高尾山温泉「極楽湯」に平日の昼間日帰りで男一人(35歳オッサン)行ってきました(*´∀`)

takaosan-onsen-1
 
こんにちは。ブロガーとバイトリーダーの二足のわらじを履いているテルオ(@undoteruo)です。
 
 
仕事を辞めて5ヶ月間毎日一人でブログのことを考えていてさすがに心が病んでイライラが止まらなくなってきたので、極楽を求めて高尾山温泉「極楽湯」へ日帰りで行ってきました。
 
平日の昼間にいい大人(35歳)が一人温泉です。
 
 
ブログのことは一切忘れてのんびりしようと思っての一人旅でしたが、ブログを忘れられず写真を取りまくったので、せっかくなんで「極楽湯」について紹介してみます。
 
「極楽湯」気に入ったので、多分これから結構な頻度で通い詰めることになりそうです!(もちろん平日に)
 




高尾山温泉「極楽湯」

平日の昼間にいい気なもんだ(*´ω`*)

takaosan-onsen-6
takaosan-onsen-4
 
京王線高尾山口駅に到着。
 
何年か前にも高尾山来たことあるけど、駅ってこんな感じだったっけ?
 
なんか駅の見た目がいい感じになっている。
 
木の温もりにまず、癒やされる。
 
 
平日の昼間でも山登り目的の人がたくさんいます。
 
ほとんどがご老人。
 
多分僕が最年少と思われる(35歳)。
 
 
僕の目的は山登りではなく、あくまで「極楽湯」。
 
どこにあるのかな?
 
 
すぐに見つかりました。
 
takaosan-onsen-8
 
駅から洞窟で温泉へと直結しているようだ。
 
takaosan-onsen-7
 
ここを抜ければすぐに極楽湯到着!
 
takaosan-onsen-16
 
 
僕のイメージでは外国人客とかで賑わっていると思って覚悟していたんですが、駅前とは対象的に人っ子一人いない。
 
平日の昼間ということと、おそらく、高尾山に登った帰りにみんなこっちへ来るのでしょう。
 
確かに、現在、平日の午前10時。
 
たぶん土日の午後は芋洗い状態なんでしょう。
 
自由なバイトリーダーでよかったー\(^o^)/
 
 
早速行ってみよう!
 
 

極楽湯の料金は意外と安いんだな(^o^)

takaosan-onsen-13
 
早速強面の高尾山の主の天狗がお出迎え。
 
ごくろう。
 
 
 
でもお前、客に向かって何だその面は
 
takaosan-onsen-2
 
テメー誰に向かってガン飛ばしてんじゃワレ
 
秋元はオレの親戚だよ
 
 
 
・・・おっと、いけないいけない
 
せっかく日々のイライラから開放されて癒されに来たのにキレてどうすんだ。
 
よく見ればただの作りもんの張りぼてじゃないか。
 
高校時代に同じクラスにいた親戚のヤンキーの名前をつい出してしまった。
 
高校時代ヤンキーに絡まれた時によく使っていた手だ。
 
 
 
