お笑い芸人の夢をバカにしたことを謝りたい。そして日本のクソ教育からの卒業おめでとう!

owarai-1







 
こんにちは。妻が大好きで妻が趣味のテルオ(@undoteruo)です。
 
 
元学校給食調理員の僕は現在、仕事を辞めてブログで飯を食うためブロガーとして毎日過ごしています。
 
そして以前から副業としてやっていたアルバイトを今でも続けています。(バイトリーダー様)
 
実はバイト先には仕事を辞めたことは内緒にしています。
 
別に言ってもいいんですが、「恥ずかしい」との若干の思いと、「色々聞かれるのが面倒だから」というのもあります。
 
 
 
バイトの先輩が卒業するのでその記念品を買うから500円よこせ
とのメールに腹が立って書いた記事です。
 
ちなみに、まだ500円は払わずに粘っていますが、いつまで圧力に耐えられるかは分かりません(笑)。
 
 
今日は、たまたま知ったその卒業生の夢を僕は意図せずバカにした格好になってしまったので、その謝罪に加え、34歳で「人に雇われずに自分で稼ごう!」と決意した僕が、夢を持つことは夢を持たずに何となく就職する人よりも100倍素晴らしい人生だということを、このブログ内でこっそり話します。
 
このブログの存在もバイト先の人間には話していないので、たぶんその卒業生には伝わりません。(完全な自己満足記事です)
 




たまたま知った新卒女性の「お笑い芸人」という夢

 
僕のバイト先の今年の卒業生は2人です。女性が2人。
 
その内の1人とたまたま出勤日が重なりました。
 
他にも数人のバイトが周りにいました。
 
そういえばこの子例の卒業生だったな・・・と思い出しました。
 
僕は何気なくその子に聞きました。
 
「○○さんは卒業したらどこで働くの?就職決まってるんでしょ?
 
「えぇ・・・まぁ・・・」
 
 
何か言いにくそうにしているので、
 
「まさかお笑い芸人とか!?」
 
と冗談を言ったんですが、
 
「えっ!?・・いや・・そのぉ・・・」
 
 
まさかの図星
 
 
 
まだバイトでも仲の良い数人にしか話していないようで、すごく恥ずかしそうにしていました。
 
 
なんてこった・・
 

言い訳と謝罪

 
なんてこった・・というのは、
 
まだ人には話していないことを何人もの人の前で僕が言い当ててしまい恥ずかしい思いをさせてしまったということと、
 
笑いを取るための道具として「お笑い芸人」というものを下に位置付けてネタとしてその人に使ってしまったことです。
 
 
一つ言い訳をさせてもらえば、その女の子に対する僕の印象は、「お笑い芸人」なんてものを夢見ているとは全く感じていませんでした。
 
就職先として、何かの「研究員」的なものが似合う女の子だなという印象でした。
 
なので、その対極にある「お笑い芸人」というものをネタに使ったんです。
 
もし「お笑い」的な要素を僕がその子に対して感じていれば「国家公務員?小池塾?」とか言ったのかもしれません。
 
 
 

僕は元々、実はM-1に応募したこともあるし(結局出場せず)、放送作家というものを甘噛みしていたこともあるくらいなんで、お笑いというものをバカになど全くしていません。

◆関連記事:放送作家になるために僕がしたことの全て。才能無くても稼げるたった1つの能力とは!?

 
 
明日死ぬかもしれないんだから就職なんてしないでやりたいことをやるべきだ
 
 
という考え方です。僕は基本的に。
 
 
まず、その誤解を解きたいという思いと、お笑い芸人という夢をバカにした言い方をしてしまったことを謝りたい。
 
その時の怒りと恥ずかしさを思うと、本当に申し訳なかったと謝りたいです。
 

スポンサーリンク

でも恥ずかしがってちゃ上手くいかないと思うよ

 
でも恥ずかしがってどうすんの?
 
