【無料】フリマ出店にクレジットカード決済導入がスマホで簡単にできちゃう方法『Square スクエア』が超便利!

square-1-1
 
こんにちは。フリマでは今のところ買う専門ですが、いつか妻と一緒に出店もしてみようと考えている雲藤テルオ(@undoteruo)です。
 
 
さて、フリマと言えば現金によるやり取りがほとんどですが、クレジットカードが使えればいいのに」と思った経験はありませんか?
 
買い物をしてお金を使い果たした最後の方に、ちょっと値の張るどうしても欲しい商品と出会っても、現金が無くて買えない。
 
出店者としては、クレジットカード決済が出来ればこういうお客さんを逃さずに済むかもしれません。
 
そんな方に今回は、手のひらサイズで持ち運びができ、スマホやタブレットのイヤホンジャックに挿すだけで使える、初期費用はたったの4,980円で導入できるSquare(スクエア)のカードリーダーが超便利なので紹介します。
 
square-1-6
 
今なら初期費用の4,980円がキャッシュバックキャンペーンで実質無料でクレジットカード決済が導入でき、更に持っているだけなら費用は一切かからないので、とりあえずキャッシュバックキャンペーン中の今、Squareのカードリーダーを無料で手に入れときましょう!
 
ちなみに、解約料も無料なので解約も自由です。(使わなければ何の料金も発生しないので特に解約する理由もありません)
 




フリマ出店にクレジットカード決済導入で他店と差をつけよう!

 
僕がよく行くフリーマーケットでもうちはクレジットカード決済ができますよー♪」という出店者さんは、僕が知る限り、聞いたことがありません。
 
出店者もお客さんも聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。
 
というか、「個人でなんかできるはずがない」と思っている方も多いので、クレジットカード決済の導入なんて考えたこともない方が多いでしょう。
 
 
ということは、
 
フリーマーケットにてうちはクレジットカード決済できますよー♪」というのは、お客様に対してかなりのアピールになり、他店に差をつけることができます。
 
特に、フリマにしては高めの値段設定をしている出店者さんは、クレジットカード決済が出来れば売り逃しを減らすことができます。
 
そこで、あまりにも安く簡単で手軽に屋外利用ができるクレジットカード決済サービスSquare(スクエア)を詳しく紹介します。
 

Square(スクエア)とはどんなもの?

 
Squareとは、簡単に説明すると、ネットに接続することのできるスマホやタブレットのイヤホンジャックに挿して専用のアプリを立ち上げるだけで使うことのできるクレジットカード決済サービスです。
 
square-1-9
 
スマホやタブレットで使えるというのが一番の特徴であることから、屋外で個人で商売を行うフリーマーケットでは特に“使える”サービスです。
 
square-1-7
square-1-12
 
決済確認は今どきらしく電子サインで行います。
 
square-1-16
 
 
僕がフリーマーケット出店者さんにこのSquareカードリーダーをおすすめする大きな理由は2つです。
 
  1. フリマでクレジットカード決済が使える出店者なんてほぼいないので他店と差別化ができる。
  2. 使わなければ無料で維持ができ、お金がかかるのは使ったときだけ。
 
 
 
他にも特徴がたくさんありますので順番に見ていきましょう。
【Squareクレジットカード決済の主な特徴】
 
1:外に持ち運べ、スマホで簡単に使える
2:導入が簡単でスピーディー
3:初期費用は4,980円のカードリーダー購入費だけ
4:今なら4,980円がキャッシュバックキャンペーンで実質0円!
5:持ってるだけなら維持費0円でかかるお金は使用時だけ!
6:決済手数料が他と比べて安く分かりやすい
7:カードリーダー端末1年保証付きなので安心
8:入金が早い(最短翌日入金)
9:レシートはメールで送信
10:圏外でも使える
11:オンライン決済にも対応
12:自動継続課金(自動引き落とし)もできる
13:払い戻し(キャンセル)にも対応
14:POSレジ機能も
 