takaosan-onsen-14
 
高尾山温泉もやっぱりタトゥーは禁止のようだ。
 
 
takaosan-onsen-10
 
料金大人1000円。意外と安い。
 
レディースデーとかホワイトデーとか春休み割とか、様々なイベントがある。
 
一度にこんなにイベントがあるのだから毎月何かしらのイベントを開催していると思われる。
 
これは行く前にホームページでイベントを確認しておくといいだろう。
 
京王高尾山温泉「極楽湯」ホームページ→http://www.takaosan-onsen.jp/
  
 
タオルやTシャツなどもここでチケットを買えるが、お風呂場でも買えるので料金についてはまた後で。
 

スポンサーリンク

極楽湯の内部ヽ(´ー`)ノ

takaosan-onsen-12
 
受付前にもタトゥー禁止の看板。
 
どうしてもだめらしい。ちょっとしつこい。
 
 
takaosan-onsen-19
takaosan-onsen-21
 
松屋を思わせる自動券売機でチケットを購入。
 
 
takaosan-onsen-35
 
受付でビンゴゲームの券も貰った。
 
ビンゴが揃うとプレゼントが貰えるらしい。後からよく見てみよう。
 
 
takaosan-onsen-32
 
電車の時刻の電光掲示板があるのは何気にありがたい。
 
 
takaosan-onsen-20
 
高尾山らしく、大荷物にも対応できる大きなロッカーもある。
 
しかも無料。
 
観光客を相手にしている割には入浴料といい、意外と優しい。
 
 
takaosan-onsen-23
 
受付の隣にあるお土産売り場。規模は小さめ。
 
 
takaosan-onsen-24
 
喫煙所もあるので喫煙者も十分に煙湯が楽しめる。
 
 
takaosan-onsen-25
 
うたた寝処なるものも。
 
高尾山で眠りたいという要望にも応えている。
 
 
takaosan-onsen-5
 
広いお食事処。
 
さすがに平日の昼間だと客は少ない。
 
とにかく、人が少ないというのが平日の昼間をうろつく人間の特権。
 
風呂上がりにまた来てみよう。
 
 
takaosan-onsen-15
 
ほぐし処も発見。
 
takaosan-onsen-18
takaosan-onsen-17
 
色々な数字が書いてあるのでどれがどの料金なのかいまいち分かりにくい。
 
 
 
イライラするな
 
オッサンに対しては不親切じゃないか
 
こんなとこまで来て頭使わせるなよワレ
 
秋元はオレの親戚だぞコラ!
 
 
 
・・・おっと、いけないいけない
 
ヤンキーのリーダーで計算の弱い僕の親戚の秋元くんの名前をまた使ってしまった。
 
今日は癒されに来たのだ。
 
 
 
イベントといい、ポスターが豊富なのはいいが、あまりにもポスターが多いと訳が分からなくなるのでもっとシンプルにした方がいいと思うな。
 
 
 
そしてお風呂のある2階へ。
 
takaosan-onsen-26
takaosan-onsen-29
 
おぉ〜いいねいいね。
 
オッサンが求めているのはこういうマッサージだ。
 
 

極楽湯のお風呂へ(●´ω`●)

takaosan-onsen-28
 
では早速風呂に入ろう。
 
takaosan-onsen-27
 
 
 
もうわかったよしつこいな!
 
タトゥーなんて入ってねーよ!
 
言うなら秋元に言えよな
 
呼んでくるか?あ”ん!?
 
 
 
・・・おっと、いけないいけない
 
これから風呂だというのにキレてどうする。
 
秋元くんのタトゥー事情もよく知らないのに、イメージだけで言ってしまった。失礼。
 
 
 
お風呂内部の撮影は禁止なのでホームページから画像を拝借。
 
takaosan-onsen-3
 
 
僕は露天派なので主に露天風呂を堪能させてもらった。
 
特に炭酸石のお風呂は面白かった。
 
まるでファンタの中に入っているようだ。
 
湯船の中でしばらく動かないでいると泡が体中にまとわりついてくる。
 
ちょっと気持ち悪い。
 
気持ち悪いが快感になる。
 
 
35歳おっさんバイトリーダー。炭酸風呂を楽しむ。
 
 
担任の先生の精神を崩壊させ入院に追い込んだ伝説を持つ秋元くんにもすすめたい。
 
まだ高校留年中かな?
 
 
 
takaosan-onsen-31
 
自販機で色々な物が売られている。
 
クシと歯ブラシもお金をとるのか
 
 
 
秋元く〜ん
 
クシと歯ブラシもお金取るらしいよ〜
 
ちょっと体育館の裏で話聞いてみる〜?
 
 
 
でもクシと歯ブラシの料金分も入館料に乗せられたら使わない人にとっては無駄なので、入館料1000円を維持するためには仕方ないか。
 
 
使用済みコンドームを教卓の上に置いて担任を怒らせ楽しんでいた秋元くんの召喚は中止としておこう。
 
 
 
お風呂から出るとアンケートを発見。
 
一応真面目に書いておいた。
 
takaosan-onsen-30
 
 
 
やっぱこれ!
 
takaosan-onsen-22
 
そして、やっぱ、瓶じゃなきゃダメ!
 

スポンサーリンク

お食事処~(´ε` )

takaosan-onsen-37
 
 
・・・
 
 
メニュー多すぎて訳分かんなくない?
 
秋元くん
 
ボコっちゃう?
 
