ノロウイルスに次亜塩素酸の使いすぎは危険!アルコール消毒での対策が安全!

norovirus-taisaku-2-1
 
こんにちは。学校給食調理員として現役当時、次亜塩素酸による消毒を行いまくっていた雲藤テルオ(@undoteruo)です。
 
 
ノロウイルスにはアルコールでは効果が無く、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)による消毒が最も効果的である。
 
 
ということで、家庭は勿論、学校等の集団調理の現場でも主にノロウイルス対策として次亜塩素酸による消毒を行っています。
 
実は、安全なアルコールでもノロウイルスに効果のある商品をキューピーが密かに販売していますので、気になる方はこちらの記事を参考に↓↓
安心安全を気にされる方にはめっちゃおすすめです!
 
さて今回は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の何がそんなに危険なのか、仕事で毎日次亜塩素酸で消毒を行っていた僕が、ガッツリその危険性を解説します。
 




次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)について

 
次亜塩素酸ナトリウム
化学式:NaClO
 
 
次亜塩素酸ナトリウムは水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を通じて得られる物質です。
 
特異な臭気があり、プールや水道水の殺菌に用いられ、酸化作用、漂白作用、殺菌作用があります。
 
強い酸化力を持つため、金属に使用すると錆が発生しやすく、「混ぜるな危険」など、他の洗剤と混ぜると塩素ガスが発生するため取り扱いには注意が必要です。
 
塩素化合物は一般的な発がん性物質と同じく、高濃度で吸入、経口摂取すると危険なため、使用する場合は換気を良くしたりゴム手袋を着用する等の対応が必要です。
 
 
 
次亜塩素酸ナトリウムは時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム(食塩)に変化していくという特徴があります。
 
次亜塩素酸ナトリウムの化学式は『NaClO』で、食塩『NaCl』に酸素原子が一つ加わった構造です。
 
そのため、次亜塩素酸は酸素原子を放出し有機物を直ちに酸化させ、自身は単なる食塩になろうとします。
 
この反応が次亜塩素酸ナトリウムの消毒·漂白の効果であり、国が「濃度を守れば安全」と言って『食品添加物』として食品に用いることを許可している根拠になっています。
 
 
 
食品添加物はパッケージに表記する義務がありますが、次亜塩素酸ナトリウム水溶液に浸けたカット野菜や果物は消毒した後に水で洗浄するため、パッケージに表示しなくてもよいとされています。
 
というか、厚生労働省では食品の最終完成前までに分解または除去しなければいけない」というのが次亜塩素酸を食品に使用する場合の条件としているため、商品の成分表示に次亜塩素酸ナトリウムと記載があるのはおかしいということになります。
 
 
 
次亜塩素酸ナトリウムは日本国内において食品添加物に指定されている漂白剤、殺菌剤の一つです。
 
しかし、次亜塩素酸ナトリウムを使用することができる食品は食品衛生法によって明確に定められていることを厚生労働省がこのように公開しています。
食品衛生法に基づく使用基準(次亜塩素酸ナトリウムを使用することのできる食品)
 
・ 生食用野菜
・ かんきつ類(菓子製造に用いるものに限る)
・ さくらんぼ
・ ぶどう
・ 桃
・ 卵類
・ ふき
食品衛生法では、これら以外の食品に次亜塩素酸ナトリウムを使用してはいけないとされています。
 
これらの食品に使用する場合にも注意事項があります。
・ 表面の殻や皮部分への使用に限る。
・ 浸漬液1kgにつき0.5g以下に薄めて使用すること。
・ 食品の最終完成品になる前までに分解または除去しなければいけない。
 
それでは、これらの基本情報を踏まえた上で、僕が何故次亜塩素酸ナトリウムは危険」と考えているのか、詳しく解説していきます。
 




次亜塩素酸の危険性

 
僕が「次亜塩素酸ナトリウムは危険」と考えている理由は主に次の3点にあります。
 
  1. 原液の取り扱い
  2. 使用濃度
  3. 食べ合わせ
 
「国を信用できない」という、非科学的で僕の知識では証明のしようもない話は今回は置いておきまして、食品衛生法に照らし合わせて、仕事で毎日次亜塩素酸を使用していた経験から、専門知識の無い人間でも推測できる危険な点を解説します。
 

次亜塩素酸の危険性①『原液の取り扱い』

 
次亜塩素酸ナトリウムの原液の取り扱いには次のような危険があります。
 
  • 塩素化合物は発がん性物質なので高濃度で吸入経口摂取すると危険
  • 他の洗剤等と混ぜ合わせると塩素ガス発生の危険
 
次亜塩素酸は食品やその他の消毒に使う場合には薄めて使用するものですが、原液を人間が取り扱うこと自体が危険です。
 
原液が目に入れば失明の可用性があり、原液をそのまま飲んでしまえば最悪の場合、死に至る危険もあります。
 
 
 
消毒というものを多用する家庭とは、小さな子供がいる家庭が多いと思います。
 
自分だけならばそんな次亜塩素酸を使った消毒なんて必要ないと思っている人でも、最近はノロウイルスによる食中毒が頻繁に発生し世間を騒がせていますから、子供を食中毒から守るために消毒をする家庭が増えています。
 
