東京おすすめ人気フリマまとめブログ【場所·日程·出店情報2018最新版】

flea-market-love-2







代々木公園フリーマーケット【2017(東京)】

Yoyogi-Park-2-7

商品特徴・おすすめ年齢層

 
代々木公園フリマは圧倒的に10代20代向きの商品が多くを占めます。それはもう、圧倒的に若者向きです!
 
逆に、子供服、洗剤や鍋等の生活必需品、大型のソファーなどは一切無いので、そういった物をお探しの方には向きません。
 
女性だと、109系辺りの商品が多く出品されている印象です。
男性だと、丸井系からビームスステューシーといったスケーター系が多く出品されています。
 
値段も様々ですが、比較的女性物は安い傾向にあります。(100円とか200円とか横行!)
 
一方男性物のお値段は幅広いですね。安ければ300円とか500円とか、高いと1万円なんて強気な値段設定をしている出店者さんもいます
 
代々木公園フリマは若者が多く集まるので、ファッションにこだわっている出店者さんも多く集まります。なので、お値段もこだわった感じに設定している方も多いです。
 
でも、そういう方のお高い商品も売れちゃうのが代々木公園フリマです。知らない人には高いと感じますが、そのブランドを知っている方には破格の商品です。
 
出店者は、そういう目の超えたお客さんが多く集まることを知っているので強気なんですね。
 
なので、好きな特定のブランドを狙いたい人にも代々木公園フリマは向いていると言えます。
 
 
たまにカリスマモデル的な方々が出店されていたりもします。そこには同じようなメイク、ファッションを身にまとったお客さんで溢れかえります。
 
多分、ブログかなんかで事前に予告していてファンが集まってくるんでしょう。
 
知らなくても、代々木公園フリマにとりあえず行っとけば、あのカリスマが身に着けた商品が手に入る可能性があります!
 

値下げの傾向・出店者の質

 
代々木公園フリマは完全に手持ち出店のみなので、終わりの時間に近付くにつれて値段はぐんぐん下がっていきます。(1000円→300円とか、300円→10円!?とか横行!)
 
みんな荷物を持ち帰るのが嫌なので破格の値段で売り叩こうとしてきます!
 
お客さんとしてもフリーマーケットに大きなリュックは必須です。
 
 
出店者の質としては、5段階中3といったとこでしょうか。
 
一番の問題が、出店ブース内での喫煙が酷いです。僕が知るフリマの中で一番酷いんじゃないでしょうか。
 
それがどうしても受け入れられない人は5段階中1と付けるでしょう。
 
若者が多いので、ヤンチャしちゃうんでしょう。オッサンはオッサンで酷いんですが(笑)。
 




出店数・おすすめの来場時間

 
代々木公園はフリマの聖地と言われています。その強さは他のフリマを寄せ付けず圧倒的です。
 
代々木公園フリマがある日の選択肢は代々木公園一択です。迷わず代々木公園へ行くことをおすすめします!
 
以前駒沢公園の出店者さんがこんなことを話していました。
 
 
「本当は代々木公園に行きたいんだけど、代々木公園も世田谷公園もない時は仕方なくここに出店してるんだよ」
 
 
つまり、若者向けの商品を出品しようとする出店者さんの出店会場の優先順位は、(代々木公園→世田谷公園か駒沢公園)となります。
 
よって、若者向けの商品を狙ってフリマへ買い物へ行こうとしている方はまず『開催日程のまとめ』を参考に、代々木公園フリマがある日は必ず代々木公園へ行ってください。
 
 
代々木公園は人気のイベント会場なので、フリマも不定期開催です。一月に何度も開催する時もあれば、半年間開催無しなんてこともザラです。
 
出店数にしても、主催する団体によってもまちまちです。500店という時もあれば200店という時もあります。
 
出店数が少なくても、代々木公園フリマが好きな方は関係なく足を運ぶでしょう。少なくても多くても商品の特徴は変わりませんから。
 
 
おすすめの来場時間ですが、代々木公園フリマの場合は一概に「この時間!」ってのは言いにくいですね。
 
出店の数で言えば、9時で5割ほど。9時だとまだ出店待ちの方が受付に並んでいる状態です。
 
 
Yoyogi-Park-2-3
 
 
12時頃にようやくお店が全て出揃う感じです。基本的には。
 
❝基本的には❞と言うのは、代々木公園フリマの場合、パッと来てパッと売ってパッと帰る」といった出店者も多く存在するからです。
 
パッと来てパッと売ってパッと帰るわけですから、こういう方はすぐに売れる商品を持ち込むことが多いです。
 
代々木公園フリマですぐに売れると言うのは、若者に人気のブランドで、使用頻度も少なく、少々値段が高くても知っている人には喉から手が出るほど欲しい。そんな商品です。
 
なので、僕のおすすめ時間は、「最初から最後まで目が離せない!」ということになっちゃいます(笑)。要するに、どの時間に来ても楽しめます。
 
狙ったブランドがある方は早く来た方がいいでしょう。
 
ブランドに特にこだわりがなく、「それなりのイケてるファッションをできるだけ安く!」と考える人は、叩き売りが横行する午後1時2時辺りがおすすめです。
 
 
yoyogi-park-31

会場の特徴(トイレ・喫煙所・御食事処)