 
 
・・・おっと、いけないいけない
 
どんな人間に絡まれても秋元くんの名前を出せばみんなひれ伏した経験が忘れられず、つい。
 
 
でもあまり選択肢が多いのは逆に不親切だということも知ってもらいたい。
 
 
takaosan-onsen-34
 
おすすめの春の味覚そばミニ丼セットを頂くことに。
 
 
takaosan-onsen-33
 
おっ?意外とうまそう。
 
春菊の天ぷらは揚げたて。
 
それで少し待たされたのか。
 
秋元くんを召喚しないでよかった。
 
 
蕎麦も天ぷらもうまいじゃないか!
 
さすが高尾山は蕎麦にこだわりがあるらしい。
 
 

ビンゴにイラつく(ー_ー)

 
ここでさっき貰ったビンゴのカードをよく見てみることに。
 
揃うと何が貰えるのか。
 
takaosan-onsen-36
 
1ラインビンゴでもソフトクリームが貰えるらしい。
 
めっちゃええやんソフトクリーム!
 
どれどれ
 
 
 
takaosan-onsen-35
 
 
・・・
 
 
秋元くん
 
これ
 
今日中に揃えることは不可能だよね
 
 
ボコるしかないね!
 
 
 
この中で1日でビンゴを揃えられる曜日は火曜日か木曜日か土日しかない。
 
 
そして、木曜日と土日は真ん中のほぐし処の利用が必須となっている。
 
一番難易度が低いのは火曜日のようだ。
 
takaosan-onsen-35
 
お土産を買ってご飯を食べれは1ライン揃う。
 
ソフトクリームをただで食べたい人は火曜日に来るといいようだ。
 
 
あ、でも、もしかしたらカードごとにみんなバラバラなのかもしれないな。
 
もし火曜日に行って情報が間違っていてもクレームは受け付けません。
 
その際は秋元くんが対応することになりますね。
 
秋元くん勉強できないけど怖いお友達いっぱい従えてるからね。
 

スポンサーリンク

高尾山口駅の売店(^o^)丿

takaosan-onsen-13
 
 
おぅ
 
またな天狗
 
 
 
なんだかんだで14時くらいまで滞在。
 
駅の売店を少し見学。
 
takaosan-onsen-11
 
お土産の他にもこれから高尾山に登るのに必要なグッズも売られている。
 
takaosan-onsen-9
 
忘れたものがあればここで一通り揃うだろう。
 
 
takaosan-onsen-41
 
こういうの集めている人にはたまらないのだろう。
 
 
 
結構楽しかったな。
 
また癒やされたくなったら来てみようかな。
 
takaosan-onsen-38
 
 
 
 
 
takaosan-onsen-40
 
おっ!
 
 
takaosan-onsen-39
 
 
かわいいなお前!
 
癒されるなー(*´ω`*)
 
 
 
結局猫に癒され終了した旅であった。
 




テルオ的まとめ(*^。^*)

 
ちょっとネタを多く取り入れてしまいましたが(笑)、高尾山温泉極楽湯にはとっても癒やされました。
 
あまり楽しんでいるように感じなかったかもしれませんが、実は、極楽湯すごく気に入りました!
 
たぶん、これから疲れたときには何度も足を運ぶことになりそうな予感をしていますヽ(´ー`)ノ
 
 
平日の昼は空いていて人混みが嫌いな僕には最適でした\(^o^)/
 
これが土日だとすごいことになるんでしょうねきっと。
 
平日でもお昼を過ぎたあたりから徐々にお客さんが増えてきていました。
 
そして極楽湯はイベントも色々なやっているようなので、行く際にはホームページを確認しておくといいことがあるかもしれません。
 
京王高尾山温泉「極楽湯」ホームページ→http://www.takaosan-onsen.jp/
 

東京都は「ニート、フリーター」の就職支援に力を入れています(全て無料)



 
就職したいが何の経験も無いニート、フリーター、派遣、無職の方のために東京都が無料で就職支援に乗り出しています。

たとえば、もう「調理師として学校給食で働くんだ!」と決めている方はそれにまっしぐらに突き進めますが、「ずっとニートだし···」「ずっとフリーターで社会経験無いし···」「資格も無いし···」「何がしたいかもよくわからない···」そんな方のための東京都の公共事業で行う無料相談&無料支援サービスです。最初から最後まで全て無料!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。