺された」と発言しているのです。
 
隠れてひっそりと生き残りたいのならば、言う必要のない発言です。
 
 
また、「平和な解決を願う」とも話しています。
 
これは、北朝鮮に対して、「切迫した危険はない」のだと思わせたいのだと思います。
 
「覚悟しておけよ!」なんて言ったら守りを固められてしまいますから。
 
 
このメッセージを、北朝鮮国内の粛清の波の中で気力を失っている❝金正男派❞が聞けばどうなるでしょうか。
 
 
「金正男の息子のキムハンソルは生きている・・」
 
「自分は王族だとアピールしている・・」
 
「まだ諦めてはいけない!」
 
 
こう思うんじゃないでしょうか。
 

スポンサーリンク

キムハンソルがやろうとしていること

 
キムハンソルがやろうとしているのは勿論、金正恩体制の崩壊です。
 
それが唯一の生き残るための道ですから。
 
 
 
イラクに戦争を仕掛けたアメリカですから、やろうと思えばいつでもやれるんです。
 
でもやらない。
 
それはなぜか?
 
 
北朝鮮の軍事施設と韓国の首都ソウルは、40キロしか離れていないと言われています。
 
もし北朝鮮に攻撃を仕掛ければ、ソウルは壊滅的な被害を受けます。
 
そしてソウルを攻撃した北朝鮮の次なる標的は、日本の在日米軍基地と、
首都東京です。
 
 
つまり、北朝鮮は韓国のソウル、日本の東京を人質に取っているんです。
 
そのため、迂闊に中途半端な攻撃を北朝鮮に仕掛ければ、韓国の人口の集中するソウルと、世界的首都東京が壊滅的被害を受けてしまう可能性が非常に高い。
 
だから迂闊に北朝鮮に空爆などできないんです。
 
 
ではこのままでいいのか。
 
鍵となるのは、北朝鮮国内の内部分列です。
 
内部から密かに攻め分裂させる以外に、ソウルと東京が被害に合わずに金正恩体制を崩壊させる術はありません。
 
キムハンソルはこれを実現させたく、ビデオメッセージによって北朝鮮の内部の協力者を鼓舞しているのではないでしょうか。
 




テルオ的まとめ

 
何にしろ、日本人は「まさおロス」とかバカみたいなことをほざいている場合ではありません。
 
北朝鮮は狙おうと思えばいつでも日本を攻撃できるんです。
 
キムハンソルの戦略の一つ一つに、私達日本人の命がかかっているんです。
 
僕は言いたい。
 
日本政府も、キムハンソルに一枚かむべきだと。
 
 
もうやっているのかもしれませんが、やっていないのだとすれば、日本人の命が置き去りにされかねません。
 
 

日本は現在、戦後で最も危険な局面に差し掛かっているのではないでしょうか。

金正男(キムジョンナム)暗殺殺害で影武者説?自殺の可能性も指摘!そろそろ北朝鮮の時代が動くか

2017.02.28

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。

僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。

無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 


僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。
今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら→無料ダウンロード
自由な生き方について書いているだいぽんさんのブログはこちら→「僕は雇われずに生きていこうと思った」
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。