初めての人は「フリマあるある」で予習して東京人気のフリーマーケット本戦に備えるべし!

flea market aruaru




 
こんにちは。フリママイスターのテルオ(@undoteruo)です。

今日は素晴らしい天気で!代々木公園のフリーマーケットに久しぶりに行ってきました。
 
本当は今日すぐにでも書きたいんですが、写真の編集が時間結構かかるんです。僕の能力だと⋅⋅。
 
なので、代々木公園フリマの様子は明日書きますね!お楽しみに!
 
 
今日は、興味があるかどうか分かりませんが、そんなフリーマーケットの “フリマあるある” をお伝えしようと思います。

フリマへ行ったことのある方は「あるある~!」と思って読んでみてください。
フリマへ行ったことの無い方は「へ~!」と思いながら予習してみてください!




フリマあるある

僕のフリマ歴はかれこれ7~8年になるので、そろそろ “あるある” を言えるくらいになってきました。

そこで今回は、特にフリマへまだ行ったことの無い方へ向けてお伝えしていこうかと思います。
楽しみ方や注意事項も含まれるので、これで予習をしてフリマの世界に足を踏み入れるきっかけになればと思います。

 

持ってけドロボー!

フリマって会場にもよると思うんですが、大体どこでも10時から15時くらいまでやってます。
僕はあまり最後の最後まではいたことないんですが、本当に最後までいると持ってけドロボー状態になります。

フリマの出店者って、本当に大荷物です。車で来る方はいいんでしょうが、特に電車とかで来る出店者の方は、もう荷物持ち帰りたくないんですね。そこで、最後まで売れ残った商品はたたき売るんです!

「全品10円でーす!」なんてことになるわけです!
僕は「タダでいいよ!」なんてことも何度か経験しました!(笑)

タダって⋅⋅⋅タダですよ奥さん!

タダほど怖いものはないなんて言いますが、みんな省略しちゃいけません!
「タダほど怖いものはフリマ以外ない」ですよ! “タダ” しく覚えましょうね!

 

置いた瞬間にかっさらわれる

悩むときは商品を手にしたまま悩みましょう。置いちゃいけません!
「ちょっと迷うなぁ⋅⋅⋅」と思って置いた瞬間にかっさらわれます!

あなたが気になる商品はみんなも気になるんです。あなたの手にしている商品を、後ろの人も気にして見ています。「手を離せ⋅⋅手を離せ⋅⋅」と念じながらあなたの手を凝視しています!
僕もよくやるし、よくやられます(笑)。

だから悩むならば、手に持ったまま悩みましょう。

 

旦那がトイレに行っちゃったから値段が分からない

このパターンもよくありますね。本当よくあります!

夫婦とか友達同士で出店している場合、自分の商品以外は値段よく把握していないんですね。
値段は把握していた場合でも、値下げ交渉には応じてくれません。だって、友達の商品、勝手に値下げして売るわけにはいきませんからね。

でも、こういう場合でも電話で聞いてくれる場合があります。まぁ、電話で聞いてくれる場合がほとんどなんですが、この前はこんなことがありました。

僕が「これいくらですか?」って聞いたら、「旦那が今トイレに行っちゃって⋅⋅⋅」と、ご婦人は言うんです。「電話してみますね」と言って電話してくれたんですが⋅⋅⋅
「プルルル⋅⋅プルルル⋅⋅」
車の中から着信音が聞こえるんです。
「旦那⋅⋅携帯置いて行っちゃったみたい⋅⋅⋅」

コントか!!
と思いましたね(笑)。
車のドア外れるんじゃないかと思いました。

そして、そんな時に限ってお客さん、、集まって来ちゃうんですよね!

「今旦那トイレで⋅⋅携帯も置いてっちゃって⋅⋅⋅」「遅いから⋅⋅多分ご飯食べてるのかも⋅⋅ごめんなさい!⋅⋅⋅

何か追加されてるし!!

