仕事に行きたくなくて休んだ日に考えるべき8つのこと〜生き方改革マニュアル〜

sigoto-ikitakunai-4-1
 
こんにちは。仕事に行きたくなくて適応障害になり会社を辞めて今すごく幸せに生活をしている雲藤テルオです。
 
 
仕事に行きたくない
 
 
そんなキーワードで検索までするアナタは単純に「気分が乗らない」とか「なんかだりぃ」とかじゃなく、よっぽどでしょうね。
 
だってわざわざ検索するんですから。
 
 
仕事に行きたくないのなら、今日はとりあえず仕事を休みましょう。
 
とりあえず今日は、「気持ち悪い」「吐き気がする」「頭が痛い」「下痢なんで」などの理由で仕事を休みましょう。
 
今の会社はノロウイルス等に敏感になっているので、こういった理由であれば休みやすいです。
 
 
はい。会社に電話してください。
 
「今日は具合が悪いので休みます」
 
はい。休みましたね?
 
僕も何度か使った手なので大丈夫です。会社は休めます(^_^)/
 
 
とりあえず、今日は休みましょう。
 
そして、今から僕が話す8つのことについて考える日にしましょう。
 
 
あ、ちなみに、僕だったら2日休みますね。
 
「明日も休みだ」と思うことで1日目はだいぶ心に余裕が持てます。
 
1日目に今から話す8つについて考えれば、2日目にはだいぶ前向きな考え方になるので、できれば2日連続で休むことをおすすめします。
 
無理であれば、とりあえず今日は休みましょう。
 

仕事に行きたくなくて休んだ日に考える8つのこと

sigoto-ikitakunai-4-4
 
仕事を休んだ今日は、こういうことについて考えてみる日にしましょう↓↓
① 何で今の会社で働いてるの?
② 仕事って何のためにするもの?
③ 自分の好きなものって何だろう?
④ 自分の理想の人生ってどんなの?
⑤ その理想って、今の仕事で実現できるの?
⑥ 仕事辞めたら恥ずかしい?
⑦ 好きなことを仕事にできないかな?
⑧ 人生が消耗しない仕事ってないかな?
仕事に行きたくなくて今日休んでモヤモヤとした気持ちの方。
 
この8つについて一緒に考えながら読み終えたとき、前向きな気持ちになれることをお約束します。
 

何で今の会社で働いてるの?

 
あなたはなぜ、今の会社で働いているの?
 
ただ何となく?
 
お金のため?
 
以前はその仕事がやりたかったから?
 
 
でも今は、その仕事、本当に楽しいの?
 
本当に、今の会社でなければ、ダメなの?
 

仕事って何のためにするもの?

 
仕事って、何のためにするものなのかな?
 
勿論、生活のためだよね?
 
 
そう。生活のための仕事。
 
 
生活をするためにはお金が必要で、お金は働かなければもらえない。
 
だから働く。
 
メインは、自分の生活。←これを忘れちゃいけない。
 
仕事のための生活になってはいけない。
 
それでは会社に行くために生きているのと一緒。
 
それこそが、一番虚しいこと。人生の無駄遣い。
 

自分の好きなものって何だろう?

 
オレの好きなものって何だろう?
 
 
食べること?
 
自分で1日がかりで作ったカレーとか、最高だよね。
 
 
ゲーム?
 
ゲームやってるとその世界に没頭できるよね。
 
 
DVD?
 
好きなドラマとか映画とか、何回見ても見飽きない。結末がわかってるからこその安心感とかあるしね。志村けんのコントみたいな安心感。
 
 
読書?
 
図書館で無料で借りて読むのが好きなんだ。東野圭吾と宮部みゆきと伊坂幸太郎が好き。
 
 
渋谷センター街?竹下通りブラブラ?
 
あぁいう人混みって、なんか落ち着くんだよね。
 
 
山?
 
山って、落ち着く。無になれる。海よりも断然山派。
 
 
アウトドアとかスポーツ用品店?
 
アウトドアもスポーツもやらないけど、この道具なんに使うん?とか想像しながら見てるのとか、結構好き。
 
 
一人温泉?
 
平日の午前中の高尾山温泉とがガラガラでのんびりできて好きなんだ。
 
 
妻?
 
最高。大好き。ずっと見てても見飽きない。生まれ変わってもまた出逢いたい。また結婚したい。いや、今度は妻から産まれてもみたい。
 
 
ブログ?
 
今やってるコレね。多少嫌なことでも「あっ、そうだ、これ、ブログのネタにしよ!」とか思うと嫌なものでもちょっと覗いてみたくなるんだよね。
 
 
人間生きていると、好きなことっていろいろとあるけれど、好きなこと、できてる?
 

自分の理想の人生ってどんなの?

 
自分の理想の人生ってどんなものなのか。
 
結婚して、子供をつくって、幸せになる?
 
