学校給食『チャーハン&ピラフ』の作り方。人気メニューレシピ公開〜元調理員おすすめ献立〜

recipe-pilaf-1
 
こんにちは。元学校給食調理員の雲藤テルオです。
 
 
今回は給食人気メニューランキング4位の『チャーハン&ピラフ』のレシピを公開です!
 
特に今の子供には、ただの白飯よりも味の付いているご飯が喜ばれます。
 
 
家庭でチャーハンやピラフを作る場合には、どこの家庭でもご飯と具をフライパンで炒めて作ると思いますが、学校給食の場合には“ご飯と具を別に作って最後に混ぜ合わせる”という調理方法が一般的です。
 
学校では何故こういう方法の調理になるとかというと、単純に、何百人ものチャーハンを炒めるのはものすごく大変だからです。翌日筋肉痛で腕が動かなくなります!
 
 
ですがこの“ご飯と具を別々に作る”という方法は学校給食だけではなく、実は家庭でも便利な方法と言えます。
 
チャーハンやピラフの具を一度にたくさん作っておき小分けにして冷凍保存しておくことで、ご飯だけ炊けば後は具をチンして混ぜるだけで済みます。
 
お母さんが時間がないときには子供に「チャーハンの具はチンしてご飯と混ぜて食べてね〜♪」と書き置きを残しておくことで、ご飯は炊きたてなのでまるで作りたてのようなチャーハンを子供が一人で簡単に作ることができます。
 
具だけなので、レトルトのご飯でも簡単にチャーハン作れちゃいますしね!
 
 
ということで、早速レシピ公開です。
 
 

学校給食人気メニュー『チャーハン』レシピ

 
学校給食でもチャーハンやピラフは色々なパターンがありますが、今回は一番オーソドックスなものを紹介します。
 
基本のチャーハンレシピなので、これにキムチ等を加えることで『キムチチャーハン』にアレンジしたりもできます(^_-)-☆
 

材料(小学生一人分)

  • サラダ油・・・・1g
  • にんにく・・・・0.25g
  • 生姜・・・・・・0.15g
  • 鶏もも肉・・・・15g
  • ・・・・・・・0.4g
  • ・・・・・・・0.4g
  • 醤油・・・・・・1.2g
  • みりん・・・・・0.4g
  • 長ねぎ・・・・・15g
  • 人参・・・・・・5g
  • 玉ねぎ・・・・・5g
  • ピーマン・・・・8g 
  • ご飯・・・・・・160g
 
材料は全て小学生一人分の分量ですので、これは目安として適当に人数分増やしてみてください。(具材が少なすぎると作りにくくなります)
 
例えば鶏肉でしたら、一人15gとなってますので、大人ならば30gで家族4人で120g。小分け保存のためにこれを3回分作るのであれば360gに···。といった具合です。
 

下準備(野菜を切るなど)

  • にんにく・・・・みじん切り
  • 生姜・・・・・・みじん切り
  • 鶏もも肉・・・・小間切れ
  • 長ねぎ・・・・・粗みじん切り
  • 人参・・・・・・1センチ角
  • 玉ねぎ・・・・・1センチ角
  • ピーマン・・・・1センチ角
ピーマンの色を鮮やかに残し長持ちさせたい場合には、カット後に15秒程度下茹でしておくことで、色を鮮やかに長持ちさせることができます。
 

作り方

① 肉を炒める
強火〜中火の火加減で油でにんにく生姜を炒めます。
 
にんにく生姜の香りがしてきたら鶏もも肉を加え、も少し鶏肉の上から振りましょう。
 
も全量加えて炒めます。
 
② 野菜を炒める
鶏もも肉に火が入ったところで、人参玉ねぎを加えて炒めます。
 
長ねぎ、ピーマンは最後の方に加えますが、もし「野菜の食感を残したくない」という場合にはこの時点で加えてしまってもOKです。
 
③ 調味料を加え煮詰める
野菜がお好みの硬さの一歩手前くらいになったところで醤油みりんを全量加えます。
 
強火でひと煮立ちさせ、中火〜弱火で焦げに注意しながら煮詰めていきます。
 
 
 これから調味料を煮詰めていくので、味が濃くなりすぎてしまうことが心配であれば加減して入れてください。
 
 調味料を入れる前に野菜に「好みの硬さの一歩手前」まで火を通すのは、濃い調味料を入れるとそれ以上野菜が柔らかくなりにくくなるためです。
 
④ 残りの野菜を入れ、味を整える
汁気が煮詰まってきたところで残りの野菜のピーマン長ねぎを加えて炒めます。
 
調味料を残している場合には味を調整してみてください。
 
⑤ 完成
最後に入れた野菜がお好みの感じに火が通ったら完成です。
 
この具はご飯と混ぜ合わせるので味が濃くても大丈夫です。
 
具が完成したらご飯と混ぜ合わせてチャーハンの出来上がりです。
 
 
保存用に多めに作った場合にはジップロックやラップで小分けにして冷凍保存しておくことで、食べたいときにチンして炊きたてのご飯と混ぜ合わせることで出来立てのチャーハンがいつでも手軽に楽しめます♪ヽ(^。^)ノ
 
