結婚のタイミングって結局男次第でしょ?

結婚の気持ち2

 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。

もう既に結婚している僕から言わせれば、タイミングなんて寝起きでも電車待ち中でも何でも構わんから早よ決め!って思うんですが、まぁ、タイミングに背中押してほしいという気持ちは分かります。

というわけで、一般的に言われている結婚のタイミングを見てみましょう。

結婚のタイミング男性編

○クリスマス、バレンタインなどのイベント前後
クリスマスやバレンタインのイベントに向けてプロポーズを準備している男性の方は多いでしょう。
もう結婚した僕から言わせればタイミングなんていつでもいいと思うのですが、やっぱり人生の一大イベントですので、思い出深いタイミングを狙うのは当然と言えば当然です。
王道のタイミングでしょう。

○彼女の誕生日
これもクリスマス、バレンタインのイベントと並んで王道のタイミングです。
誕生日はクリスマスやバレンタインと違って彼女だけの特別な日です。
よりプレミアムなタイミングです。
個人的にはこれ好きです。

○友達が結婚すると聞いた時
上の2つと違ってイレギュラーなタイミングです。
やっぱり友達のしあわせな姿を見ると自分も幸せになりたくなるものです。

○町で幸せそうな夫婦を見た時
友達が結婚すると聞いた時と同じで、幸せそうな夫婦を見れば誰でも自分も幸せになりたいと思うものです。
これをきっかけにして、クリスマスや誕生日といったイベントへ向けて準備を始めるタイミングになる男性が多いように思います。
僕も今でも、街で老夫婦が手を繋いで歩いているのを目にすると「あんな風に年取りたいぁ」と思います。

○転勤が決まった時
これもよく聞くタイミングの一つです。
転勤すれば離れ離れになってしまいますから、ただ付いてきて欲しいと言うよりも、いっそのこと結婚にしようと思うのでしょう。

 

結婚のタイミング女性編

○結婚適齢期に差し掛かった時
結婚適齢期は徐々に上がっているとはいえ、やっぱり「若いうちに」と考える女性は多いでしょう。
しかし、女性活躍社会意識が日に日に高まっているのて、結婚適齢期とは人それぞれであり、自分の周りの女性にも影響されるでしょう。

○理想の出産時期に差し掛かった時
やっぱり「母親」になりたい女性にとってはこれが一番ではないでしょうか。
若けりゃ若い方がいいでしょうし、お母さんになりたいと思っている女性は「何歳でお母さんになる」と決めていることが多いですね。

○仕事を辞めたくなった時
女性活躍社会の現代ではありますが、仕事を「結婚するまでの間だけ」と考えている女性も一定程度いるでしょう。

○友達が結婚すると聞いた時
男性のタイミングでもありました友達が結婚すると聞いた時。
男性の場合はただ「いいなぁ」程度ですが、女性の場合は、取り残された気分になるようです。男性の場合よりも強く意識するでしょう。

○テレビで芸能人の公開プロポーズを見た時
男の場合はこういうことで結婚を意識することは少ないように思いますが、女性は強く意識するようです。

テルオ的まとめ

 

今では“草食系男子”なんて言われているように、男性の女性化、女性の男性化が進んでいるようで、以前に比べて逆プロポーズも増えてきました。
ですがやっぱり、タイミングをみて実行するのは男性が圧倒的に多いでしょう。

男性は自分のタイミングも大事ですが、女性のタイミングも読みながらの決断が必要です。

ですので女性も「私のタイミング今なんだけど!」という空気を“さりげなく”出しまくりましょう。
 
 

 
 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。

僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。

無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 


僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。
今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら→無料ダウンロード
自由な生き方について書いているだいぽんさんのブログはこちら→「僕は雇われずに生きていこうと思った」
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。