お金持ちになって、のんびり暮らす?
 
突き詰めれば、このどちらか。
 
 
結局みんな、幸せを求めている。
 
幸せというのは、ストレスを抱えていてはなれないもの。
 

その理想って、今の仕事で実現できるの?

 
その理想の人生って、今の仕事で実現できるの?
 
結婚できても、今の仕事で幸せに生活できる?
 
今の仕事でお金持ちに、本当になれる?
 
 
「休みの日には仕事のことは忘れて遊べ!」とかよく聞くけど、今の仕事の中で、休みの日に仕事のことを忘れて羽をのばせるの?
 
休みの日に羽をのばしても、夜になるとまた明日の仕事のことを考えると「行きたくないなぁ」とかって思うんじゃない?
 
 
これはまさに、仕事のための休み。
 
仕事のための人生そのもの。
 
仕事のために生活をしている。
 
これで本当に、理想の人生に近づいていってるの?
 
 
その前にボロボロになっちゃうんじゃない?
 

仕事辞めたら恥ずかしい?

 
仕事を辞めたら恥ずかしい?
 
誰に対して?
 
 
仕事の同僚?
 
仕事辞めたら会うことないんだから関係ないよね。
 
 
学生時代からの友人?
 
友人だったら、誰も笑ったりしなくない?
 
逆に笑うようなヤツは友人じゃないよね。
 
 
親?親戚?
 
親は何があっても子供の味方たよ。普通は。
 
親戚なんて別に滅多に合わないんだから関係なくない?
 
 
仕事を辞めて恥ずかしいのは、理想の人生のための途中経過なのであって、自分の人生全てが恥ずかしいわけではない。
 
今までも、学校のスポーツテストでビリとか、人前でオナラしちゃって恥ずかしいとか、あったでしょ?
 
それを今でも「恥ずかしい」とかって思ってる?
 
それと一緒で、たとえその時恥ずかしかったとしても、それは自分の人生の中でのたった一つのエピソードにすぎないんじゃない?
 
意外と誰もそんなこと気にしちゃいないし、他人とか関係なくない?
 

好きなことを仕事にできないかな?

 
好きなことを仕事にできるやつなんてごく一部の恵まれた才能のあるやつだけだ」
 
 
そんな言葉をよく聞くけど、それを言う人ってのは、自分の仕事は好きじゃないけど生活のためには仕方なく働いている人。
 
つまり、仕事のための生活をしている、かわいそうな人なんだ。
 
 
好きな仕事をしている人、または、幸せな生活に影響が出ないような仕事をしている人に「あなたは好きな仕事をしていてすごいですね!才能に恵まれたんですね!羨ましいです!」と言えば、きっとこう言われるんじゃないかな。
 
 
「いや、別に才能なんかないですよ。誰でもできますよ。やらないだけで。やってみなよ。」
 
 
きっとこう言われるんじゃないかな。
 
 
優先が幸せな生活にある人は、生活に悪影響が出ない仕事を選んでいるだけなんだ。
 
そういう人は心が裕福だから、「羨ましい」って人から言われるんだ。
 
 
誰でもできること。ただやらないだけ。
 
 
何か夢や趣味を最優先に考える人は、アルバイトをしながらやりたいことを思いっきりやっているだけなんだ。
 
そしたらたまたまそれが仕事につながっただけ。
 
それを人は「すごい!」とかって言うんだ。
 
 
誰でもできること。だけど、誰もやらない。
 
 
なぜやらないのか。
 
 
それは、会社を辞めたら恥ずかしいから。
 
ただそれだけ。
 
でも、「すごい!」とかって言われる人は、会社員ではない確率の方が高い。
 
つまり、“生活のために”嫌な仕事を辞めただけで、人はすごいんだ。
 

人生が消耗しない仕事ってないかな?

 
人生が消耗しない仕事って、実は、たくさんあるんだ。
 
少しでも見た目が良い、自分の身の丈に合っていない会社をみんな優先的に選ぶから人生が消耗してしまうだけで、優先順位を「幸せな生活」とすれば、選ぶ会社は全く違うものになるはず。
 
だけど、誰もこれをやろうとしない。
 
それは、
 
少しでも“見た目が”良い会社に就職させようと、そう教育者が仕向けるから。
 
それに応えようと、オレ達日本人は頑張る。
 
この流れが日本の当たり前の教育で、今となっては古い教育。
 
 
仕事はどんどんAI化し、現場の人間はどんどん減らされ、人ではなくマニュアルによって教育される会社となり、それについていけない人間は切って捨てられる時代。
 
こんな時代の中で、昔の人の言う「好きなことを仕事にするなんて甘えだ」はもう古い。
 
だって、多少でも好きな仕事でなけりゃ、マニュアルを自分で読み込み、自分で仕事を覚え、AIに勝つような力を自分で身につけるなんて、そんなこと多少でも好きじゃなきゃできやしないじゃないか。
 