キムチ等を加えることで子供にも人気の『キムチチャーハン』にアレンジできます。
 
※ キムチ等の味の付いている具材を加える場合は他の調味料を加減してみてください。(キムチを加えるタイミングは③番で)
 

学校給食人気メニュー『ピラフ』レシピ

 
続きまして、ピラフの作り方です。
 
一番オーソドックスなピラフのレシピにしましたので、これにケチャップを加えれば『チキンライス』に、カレー粉を加えれば『カレーピラフ』にアレンジすることもできますヽ(^o^)丿
 

材料(小学生一人分)

  • サラダ油・・・・0.5g
  • にんにく・・・・0.3g
  • ベーコン・・・・5g
  • 玉ねぎ・・・・・15g
  • ウインナー・・・15g
  • 白ワイン・・・・1g
  • ・・・・・・・1g
  • こしょう・・・・0.02g
  • 醤油・・・・・・0.2g
  • ホールコーン・・3g
  • さやいんげん・・3g
  • 人参・・・・・・5g
  • 有塩バター・・・1g 
  • ご飯・・・・・・160g
 
これも同じく材料は全て小学生一人分の分量ですので、これは目安として適当に人数分増やしてみてください。(具材が少なすぎると作りにくくなります)
 

下準備(野菜を切るなど)

  • にんにく・・・・みじん切り
  • ベーコン・・・・1センチ角
  • 玉ねぎ・・・・・1センチ角
  • ウインナー・・・小口切り
  • さやいんげん・・小口切り
  • 人参・・・・・・1センチ角
さやいんげんの色を鮮やかに残し長持ちさせたい場合には、カット後に15秒程度下茹でしておくことで、色を鮮やかに長持ちさせることができます。
 

作り方

① 肉を炒める
強火〜中火の火加減で油でにんにくを炒めます。
 
にんにくの良い香りがしてきたらベーコンウインナーを加え、こしょう全量とも少し上から振りましょう。
 
白ワインも全量加えて炒めます。
 
② 野菜を炒める
肉に火が入ったところで、人参玉ねぎを加えて炒めます。
 
ホールコーン、さやいんげんは最後の方に加えますが、もし「野菜の食感を残したくない」という場合にはこの時点で加えてしまってもOKです。
 
③ 調味料を加え煮詰める
野菜がお好みの硬さの一歩手前くらいになったところで醤油を全量加えます。
 
強火でひと煮立ちさせ、中火〜弱火で焦げに注意しながら煮詰めていきます。
 
 
※ これから調味料を煮詰めていくので、味が濃くなりすぎてしまうことが心配であれば加減して入れてください。
 
※ 調味料を入れる前に野菜に「好みの硬さの一歩手前」まで火を通すのは、濃い調味料を入れるとそれ以上野菜が柔らかくなりにくくなるためです。
 
④ 残りの野菜を入れ、味を整える
汁気が煮詰まってきたところで残りの野菜のホールコーンさやいんげんを加えて炒めます。
 
調味料を残している場合には味を調整してみてください。
 
⑤ バターを加え完成
最後に入れた野菜がお好みの感じに火が通ったら最後にバターを加えよく混ぜれば完成です。
 
この具はご飯と混ぜ合わせるので味が濃くても大丈夫です。
 
具が完成したらご飯と混ぜ合わせてピラフの出来上がりです。
 
 
保存用に多めに作った場合にはジップロックやラップで小分けにして冷凍保存しておくことで、食べたいときにチンして炊きたてのご飯と混ぜ合わせることで出来立てのピラフがいつでも手軽に楽しめます♪ヽ(^。^)ノ
 
カレー粉(小学生一人分0.5g程度)を入れることで『カレーピラフ』に、ケチャップ(小学生一人分15g程度)を入れることで『チキンライス』にアレンジすることもできます。
 
※ カレーピラフの場合にはウインナーやベーコンを挽肉等に、チキンライスの場合にはウインナーやベーコンを鶏もも肉等に、さやいんげんをマッシュルームやグリンピース等に変更することによりそれらしくなります。
 
 
設定-27 

今回は学校給食でも人気の高い『チャーハン&ピラフ』のレシピでした。
 
特に今の子供は単純な白飯よりも味の付いたご飯を好んでよく食べます。
 
この子供の「好き」「嫌い」に親が乗っかるのもどうなのか···、という意見もあるかと思いますが、逆にこれを利用し、小さく切った味付きの野菜を入れ込めば野菜嫌いの子供も食べてくれるでしょう。
 