今回は、六本木にあるSquare本社に僕が直接出向き担当者の方にガッツリ話を聞いてきました。
 
square-1-19
square-1-17
 
担当者の方の話を聞いて僕がメリットと感じた点とデメリットと感じた点を解説しますので、購入の際の参考にしてみてください。
 




Squareカード決済のメリット

1:スマホで簡単に使える

 
使い方はとっても簡単で、モバイル端末でアプリを立ち上げ、イヤホンジャックに挿すだけで完了します。
イヤホンジャックが無いタイプのiPhoneの場合には付属の変換アダプタを使って接続できるので安心してください。
 
スマホやタブレットのイヤホンジャックに挿して使うことができるので、特に屋外のフリマの出店などに向いているサービスです。
 
square-1-8
 
インターネットに接続できればiOSでもAndroidでも利用することができます。
 
 
カードリーダーはこのような構造になってます。
square-1-4
①:ICチップの読み取り口
②:磁気ストライプ読み取り口
③:充電状態の確認ランプ
④:イヤホンジャック端子
⑤:充電ケーブル差し込み口
 
 
ICチップが付いているカードはICチップ読み取り口で
 
square-1-10
 
磁気ストライプしか付いていないカードの場合には磁気ストライプ読取り口で読み取ります。
 
square-1-11
 
 
あとは金額を入力してサインをしてもらうだけで完了するという、機械に疎い方でも非常に簡単に使えるというのが最大のウリだとSquare担当者の方も熱く語っていました。
 

2:導入が簡単でスピーディー

 
Squareカード決済の導入の手順は
 
1.アカウント作成
2.カード決済の有効化
3.アプリダウンロード
4.カードリーダーを購入
5.テスト決済
 
この順番に行います。
《※ 導入手順についてはこの後の『Squareカード決済導入の手順』で詳しく説明しています》
 
 
基本的に3日〜5日以内(最短で当日)には審査が終了し、カードリーダーは購入から約1週間以内に届き、カードリーダーが自宅に届き次第使うことができます。
 
クレジットカード決済の導入としては非常にスピーディーに利用できるというのがSquareのメリットです。
 

3:初期費用は4,980円だけ

 
初期費用は、カードリーダー端末購入代金の4,980円だけ。
 
インターネット接続可能なスマホやタブレットを持っていれば、初期費用はこれだけで始められます。
 

4:端末購入代金キャッシュバックキャンペーン

 
今なら、Squareカードリーダー端末購入代金の4,980円のキャッシュバックキャンペーンを利用することができるので、実質0円で購入することが可能です。(キャンペーンは「無くなり次第終了」とのことなので、早い者勝ちです)
 
 
これには条件が2つあります。
  1. Squareカードリーダーを公式サイトか正規取扱店で購入する
  2. 実際にクレジットカード決済を利用する
 
キャッシュバックキャンペーンを利用する上で一番大事なのは①公式サイトか正規取扱店で購入するということです。
これ以外の購入方法だとキャッシュバックキャンペーン対象外なの注意です。
 
 
もう一つは、Squareを使ってクレジットカード決済を実際に利用すればキャッシュバックキャンペーンの条件をクリアすることになります。
 
詳しくは公式サイトの[サヨナラ現金キャンペーン]をご覧ください。
公式サイトでは条件として「クレジットカードを実際に利用する」としか説明されていませんが、実は、Squareカードリーダー購入後に行う100円のテスト決済でも条件をクリアすることができます。
 
購入しても実際に使うのはまだ先だからキャッシュバックしてもらえないかも…」という方は、このテスト決済で確実にキャッシュバックをゲットできます。
 
詳しくはこの後に説明する『Squareカード決済導入の手順』で詳しく説明しているのでそちらも参考にし、確実にキャッシュバックを受け取りましょう!

