【第6話】ネタバレあり!シェフ「Chef 三ツ星の給食」現実とドラマの違いと感想

chef6

 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。  

第6話を見て、学校給食経験者のテルオの率直な感想です。

光子さん
親権奪われたとか言ってるけど要するに
捨てたんだよね!

学校給食経験者関係ないね!

第6話あらすじ

「最高に美味しい!」
「ラレーヌも美味しいけどこっちも美味しい!」
「値段はこっちの方が断然安いよね!」

999円の鴨のコンフィ。毎晩行列で星野光(天海祐希)の屋台は大成功。
「飲食業としてはまさに理想的な状況」
「銀行は融資を拒まないでしょう」
馬場昇一(市川しんぺー)の元銀行員の理想的な状況との分析に「自分の店を持つ日も間近ね!」と満足気の光子。

翌日の献立がオニオングラタンスープと知って何故か光子のテンションが上がる。「オニオングラタンスープは私にとって特別!私のオニオングラタンスープは特別なの!」
そんな光子に「私は最高に美味しいオニオングラタンスープを知っています」と言う高山晴子(川口春奈)。

最高に美味しいオニオングラタンスープは父の味だと栄養士の荒木平介(遠藤憲一)に話す晴子。小さい時にお父さんが作ってくれたオニオングラタンスープは普通のオニオングラタンスープじゃないと。

特製のブイヨンからコハク色の特製のスープを作り、ミンチ肉は鶏肉と牛を半々にするのがポイント。あめ色の玉ねぎをミキサーにかけて器に移したらうずらの卵を入れる。最後にチーズをのせてオーブンで焼く。
これが最高の “お父さんの味” 。

オニオングラタンスープ給食当日。いつものように光子は1人黙々と朝早くから調理に取り掛かっていた。

6時間煮込んだ特製ブイヨン。鶏と牛を半々にして子供でも食べやすくあっさりにする。
「あめ色玉ねぎのコクと甘さは子供は大好きなんだから!」
澄みきったコハク色のスープ。あめ色の玉ねぎをコンソメで炊いてミキサーにかける。
「溶き卵用意しておいて!」

父と全く同じ光子のオニオングラタンスープの作り方に驚きを隠せない晴子。

「美味しい!」
「何かホッとする!」
「最高!」
「食欲無かったけど食べられる!」

風邪を引いた子供にもウケが良く、最高に美味しいのは当たり前と化した光子の料理に子供達も大満足
「今日のオニオングラタンスープ最高よ!いつもとちょっと違って優しい味。今まで食べたオニオングラタンスープの中で1番美味しかった!」校長先生もその美味しいさに大興奮。

風邪を引いてた子もみんな食べていた。みんなおかわりしてスープはあっという間になくなり、残食率は過去最低を記録。
そんな記録ずくめの光子のオニオングラタンスープに対して、「人のレシピ盗んで作ったくせに偉そうなこと言わないで!」と言う晴子。

「20年前からこのレシピで作ってる。私以外にこんなレシピ思い付く人いるわけないじゃない!」

「いますよ。私の父です。」
「私の父が私のために作ってくれた特別な料理なの。もう2度と父のオニオングラタンスープを勝手に作らないで!」

晴子は実は娘の「ひかり」だと、光子が知った瞬間であった。

3歳の時に両親は離婚。光子は一流の料理人になるために父と晴子を捨ててフランスへ行った。最近になって星野光子は母親だと父に聞かされ、子供を捨ててまで選んだ大切な料理の仕事に捨てられて傷付いたあの人の姿を見たかったのだと荒木に話す晴子。

事の経緯を聞いたTVプロデューサー矢口早紀(友近)は、「あの子何かあると思ってた。面白くなってきたじゃない!」と電話で話しながら新店のネオビストロラレーヌへ入って行く。
なんと、ネオビストロラレーヌでも鴨のコンフィを前菜として999円で提供していた。