みんなに謝ってる奥さん見てたら、なんだか可哀想になっちゃいました。
結局、あまりにも旦那さん帰ってこなかったんで、さすがの僕も諦めちゃいましたね。
ちゃんと旦那さん帰って来たんでしょうか。あのまま失踪なんてしてたらシャレになりませんからね!

出店者の方、トイレ行ってもご飯食べてもナンパしに行ってもいいけど携帯持っていってね!みんなに頭下げてる奥さん見るの辛いんですよコッチも!(奥さんいるならナンパダメね)

スポンサーリンク

万引き

万引きもね⋅⋅実際結構ありますよ。

フリマの会場でも必ずと言っていいほどスリ置き引きに注意してね!」「万引きはやっちゃダメだよ!」ってアナウンスしてます。

僕も「怪しいなぁ⋅⋅」と思ったこと何度かあります。1回「確実にヤッタだろ!」と思って出店者の人に言ったことあるんです。

「青いパーカーって誰かに売りました?今持っていった人いましたよ!」
「売ってない!」ってことで、出店者の方も少し探したみたいですが、結局見つかりませんでした。僕も顔までは見ていなかったんで。

それに、フリマの万引きって例え見つけられたとしても、難しいんだと思います。
お店なら店外に出た瞬間に「お会計お忘れじゃないですか?」って声かけられますが、フリマって区切りなんかなく曖昧ですからそこんとこ。

それに、お店ならバーコード付いてるから明らかに未会計のお店の品だって分かりますが、フリマの場合、バーコードなんてありませんから。
一端持ち去っちゃえばどこで買った商品かなんて分かりません。

だからこそ、万引きは絶対にやめましょうね!

 

寒くて暑くて頭が回らない

これも本当によくあります!
暑くて頭が回らなくて「もういいや!」って必要ないもの買っちゃうんです。
そして帰って妻たんに怒られるんです(笑)。

寒けりゃ寒いでお店の人も「もういいよ半額で!寒い!」って値段適当になっちゃうんです。この場合は客としてはありがたいんですが(笑)。

暑いときはね、一端商品を置いて日陰で頭を冷やすといいですよ。

でもその場合、他の頭の回らない人に「もういいや!」って買われてしまうリスクは当然ありますが。

 

さっきあった店が見つけられない

大きいフリマになればなるほど、
さっきあったお店が見つけられません。

「やっぱりさっきのアレ欲しいな⋅⋅⋅」こう思って戻るんですが、さっきあったお店が見つけられないんです!
そしてやっとこさ見つけた時にはもう売れちゃってます!

代々木公園フリマなんてまさにコレですね!
商品を置いてお店を後にするときは、もう二度とここには戻ってこれないことを覚悟しなくてはいけません!

フリマは樹海だと思ってくださいね。

 

欲しいと思った物が私物

これはめちゃくちゃあるあるです!

「そのクツいくらですか?」
「あっ、これ、私物です!」

このパターン、多分20回くらいありましたね!
大体「アレめっちゃええやん!」と思うと私物なんですねコレが。どういうわけか。

やっぱり “現役” は輝いているということでしょうか。

 

自分が立ち止まるとなぜか人が集まる

客誰もいないんですよ。最初は。
そんで、お店に座り込んで商品見てるんです。
そして気がつくと、人だかりができてるんです。なぜだか!

なんで!?って思いますけど。

やっぱり、人が座り込んで見ていると気になるんでしょうか。
人が人を呼ぶんですね。

スポンサーリンク

触んないで!

たま~にあるんです。
出店者に「触んないで!」って言われること。
「フリマで触るなって言われても⋅⋅⋅」とは思いますが、それは出店者さんの自由ですから仕方ありませんが。
大体神経質でこだわりのある出店者さんです。

