福島脱出計画!田舎の親は勉強不足の困った連中が多い

fukushimadasshutsu




 
 
こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。  
 
福島脱出計画なんて言うとちょっと過激な感じがしますが、別に福島県に限りません。
 
勇者だって遠い世界に旅立って魔王と戦うじゃないですか。
 
僕から言わせれば東京に上京するのはそれと同じこと。
 
魔王を倒したいと言う勇者に向かって
「魔王なんてどうでもいいから村に残って子供産んで畑耕してよ。暇ならパチンコしてさ。」
 
なんて言わないでしょ。
 
 
上京したいと言う子供を引き留める。
 
上京した子供に「早く帰ってこい」と言う田舎の親達に考えを改めてもらいたいという強い思いで今日はいってみます!
 
今日のテルオはキャラ変しちゃうよ!
 
 
 

田舎のイメージ「車改造してパチンコする」

 
僕は学校を卒業後に田舎に残って生活をしたという経験がないので、卒業後の田舎に残っての生活は想像するしかないんですが、僕の生まれ育った田舎での卒業後の生活のイメージとは、
 
車改造してパチンコして金髪の元ヤンギャルとデキ婚して離婚して養育費を踏み倒す
 
です。
 
とても勇者の所業ではごさいません。
 
 
「そんなことをするために僕は生まれてきたんじゃない!」という思いで僕は高校を卒業後に上京しました。
 
勿論、そんなことを言ったら親も親戚も学校の先生も気持ちよく送り出してくれるはずはないので、「勉強のため」とか嘘をつきました。
 
 
今、僕の母親がたまに言います。
「専門学校卒業したら戻ってくるんだと思ってた⋅⋅」と。
 
はい。そのニュアンスをあえて残していたのでそうでしょう。
 
「魔王と戦いたいんだけど、魔王をいつ倒せるのかも分からないし、倒したからといって帰ってくるとも限らないよ」
 
なんて言ったら東京に行かせてくれなかったでしょ。
 
だからそこ曖昧にしていたんだよ。
 
その息子の曖昧な表現に乗っかったのはお母さんだよね。
 
 

「帰ってこいよ」と言う親戚連中はバカなの!?

 
 
これ言うとちょっとアレなんですが、「福島県に帰ってこい」って、どういうつもりで言ってるの?
 
僕が親とか親戚とか友達とかだったら「福島に帰ってくるな」と言うと思います。
 
福島で頑張っている人に何の文句もありませんし、むしろ尊敬の念を抱きますが、「福島に帰ってこい」と言う連中の頭の中が全くもって理解できません。
少なくとも、福島から外に出たことがない人間に「帰ってこい」なんて言う権利はありません。
 
 

親は子供に面倒みてもらおうなんて微塵も期待しないで

 
僕はきっと福島の親戚連中に「親不孝者だ」と思われていることでしょう。
 
「もうダメだなアイツは⋅⋅⋅」
 
って思われていますね。きっと。
 
魔王を倒すために旅に出た勇者に向かって「もうダメだ」はないと思いますが、これが現実というやつでしょうか。
 
しかも東京の変な女と勝手に結婚して、仕事も辞めて「ブロガーになる」なんて訳のわからないことほざいていますから僕は。
 
生まれも育ちも福島県の人間には受け入れがたいでしょう。
 
 
親ってみんな子供に面倒をみてもらいたいんですか?
自分の老後のために子供産むんでしょうか。
 
もし自分の老後の面倒をみてもらうことを目的に子供を産んだなら、最初からそういう教育を子供に施すべきでした。
 
自由に育てたクセに、いざその時になって「子供は親の面倒をみるのは当たり前でしょ!?」って言われても、僕の当たり前はそれじゃありません。
 
だって、そういう教育もしてこなかったでしょ?
 