そういう野菜嫌いの子供には野菜の食感をできるだけ残さないように柔らかく仕上げると良いかと思います。
 
 
現代は忙しいお母さんも多いと思いますが、単なる冷凍食品ではなく、こういった「具とご飯を分けて調理し食べるときにご飯と混ぜる」という、できるだけ出来立ての手料理という他の家庭とは違ったひと工夫を是非試してみてください!(^_-)-☆

 
 

  • 料理で心配な「食中毒予防対策」
  • 加えるだけでプロの味になる「こだわりの調味料」
についても興味のあるお母さんはこの後も是非読み進めてみてください↓↓(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

専門家おすすめ給食レシピ本

 

クックパットをよく利用される方

クックパットをよく参考にされている方へ、有料版のクックパット殿堂入りレシピが『dグルメで今なら31日間無料で見放題です。
 
登録すれば他にも、食べログ有料版のレストランランキング、有料の食べログやランチパスポートのクーポンも31日間無料で利用可能なので、クックパットをよく見る方にはおすすめです。
 
 
 通常月額400円のサービスなので、無料で楽しみたい方は31日間の無料期間中に解約してください。
 

元給食調理員おすすめ!【こどもの食育は「箸」から】

recipe-1
 
食育はまずは「箸」を持つところから始まります。
 
子供の入園、卒園、お誕生日などのお祝いとして、子供の名前入りの箸をプレゼントしてみましょう!ヽ(^o^)丿
 
こども箸』では名前はもちろん、クラス名や日付、メッセージなども入れることができるので友達とお揃いでの記念品としておすすめです。
 
小学校の給食でも使えるし1膳648円という安さなので例えば、進級する毎に子供の新しいクラス名と共にこの1年の目標などを入れてプレゼントしたり···なんて計画も面白いですね!
 
他にも結婚式の席礼として、学校のサークルや会社の記念品として「おとな箸」もあります。
 
 

元給食調理員おすすめ!【食中毒予防】

温度

学校給食では全ての食材に火を通すことによって食中毒予防をしています。料理の最終完成時に中心温度計で温度を確認します。
 
確認する温度とは、
  • 中心温度75度以上1分以上の加熱でO-157を死滅。
  • 中心温度90度以上90秒以上の加熱でノロウイルスを死滅。
 
食中毒の予防には手洗いや除菌など色々対策がありますが、温度確認がまさに、食中毒予防の最後の砦です。
 
学校給食調理現場で使っているものと同じ中心温度計がこちら↓↓
 
 
中心温度計にも色々な商品がありますが、この温度計は他の“ゆっくりと徐々に”数字が上昇するタイプの温度計と違い、刺した瞬間にその温度まで一気に数字が上昇する”のが特徴なので、待つことなく一瞬で現在の温度が計測できすごく便利なのでおすすめです。
 
 
固形の食材には一番厚みのある部分に挿し、スープ系には一度かき混ぜ全体の温度を均一にしてから液体の中に挿し、別々で調理して後から混ぜ合わせるだけといった料理には最終火入れの段階でそれぞれに挿して計測します。
 
 
ノロウイルスは貝類に多いんですが、寒い季節には不安であれば、全ての食材にノロウイルス死滅基準の中心温度90度以上90秒以上の加熱で温度確認をすることをおすすめします。
 

アルコール除菌

recipe-7
 
調理器具、水道の蛇口やトイレのドアノブなど、食品以外のノロウイルス等の食中毒予防におすすめなのがこの『ケイブランシュ』。
 
“アルコール消毒はノロウイルスには効き目が薄い”ということで、学校の給食室でも次亜塩素酸ナトリウムを消毒殺菌用に頻繁に使用していますが、危険な塩素系の漂白剤じゃなくても安全な「アルコール」でノロウイルスを除去することができるというのがこの、キューピーのケイブランシュです。
 
タマゴの成分とアルコールと水という、食品由来の成分から作られているので、口に入るものにも安心して使えます。
 
調理器具やキッチン周りの消毒で、塩素系の消毒液に抵抗のある方は一度試してみてください!
 
 
 
元学校給食調理員の私の経験から、食中毒予防に関して他にも詳しく解説した記事がありますので、気になるものがあれば参考にしてみてください↓↓
 

元給食調理員おすすめ!【こだわりの調味料】

 
代えるだけで料理に深みが出る「本物」の調味料
  • 味醂
  • ブイヨン
  • 和風だし
  • オリーブオイル
についての紹介です。
 

味醂

recipe-8
 
皆さんがよくスーパーで¥198とかで買っている味醂は実は本物の味醂ではない”というのをご存知ですか?
 
