うつ病になる前に逃げるための方法。逃げることは悪じゃないって知ってた?

ad2-1

 

こんにちは。テルオ(@undoteruo)です。

今日は、いじめや過酷な労働によって自殺してしまう人から学ぶ、逃げるための方法について話していこうと思います。

自殺者はもう帰っては来ません。残念なことですが、私達がその人達にしてあげられることはもう何もありません。
今を生きている私たちが出来ることは、自殺者から、自分を守るための術を学ぶことです。

 

僕の退職後

前回の記事で僕は適応障害になり、会社を辞めた話をしました。
うつ病に発展する前の適応障害の段階で原因から離れることが出来た僕は幸運だったと思います。
適応障害は、原因から離れた後、約6ヶ月以内に完治するとされています。
僕が会社を辞めたのが今年の9月末でしたので、まだ1ヶ月と数日しか経っていないことになります。
もうさすがに吐き気も手の震えもありません。こうしてホームページも運営できていますし。
ですが、まだ完治はしていないなと何となく感じるところもあります。

僕は多分かなり軽度な段階だったと思うんですよ。思考能力が残っている内に自分で鍵を見つけて逃げ道の扉を開くことが出来たわけですから。

でもそんな僕でも仕事を辞めて1ヶ月経ってもまだ完治しないんです。
そう考えると、実際に自殺に踏み切ろうとまで考えた人が完治するまでにかかる時間は、一体どれ程のものになるのか、想像も出来ない時間が必要でしょう。

 

適応障害やうつ病になりやすい人

 

一般的に適応障害やうつ病になりやすい人は、

真面目
他人の目を気にする
完璧主義
責任感が強い
内気で人付き合いが下手

これ以外にも細かく分類すればもっと沢山あると思いますが、大体どこでもこういったことが共通で言われています。
ちなみに僕はこれらに全て当てはまります。

なりやすい人の性格は僕も以前から大体知っていました。それでも、自分は適応障害やらうつ病やらとは無縁の人間だと思っていました

全てとは言わないまでも、上のどれか1つは当てはまる人、結構いるんじゃないでしょうか。
「自分はうつ病になんかならない」と、他人事に思っていることもまた、適応障害やうつ病になりやすい人と言えるのかもしれません。
詐欺なんかに自分は引っ掛からないと思っているほど騙されやすいって言いますよね。
それと同じです。

 

自殺者に対する以前の僕の考え方

ad2-1

 

はっきり言って僕は、自殺なんかする人はバカだと思っていました。

「他人に迷惑かけてなんなんだ!」

死ぬなら場所を選んで他人に迷惑かけないで勝手に死んでくれよ!

「自殺するくらいなら仕事なんか辞めちゃえばいいのに!」

「学校なんか行かなきゃいいじゃん!」

自分は自殺なんかとは無縁で、元気に毎日頑張っている人はみんな思うんじゃないでしょうか。

「自殺する前に何で周りに相談しないんだよ!?」

自殺するまで思い詰めているなら、もはや他人にどう思われようが恥ずかしかろうが先生に相談して、死んだら余計迷惑かけるんだから自殺する前に親にも相談すればいいのに。

「仕事なんか、何でさっさと逃げ出さないの!?」

仕事なんてただの生活の手段に過ぎないんだから、自殺するまで頑張る必要なんかないのに。何でさっさと逃げ出さないのか。

 

自殺に片足を突っ込みかけて分かったこと

ad2-2

 

僕は実際に具体的な自殺を考えはしませんでしたが、毎日少しは頭をよぎったことは事実です。

自殺なんて怖いし、する勇気もない。
逃げ出すわけにもいかない。
逃げ出すこともなく、自殺もせずに済む、何かそれに変わる方法はないだろうか。

もし、何か犯罪でも犯して刑務所に入れば、僕の考えとは別に、法的な力によって働くことが出来なくなるんじゃないだろうか。
逮捕されれば、仕事のことは考えなくて済むんじゃないか。
「自分としては仕事がしたいんだけど、でも警察がダメって言うんですよ」

あくまで、自分で逃げ出したんじゃなくて、警察に止められているということにできる。

自殺の代わりにこんなことを考えていました。

怖いですね!
本当に怖いことです。

考えていたといっても、全然具体的な話じゃありませんでしたが。
でも、自殺なんかとは無縁と考えていた自分が、自殺に片足を突っ込みかけていたことは事実でしょう。

この経験で、僕が以前「自殺するくらいなら会社なんかさっさと逃げ出しちゃえばいのに」と簡単に考えていたことは間違いだと知りました。

自殺願望のある人に「逃げる」ということは簡単なことじゃないんです。「逃げる」ことにも力が必要なんです。

学校を逃げ出せば勉強が遅れるし、余計行きずらくなるし、親にも心配かける。

仕事を逃げ出せば、自分に任されている仕事が滞って同僚に迷惑がかかるし、自分に任せられている仕事が無いとしても、単純に労働力が1人減るわけだから会社に迷惑がかかる。

逃げるためには勇気と力が必要です。

追い詰められている人間に、その勇気と力は残っていません。
そんな力の無い自分でも思い付きで簡単に出来ること。

一歩踏み出して、飛び込む

 

自殺に力が必要ならば、誰にも迷惑のかからない方法を選ぶはずなんです。力が残っているんだから。

でも現実には、駅のホームです。
逃げるには力が必要です。
とことん追い詰められている人間にそんな力は残っていませんから、会社へ出勤しようと、学校へ登校しようと駅へ向かいます。
そこで一歩踏み出すという簡単な方法が頭をよぎるんです。

 

元気に毎日頑張れている健康な人間には、自殺には大変な力が必要だと考えます。
ですが追い詰められている人間にとっては、仕事や学校から逃げ出すことの方がよっぽど辛いことなんです。

だって、ほら、うつ病は責任感の強い人間がなる傾向があるんでしょ?
責任感の強い人間が、会社から突然逃げ出すなんて出来るはずないじゃないですか。

では、幸運にも逃げ出すことに成功した僕は、この人達と一体何が違ったんでしょうか?