沢山のお客さんが列をなす中、開かない光子の屋台。

あなたに子供の給食が作れるわけがない・・・

美味しい料理を作るためならあなたは何を犠牲にしてもいいんですか・・・

結局子供達のためじゃなく自己満足なんですね・・・

自分のプライドが満たされたら給食作りは終わり。やっぱり子供達のことなんて何も考えてなかったんですね・・・

父の作ったオニオングラタンスープを勝手に作らないで・・・

光子は一人、今までの晴子の自分に対する言葉を思い返していた。

晴子が無断欠勤する中、平気な顔して仕事をする光子。
荒木が光子に話しかける。「何で捨てたんだ?」
「捨てられるわけないじゃない!!」

裁判に負けて親権を取られたのだと言う光子。
子供が産まれてから、料理人は諦めて家に入ってほしいと言う夫と毎日喧嘩になり、最後には離婚を突き付けられた。
光子には子育てに時間を割く余裕が無く、親権は奪われたのだと言う。

「でもわたし料理を諦められなかった!夢を捨てられなかった!」

荒木から全てを聞いた晴子は、ラレーヌに友達とやってきていた。
今日、11月17日は晴子の誕生日。
かつての光子がいたラレーヌでは、11月17日限定でオニオングラタンスープを出していたという事実を晴子は知ることに。

「星野シェフがラレーヌを去った今、オニオングラタンスープを出すことはありません」

どうして星野シェフは11月17日にオニオングラタンスープを出してたんですか?」

「駆け出しの頃、大切な人のために作った大切なレシピだから絶対に出すと言っていました」

父の味のオニオングラタンスープは実は光子の味だと知った晴子は、光子の屋台を訪れる。
オニオングラタンスープは父じゃなくてあなたが作ったレシピだったんですね・・・」

ひかりが風邪を引いた時オニオングラタンスープを作れるようにレシピを父に残していったのだと言う。
「毎年この日になると作っちゃうんだよね・・・」

光子のオニオングラタンスープが晴子の口に。

この味・・・
「わたしがずっと食べてきたオニオングラタンスープ・・・」
「最高に美味しい」

「22歳誕生日おめでと」

「3分過ぎてますけど」

光子とその娘、ひかり。
親子の絆が戻りつつあった。

スポンサーリンク

ドラマと現実の違い

うずらの卵を生のままでスープに落とすのか!?と思って観ていましたが、溶き卵にしてスープに混ぜていましたね。
学校給食では生卵を提供するのは厳禁ですから。必ず火を通します。

ドラマと現実との違いを書きたいんですが、ドラマと現実の違いがありませんでした。ルール通りでした。困りましたね(笑)。
今日は給食のルール的な事柄もほぼ出てきていません。うん、ほぼありませんでした。
「無い」では終わってしまうので、今日は「エプロン」について話したいと思います。

 

ドラマを観て気付いている方は気付いていると思いますが、学校給食ではその作業工程毎にエプロンを代えています。
検品、下処理、調理、仕上がり、肉魚等の汚染食材取扱い時、洗浄・・・といった具合に、その作業毎にエプロンを分けています。
何故そんな面倒なことをするのかというと、もう皆さんご存じの通り衛生面の理由からなわけです。

その衛生面というのは、単純に服が汚れるからという理由の他に、周りから見てあの人が何の作業中なのかを一目で分かるようにするためです。その為に、単にエプロンを代えるだけではなく、エプロンの色も変えているわけですね。

では何故「周りから見てあの人が何の作業中なのか一目で分かる」ようにしなくてはいけないのか。
学校給食では、仕上がり前の食材、仕上がり後の料理、肉魚等の汚染食材を接触、交差させることは禁止されているからです。衛生的な理由から。
だから、生肉を扱っている人がいれば、仕上がった衛生的に扱わなくてはならない料理を扱った作業をしている調理員は、決してその付近に立ち入らず接触することも厳禁になります。それが一目で分かるようにエプロンの色を変えています。

僕も調理員として働いていて一番気を使うところでもありました。頭をかなり使います。ボケ防止になりますね(笑)。
エプロンだけでもこのように大変頭を使うところですが、それに加え手袋、調理用具、クツまでも代えなくてはいけないので調理中の調理員の頭は常にフル回転です!