「触るな!」と紙に書いている人もいます。この場合は分かりやすくていいんですが、突然言われることもあります。

びっくりするんですよね!アレ。
びっくりして落として壊しちゃったらそれこそ大変なんじゃないかって思いますけど⋅⋅⋅。たまにいるんですね。

別にいいんですけど⋅⋅⋅、触られたくないなら触られたくないってこと、もっと分かりやすくてしておいてほしいですね。

せめてテープ貼ってつり目にして、ついでに怒りマークでもおでこに書いておいてほしいです。

そして紙に「とりあえずまず出店者の顔見てからね!」って書いてあれば、とりあえず顔見ますから。

そしたら「あぁ⋅⋅」ってなりますから。

それが面倒なら「触るな!」と貼り紙しておいてくださいね。

 

商品を仕舞っちゃう

これは転売目的の人あるあるかもしれませんが、僕結構本物ですか?」って聞くんですよね。偽物売るわけにいきませんから。

「偽物売るわけにいきませんから」ってどういうことって思った方はこちらの記事のもくじの2番で

【せどり】フリマからのヤフオク転売。ネットオークション出品の方法と手数料の全て。

2017.01.09

そして僕が「本物ですか?」って聞くと、その商品仕舞っちゃう出店者さんがいるんです。今までに何度か経験あります。
そこで僕は偽物と判断するわけですが。

勿論フリーマーケットだからといっても偽物は販売しちゃいけないんです。
しかも「本物ですか?」と聞いて商品隠す人は偽物と知って売っているわけです。これはいけません。

僕も別に通報する気はないんです。僕は鑑定人ではありませんから。本物か偽物かなんてわかりません。そういう出店者の態度とか、今までの経験による “手触り” とかで判断するわけです。
でも「本物か?」なんて聞いてくる人には警戒するんでしょう。

ここで、偽物と知って販売している出店者さんに、僕の経験による警告をしておきます。

ごくまれにだと思いますが、偽物を取り締まる方が見廻りをしています。僕も1度だけですが取り締まりを受けている現場に遭遇したことがあります。

「全て没収します」と言われていました。その出店者さんは。
「ふざけるな!」としばらくごねてたんですが、「では警察呼びましょうか」と言われたらおとなしく従っていました。

僕も1度しか目撃したことがないので本当にまれになのかもしれませんが、実際にあるんですこういうことが。
「本物なの?」と聞かれて隠す人は勿論こういうことを知って警戒しているんでしょうが。

とにかく犯罪行為はやめてくださいね!

 

たばこ

喫煙者にはキツイ世の中になってきましたが、フリマの世界はまだまだ時代に追い付いていません。

どこの会場でも「喫煙は所定の場所でね!」「出店ブース内での喫煙はダメだよ!」ってアナウンスしてます。 

この「出店ブース内での喫煙」が特に目立ちますね。フリマの場合。

出店ブース内とはつまり、出店者のことです。出店して商品並べてある所で吸っちゃダメ!ってことなんですが⋅⋅⋅、まぁ、、本当に多いですね。出店ブース内での喫煙が。
これで隣同士喧嘩にならないのが不思議です。(なってるかもしれないけど) 

でも、僕が1度もたばこでの喧嘩に遭遇したことがないことからみると、いかにフリマ界が喫煙者を優遇しているかが分かります。

お客さんなら離れればいいけど、出店者は離れられませんからね。

本当に何とかしてほしいですねアレ。
もっと厳しくしてほしいんですけどね。

フリーマーケット開催日程情報




テルオ的まとめ

どうでしたでしょうかフリマあるある。

たばこの話とか聞いちゃうと、ちょっとアレかもしれませんが⋅⋅⋅。

でも、たばこにしても偽物にしても、一部の不届きものの仕業です。大多数の人は善良な出店者さんです。

フリマをお勧めしている僕にしてみれば、こういう負の部分は言わない方がいいのかもしれませんが、これからフリマ界に足を踏み入れようとしている方には、良い部分も悪い部分もあえて知った上で足を踏み入れてもらいたいんです。

何も知らないより、知っているだけでも違うでしょ!?

そして今日は代々木公園フリーマーケットに行ってきました。明日には記事にするのでそちらもお楽しみに!

 







好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazonランキング1位の電子書籍が無料ダウンロードキャンペーン中!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 

僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!

 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。

 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

「ぼくのつまたん」の購読者になる!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。