「妻が趣味」と言えるくらい妻を愛そうじゃないか!

My hobby

 

僕の妻たんは人間の本質を見抜く目を持っています。なんか直感的に。
「なんかこの人嫌い」と妻たんが言った芸能人は大体逮捕されるか不祥事を起こしてます

 

妻たんが好きで毎日食べているピーナッツ

あれ多分、悪魔の実だと思う

死神と何らかの取引しているのではないかと思わずにはいられない

 

こんばんは。テルオ(@undoteruo)です。

理由とか無いけど、何となく嫌い!って人いますよね。
まず第一印象は顔ですね。まず顔で判断します。きれいごと抜きで、まず顔です。

僕が苦手としている顔は、縦長の顔とアゴが鋭い人とアゴが無い人です。男女関係なく苦手な顔です。
テルオは何故かアゴに特徴のある顔に敏感です。前世が影響してるのかも。

顔とか関係無しに直感的に「この人苦手!」と思う時もありますよね。でもこれらはあくまで “自分にとっての苦手” ですが、妻たんの場合は度を超えています。妻たんが「なんか嫌い」と言った人は大体何かしら問題を起こすんです。
こんな妻たんの直感を僕も信じて頼りにしています。

今日はこんな妻たんの自慢から入ってみました。

○○ちゃんの旦那の趣味って○○ちゃんだよね!

僕のことを、妻たんはよく友達に話すそうです。ある時その友達にこんなことを言われたそうです。

「○○ちゃんの旦那の趣味って、○○ちゃんだよね!」

○○ちゃんとは僕の妻のこと。旦那ってのは何を隠そう、勿論の僕のことです。

「確かに⋅⋅⋅趣味だわ⋅⋅⋅」
こう僕も思って、プロフィールに「趣味妻たん」て書いたわけです(笑)。

 

妻たん
趣味が私だって?いい趣味持ったな

テルオ
一生ついていくからね妻たん❤

妻たん
趣味ならたんまりカネ使わんとな!
しっかり稼げよデブ!

 

「趣味妻たん」と言われたワケ

いったい、妻たんは僕のどんな話を友達にしているのか聞いてみました。

 

妻のダンス発表会を見ての感想を妻たんが用意している話

僕の妻たんの「ダンス命」はもう何度かどこかで話していると思いますが、「毎日ダンスやらないと死んでしまう!」って言うくらいダンスが好きなんですね。

そして、そんな妻たんがたまにダンスの舞台に出ることがあるんです。
勿論僕も見に行くわけですが、僕がダンスを見終わった後に発する感想の言葉を妻たんは “事前に用意する” んです。

どういうことかというと、妻たんは「ダメ出しなんか必要ない!」「自分が下手なのは知ってるからただホメてほしいんだ!」と言うんです。
だから、妻たんが僕に言って欲しい言葉を事前に叩き込むというわけです(笑)。

 

スポンサーリンク

 

妻たん
ご主人が言う感想を今から教えるからちゃんとメモっといて!

テルオ
うん!

※「ご主人」とは、妻たんが「デブ」以外に呼ぶ時の僕の呼び名のこと。

妻たん
(私) 「どうだった!?」
(ご主人) 「すごくよかったよ!もう最高!」
(私) 「誰が一番良かった!?」
(ご主人) 「妻たんが一番良かったよ!」
(私) 「本当に!?」
(ご主人) 「本当に!一番素敵だった!」
(私) 「1回目と2回目どっちが良かった!?」
(ご主人) 「ん~⋅⋅⋅選べないな~!どっちも最高だった!!」
(私) 「やった~!ありがとう!❤」

ちゃんとメモったか?
“選べないな~!” がポイントね!

テルオ
メモったメモった!
でも、「1回目と2回目選べないな~」って⋅⋅⋅僕が行くの2回目だけだよね?

妻たん
細かいことは気にするな
その通り答えればいいんだよ!

テルオ
わかったOK!

妻たん
ダメ出しとかマジいらないからな!

