「募金」は「箱にお金を入れてチャリンという音を楽しむ行為」だと僕が割り切って考えてる理由

fund-raising

 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。

街へくり出せば、必ずと言っていいほど募金活動を目にします。

あの箱に小銭入れれば世界を平和に出来るんですかね?

 

まず日本のこと考えたら?
日本のこと考える前に友達のこと、家族のこと考えたら?

その100円で自分の周り幸せにすること考えたら?

なんて思う僕はひねくれてるんでしょうか?

 

募金したいなら自分で直接手渡すべき

僕は十代の頃に一度だけ新宿の地下街で募金したことがありました500円。

好い人面して。

大いに自己満足しました。

それが最初で最後ですね。それ以来募金したことありません。1円たりとも。

 

後日、ニュースに僕が募金をした新宿地下街の募金活動の様子がモザイクと共に映し出されていました。募金で集まったお金は実は自分達の懐に入っていたという内容でした。

僕はもうこの日から募金活動は全く信用していません。

その行為は募金ではなく、
“ 箱にお金を入れてチャリンという音を楽しむ行為” だと思うことにしています。

勿論ちゃんとした募金活動をしている人達が大半だと思いますがね
でも赤の他人を信用する術がありません。

 

それに、募金て簡単すぎやしませんか?

たまたま目にした箱に500円入れて
そんな簡単に平和になんかなるんでしょうか?

そんな簡単なものじゃないですよ絶対。

 

僕は決めてるんです。どうしてもお金渡したいなら、自分で現地に行って、困っている人に直接手渡すと。

募金箱が無くなって、募金のルールが「直接手渡し」となったら、どうですか?やれますか?
やらないでしょ?

人を幸せにしたいならそこまでやるべきでは?

そんなことも出来ない人間が、たまたま見つけた箱にコイン入れて、自己満足に浸って、
僕から言わせれは滑稽ですね。

そんなことしてる暇あるなら入院中の友達のお見舞いにでも行ってあげてくださいよ。コンビニ弁当の彼氏に手料理でも作ってあげてくださいよ。
自分の周りも幸せに出来ないような人間が世界に幸せを届けるなんて、できゃしません。

石田純一さんが都知事選に出ようとしてた時に「奥さんが反対している」なんて報道ありました。「自分の妻も説得できないのに都民を説得出来るのか?」なんて言われていたようですが、
それと同じです。

自分の身近な人も幸せに出来ないのに世界に幸せを届けたいなんて自分をかいかぶりすぎです。

そんな簡単じゃないですきっと。

 

それでも募金したい人が確認するべきこと

それでもどうしても「募金箱にお金を入れたい!」という人はこれだけは確認しましょう。

  1. 募金で集まったお金の流れの確認
    どんな団体を通じて、どこへ、どんな人達に、どんな手段でお金が渡るのか。(その募金活動団体の過去の実績があればそれも確認)
  2.  団体名、所在地、電話番号、ホームページ、代表者名の確認
    現在は色々な詐欺が横行していますから、詐欺であってもこれらの情報はきちっと作り上げられているかもしれませんが、とりあえず確認はしておきましょう。
    少なくとも、これらの情報が開示できない団体はやめた方がいいと思います。
  3. 警察の許可証の確認
    これがあったからといって本物とは限りませんし、むしろ全く関係ないと言ってもいいでしょう。
    これはあくまで道路使用の許可です。
    警察署が募金の正当性を示すような書類を出すことは絶対にありません。
    ①②の情報の開示を求めたときに、警察の許可証を見せてうやむやにしようとする団体には気を付けましょう。
    ですのて、ここで言う「警察の許可証の確認」とは、警察の許可証の一点張りでうやむやにしようとしているかの確認」ということです。

 

いずれにしても、人を騙してお金を集める行為は詐欺なわけですが、募金活動自体に許可は必要ないのが現状ですので、信用できるかどうかという信用性の問題になってきます。

大がかりに詐欺を行っている団体は上のものを全て持っている可能性もあるでしょう。いや、きっと持っているでしょう。

だから僕は “箱にお金を入れてチャリンという音を楽しむ行為” はしないわけですが、どうしてもしたいのならば、少なくとも上の確認だけはしてみてください。

 

テルオ的まとめ

募金が別に悪いことと言うつもりはありませんが、遠いところに目を向ける前に、自分の周りに目を向けて下さい。
「自分が幸せにならなければ誰も幸せにできない」と僕は思います。

募金に夢をのせるのではなく、まず身近な人に夢を与えてあげて下さい。
それが出来れば、もっともっとはるかに世界に幸せを届けられる人間になれるハズです!
たぶん。

 

走るためには歩けなくてはいけませんし、歩くためには立ち上がれなくてはいけません。

物事には順番があります。
順番を守らなければ結局目的は達成できません。
順番の重要性に気付くことが出来れば途中で戻ることも出来ますが
まず、なかなか気付けませんし、気付いても戻ることは勇気がいることです。

最初から順番を守るに越したことはありませんから。

 

 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。
無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。
僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
 
「でも、お高いんでしょ?」
 
安心してください。無料です。
 
 
聞き逃した方にもう一度。「自由な人生を手に入れる教科書」は今無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら↓
自由な生き方について書いている「だいぽん」さんのブログはこちら↓
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。