 
そんな時代を教育者は歩んできてはいない。
 
時代は明らかに変わった。
 
そんな古い時代の教育を真に受けて一生懸命身の丈に合わない上を目指し頑張るから、仕事に行きたくない人間が増えるんだ。
 
今「仕事に行きたくない」という人間が増えてきているのは、この古い教育を真に受けて育った人間が、新しい時代に飛び出し「あれ?」となるから。
 
 
だからね、人生が消耗しない仕事ってのは、いっぱいあるんだ。
 
消耗する仕事を優先的に選んじゃってるだけなんだ。
 
 

仕事は生活の手段に過ぎないという考え方で「生き方改革」を!

sigoto-ikitakunai-4-2
 
どうでしょうか。
 
仕事を休んでただ寝ているだけよりも、だいぶ前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。
 
 
特に、
 
  • 明日の仕事のことを考えると胃が「キュッ」となる人。 
  • 仕事が終わって家に帰って一人になるとなぜか涙が出る人。 
  • 朝仕事に行こうとすると吐き気がする人。
 
こういう方は病気の入り口に足を踏み入れている可能性があるので緊急避難が必要かもしれません。
 
ちなみに、僕はこの症状を無視して無理やり仕事をしていた結果、適応障害になりました。
 
そういう症状が出て「仕事に行きたくない」と考える方はこちらも参考に↓↓
 
「働き方改革」とか言われてますが、それで嫌な仕事時間が1時間減ったからって、楽になりますかね?
 
根本的な解決法は、自分の中で仕事というものの役割を整理するところから始める「生き方改革」です。
 
生き方改革は自分でしかできません。
 
 
仕事は生活の手段に過ぎない
 
 
「仕事に行きたくない」とよく考える方は、この考え方と共に、自分の生き方改革を今から考えてみよう!(^o^)/
 

どうせ働くなら嫌なことはやらない仕事に!

sigoto-ikitakunai-4-3
 
結局僕が言いたいのはこの2つ。
 
  • やりたくないことはやらないこと
     
  • 嫌いなことより好きなことで頑張ること
 
好きじゃなくても、「行きたくない」と思うような仕事はやらん方がいい。
 
生活が楽しくないような仕事はやっちゃダメ。ゼッタイ。
 
 
人生において一番邪魔になるものがストレスです。
 
日本人は嫌いなことを克服するために頑張る人が多いですが、それこそがストレスです。
 
嫌いなことは僕の経験上、いくら頑張っても好きにはなれません。絶対無理です。
 
努力は好きなことのために使うべきです。
 
 
「好きなこと」というのはなかなか自分でもわからないことが多いですが、生活に悪影響が出ないような仕事」というのは自分でも何となく想像できるのではないでしょうか?
 
自分の好きなもの、向いているものがよくわからないという方は、リクナビNEXTのサイト内にあるグッドポイント診断というものを試してみてください。
 
自分の「強み」とか「どんな仕事に向いてるのか」とかどんな仕事ならば好きになれるのか」など、自分では意外と気づいていないことも多いと思います。
 
リクナビNEXTのグッドポイント診断はそういった自分の強みや個性を客観的に知ることができるので、今後の自分の人生の邪魔にならない仕事の選び方に何か「ピン」とくるものを発見できるかもしれません。
 
 

テルオのまとめ

設定-29
 
今回は、仕事に行きたくなくて休んだ時に考えるべき8つのこと
① 何で今の会社で働いてるの?
② 仕事って何のためにするもの?
③ 自分の好きなものって何だろう?
④ 自分の理想の人生ってどんなの?
⑤ その理想って、今の仕事で実現できるの?
⑥ 仕事辞めたら恥ずかしい?
⑦ 好きなことを仕事にできないかな?
⑧ 人生が消耗しない仕事ってないかな?
について話してきました。
 
仕事を休んだ1日目にはこういうことについて少し考えてみましょう。
 
そして気分が落ち着いた2日目には、1日目に考えたことを踏まえつつ、好きなこと、好きな場所で心を休ませましょう。
 
 
グッドポイント診断で自分に向いている仕事を確認する(๑•̀ㅂ•́)و✧↓↓
仕事に行きたくなくて適応障害になった経験のある僕が「人生を楽しくする」をテーマに選んだおすすめの転職サイトをランキング形式で紹介しています(^_-)-☆>>適応障害経験者が選ぶ「未経験30代男」のための転職サイトランキング
 
他にも「仕事に行きたくない」時に役立つかもしれない関連記事はこちら↓↓

設定-15

おすすめ記事 & 関連記事

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/ジブンディレクター/食育·飲食店·働き方評論家。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。