人見知りは恥だが役に立つ!「笑い」と「性欲」で少しは克服できるって知ってた?

hitomishiri







 
 
こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。  
 
僕はたぶん、あの明石家さんまでさえも手を焼くほどの人見知りと自負しております。
 
今日は、人見知りの、人見知りのためのお話をしていきます。
 
人見知りは悪いことばかりじゃないよ、って話し。
 
 

人見知りってなに?

 
 
僕は人見知りなので社交的な方々の頭の中は想像するしかないんですが、逆に社交的な人間も人見知りの苦悩は理解できないでしょう。
 
まず最初に人見知りを知らない方に「人見知りって何?」ってのを知ってもらおうと思います。
 
とりあえず聞いてみて!
 
 

人見知りは仕事とプライベートで若干度合いが違う

 
 
まず、僕の場合ですが、仕事とプライベートでは人見知りの度合いが若干違うようです。
 
正しく言うと「仕事の会話」と「プライベートの会話」ですね。
 
 
「人見知り芸人」とかあるじゃないですか。
芸人は人見知りが多いと言いますが、テレビで見ている限りではなかなかそうは感じませんよね?
 
それは、仕事だと人見知りが直るタイプの最たるものです。
仕事だとなんか大丈夫なことが多いんですね僕も。なぜだか。
 
これはたぶん、自分の本音を話すか話さないかの違いのような気がします。
 
仕事は言わば “作られた自分” なわけです。
そしてプライベートは “本当の自分” 。
 
 
要するに人見知りとは、本音の自分を人前で披露するのが苦手な人間なんです。
 
 

イキってると人見知りが薄まる

 
 
イキってるとは要するに、自分に自信があるとも言えます。
 
若い頃は誰しもそうかもしれませんが、イキってトンガっています。
 
 
テルオも同様に若い頃はイキってトンガっておりました。
僕はM- 1に挑戦してみようとしたり放送作家なんてカジっていましたが、その頃の自分は天才だと思っていました。
 
今から思えばお恥ずかしい限りですが、こういう自信があると人見知りは薄まります。
 
 
人見知り芸人としてテレビに登場する方々って、テレビで活躍している人ばかりですよね。
自分に自信があるんです。
だから仕事だと人見知りが分からないほどに薄まっているんですね
 
 

笑いでごまかす

 
 
人見知りを薄めるために僕は「笑い」というものを中学時代に見つけました。
 
笑いを見つけられた僕は何とか学生時代乗りきれましたが、これを見つけられない人は確かにちょっと苦労するでしょうね。僕は幸運でした。
 
 
笑いって要するに、本音じゃないわけです。
人見知りとは自分の本音をさらすのが苦手な人ですから、“ボケ” という作った自分がいれば人見知りが薄められます。
質問に対してボケればいいんですから楽なもんです。
 
 
テルオのお母さんて何してる人なの?
 
うん、グラビア。
 
 
楽なもんです(笑)。
 
 
当時は、どうしてもボケたいワードがあって、それを言いたいがためにネタフリまで相手を誘導するなんてこともしていました。
もうこれ芸人ですよね(笑)。
 
 
でもこれを素人がずーーっと続けていると、周りにはこう思われます。
 
アイツとは真面目な話ができない
 
 
これを僕は20代前半で気付きました。
それから徐々に笑いと真面目を使い分けるように少しずつ変化させていきましたね。
 
 

性欲は人見知りに勝つ

 
 
前にダウンタウンの松ちゃんがどこかで言っていたと思うんですが、性欲は人見知りに勝つんだそうです。
 
僕もこれを聞いたときに「なるほど松ちゃ~ん!」と思いました。
 
人見知りに唯一勝てるのが性欲です。(個人差あります)
 
僕も好きな女の子とアレやコレやしたいと思った時はもう、言葉攻めでした!(←なんかエロい)
 
 
でもその女の子とのアレやコレやが終ると急に人見知りがすごい勢いで戻ってきます。
 
人見知り君は出ていったんだと思っていたら休憩していただけなんですね。コトが終われば休憩から戻ってきます。
 
クビにしたいところなんですが、雇用主のはずの僕でもクビにできません。
むしろ人見知りが僕の雇用主なのかも!?
 
