結婚の条件は、提示して、話し合って、完成するのだと思う

結婚の条件




 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。

皆結婚には譲れない条件があり、決め手が必要で、タイミングも大事な要素です。

まず条件の話から考えてみようと思います。
一応参考までに、一般的に言われている結婚の条件を見てみましょう。

 

一般的に言われている結婚の条件

 

結婚の条件男性編

○性格が合う
○一緒にいて癒される
○家事能力がある
○価値観の一致
○容姿が好み
○おもいやりがある
○仕事への理解がある

 

結婚の条件女性編

○煙草を吸わない
○高学歴
○性格が合う
○年収(収入が安定している)
○価値観の一致
○身長などの見た目
○一緒にいて癒される
○食事の好みか似ている

 

男性はやはり「癒し」「気持ちの面」とか「自分への理解」を女性に求めているようです。

一方女性は「学歴」「年収」など、現実的な要素を求めている方が多いようです。

 

テルオの妻たんの条件は

 

僕たち夫婦は訳あって、子供はつくらないという選択をしています。
僕たち夫婦がラブラブなのはたぶん、子供がいないというのも理由の一つだと思います。
妻たんいわく「子供は2人もいらねー!」だそうです(笑)

子供をもうけた友達の女性は
「旦那には触られたくもない!」とか言ってました。
可哀想なご主人(涙)
肋骨上げてこ!

訳あって子供はいないと言いましたが、結婚前に言われていた妻たんの希望なんです。
希望というよりは絶対条件でした。
子供はつくるつもりはないと。
僕も元々どっちでもいい方なのでその条件をのみました。

理由は何だというと、妻たんはダンスをしています。
子供ができるとダンスができなくなるからというのが子供をつくらない理由です。
たかがダンスと思うかもしれませんが、妻たんにとってのダンスがどれ程のものなのか僕も理解しているので、それを受け入れたわけです。
妻たんの両親はその事はもちろん知っているのですが、僕の母親には話していません。
親戚にもです。

だって、理解してもらえないから
だから実家帰る度に言われます。
「子供はまだなのがー!?だっぺだっぺー!」

「んー・・・」
とか言ってはぐらかしています。

結婚して子供をつくるのが当たり前の幸せと考えている人達なので、説明というか説得というか、面倒でね。
ラブラブの秘訣なんて偉そうなこと言いますが、あくまで僕の体験談なんで、子供がいることでの幸せは僕には分かりませんが。
でも、ラブラブという意味では、僕は十分幸せです。
子供を作らなければ幸せになれると言っているわけでは決してありませんのでご注意を。

僕の妻たんの結婚の絶対条件は「子供を作らないと」ということでした。

 

条件は提出し、話し合い、完成する

 

このように、誰しも幾つかの絶対条件があると思います。
ここをうやむやのままにすると、破綻の原因になります。
きちっとした答えが出ていないものは、人間は時間が経てば経つほど自分に都合のいい解釈をしていきます

もし僕たち夫婦が子供のことをうやむやにしたまま結婚して、数年後に僕が「そろそろ子供つくろうよ!」なんて言ったら大変なことになりますよね。
多分離婚だと思います。

こうならないためにも
お互いに共有しておかなくてはならないような条件は、結婚前に必ず確認しておいて下さい。

テルオ的まとめ

 

条件とは、相手に提示するものです。
条件同士が対立し合ったとしても、提示して話し合うことによって解決することもあります。
自分の中でうやむやにせず、提示して話し合いましょう。
男は面倒なことからは逃げる傾向にあるので、そういう時はうまく誘導してあげて下さい。

 
 
 
 

好きなカテゴリーを選んでみてね!

Amazonランキング1位の電子書籍が無料ダウンロードキャンペーン中!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 

僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!

 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。

 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

「ぼくのつまたん」の購読者になる!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。