「結婚は人生の墓場説」を広めようとする男達はなに?墓の専門家?

hakaba




 

こんばんは。テルオ(@undoteruo)です。

結婚は人生の墓場だって?

僕は毎日モルディブですが何か?

墓の専門家

独身男性にとって、結婚している先輩に言われて一瞬躊躇してしまう言葉があります。

「結婚は人生の墓場みたいもんだよ~」

 

あれ何ですかね?
誰が言い出したんでしょうか。
たとえ墓場だったとしても、自分で望んで墓に入ったわけだし。。
誰もあんたのお墓に興味ありませんし。。

 

僕も結婚前は、先輩面して「結婚は人生の墓場説」を唱えてくる先輩に「ふ~ん。そういうもんなんだ・・・」と聞いていましたが、幸せな結婚生活をおくっている今となっちゃあ、「じゃあ今度パイセンちに線香あげに行きますね~」なんて言いませんが、心の中であざ笑っています。

だって結婚が墓場じゃないことを僕は証明したわけですから。あざ笑う権利あるよね!

幸せな結婚生活をおくっている僕の隣で、墓場説を独身の男に語っているんですよ。先輩面して。
で、それを結婚の先輩じゃなくてお墓の専門家とも知らずに聞かされている人がいるんです。
傍から見たらコメディーじゃないんですかね?

 

墓の専門家から学ぼう

「結婚は人生の墓場説」を唱えてくる先輩をみつけたらチャンスですよ。墓の専門家から失敗例を事前に学んでやりましょう!

そんな墓の専門家も最初から結婚は人生の墓場だと思って結婚したわけではありません。
南の島の楽園だと思っていたのに、結婚後に知った新事実によってそこが墓場だと気付いたんです。
パンフレットの表紙の綺麗な写真だけ見て旅行行っちゃったんですね。裏もよく見れば墓のことも載ってるでしょうに。

要するに、“入るべくして入った墓”なんですね。
その墓の専門家は墓場しか知りません。文字通り墓場のスペシャリストなわけです。紫綬褒章もんです。
あなたは墓場を経験することなく墓場の知識を学ぶことができます
なんと、無料で!

 

墓の専門家の言い分の一例

墓の専門家は墓場の原因としてこんなことを言います。

「結婚してみたら妻が家事全然出来ないんだよ!料理も出来ないし、騙された!」

別に騙してないよ!
あんたが見ようともしなかったんでしょ!

「浪費家で金銭感覚が全然違うんだよ普通と!」

結婚相手としてちゃんと見てたら普通気付くよね?
どんな交際してたの?

「いつも文句ばかり言うしさー!」

文句言われることしてない?
ちゃんと奥さんの話し聞いてあげてるの?

「もっと自由になりたい!」

結婚すんじゃねーよ!
あっ、してないか。お墓に入ったんでしたね。

 

普通の男性はこれで大体気付くと思いますけど、普通のことを普通にしていればこんなことにはなりません。墓の専門家は要するに“普通じゃない”んです。

墓の専門家に僕もたまに遭遇しますが、大体こんなこと言ってます。
ちゃんと彼女を大切に思って、ちゃんと見ていればこんなことにはなりません。
要するに、“入るべくして入った墓”ということです。

ありがとう墓の専門家さん!

 

親同士が決めて、結婚生活の中で相手のことを知っていくというような昔の結婚をした老夫婦が言うなら分かるんですが、結構僕とそんなに年も変わらない30代の人とかも言っていたりするんですよね。

「結婚は人生の墓場説」を唱えることはカッコ良いんでしょうか?伝統芸能なんでしょうか?何か襲名してるんですかね。
知りませんが。

まぁとにかく、お墓の専門家に出会ったら、お墓のことを聞いておいて損はありません。
今なら無料ですし。

テルオ的まとめ

お墓の専門家は墓場しか経験していませんから、もちろん結婚の話は墓場の話になるわけです。

口には出さないけど、「結婚は人生の墓場」と思っている既婚者の隠れ専門家の男性結構多いように感じます。
ドローンパイロットみたいにこれから需要が増えるんでしょうか?そうなったら受講料払わなきゃいけなくなっちゃいますから。無料で受けられるのは今だけかもしれませんよ!
お早めに!

僕の他の結婚の記事も、読めばお墓の専門家になることはないと思いますので是非一読してみて下さい。
 
 

 
 

カテゴリー別に気になる記事をチェック!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。