 
謝罪したばかりで申し訳ないんですが、早速批判させてもらいますね(笑)。
 
 
僕がもしその子の立場だったら、「まさかお笑い芸人とか!?」に対して面白く切り返せなかったことを悔しくおもうと思います。(もしかしたら密かに悔しく夜な夜な涙していたかもしれませんが)
 
 
お笑いを目指すのであれば、全てのことを笑いに変えるくらいの意気込みが必要です。
 
僕も若い頃はお笑いを目指していました。常に人を笑わせたいと、鉄板のスベらない話やネタを幾つか常に用意していました。
 
毎朝出勤すれば、まず一発かまして笑いを取ることを一番に考えていました。
 
笑いにも色々スタイルがあるとは思いますが、基本はこれです。
 
 
そして僕は、実の父親の自殺の時のエピソードもネタに使ったくらいです。
 
 
 
あっ、そうなんです。
 
僕の父は自死を遂げました。
笑ってやってください\(^o^)/
 
 
これは数人にしか話したことありませんが、結局誰も笑ってくれませんでした。
 
葬式から帰ってきてすぐにネタとして話したので、わずか数日前のエピソードでした。
 
 
笑えるはずありませんよね
 
 

この父親の自殺エピソードのことはいつかブログで書きたいなと思って、いいタイミングを見計らっている段階です。

書きました⇓
◆関連記事:僕の父親が自殺した。命日は忘れた。①「排気ガス(一酸化炭素中毒)」

 
 
そこまでしろとは言いませんが、
 
ちょっと、笑い、ナメてんの?
 
とは言いたくなります。
 
 
 
彼女が自分のお笑い芸人の夢を話していたという数少ないであろうバイトから、逆に僕が聞かれました。
 
「テルオさん。彼女のお笑い芸人の話し、どう思います?」
 
 
いや、全然わからんよ・・・(笑)
 
 
僕は彼女とはあまり話したことないんで、彼女の笑いの能力に関して全く知りません。っていうか、そんな夢があるなんて、知った今でもちょっと信じられないくらいです。
 
でも、将来売れる芸人なんて、普段はそんなものなのかもしれません。
 
能ある鷹は爪を隠す。
 
 
彼女はとっても可愛いお顔をしているので、もしかしたらそっち方面でも需要はあるかもしれません。いや、あるでしょう。
 
 
芸人なのに可愛い
 
 
本人がそういう売れ方も受け入れられるのかどうかは分かりませんが
 
 
ダウンタウンのように天才で、しかも可愛いとなれば、もう最強でしょう。
 
もしかしたら彼女は、日本で最初の「女で可愛い天才芸人」としてこれから一時代を築いていく存在になるのかもしれません。
 
 
その時は僕も寄生して儲けさせてもらいますね!(笑)
 

夢を持つことができた人間はそれだけで他人より100倍価値のある人生を歩むことになる

 
まず言っておきたいのは、
 
人間はいつ死ぬかわからない
 
ということです。
 
 
人間いつ事件事故に巻き込まれて命を落とすか分かりませんし、日本は地震大国です。
 
僕も実家が福島にあるので、あの原発が爆発したニュース映像を東京で見た時には
 
もう終わった・・親も、友人も、みんな死ぬ・・
 
そう思いました。
 
 
福島の友人に後で聞いた話では、車で走行中に地震が発生し、後ろから迫ってくる地面の亀裂から車で必死に逃げたそうです。
 
岩手に実家がある東京の友人の話では、津波が去った後の信号機にいくつもの死体が引っかかっていたそうです。
 

こんなことが、今日にでもまた起こる可能性があるのが日本です。

◆関連記事:3.11東日本大震災から6年 福島県民が僕は嫌い。震災が被災地に住み続ける僕の母親を犯罪者にした。 

 
そんな世界にあって、

「仕事は3年我慢しろ」とか、会社に指示されることをひたすらこなす」といった無駄なことをしている暇はないのです。

持論ですが、これからの働き方は「好きなことしか仕事にできない」時代がやってきます。

◆関連記事:AI化で『好きなことを仕事にする』しかできない時代がやってくる。結論、遊ぶしかない

 
 
無駄な人生を歩もうとしている人間を尻目に、就職せず夢へ突き進む。
 
 
なんて素晴らしい決断でしょう。
 
 
お笑い芸人という夢をバカにする人間がいたら僕に言ってね。そんな奴らぶった切ってやるから。(このブログの存在は知られてないので自己満です)
 




テルオ的まとめ

 
今日は、お笑い芸人の夢をバカにしているとの誤解を解きたくて、謝罪と応援する気持ちで書きました。(自己満)
 
この応援する気持ちは、他の人間がカネだけ払って ❝やった気❞ になっている強制徴収の500円よりはるかに価値のあるものだと自負しております。
 
なので、500円は払いません!
 
 
 
卒業おめでとう
 
 
そして、夢へと突き進む少数派の人生の勝ち組の決断。おめでとう!
 
 
 









好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます


会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。
 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」
誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです。
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから




ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー・ジブンディレクター。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。