5:持ってるだけなら維持費0円

 
Squareのカードリーダーは持っているだけであればお金は一切かかりません。
 
振込手数料や解約料などの“隠れた負担”も無いので解約するのも自由です。(なので、買って使わなくても解約する理由も特にありません)
 
月額料金(基本料):無料
振込手数料:無料
解約金:無料
決済後のキャンセル:無料
その他維持費全て:無料
 
Squareは特に、フリーマーケット出店などの週1とか月1でしか利用しないという方には、基本料金も無いのでとにかく損がありません。
 
「とりあえず買ってみたけど結局使わなかった」という場合でも維持費がかからなく解約料金も無いので、端末購入代金の4,980円がキャッシュバックされるキャンペーン中の今、とりあえず買っておくのがお得です!
《※ キャッシュバックについてはこの後の『Squareカード決済導入の手順』で詳しく説明しています》
 
 
必要なお金は、クレジットカード決済を実際に行った場合の決済手数料のみです。
 

6:決済手数料が安く分かりやすい仕組み

 
クレジットカードの買い物とは、お客様はカードで商品購入代金を支払うだけですが、クレジットカード決済を行うお店側は決済手数料というものを支払うことになります。
 
ちなみに、Squareで決済できるクレジットカードブランドはこちら。
 
square-1-20
 
主要ブランドは全て揃っています。
 
 
普通のお店で導入しているデカめのクレジットカードの端末を見たことのある方も多いと思いますが、普通のそういう端末だと決済手数料も高く(〜8%)、「こういう場合は何%、あれは何%」と、非常にわかりにくい複雑な手数料計算になっています。
 
Squareでは、決済手数料が3.25%(JCBは3.95%)と安く、購入金額によってパーセントが変化するということもないので、初めてこういうものを使う人には非常にわかりやすい仕組みになってます。
Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverのロゴが記載されていればクレジットカードやデビットカード、海外発行カードを受け付けることができます。
 
例えば、お客様がVISAカードで10,000円の商品をSquareカード決済して購入した場合、その3.25%の325円が決済手数料として引かれるので、9,675円が事前に登録している自分の口座に振り込まれる(最短翌日振込)ということになります。
 
 
フリマにおいてクレジットカードをお客様が使いたがる場面とは、どうしても欲しい高額な商品を見つけたが現金の持ち合わせが無いといった場面です。
 
こういう場合、通常だとお客さんは諦めるか「ちょっとコンビニでお金下ろしてくるから取っておいてもらえますか?」となるかのどちらかですが、取り置きしておくとその後に「欲しい」と言うお客さんが現れても売ることができませんし、せっかく他のお客さんを断り取り置きしていても結局戻って来ずバックレられる場合もあります。
 
クレジットカード決済があればこういう売り逃しを減らすことができます。
 

7:カードリーダー端末1年保証付き

 
Squareカードリーダー購入から1年以内であれば無償で端末の返品交換に応じてもらえるので、万が一不良品を購入してしまった場合でも安心です。
 

8:入金が早い(最短翌日)

 
Squareのクレジットカード決済の代金は、みずほ銀行または三井住友銀行の口座を振込先に登録している場合には翌日に、その他金融機関の口座を振込先に登録している場合に週1回(毎週金曜日)に振り込まれます。
 
 
通常、クレジットカード決済の代金は月1で月末にまとめて振り込まれる場合が多い中、Squareは最短翌日、遅くても毎週金曜日振込なので、確かに現金売買のフリマよりは遅くはなりますが、非常にスピーディーに現金を受け取ることができます。
 

9:レシートはメールで送信

 
レシートに関しては、お客様の携帯電話番号で送信できるショートメッセージやメールアドレス宛に電子レシートを送信するという仕組みです。
 
フリーマーケットではレシートを必要とするお客様は少ないと思いますが、クレジットカードを使用するということで「確かな記録を残したい」という方もいると思うので、これは便利ですね。
 