 

「それでよく旦那怒らないね!」と言われるらしいですが。
この辺は楽しんで出来ちゃうんです。

なんたって、趣味だからね!

 

愚痴を聞く話

奥さんの愚痴を聞いてあげてる人ってどれくらいいますかね?

ぶっちゃけた話、僕も上の空なことありますが、大体聞いてます。
「よく愚痴なんて聞いてくれるね!」と言われるらしいんですが、みんな普通聞かないんですか?そういうもんなんですかね。

愚痴も面白いんだよね。妻たんの話。気になったキーワード書き留めながらメモ帳片手に聞いてますよ。

なんたって、趣味だからね!

 

洗濯物をたたむのとトイレットペーパー補充とゴミ出しが僕の仕事の話

僕は学校給食調理員の仕事をしてしていたんですが、その時にノロウィルスにかかり1ヶ月ほど仕事を休んだことがありました。その時から洗濯物をたたむのは僕の仕事になったんですね。

最初適当な感じでたたんでたんですが「可愛いリボンが表に見えるようにたたんで!」とか言われて、今ではたたみものは得意ですね。

ゴミ出しは出勤のため外に出るのが僕の方が早かったんで当然として、トイレットペーパー補充はいつからだったかな⋅⋅⋅忘れちゃいましたが、いつの間にか僕の仕事になってました。

僕も補充忘れちゃうことあるんですが、僕が忘れても妻たんは補充しません。芯のままになってます。いつまでも。
そして新しいトイレットペーパーが使いかけで転がってます(笑)
妻たんは決して補充しません。
良いんですよそれで。僕の仕事だからね。越権行為になるからね!
それも結構楽しんでいるので(笑)。

Mか!?
Mだね。

なんたって、趣味だからね!

 

駅まで迎えに行く話

奥さんの帰りが自分より遅い時に奥さんを駅まで迎えに行く人って、一体どれくらいいるんですかね?

僕も人に話すと結構驚かれるんですが、最初からやってるんで普通なんですよね。僕にとっては。

僕の駅は外からフェンス越しにホームが見える造りになってるんですが、妻たんはいつも同じ車両の同じドアから降りてくるんで、外からフェンス越しに笑顔で出迎えるんです。

異常ですか?(笑)

なんたって、趣味だからね!

 

白髪取り(毛づくろい)の話

妻たん結構白髪あるんで、最初は毛抜きでつまんで抜いてたんですが、「ハゲるから!」ということでハサミで切ることにしたんですね。何年か前から。
白髪染めも頭皮に負担だから僕のこの黄金の右腕が健在なうちは切ってあげることにしてるんです。

結構ハマっちゃうんですよねコレが!
場所によって毛の生え方の違いとかもあるんで以外と難しいんですよ。
光の射す方向とかも重要だし、ただ明るけりゃいいってもんでもないんですよ旦那!
明るすぎると白髪と黒髪の区別がつかないんですよ!

知ってた?

うまく自分の体で影を作ってあげるのがコツなんですよ旦那!
以外とハマるからやってみて!趣味になるから!

 

テルオ的まとめ

「趣味が妻」って面白い表現だなと思って、それを聞いた時から結構使わせてもらってます。

どうしても妻たんへの愛を語りたくてこんなことを書いてみたわけです。

これからもどんどん妻自慢やっていきたいと思います!

っていうかコレ⋅⋅⋅オレ自慢だね。

 

僕以上に妻を愛している人いるのかね?多分いないんじゃないかと思うんですが、しいてあげるならば⋅⋅⋅ダンカンくらいでしょうか。
その辺の話もそのうち書いてみようと思います。

さっそく書いてみました!

ダンカンの妻への深い愛が心に響いた話に深イイ!

2016.11.29

妻たん
たまにうっとうしいことあるから趣味も程々にな!

 

 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。

僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。

無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 


僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。
今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら→無料ダウンロード
自由な生き方について書いているだいぽんさんのブログはこちら→「僕は雇われずに生きていこうと思った」
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。