これが飲食店であれば、ちょっと適当でも全員同じ会社の人間なのでなーなーになるところですが、学校給食の場合はそうはいきません。
ドラマでは皆同じ公務員なのでこの飲食店の状態になりやすいわけですが、現実では調理員は委託を受けた民間会社、栄養士は公務員です。言わば、調理員と栄養士は別会社の人間です。

そして作業中は常に公務員である栄養士の目が光っています。委託の民間会社は栄養士に評価される立場なわけですから適当なことは出来ません。ヤバイことを続けていれば契約を解除されてしまいますから。

 

僕も飲食店から学校給食に入った人間です。同じ調理の仕事といっても、全く別もんだと最初に感じました。
飲食店のやり方にどっぷり漬かった人間は、最初は意識を変えることに本当に苦労します。そのあまりにも厳しい衛生管理に馴染めずに辞めていく人間も大勢います。

僕は以外と馴染みました。
僕は元々うやむやなことが嫌いで、ハッキリしていることを好む人間だったので学校給食に馴染むことが出来ました。

あくまで僕の経験上ですが、飲食店ではうやむやなことはうやむやなまま仕事が進んでいきます。それで成り立つんです。ですが学校給食の場合、うやむやをうやむやのままだと仕事が成り立ちません。

飲食店では理想はあくまで理想です。学校給食では理想を極力現実にする仕事です。
僕はこれが非常に自分に合っていたわけです。

学校給食という仕事に興味のある方は↓の記事になり方を詳しく書いていますので是非参考にしてみて下さい。

【調理師免許取得方法】学校給食で働きたいあなたへ

2016.10.25

 

今後の展開予想

やっぱり大方の予想通り晴子は光子の娘でしたね。捨てたんじゃなくて奪われたんだと光子は言っていましたが、僕から言わせればそれって要するに、捨てたってことだよね?って思っちゃいますが(笑)。

次回予告ではラレーヌも屋台を始めるようです。何で篠田は光子の後追いばかりするのでしょう。後追いは結局2番止まりだと思うんですが。。自分独自のアイディア無いんでしょうか。
お父さんに相談してみては?(笑)

なんか、絶対あるはずだと思っていたアレルギー問題。6話でもまだありませんね。このまま無しで終わるんでしょうか。絶対入れるべきだと思うんですが。

最後には絶対アレルギー問題か食中毒問題が再び入ってくると予想します。っていうか、学校給食を題材にするなら絶対に入れておくべき問題です!
僕もその時は大いに語らせてもらいます!

テルオ的視点で見る食育

今日はあまり学校給食のルール的な話がありませんでした。というか全く。

前にも言ったと思うんですが、光子さんは何で牛乳については放置なんでしょうか。フレンチレストランで牛乳なんて出てきませんからね。違和感は無いんでしょうかね三ツ星のシェフ。

実は僕は牛乳不用論者です。
それは世のお母さん方が言っている「牛乳は和食に合わない」という意味ではなく、「牛乳ってそんなに健康的な食品なの?」っていう意味で。

妊娠もしていない牛が毎日お乳が出る。

これは動物界ではあり得ない異常な状態なんじゃないか。と、無知な僕は思ってしまうわけです。

【第7話】ネタバレあり!シェフ「Chef 三ツ星の給食」現実とドラマの違いと感想

2016.11.25

【調理師免許取得方法】学校給食で働きたいあなたへ

2016.10.25

 

東京都は「ニート、フリーター」の就職支援に力を入れています(全て無料)



 
就職したいが何の経験も無いニート、フリーター、派遣、無職の方のために東京都が無料で就職支援に乗り出しています。

たとえば、もう「調理師として学校給食で働くんだ!」と決めている方はそれにまっしぐらに突き進めますが、「ずっとニートだし···」「ずっとフリーターで社会経験無いし···」「資格も無いし···」「何がしたいかもよくわからない···」そんな方のための東京都の公共事業で行う無料相談&無料支援サービスです。最初から最後まで全て無料!

自由に生きるために役立つ無料電子書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。