モテたい男が陥る「面白い人でも女性にモテない」4つの理由。恋愛に発展するための話が面白い人の作り方

motenai-omoshiroiotoko-1
 
こんにちは。「笑い」を武器に狙った女性と結婚することができた雲藤テルオ(@undoteruo)です。
 
 
プロフィールとかでも話していた気がしますが、僕は小学校の転校をキッカケにして自分の人見知りを自覚し、クラスでひとりぼっちは嫌なので「面白い話をすれば自然と人が集まってくる」ということで何とか人見知りと上手く付き合う術を小中学校時代に学んだわけです。
 
僕の人生、「笑い」というもので何とかここまで生き残り、「笑い」というもので素敵な女性と結婚することができました。
 
そして現在は「面白い人」が、好きな男性のタイプランキングで上位にランクインする時代になりました。
 
そういうこともあり、僕の周りにも自分の面白さをアピールして女の子にモテようとする男が増えてきたように感じます。
 
そういう男どもを日々見ている僕は、一言言っておきたくてたまらなくなってきました。
 
 
オマエら、「“女性にモテる”面白い人」というものを、勘違いしてるんじゃねーか?
 
 
ということで、『女性にモテるための面白い人というものを勘違いしている点』と、『女性に好かれる恋愛に発展する面白い人』についてガッツリ解説しちゃいます!
 
 
テレビで見る芸人の「面白い人」と、女の子にモテるための「面白い人」というのは、全く別モノです。
 




好きな男性のタイプ「面白い人」という時代

 
お笑いブームということもあり、好きな男性のタイプランキングでは「面白い人」というのが常に上位にランクインする時代を、今私達は生きています。
 
 
人見知りで「笑い」というものを駆使して何とか生きてきた僕のような人や、元々賑やかさだけはウリという人にとっては凄く良い時代ですね。
 
ただ、その女性が言う「面白い人」と、男性が思う「面白い人」というものには、“女の子にモテるため”ということでは根本的にレている部分があります。
 

「モテたい!」と願う男子が陥る「面白い人」の勘違い

 
元々面白い人はそのままでイケるのでとても良い時代ですが、「女の子にモテるためにバラエティー番組を参考にして面白い人になろうと頑張っている」という男性は、ちょっと“女の子にモテる面白さ”という意味を勘違いしている方が多くいます。
 
 
テレビで面白い芸人とは
 
 
男性芸人と女性芸人が絡んで笑いになる場面をよく見ますね。
 
このように、男性芸人の笑わせるターゲットは、視聴者になるわけです。
 
 
これをそっくりそのまま女の子にモテることを目的としてこっちの世界でやると
 
motenai-omoshiroiotoko-2
 
こういうことになります。
 
あなたのターゲットは女の子であるはずなのに、周りの友達を笑わせているだけ。
 
こういうことをしている男が結構多いんです。
 
 
ボケられたらツッコんで…
 
イジられたらノッて…
 
こういうことでその男を「面白くて好き!」と思う女性は、ほぼいません。
 




「女性にモテない」系の面白い男とは?

