「極める」とは一体どういうことなのか

ラブ1

 

おはようございます。毎日妻たんを駅に迎えに行くテルオ(@undoteruo)です。

雨が降りゃ傘を2本持って迎え行きます。大事な妻たんを雨にさらすわけにはいきませんから!

 

妻たんの口癖 「肋骨落ちてるよ」

 

まだ僕的には新婚気分なのですが、
もう4年目なので新婚さんいらっしゃいには出演できなくなってしまいました。
(新婚さんいらっしゃい出演条件は結婚3年未満の新婚さん)
出る気はありませんが、まーそれはいいとして、肋骨落ちてるよ」です。

よくわかりませんが、まー、猫背気味になってることですかね。
なんか自信がなかったり、落ち込んでいたりすると人間そうなりますよね。
心と体は繋がっていますから、肋骨上げると心も上がるし、心が上がっていると肋骨も上がるんだそうです。

「肋骨上げろ!」とよく僕は妻たんに言われます。

どこかで言ったかもしれませんが、妻たんは毎日ダンスをしています。
今日も元気に出かけて行きました。
ダンスを踊っていないと死んでしまうそうです。
泳ぐのをやめた魚みたいに。
なので、人間の身体については常に勉強しているようで、普通の人よりは断然詳しいです。

妻たんがどれ程ダンスが好きなのか、人に説明するのはなかなか難しいんですが、例えばこんなことがありました。

ある日仕事から帰ると、妻たんが熱心に何かの本を読んでいました。
何を読んでいるのかと覗き込むと、「世界の紛争」という本でした。
「なに、戦争に興味あるの?」と言うと、

「なんか、戦争を知ればダンスがうまくなるような気がして」

 

最初は僕も笑いましたが、
でも、“極める”とはこういうことなのだと思いました。

 

「極める」ということ

 

「何かをもっと極めよう」
と思ったら、人は何をすると思いますか?

例えば、それなりに繁盛していて有名なラーメン屋さんでも、まだ自分のラーメンに納得がいかず
「もっと美味しいラーメンをつくりたい!」
ラーメンをもっと極めたいと思ったら、この人は何をすると思いますか?

他の有名なラーメン屋さんで修行する

こう思いますよね。

普通そう思います。

ですが、極めている人は違います。

トラックの運転手をします。

建築関係トントントン!をします。

(今、沖縄県出身の人気タレントと人気司会者がよくやるネタを使って面白いことを言いました。)

それはちょっと極端ですが、
でもそういうことです。
極めている人は、全く関係のない分野に目を向けるんです。
ラーメンをすでにある程度極めている人がもっと極めたいと思ったら、
ラーメンじゃないんですね。
他人から見たら一見関係なさそうな分野に手を出すんです。

ラーメンはすでに極めているわけですから、もっと上を目指すということは、未知の領域なわけです。
未知の領域なわけですから、普通のラーメン屋が思いもしないことをやったりするわけです。

悟空がスーパーサイヤ人の更に上を目指すために、家族旅行して休暇を楽しむのと同じです。

ドラゴンボール知らない人ゴメンナサイ。

そのくらい妻たんはダンスが好きです。
伝わったでしょうか?(笑)

皆さんも肋骨上げていきましょう!

そして奥さんに聞いてみてください。

「俺の肋骨どう?」

「あなたの肋骨ステキ❤」

となるハズです!

東京都は「ニート、フリーター」の就職支援に力を入れています(全て無料)



 
就職したいが何の経験も無いニート、フリーター、派遣、無職の方のために東京都が無料で就職支援に乗り出しています。

たとえば、もう「調理師として学校給食で働くんだ!」と決めている方はそれにまっしぐらに突き進めますが、「ずっとニートだし···」「ずっとフリーターで社会経験無いし···」「資格も無いし···」「何がしたいかもよくわからない···」そんな方のための東京都の公共事業で行う無料相談&無料支援サービスです。最初から最後まで全て無料!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。