キッチンにある味醂のラベルを見てみてください。そこには味醂風調味料」と書いてあるのではないでしょうか。
 
“風”というのは、要するに“味醂のようなもの”ということで、本物の味醂ではありません。
 
味醂風調味料の3〜5倍くらいの値段がしますが、是非本物の味醂『九重味醂』を一度使ってみてください。
 
 
僕の家庭でも妻がこの九重味醂を使って料理していますが、一度食べたら忘れられない美味しさです(゜o゜)!
 
「何が違うのか」というのは一言で言うのは難しいんですが、全然違う」としか言えません(笑)。是非試しに1本買って舐めてみてください。
 
「全然違うわ!」と言うはずです!
 
 
 
ちなみに、こういう本物の味醂は高級スーパーの成城石井なんかでよく売られています。成城石井では『三河みりん』を取り扱っています。(←これも本物の味醂で美味いです)
 
近くにこういう高級スーパーがない場合には成城石井のオンラインショップ(オンラインショップでも三河みりんが買えます)も利用してみてください。
 

ブイヨン

recipe-5
 
学校の給食では野菜クズや鶏ガラなどを煮込んでブイヨンをイチから手作りするので、それが学校給食の美味しさの秘密でもありますが、家庭では時間がなくてなかなかそこまではできないでしょう。
 
そんな「こだわりたいけど時間がない!」というお母さんには、化学調味料不使用で国産の無添加野菜7種から作られた野菜ブイヨン』がおすすめです。
 
化学調味料の類は一切入ってないので子供にも安心して食べさせられます。
 
人気のお料理ブロガーさんたちも「本物だ!」ということで皆さん紹介されているようで、今話題の商品だそうです。
 
 

和風だし

recipe-4
 
ブイヨンと同じく、和風だしもなかなか作っている暇がないというお母さんへは、こちらも7種類の国産素材から作られた2009年モンドセレクション受賞の老舗のお茶屋さんが作っている『お茶屋の旨味だしがおすすめです。
 
この『お茶屋の旨味だし』ならこんなアレンジも↓↓
 
recipe-6
 
こちらも「こだわりたいけど時間がない!」というお母さんには本物”がおすすめです!
 
 

オリーブオイル

recipe-2
 
だしや味醂と同じく、オリーブオイルも良いものを使うだけで料理の味の深みが増し、まるで「昔料理人だったんですか?」と言われるような味を出すことができます。
 
そんなオリーブオイルとしておすすめなのが、EUの食品安全基準(日本で言う「特定保健用食品」)をクリアした美味しくて健康に良いエキストラバージンオリーブオイルの『オリーブハート』です。
 
こちらの商品は希少ということで、500円の会員にならなければ買うことができません。(一度会員になれば年会費などは不要)
入会後は5%OFFで3本から送料無料で購入することができます。
 
この商品は更にちょっとクセのある特徴があって···、春夏秋冬と、その時期にしか採れない果実をその都度使って作るため、春なら○○オリーブオイル、冬なら△△オリーブオイルといったように、その季節にしか買うことができません。
 
詳しくは公式サイトで↓↓
 

キッチン雑貨

recipe-3
 
これは調味料ではありませんが、ヨーロッパでは本物のフライパン”という地位を確立しているドイツ製の『ruhru (ルール)』というフライパンを、本物志向のお母さんに、最後におすすめします。
 
「焦げ付きにくい」とか「耐久性が優れている」とか「お手入れ簡単」というのは勿論ですが、この製品は10年保証というのが最大の特徴です。
 
  • 10年間無料修理
  • 10年間は何度でも5,000円で新品と交換
 
他にもドイツ製のお洒落なキッチン雑貨が揃っているので一度覗いてみてください↓↓
 
 

その他公開中の給食人気メニューレシピ

 
他にも給食人気メニューランキングで登場する学校給食メニューは今後もレシピを公開していく予定ですのでお楽しみに!
 

現在公開中の給食人気メニューレシピはこちら↓

★公開中のレシピ♪
 人気給食メニューランキング
【メイン系】給食レシピ
 カレーライス

 カレーやシチューで使うルウ
 ドライカレー
 チャーハン&ピラフ
 豚キムチ丼
 ▸ 中華丼
 肉じゃが

  鶏肉のチリソース
 ネギダレ唐揚げ
 鶏唐揚げみぞれだれ
 鶏肉の南蛮漬け
【サイド系】給食レシピ
 タンドリーチキン

【サラダ系】給食レシピ
 サラダのドレッシング

【スープ系】給食レシピ
【デザート系】給食レシピ
 キャラメルポテト

設定-15

おすすめ記事 & 関連記事

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/ジブンディレクター/食育·飲食店·働き方評論家。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。