 
僕が「女性にモテるための面白い人」を勘違いして実践していると日々感じる点は主に次の4点です。
 
  1. 己の面白さを「アピール」する男
  2. いちいち「オチ」を求める男
  3. 女性に「ボケる」男
  4. 女性を「イジる」男
 
“女の子にモテる”という意味においては、この4点は最悪です。
 
 
これらはもしかしたら関西の女性には通用するのかもしれませんが、それ以外の女性には僕の経験上、ほぼ通用しません。
 
そして僕の経験上、男ウケはいいかもしれませんが、女性にはモテません。
 

① 己の面白さを「アピール」する男はモテない

 
己の面白さをただただアピールするだけの男は、女性にはモテません。
 
 
「オレって面白いでしょ!?」
 
こういうことを一生懸命女の子にアピールしている系男子を電車なんかでもよく見かけますが、僕としては見ていられなくなり車両を移りたくなるレベルです。
 
女性の顔をよく見ればわかりますが、完全に飽きています。
 
冷静に見ればそれが分かるはずですが、自分の(大して面白くもない)面白さをアピールしている男はこれには気付かないようです。
 
 
更にこういう男は自分に酔ってしまい、己の“笑いの厳しさ”というものもアピールしがちです。
 
勿論これも女性にはモテません。
 
 
「テレビを見ていちいち芸人にダメ出しをする」といったものがその典型的な例です。
 
ダメ出しはあくまでダメ出しなのであって、ダメ出しは全然面白くありません。
 
 
また、こういう男は、その女性の笑いの好みも無視しがちです。
 
もし「彼女がそのテレビの芸人のファンだったら…」とかは考えていないでしょう。
 
 
僕がよくやる手は、その芸人をイジったり、その芸人のネタを更に発展させて笑わせる、といったことをやりますが、なかなか難しいのでおすすめもできません。
 

② いちいち「オチ」を求める男

 
女性の話にオチを求める系男子は、モテません。
 
自分が面白いと勘違いしている)関西人にありがちの「ツッコめや!」とか「オチは!?」というものは、関西人以外の女性にはほぼ通用しません。
 
 
これもこのパターンに当てはめると
 
motenai-omoshiroiotoko-2
 
これで「面白い」と思うのは周囲のどうでもいい人々であって、性は全然面白くも楽しくもありません。
 
もしかしたら「バカにされている」とさえ感じてしまうでしょう。
 
 
更にこれは人を選ばないと、関西以外の男にも嫌われるパターンすね。
 
東京でこの手を使う一般の関西人で「面白い人」を僕は見たことがありません。
 
関西人というだけで面白い人になった気になっている関西人は、ちょっと注意した方がいいですね。
 

③ 女性に「ボケる」男はモテない

 
ボケて女性からの“ツッコミ待ち”で笑いを取る系男子は、モテません。
 
 
「ボケる」というのは僕も好きでよくやる手ですが、ツッコミがないと成立しないようなボケはしません。
 
大体こういうツッコミがないと成立しないようなボケをかます男は「ツッコめや!」というセリフで一笑い起こすという、苦しいオチで強引に締めようとします。
 
というか、誰もツッコまなければそれしか方法がないわけです。
 
 
僕も「ツッコめや」と言うこともあることはありますが、これはの場の空気感が重要なので単純な多用は禁物です。
 
基本的に、好きな女性にツッコミを求め、ツッコミがないと成立しないようなボケは面倒がられるのでやめた方がいいでしょう。
 

④ 女性を「イジる」男はモテない

 
好きな女性をイジって笑いを取る系男子は、絶対にモテません。
 
 
テレビの芸人から面白さを学んでいる系男子が一番陥りやすい間違いが、この「女性をイジる」というものです。
 
芸人じゃないんだから、イジられて「オイシイ」と思う一般女性は、ほぼいません。
 
いるとしたら関西人の女性だけです。
 
 
この「女の子をイジる」というのは実は、僕も若い頃は結構使っていた手法でした。
 
 
可愛いからこそ、そこをイジりたい。(下ネタではありません)
 
 
女性の顔の特徴など、男としては可愛くてそこが好きだからこそイジりたくなるものですが、そういう部分は女性にとってはコンプレックスに感じている部分である場合が多く、女性にとっては触れられたくないものです。
 
男にしてみたら“愛あるイジり”のつもりでも、女性にしてみたら好意があるとは受け取ってもらえませんし、「バカにされている」と不愉快に思われるでしょう。
 
僕もこういう失敗を繰り返して今に至ります。
 

「女性にモテる」恋愛に発展する面白い男とは

 
最初のこの図のように
 
motenai-omoshiroiotoko-2
 
これでは女性にモテないどころか、嫌われる可能性もあります。
 
 
ではこうすればどうでしょう。
 
motenai-omoshiroiotoko-3
 
こうしてターゲットを女性にすれば「この人面白くて好き!」となります。
 
僕もこのパターンを得意としていますが、この手法は意外と技術が必要です。
 
ちゃんと自分の予想通りにツッコんでくれる人なのか、イジったらノッてくれる人なのかが分からないとスベりまくりという事態になります。
 
また単純に、見た目の特徴をイジって笑いを取るという手法ですが、イジられる人のキャラクターによってはただの弱いものイジメに映る可能性もあります。
 
そしてそのイジられる人とターゲットである女性の関係性によって「かわいそう」と思われてしまう場合もあります。
 
 
このように、間に一人の人間を挟むというのは意外と技術が必要なので、素人にはあまりおすすめできません。友達同士綿密な打ち合わせでもできる環境ならば合コンとかで“芸”として使える方法だとは思います。
 