 
紙のレシートを発行したいという方はSquare対応のプリンターを使えば紙のレシートも発行可能です。
 
プリンター等の周辺機器はSquare公式サイトからも端末を別途購入することができます
 

10:圏外でも使える

 
電波の悪いところでも「オフラインモード」を使うことによって、圏外の状態でもクレジットカード決済を行うことが可能です。
 
ネットに繋がっていない状態でカード決済した分は、ネットに繋がった時に決済されるという仕組みです。
 

11:オンライン決済も可能

 
フリーマーケットでの売買では必要ないかもしれませんが、その場でクレジットカードを読み取る決済の他に「Square 請求書」という、メールで請求書を発行し、請求書を受け取った購入者が自分でカード情報を入力して決済する機能もあります。
 
square-1-13

12:自動継続課金

 
オンライン決済を更に発展させて「自動継続課金」という機能もあります。
 
これはフリーマーケット出店で使う方の場合には必要のない機能だと思いますが、毎月一定額を継続的にカードに課金できる機能で、要するに自動引き落としです。
 
 
例えば、毎月の新聞の代金の引き落としとか、塾の月謝とか、毎月同じ金額を請求する場合に一定期間、同額を継続して課金するというサービスです。
 
お客様から承諾を得られれば、請求書経由または手入力にてSquareサーバーにカード情報を保存することで使うことができます。
 

13:払い戻し(キャンセル)も対応

 
決済をしてから120日以内であれば払い戻しの処理が可能です。
ただし、一度実行した払い戻しのキャンセルはシステム上できません。払い戻しをする際は、必ずよく確認してから実行しましょう。
《※実際の売買の場面では必ず必要になるこの「払い戻し」の方法については、この後の『Squareカード決済導入の手順』で説明しています》
 

14:POSレジ機能

 
フリーマーケットのように個人でSquareカード決済を導入する方の場合には必要のない機能ですが、飲食店や洋服屋さんなど、本格的なビジネスで導入する場合には「POSレジ」という機能もあります。
 
POSレジとは、在庫やお店の売上を管理できるレジシステムのことです。
 
販売商品とその在庫数を登録しておくことで、今日1日にどれだけの売上があって、どの商品の在庫がどのくらい残っているかなどの情報がわかります
 
square-1-14
square-1-15
 
店舗のレジ会計端末として本格的に導入する場合にはレシートプリンターやキャッシュドロワーやバーコードスキャナーなどが必要ですね。
 
square-1-2
 
Square対応の周辺機器は公式ページから詳細と購入が可能です。
 
POSレジの詳しい内容や周辺機器についてはSquare公式サイトの[POSレジ]をご覧ください。
 




Squareカード決済のデメリット

 
キャッシュバックキャンペーンで無料で持つことができ、維持費もかからなく、様々な機能が備わっているSquareですが、デメリットもいくつかあると感じました。
【Squareカード決済のデメリット】
 
1:
端末は充電しないと使えない
2:SuicaやPASMOには対応していない
3:紙レシート発行は別途プリンター購入
4:分割払いには対応していない
5:知らない人には不信感を持たれる場合も
 
フリーマーケットで外で使う場合には特に①と⑤が一番気になる部分です。あとできれば②も欲しい機能ですね!(ToT)
 

1:充電しないと使えない

 
Squareのカードリーダーは充電式です。
 
充電が足りていないとICチップ、磁気ストライプとも読み取ることができません。
 
バッテリーは2〜3時間の充電で満充電となり、12時間〜16時間程度利用可能なので、フリーマーケットの場合には通常5〜6時間の開催なので十分バッテリーは持つでしょう。
 
ですが念のため、カードリーダーをずっとイヤホンジャックに挿しっぱなしにしているとバッテリーを消費するようなので、使わないときにはこまめに端末から取り外しておくようにするとバッテリーの持続時間が長くなります。
 

2:SuicaやPASMOには対応していない

 
SquareカードリーダーはSuicaやPASMOといった電子マネーには対応していません。
 
これが対応していれば最高なんですがね!
 