教育を施したとしても、親の思い通りに育つわけでもありませんが、少なくともそういう目的があるのならば教育はすべきでした。
教育を放棄しておいて当たり前論をいきなり押し付けられても、僕の当たり前はもう別のところにあります。
 
 

 親の「息子を近所に自慢したい」気持ちなんてどうでもいい

 
周りの家庭はそうだから自分もみんなみたいにってことなんでしょうきっと。話を聞いていると。
自慢したいんでしょうねきっと。
 
「誰々ちゃん家の息子はね⋅⋅⋅」とかいう話ってマジどうでもいい話です。
 
はっきり言ってね、ムシズが走るんですよそういうの。
親に自慢させてあげるために自分の人生ある訳じゃないんですよ子供は。
 
むしろ親は捨てられる運命なんです。
捨てられるのが自然だし、それをちゃんと理解してからじゃないと子供を産んじゃいけないと思います。
 
っていうか勇者を育てたんだから、むしろそこを誇るべきでは?
 
 

そもそも「帰る」って何?オレずっと故郷の日本にいるけど

 
そもそも「帰ってこい」って何でしょうか?
僕は前から日本国という自分の “家” にずっといますが。
 
FFで言ったら飛空挺で一瞬で帰れる隣町みたいなもんでしょう。
飛空挺も必要ないかもしれません。敵と1~2回遭遇すれば帰れるような距離です。福島と東京なんて。
 
 
生まれも育ちも田舎の人間はこういう考え方しかしないから、僕は人生1度は東京に出てみることを強く進めています。
 
そして1度東京に出た人間はそういう田舎から出たことのない人間の考え方の枠には収まらなくなります。
 
こうなったときに、田舎から出たことのない人間には理解ができません。
 
理解できないのは理解できない人間の責任です。自分が勉強してこなかったんですから。知らないことが罪なんです。
 
覚醒剤を使って逮捕されて「犯罪とは知りませんでした」なんて通用しないじゃないですか。
 
「だって福島から出たことないから」なんて勉強を放棄した人間の言い分には「じゃ勉強してから出直してきて」と言うことしかできません。
 
むしろそれはこの時代、逮捕に値する罪と認識してください。
 
 

親の仕事は子供を魔王の城へ送り出すこと。子供には何も期待してはいけない

 
親の仕事って何でしょうか?
子供に介護の資格を取らせることでしょうか?
いや違います。1人で自由に羽ばたけるようにすることです。
 
魔王の城へ送り出せる立派な人間に育てること。
 
僕はその教育のかいあって、自由に羽ばたいています。
 
おめでとうお母さん。
 
 
ですが何やら、親には裏テーマがあります。魔王を倒した後のことです。
 
親にとったらむしろ「魔王を倒したその後」の方がメインテーマなんでしょうが、子供からしたら裏テーマです。
そこの理解がない親が多くいます。特に田舎から出たことのない親連中。
魔王を倒したら帰ってくると決めつけている親が多くいます。
 
またはどこかで、「魔王に打ちのめされたら帰ってくるだろう」という思いもあるようです。
 
いずれにしろ、「帰ってこい」ということなんです。
 
だから何度も言うけど、
オレ日本にいるから。
 
 
僕が感じている、親が「帰ってこい」と言う理由はたった1つだと思っています。
 
「ウチの子供は親の面倒をみてくれる良い子」と周りに自慢したいから。
 
違うでしょうか?たった1つ、コレですよね。
 
 
そういう親連中に言っておきます。
 
お前の自慢のために子供を利用するな
 
子供には何も期待するな
 
 
 

テルオ的まとめ

 
今日はテルオのひん曲がった頭の中を全開にしてみました。
これが僕の本音です。
 
子供はきっと田舎に帰ってくるという時代遅れの妄想はもう捨ててくださいね。
 
もし、そうしてほしいならばせめて最初からそういう教育を施してください。
 
帰ってくるのが当たり前という時代遅れの妄想は捨ててくださいね
 
そして、自分の思い通りに育たなかったからといって子供に八つ当たりしないでください。
 
そういうのは全て迷惑ですから。
 
 
 
合わせて読みたい!
 
 
 

カテゴリー別に気になる記事をチェック!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。