この際だから、男女の本能的考え方の違いを利用して幸せになっちゃおう!

結婚の気持ち1

 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。

突然ですが、あなたの子供の頃の夢って何でしたか?

女の子ならば「お嫁さん」

男の子ならば「仮面ライダー」

ではなかったですか?

男女の本能的考え方の違い

 

女の夢はお嫁さん
 男の夢は仮面ライダー

かなり偏見入っているかもですが、男女の本能的考え方の違いの最たるもんだと思います。

「俺は違うぞ!」
「私は違ったわよ!」

と思うかも知れませんが、突き詰めて考えてみると、お嫁さんと仮面ライダーなのです。

お花屋さん

ケーキ屋さん

看護婦さん

はい、突き詰めればお嫁さんですね。

社長

世界征服

ユーチューバー

はい、突き詰めれば仮面ライダーです。

何が言いたいかというと、女は現実的で男は夢追い人ということです。
子供の話じゃありませんよ。
少しずつ形は変わりますが、大人になっても、いや、死ぬまで変わらないと思いまね。

要するに僕が言いたいのは、
せっかくだからその性質、活かそうよ
ってことです。

 

男女の本能的考え方の違いを活かしてみる

 

男はいつまで経っても子供で夢追い人なんです。
じゃ、仮面ライダーになってもらいましょうよ。
正義のヒーローになってもらって、きゃしゃで病弱なお姫様を守ってもらうんですよ。
守ってもらうためには強く健康な身体が必要です。御飯作ってあげましょう。
お姫様は綺麗なお洋服を着なくちゃいけません。エルメスのバッグも必要です。
ライダースーツもボロボロでは敵に舐められますし、武器も湧いて出てくるわけではありませんから、お金が必要ですよ。うまく働かせて稼いでもらいましょう。
全てはお姫様を守ってもらうために。

 

女はいつまでも現実的な生き物です。世界平和を守るヒーローのことなんて理解出来ません。
あなたは悪の組織から平和とお姫様を守ることに専念しましょう。
カッコイイからとバカみたいにコスチュームにばかりお金かけちゃったら武器も買えません。
あなたの稼ぎには限りがあります。お金の管理はお姫様に任せましょう。
時には、お姫様の何気ない一言がヒントになったりします。しかも、行き詰まってイライラしている時に限って大事なこと言ったりします。
「お前に何が分かるんだ!」などと思ったりせず、とりあえず聞いて考えてみましょう。きっと大事なことだったりします。
あなたが選んだお姫様なんですから。

 

どうでしょうか。
男女の考え方に生まれ持った違いがあります。

ただ女を守って狩りをして子供を産み育てるといった原始時代なら話は単純で分かりやすかったんですが、今はそうではありません。
色々なことが複雑に絡み合い、無駄なことを沢山考え、こなさなければいけない時代です。

でも紐解けば、単純なことなんです。

仮面ライダーだって回を重ねる毎に、色々無駄なパーツ増えて、無駄に長いネーミングの技を繰り出します。
でも仮面ライダーも紐解けば、あのツルツルの初期の仮面ライダーなんです。

結局のところライダーパンチだし、
結局のところライダーキックなんです。

テルオ的まとめ

結婚に限らず、物事は紐解いて単純化すれば、以外と納得な答えが待っていたりします。
考えすぎて頭の中がぐちゃぐちゃになったら、単純化してみると以外とスッキリするものです。
 
 

 
 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。

僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。

無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 


僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。
今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら→無料ダウンロード
自由な生き方について書いているだいぽんさんのブログはこちら→「僕は雇われずに生きていこうと思った」
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。