 
担当者の方の話では「開発を頑張っている!」ということなので、いづれ対応端末が発売される可能性はありますが、現時点では残念ながら非対応です。
 

3:紙レシート発行は別途プリンター購入

 
メリットのところで「レシートはメールで送信」と言いましたが、紙のレシート発行がどうしても必要な方にはデメリットになるでしょう。
 
ですが、レシートプリンターにも対応しているので、紙のレシートを発行したい場合には対応する印刷機を購入すれば発行することができます。
 
square-1-3
 
Square対応のプリンター等の周辺機器は公式サイトで詳しく説明されていて購入することもできるので、詳しくは公式サイトの[レシートプリンターなどの周辺機器について]をご覧ください。
 
 
フリーマーケットで紙レシートを求められる場面はほぼ存在しないと思いますが、「周辺機器にお金をかけずに紙レシートをどうにか導入したい…」という方は、滅多に出会わないそういうレアパターンには市販の手書きの領収書(←amazonに飛びます)で対応するのもいいでしょう。
 

4:分割払いには対応していない

 
先に話した「自動継続課金」という分割払いに似た機能はありますが、「分割払い」という機能はSquareには無く、あくまで一括払いの対応になります。
 
「自動継続課金」とは、あくまでも一定額の自動引き落としというサービスです。
 
分割払いを希望するお客様には「一括払いで購入後にお客様自身でリボ払いに変更していただく」という方法を提案してみてください。
 
リボ払いなんて今時どのカードでもできると思うので、これが理由で「じゃーいらないよ!」となる場面はフリマでもほぼないと思います。
 

5:知らない人には不信感を持たれる場合も

 
僕が最もデメリットだと感じたのがこの「不信感」というものです。
 
こんなSquareの便利なサービスですが、そもそもこんなサービス知らない人が多いので「何か怪しくね?」と、お客様に不信感を持たれてしまうのではないか。
 
「じゃ、カードで」というお客様に対し、ポケットから取り出したスマホに変なもんをくっつけて「ここにカードを挿し込んでください」とカード決済を促せばえっ!?なんか、こわい!」と思うお客様もいるでしょう。
 
 
Squareの担当者の説明では「クレジットカードの情報はスマホやタブレット本体には残らなく、暗号化されているのでセキュリティーも万全だから安心してください」と話していました。
 
しかし、フリーマーケットで使う場面を想像してみたところ、こういう説明だけでは不十分でしょう。
 
 
こういうお客様の不信感を和らげる方法を僕なりに2つ考えてみました。
 
1つは、こういう加盟店キットを店頭に掲示することです。
 
square-1-5
square-1-18
 
この加盟店ステッカーと卓上POPはSquare公式サイトから[Square データ]にログインし、[ アカウントと設定 ] の [ 加盟店キット ] から申し込むことが可能です。
 
カードリーダーをフリマで使う場合には是非注文してみてください。
 
 
2つ目は、iPadなどのタブレットを持っている方は、タブレットでの決済を促すのがおすすめです。
 
最近では、僕が契約している楽天モバイルなんかでも、契約は全てiPadで進めます。
 
こういうタブレットで契約を進めるタイプのお店も今は増えてきているので、タブレットでの決済を勧めることで“お店感”を演出し、お客様としても抵抗感は少ないのではないでしょうか。
 
 
あとは、画面に表示された決済金額は必ず指差し確認をし、お客様にも必ず金額の画面を見せて確認するようにしましょう。
 
最後には電子レシートもお客様に送信されます。
 
  • セキュリティーの安全性を説明
  • 加盟店キットの掲示
  • タブレットでの決済
  • 金額の画面をお客様に見せて一緒に確認
  • レシートもお客様のスマホに送信されることを説明
 