 
そこで僕が一番おすすめするのが
 
 
楽しいことを一緒に共有する
 
 
というものです。
 
 
女性にモテるための「面白い人」ということで、世の男性が一番勘違いしている点があります。
 
それは、「自分が女性を笑わせなければいけない」と思っているのではないか、という点です
 
勿論これができれば最高ですが、ここまで話してきて分かる通り、自力で女性に「この人面白い!好き!」と思わせるのはなかなか難しいことです。
 
しかも、女性が求める「面白い人」というのは、必ずしも“面白い人間”ではありません。
 
 
楽しいことを一緒に共有できる男
 
 
これを女性は求めています。
 
 
面白いことを一緒に笑うことのできる男
 
楽しいことを一緒に楽しめる男
 
 
実はこういう男が、女性が言う「面白い人」だったりします。
 
 
面白い男友達がいたら張り合うのではなく、女性と一緒に「○○は面白いヤツだな!」と言って面白さを共有したり、遊園地でアトラクションを女性と一緒に楽しんだり。
 
こういう、楽しいこと面白いことを一緒に共有できる男が女性からしたら「この人と一緒にいると面白いし楽しい!」となるんですね。
 
 
ですが、そう毎日毎日面白いことばかりが身の回りで起こるわけでもないので、できるならば
楽しいことを見つける
または、作り出す
と、こういうこともプラスで同時にできると、なお良しです。
 
しかしこれも、
「これ面白いでしょ!?ねぇねぇ!面白いよね!?何で笑えないの!?この面白さキミじゃ理解できない!?」
などと、押し付けになってはいけません。
 




面白くて「モテない男」「モテる男」まとめ

まとめ-2
 
  • 「オレ面白いでしょ!?」と、ただただ己の面白さをアピールするだけの男は女性にはウザがられるのでモテません。
     
  • 己の笑いに対する厳しさをアピールするためにテレビの芸人に対しダメ出しをする男も、ダメ出し自体が面白いことではないので性にはモテません。
     
  • 女性の話にいちいち「オチ」を求める男、女性に対していちいちボケて」ツッコミ待ちをする男も、面倒なヤツなのでモテません。
     
  • 女性を「イジる」男は論外で、イジられてオイシイなどと思う一般女性はいません。
     
  • 女性は「一緒にいて楽しい人」を求めています。
    自分の面白さを張り合うのではなく、面白いことを一緒に笑うことのできる男楽しいことを一緒に楽しめる男が面白くてモテる男です。
 
 
 
基本的に「面白い人」というものは本を読んで勉強するようなものでもないと思いますが、「笑いというものが全く分からない」という方にはこういう本もあります。
 
 
ウケる技術』に関しては、僕も購入を迷って本屋で立ち読みをしたことがありますが、僕には必要なかったので購入はしませんでした。
 
でも面白い話し方が「全くゼロ」という方は参考になるでしょう。
 
 
僕的には、話が面白い人というのは「余裕から生まれるもの」だという持論を持っています。
 
自分の話に余裕があれば自然とユーモアも交えたトークができると思っているので、何か本で学ぶのであれば、
 
 
こういう「頭のいい人の話し方」的な本をおすすめします。
 
自分の話に自信と余裕があれば、無駄にボケたり、スベらない話なんか持っていなくても、自然と話は面白くなるものです。
 
頭がいい人、悪い人の話し方』は僕もその昔購入して読んだことがある本ですが、読んでみると、頭の悪い人の話し方を僕も結構やっていましたね(笑)。
 
ですが僕の場合は、その後の展開のために“あえて”という場合が多かったように思います。(頭が悪いのは事実です)
 
そういう、確認をするという意味でも、面白い本でした。
 
 
「面白い男はモテる」というものを勘違いして実践している方は今回をキッカケに、是非本当の意味での面白い人になってみてほしいと思います。

設定-15

好きなカテゴリーを選んでみてね!

Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます

会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。

 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」

誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから

設定-16

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー/食育·飲食店·働き方評論家/食品衛生コンサルタント。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。