 
コトが終ると男がタバコに火をつけるシーンてドラマでよくあるじゃないですか。あれ女性には不評らしいですね。
 
それならばすぐにタバコに火をつけるのはやめればいいわけですが、人見知りの人は人見知りをやめるわけにはいきません。勝手に出てきちゃうんですから。
 
だからといって、コトが終わって急にボケをカマすのも変ですし(笑)。
 
 
だから人見知りの人は余計にタバコを吸うのかもしれません。
ボケるかタバコを吸うかの、2択です。
 
人見知りはこの2択しかないので、女性はどちらか選んでください!
 
今の時代はボケがいいですかね(笑)。
 
 

人見知りは克服しなくちゃいけないのか

 
 
人見知りの人って、「このままでいいや」と思っている人はいません。
いたとしても、それはもう諦めただけで、最初はみんな直したいと思っています。
社交的な人間を羨ましくネクラな表情で柱の影から見ています。
 
社交的な人を見ると「ああいうシュッとしたスマートな人間になりたいなー⋅⋅⋅」と羨ましく思います。
 
、それができないのが人見知りです。
 
 
人見知りは本当に厄介なものです。
 
でもね、人見知り人生を34年間歩んできた僕は、人見知りは悪いことばかりじゃないんじゃないかって思うんです。
 
 
僕の妻たんがこんなことを言っていました。
 
「テルオが人見知りじゃなかったら付き合わなかったし、結婚もしなかったと思う」と。
 
 
僕の妻たんは、なんか、いわゆる女性の扱いに慣れているスマートな男が苦手らしいんです
みんなに愛想をふり撒く人気者の男よりも自分だけに優しい人がいいらしいです。
 
 
そういう女性もいるんです。
だから悪いことばかりじゃありません。
 
 
それに人見知りの人も個人差はあると思いますが、仕事では人見知りも薄まるんです。
 
人と接することの多い営業とか受付の仕事をしている人もたぶん、逆に余計大丈夫なんじゃないでしょうか。
同僚と仕事の話をするという仕事よりも、お客様を相手にする仕事の方がより自分を作ることになりますから
 
 
それに、人見知りの人が作る友人関係って、狭く深くになるわけです。
 
広く浅くなんて薄っぺらい関係はそもそも苦手ですから。できるだけ人とは関わりたくない人間にとって広く浅くはすごく精神と体力を消耗します。
 
そんな人見知りの人間が作る友人は、一生ものです。
 
僕はこっちの方が長い目で見て特なんじゃないかと思います。
 
 

「人と接するのが好きな人求む!」という募集やめませんか?

 
 
求人サイトとか見ていると、「人と接するのが好きな人求む!」って募集よく目にします。
 
コレね、入れば以外とうまくやったりするんですから、こういう募集やめてもいいんじゃないですか?
その1つのフレーズのせいで優秀な人材逃したりしているんじゃないでしょうかね。
 
人見知りの人は別にこのままでいいと思っているわけじゃありませんから、努力するんですよ。だからそれは大丈夫ですよ。
 
 
それにね、そんなフレーズでは選別できないと思いますよ。面接ではみんな頑張るんですから。
「人と接するのが大好きです!」って嘘こくんですから。
 
 
人見知りの人間の努力を見てやってください。
客を相手にする商売でも、人見知りであってもその人間の努力はきっとお客様に伝わります。
 
悪いことばかりじゃありません。
 
 

テルオ的まとめ

 
 
人見知りって克服したいよね!
克服できればそれに越したことはないけど、なかなかできません。いろいろ努力もしているんですが、どうにもならないんですよね。
 
自信と性欲があれば少しは薄まります。
僕の場合は笑いが自信となって何とか乗り切ってきました。
でもその人見知りのおかげて妻たんと結婚できたわけです。
 
人見知りは悪いことばかりじゃありません。
克服できないのであれば無駄な努力とかしないでとことん人見知りを追求してみてはいかが?
 
興味があればちょっと試してみてね!
 
 
 
 






好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます


会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。
 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」
誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです。
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから




ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー・ジブンディレクター。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間17万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。