 
代々木公園フリマは出店ブースが密集していて、道幅も狭いです。
 
そのため、ベビーカーは邪魔扱いされるのでそれは覚悟しなければいけません
ベビーカー連れは基本的におすすめしませんが、ベビーカー連れのお母さんはよくベンチに子供を残してお父さんに面倒を見させてお買い物を楽しんでいるようです(笑)。(それでも日よけカバーは必須)
 
>>ベビーカー連れでもフリマをおもいっきり楽しむための準備 
 
 
トイレは1ヵ所あります。まぁまぁの大きさなので、男女共そこまで並んでいるということはありません。
 
それと、個人的に便座除菌シートを僕は持ち歩いています。公衆トイレにそのまま座るのは苦手なんです(笑)。
 
 
喫煙所は確か、無かったと思います。
ということもあり、禁止行為の出店ブース内での喫煙が横行しています。
 
 
屋台はある時ない時とまちまちです。他のイベントと同時開催している場合も多いので、そういう時は屋台も多くなります。
 
でもテキ屋はいつもいます。焼そばとか、たこ焼きとか、お好み焼きといった感じです。
 
自販機は充実しています。
 
ですが自販機が無い会場もあるので、個人的にはペットボトルごと保冷できる水筒がおすすめです!
 
>>フリマをおもいっきり楽しむための準備
 
 
yoyogi-park-28




まとめ・場所(アクセス)

 

圧倒的に若者支持の品揃え。
店は多いが、狭く密集しているので子供連れには向かない
高額でも人気のブランドに出会える可能性が高い。(フリマにしては高額という意味であって、実店舗よりは格段に安価)
開催日程が安定しないので常に確認が必要。

全国のフリマ開催日程は『開催日程のまとめ』を参考にしてください。
 
 
 
代々木公園は渋谷なのでアクセス方法が豊富です。
■JR『原宿』駅より徒歩約10分。
■東京メトロ千代田線・副都心線『明治神宮前(原宿)』(C03、F15出口)駅より徒歩約3分。
■JR『渋谷』駅からも少し距離はありますが徒歩圏内です。徒歩約15分。
 

フリーマーケット次回開催日程一覧

設定-7
 
 
【フリーマーケットお得情報関連記事】
 

 
1ページ:駒沢公園フリマ
2ページ:大井競馬場フリマ
3ページ:味の素スタジアムフリマ
4ページ:日産スタジアムフリマ
5ページ:代々木公園フリマ
6ページ:世田谷公園フリマ
7ページ:五反田TOCフリマ
8ページ:幕張メッセフリマ
 










好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazon電子書籍ランキング第1位『自由な人生を手に入れる教科書』が無料でダウンロードできます


会社を辞めてブログで独立する際に僕の背中を押してくれた教科書の一つ、Amazon電子書籍ランキング1位の『自由な人生を手に入れる教科書』が現在、無料ダウンロードができます。
 
 

「会社に雇われずに自由に暮らしたいな…」
誰もが一度は考えるが、大多数の人は一瞬頭を過るだけ。ですが僕はこの本を読んで独立という少数派の行動をしてみました
ブログで独立して約1年半。
僕は今、会社に雇われずに自由に暮らしています。

僕のようにブロガーとしてだけではなく「自由に生きたい」という理想を持つ全ての人に役立つ内容です。

今なら無料なのでとりあえずダウンロードしておいて、休みのとき、仕事に疲れたときに是非読んでみてください。

今まで見えなかった壁が
実はそこには存在しているのだと知り
壁を乗り越えたその先に
果てしない自由が広がっている

そんな面白い発見ができる内容です。

 無料ダウンロードはコチラから
( 書籍をダウンロードをすると著者からのメルマガが届きますので、気になる方はフォルダ分けをするかサブアドレスでの登録をおすすめします)
 この著者のブログも面白いのでおすすめです。
 他にも僕の自由に生きるためのヒントになった本はコチラから




ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー・ジブンディレクター。 福島県出身。東京で愛する女性に出逢い結婚。その後34歳で会社を辞めブログで独立しました。 月間20万人に読まれている当ブログ『ぼくのつまたん』&ダイエットブログ『もてもてあいしてる』運営中。「誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法」をお届けしています。 趣味は妻とフリマと搾取論。