結婚の決め手って結局何なの?(男性編)

結婚決め手2

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。

次に、「自分の弱い部分を補い、時には正すことのできる人なのか」
について考えてみましょう。

 

まず、自分の弱さを認めてみる

 

僕も男なのでよく分かるんですが、男って自分の弱い部分をなかなか認めようとしません。
気付いていないフリをします。
結婚するならばまず「自分の弱い部分」について考えてみましょう。

「自分の弱さを改善しろ!」
「強くなれ!」
「頑張れ!!」

などと言うつもりはありません。
頑張って改善できるなら誰も苦労はしません。
僕が言っているのは「認めてみよう」ということです。
認めた上で、彼女ならば自分の弱さを補い、時には正してくれるかについて考えてみましょう。

 

弱い部分(テルオの例)

 

例えば僕の弱い部分について言うならば

○面倒なことは先伸ばしにしがち
○お金はあるだけ使いがちで貯金が苦手

僕は面倒なことは先伸ばしにしてしまう性格です。
さらに厄介なことに、「単に面倒で先伸ばしにした」という事実を隠すために、無意識に正当な理由をつくり、正当化した理由があたかも最初からそうであったかのように自分の記憶をも作り変えてしまいます。
なかなか深く踏み込んだ辛い分析ですね・・・
言葉にすると凄く厄介な人間のように思えますが、男でこういう性格の人結構いるのではないでしょうか?

僕の妻たんは厄介事を先伸ばしにすることを非常に嫌う性格です。
結婚後の今では、妻たんのこの性格は僕にとって非常に助かっています。

お金はあるだけ使ってしまうという男性も結構多いのではないでしょうか?
この点に関しても僕の妻たんは「貯金が趣味」と公言するほど無駄遣いを嫌う性格です。

今の若い夫婦は「結婚後の財布は夫婦別々」という考え方が多くなってきているように感じます。
実際僕の周りにもそういう夫婦が結構います。
ですので、そういった人達に僕の財布事情を話すと、
「可哀想に・・・」
みたいな目をされることがよくあります(笑)

ですが、僕はお金を持っていると、訳のわからないフィギュアとか色々無駄に買ってしまう性格だということをよく知っています。
ですので、てるお家ではお小遣い制にしています。
お金に関して、妻たんに任せていた方が安全だからです。

僕の妻たんがもし、僕と同じように面倒なことを先伸ばしにする性格でお金にルーズだったら、きっと結婚生活は破綻に向かうでしょう。
ですので、このように 「自分の弱い部分を補い、時には正すことのできる人なのか」は、
男にとってとても大事な要素になってきます。

 

彼女は多分、気付いている

 

彼女は以外とあなたの弱い部分に気付いているものです。
頭の良い女性ならば、気付いていても、あなたのプライドを傷つけないよううまく誘導してくれます。

確かに、自分と同じように、めんどくさがりでお金にルーズな彼女ならば楽でしょう。
遊びのお付き合いならそれでも構いません。
でも、結婚生活は決して傷の舐め合いになってはいけません。

遊びはもう終わったのです。

「遊びは終わった」などと言うと、きついことを言っているように聞こえるかもしれませんが、遊びを終わらせたとき、本当の幸せが待っています。

遊びを終わらせたとき、本当の幸せが待っている

これ重要です!

「結婚は人生の墓場だ!」なんていう人が結構いますが、そういう人は、「自分の弱い部分を認める」という作業をせずに結婚生活に入ってしまった人達だと思うのです

テルオ的まとめ

 

大事なことなのでもう一度言います。

遊びを終わらせたとき、本当の幸せが待っている

結婚する上で、お互い全く同じ方向しか向いていないのは非常に危険です。
間違いに気付かないからです。

間違いに気付かなければ、正すも何もありません。
お互い気付かず破滅へ向かうだけです。

是非これを参考にし、僕のように本当の幸せを掴み取って下さい。

 

 
 
 
 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。
無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。
僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
 
「でも、お高いんでしょ?」
 
安心してください。無料です。
 
 
聞き逃した方にもう一度。「自由な人生を手に入れる教科書」は今無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら↓
自由な生き方について書いている「だいぽん」さんのブログはこちら↓
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。