ここまで対応すればお客様の不安もだいぶ和らぐと思います。
 
なんでしたら、僕のこのブログをお客様に読ませてみてください(笑)。納得されるはずです。
 




Squareカード決済導入の手順

 
Squareカード決済導入の手順は
  1. アカウント作成
  2. カード決済の有効化
  3. アプリダウンロード
  4. カードリーダーを購入
  5. テスト決済
この順番に行います。
 

1:アカウント作成

 
Square公式サイトで(メールアドレス、お客様情報、事業内容、入金先の口座登録)等を入力しアカウントを作成します。(約5分で完了)
 
必要情報の登録完了後に、あなたがクレジットカード決済を導入しても大丈夫な人であるかどうかの審査が開始されます。
 

2:カード決済の有効化

 
通常だと3日〜5日以内、最短で当日に登録のメールアドレスに審査結果が届きます。
 
審査に通れば、カード決済が有効化され、実際にSquareカードリーダーを使ってクレジットカード決済を使うことができるようになります。
 

3:アプリダウンロード

 
App StoreかGoogle Playから「Square POSレジ」をダウンロードします。
 
Square POSレジ

Square POSレジ
開発元:Square, Inc.
無料
posted withアプリーチ
 
アカウントを作ったときに登録したメールアドレスとパスワードでログインし、アプリ内で端末の有効化をします。
 

4:カードリーダーを購入

 
カードリーダーはアカウント作成完了後にカードリーダーの注文ページになるので、その流れで購入してもいいですし(万が一審査に通らなかった場合は無料で返品できます)、アプリをダウンロードし全て準備を終えたこのタイミングでの購入でも構いません。
キャッシュバックキャンペーンを利用したい場合にはSquare公式サイトか、正規取扱店での購入が条件になるので注意です。

5:テスト決済

 
④まで完了すれば、カードリーダーが自宅に届き次第クレジットカード決済を使うことができますが、まずは自分のクレジットカードで「テスト決済」を行い、使い方を最初に覚えておきましょう。
 
 
テスト決済は100円で行い、その後に「払い戻し」も一緒に学ぶことになりますので、なにか無駄に100円を損をするということはありません。
キャッシュバックキャンペーン2つ目の条件として実際にクレジットカード決済を利用する」という条件がありますが、カードリーダーを買っても使う予定が当分先という方は、この100円のテスト決済でも条件をクリアする事ができるので確実にキャッシュバックをゲットしましょう!(払い戻しを行っても条件はクリアできます)
 
1回目のカード決済をしてから10日以内にスクエアからキャッシュバックに関するメールが届くので、それに従って手続きを済ませればカードリーダーを購入したクレジットカードに返金されます。
 
クレジットカード決済を実際にフリマなどで利用する場合には「やっぱり返品します」という場面にも必ず遭遇することになるので、テスト決済を行った後に「払い戻しの方法を学びましょう」という画面が出るので、それに従って払い戻しの方法も一緒に確認しておきましょう。
 
最初に行うこのテスト決済の方法は、イコール通常の決済の方法なので、詳しくは公式サイトの[カード決済を練習しましょう]を参考に学んでください。(かなり簡単です)
 
 




テルオのまとめ

まとめ-2
 
僕がフリーマーケット出店者さんにこのSquareカードリーダーをおすすめする大きな理由は、最初にも話しましたがこの2つです。
 
  • フリマでクレジットカード決済が使える出店者なんてほぼいないので他と差別化ができる
  • 使わなければ無料で維持ができ、お金がかかるのは使ったときだけ
 
とにかく持っているだけならば無料なんです。
 
それに、今ならキャッシュバックキャンペーン中なので、全くお金をかけずにクレジットカード決済の導入とカードリーダーの維持ができます。
 
 
僕も今後フリマで「出店もいつかはやりたい!」と考えているので、今のうちに導入する予定です(^o^)丿
 
購入後実際に使ってみての感想もこちらに追記していく予定です!
 
 

設定-15

おすすめ記事 & 関連記事

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/ジブンディレクター/食育·飲食店·働き方評論家。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。