小さな子供がいる家庭こそ、次亜塩素酸の取り扱いには細心の注意を払わなくてはいけません。
 
 
 
僕も子供の頃興味本位でやろうとしたことがありますが、塩素と他の「混ぜるな危険」の洗剤を混ぜ合わせたりすれば、塩素ガスが発生して危険です。
 
子供は興味本位でこういうことをやりたがります。
 
興味本位ということではなくても、大人でも何らかの間違いを起こす可能性だってあるでしょう。
 
僕も学校の給食室で働いていた時に次亜塩素酸の原液が目に入ってしまい、すぐに病院に行って目を洗浄してもらったことがありました。
 
大人でもこういう危険があります。
 

次亜塩素酸の危険性②『濃度の問題』

 
次亜塩素酸ナトリウムを食品やその他の消毒に使用する場合には原液を薄めて使用しなければ危険なので、次のような基準が食品衛生法によって定められています。
・ 食品の浸漬液1kgにつき0.5g以外に薄めて使用すること
・ 食品の最終完成品前までに分解または除去すること
・ (おう吐物の付着した衣類などは1000ppmに希釈すること)
・ (食器やドアの取っ手等の消毒には200ppmに希釈すること)
・ (食品に直接使用する場合は100〜200ppmに希釈すること)
次亜塩素酸は酸素原子を放出し有機物を直ちに酸化させ、自身は単なる食塩になろうとします。
 
要するに、
基準通りに使用すれば、万が一次亜塩素酸水溶液を体内に取り込んでしまっても、瞬時に塩になる
ということです。
 
 
そこで、この「濃度」での危険性とは、
 
適切な濃度を毎回きちんと守ることが困難
 
という点にあります。
 
 
 
今回は次亜塩素酸の危険性についての話なので詳細は省きますが、次亜塩素酸を適切な濃度に薄めるための計算式があります。
使う原液の量(ml) = 作りたい水溶液の量(ml) ÷ (原液濃度(ppm) ÷ 作りたい濃度(ppm))
 
生食食品やその他の消毒に次亜塩素酸を使用する場合の濃度の計算方法についてはこちらの記事でガッツリ解説中です↓↓
 
ちなみに、厚生労働省ではある程度一般的な商品の濃度別に、作る溶液の全体量に対する原液の量の目安も教えてくれています。
 
norovirus-taisaku-2-2
 
 
この計算を用いたり原液の量を表にして毎回計って希釈を行っていればいいですが、通常多くの飲食店では、最初の一度だけ計算をし、その後は最初の“記憶”に基づいて次亜塩素酸水溶液を作ります。
またはペットボトル等にマジックで印をつけるなどして作ります。
 
通常、飲食店やその他の大きな調理施設では、毎回計算するなどといった面倒なことはしません。
 
 
そして、そのマジックの印は日が経つに連れて薄れ、また新人、そのまた次の新人は“噂”に基づいて作ることになります。
 
 
「なんか、このくらいらしいよ〜…」
 
 
そして、人間というのは何故か、徐々に原液を多く入れたがります。
 
 
「迷ったら多めに入れとけば安心だよね〜…」
 
 
こうして次亜塩素酸の濃度は“人による”(基本濃いめ)ということになっていきます。
 
 
そして忘れた頃に度々ニュースになる清掃用の塩素を間違えて客に提供”ということが起こるわけですね。
 
 
 
要するに、「薄める」という作業は人間の手で行うため間違いが起こりやすいということなんです。
 

次亜塩素酸の危険性③『食べ合わせの問題』

 
食品に使われる次亜塩素酸ナトリウムの濃度は100〜200ppmという濃度まで薄めて使用するという基準になっています。
 
学校給食でも、次亜塩素酸を使用することのできる「さくらんぼ」や「ぶどう」については次亜塩素酸水溶液に浸してその後水で洗浄し提供しています。
 
「表面の殻や皮部分への使用に限る」という基準通りなので問題ないわけですが、例えば果物の皮に傷がある場合は内部に次亜塩素酸が侵入し、その後表面を水で洗い流しても次亜塩素酸は残ってしまうでしょう
 
しかし「次亜塩素酸は体内に取り込むと瞬時に食塩になる」という性質であることから、万が一果物の内部に次亜塩素酸が残ったまま食べてしまったとしても、ただの塩になるので問題はないとされています。
 
 
 
このことを踏まえまして、ここからは僕の推測の話になってしまいますが、食べ合わせの問題」というものを指摘しておきたいと思います。
 
次亜塩素酸を使用することのできる食品は
・ 生食用野菜
・ かんきつ類(菓子製造に用いるものに限る)
・ さくらんぼ
・ ぶどう
・ 桃
・ 卵類
・ ふき
なわけですが、
 
何故これらの食品には使用できるのか?
 
これ以外の食品に使用した場合どうなるのか?
 