 

危険察知能力

ad2-3

 

僕が幸運にも逃げ出すことに成功したのは何故でしょうか?
逃げ出す力が残っているうちに逃げ出す準備をすることが出来たのは、一体何故でしょうか。

前回の記事を読んで頂いている方には分かると思いますが、僕が逃げ出す準備を決めたのはかなり初期の段階です。
適応障害の原因が発生して、数日後には「近い将来この会社は辞めよう」と決めていました。
そう決めた理由は3つあります。

1. パワハラを起こし仕事を放棄して職場を離れた人間を、謝罪したとはいえ、翌日には復帰させたこと。

2. 身の危険を感じているという僕の言葉を笑って流した社長。

3. 僕が身の危険を感じていると言っている人物のいる職場へ「ケジメをつけろ」と僕を現場へ戻そうとする会社。

この3つの理由で僕は会社を辞めようと決めました。

普通の人だと、上司は一応みんなの前で謝罪したわけだし、辞めようとまではこの時点では思わないと思うんです。

適応障害やうつ病になりやすい人。責任感、完璧主義な性格。
僕には幸運なことに、もうひとつ「危険察知能力」が備わっていました。

「身の危険を感じている」なんて、笑って流した社長の反応も当然と言えば当然なんです。
「妖精が見える!」と言っている人を笑うのと似ています。
大部分の人は妖精なんか見えないわけですから。「ちょっとおかしいんじゃないの?」と笑うのは自然なことです。

でも妖精が見える人は誰が何と言おうと見えるんですから、仕方ありません。
僕も誰が何と言おうが、身の危険を感じるものは感じるんだから仕方ないんです。

一般的にどうかなんていう一般論はどうでもよくて、自分にとっての身の危険です。

自分にとって、危険な人物と一緒にいること。
自分にとって、危険な人物と一緒に働けと言う会社。

ここに僕は、自分にとっての危険を感じたんです。

このように、普通の人ならばそのまま流れに身を任せて知らぬ間に危険な沼地にはまりこんで、行き着くところまで行ってしまうでしょう。
その一方で、僕のように危険察知能力が高く、早期に危険を嗅ぎとって逃げることができる人間もいます。

自殺者には、この危険察知能力による早期の判断が必要だったんです。

では、早期に判断できるようにするためには一体何が必要なんでしょうか。

 

早期に逃げる判断ができるようになるために

ad2-4

 

早期に危険を察知して逃げる判断ができるようにする、危険察知能力を身に付けるためにはどうすればいいのか。

それは、詐欺と同じで、「自分に限って詐欺なんかに引っ掛かるはずがない」という考えを、元気なうちに改めることです。

でも元気なうちって難しいんですよね。
自分に関係ないと思っていることは調べたり真剣に人の話を聞いたりしませんから。

僕もそうでした。自殺者をバカにしていたり、浅はかな考えで人に持論を押し付けたり。
たまたま僕は最初から危険察知能力が高かっただけで。

できれば義務教育で教育してほしいんですが、前回も言ったように、逃げ道の扉の1つ1つに鍵を掛けていくのが今の日本の教育です。
残念ですが現在のところ、
教育に頼ることは出来ません。
国会を操れるくらい力を持った権力者にでもならない限り、この日本の教育を変えることは出来ません。

であるならば、もう自分で勉強するしかないんです。
誰も教えてくれません。
マニュアルもありません。
元気なうちに。
出来るだけ早期に。

 

 

テルオ的まとめ

前回に引き続き、適応障害とうつ病について書いてきました。
三途の川を前にして戻ってきた僕の体験とそこから得た教訓を、是非僕と同じような今を生きている人達に伝えたいと思いました。

学校で悩んでいる。仕事で悩んでいる。。

こんなことで悩んでいることは本当にバカらしく、本当にもったいないことです。

嫌なことを克服するために我慢し、悩み、頑張る。

そんな頑張りは人生において全く必要じゃありません!

たった数十年で人間死ぬんですから好きなように行きましょうよ!

という考え方を、元気な今のうちに思い出してください。

 

 

 

自由に生きるために役立つ書籍の紹介!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。
「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。
無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 
僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。
僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
 
「でも、お高いんでしょ?」
 
安心してください。無料です。
 
 
聞き逃した方にもう一度。「自由な人生を手に入れる教科書」は今無料ダウンロードキャンペーン中です!
 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。
 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!
 
「自由な人生を手に入れる教科書」無料ダウンロードはこちら↓
自由な生き方について書いている「だいぽん」さんのブログはこちら↓
 

ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。