については僕も含め、一般人には専門知識が無いので分からないわけです。
 
 
 
そこで、例えば皮に傷があって次亜塩素酸が果肉に残ってしまった「さくらんぼ」と、「次亜塩素酸使用不可の食品」とを一緒に食べた場合、一体どうなるのでしょうか。
 
危険ではないのでしょうか。
 
 
ちょっと違う話になりますが、日本では「お茶っ葉」にはちょっと強めの農薬を使用することが国で認められています。
 
何故そんなものが認められているのかというと、お茶っ葉はお湯で薄めて飲むので農薬も薄まっているから人体には影響しない」というのが理由です。
 
要するに、お茶っ葉なんて普通の人は直接食べないから大丈夫っしょ」ってことなんです。
 
お茶っ葉って、食べる人もいますよね?
 
 
「国を信用できない」なんて非科学的なことは言いたくはないんですが、そういうこともあるので、専門知識を持っていない僕としては食べ合わせの問題はどうなんですか?」という疑問は解決できないわけです。
 
だって普通に考えれば、次亜塩素酸使用不可の食品に使用した場合には何らかの“好ましくない事態”が発生するから、使用できる食品が明確に決められているわけですよね?
 
であるならば…..
 
 
という話です。
 
 
 
では、次亜塩素酸が危険というならば、ノロウイルスやインフルエンザ、その他のウイルスや菌の消毒はどうすればいいのか。
 

食品の消毒には、ノロウイルスの流行る冬場の生食はできるだけ避け、危険な次亜塩素酸ではなく『食品の加熱』による消毒をおすすめします。
詳しくはこちらの記事を参考に↓↓
 
食品以外の消毒には、安全にノロウイルスも除去できるキューピーのアルコール消毒液『K Blanche(ケイブランシュ)』で解決できます!
 

ノロウイルス対策で使用す消毒液は「アルコール」で!

 
ノロウイルスにはアルコールでは効果が無いので次亜塩素酸による消毒しかない
 
 
これはノロウイルス対策としてもはや常識となっていますよね。
 
「塩素は本当は使いたくないんだけど…」という方でも次亜塩素酸しか方法がないので「仕方ないよな…という感じで、特にノロウイルスが流行る冬場には毎日次亜塩素酸による消毒を多くの家庭でも行っていると思います。
 
しかし、僕に言われるまでもなく、使わなくて済むのならば本当は危険な次亜塩素酸は使いたくない!」と思っている方が多いですよね?
 
 
そこで、
 
危険な次亜塩素酸ではなく、安全なアルコールによりノロウイルスを除去することのできる商品を、密かにキューピーが販売していることをご存知でしょうか?
 
それがこの『K Blanche(ケイブランシュ)』というものです。
 
norovirus-taisaku-1-25
ノロウイルスなどアルコールに強いウイルスも除去できる
タマゴから作っているので口に入っても安全
吹きかけて5秒で99.9%のウイルス·細菌を除去できる
スプレー後水洗い不要
スタイリッシュなボトルデザイン
 
『ケイブランシュ』には主にこういう特徴がありますが、一番の特徴は
  • アルコールなのにノロウイルスも除去できる
  • 100%食品由来なので口に入っても安全
 
次亜塩素酸のように危険な原液を薄めて濃度を気にする必要もなく、万が一肌に触れたり口に入ってしまっても100%食品由来の消毒液なので人体に害は無く安全です。
 
詳しい内容はこちらの記事を参考に↓↓




テルオのまとめ

まとめ-2
 
次亜塩素酸ナトリウムの危険性をまとめると
塩素化合物は発がん性物質なので高濃度で吸入·経口摂取すると危険
他の洗剤等と混ぜ合わせると塩素ガス発生の危険
適切な濃度を毎回きちんと守ることが困難(他人と自分を信用する危険)
次亜塩素酸使用不可の食品との食べ合わせの危険性
この4点にあります。
 
4番目に関しては僕の推測の域ですが、こういう“疑い”を持たれるだけでその使用に不安を抱く原因になってしまいます。
 
ただ、僕が言いたいことはシンプルに
 
 
危険なものを使わなくていい方法があるのであれば使わないに越したことはない
 
 
というシンプルな話なんです。
 
幸運なことに私達には、キューピーさんの次亜塩素酸よりも安心安全なアルコール消毒液『ケイブランシュ(←キューピー公式サイトはこちらから)という選択肢があります。
詳しい内容の記事はこちら↓↓
◆関連記事:ノロウイルスにはアルコールが効果あり!危険な次亜塩素酸よりも安全な対策予防を!

『ケイブランシュ』を僕が実際に使ってみた感想はこちら↓↓
◆関連記事:噂のアルコール除菌スプレー『ケイブランシュ』ボトル裏面公開!使ってみた感想。
 
食中毒予防の専門家、元学校給食調理員は次亜塩素酸よりも安心安全なアルコール消毒を強くおすすめします。
 
 
食中毒予防対策に関連する記事をまとめましたので、こちらも参考にしてみてください↓↓

設定-15

おすすめ記事 & 関連記事

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/ジブンディレクター/食育·飲食店·働き方評論家。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。