鬱病や適応障害で会社から逃げることは殺人鬼から逃げるのと同義という感覚で対応を

ad-4-1




 
 
こんにちは。適応障害で即決で会社を辞めたテルオ(@undoteruo)です。
 
 
僕の前職は学校給食調理員というものでしたが、僕はそこで適応障害になりその会社を辞めました。
 
もう何度かこのブログ内でも話していますが、僕が会社を辞めようと決心したのは、社長のこの発言の瞬間でした。
 
 
この会社でも実際に鬱病になっても薬を飲みながら頑張っている社員も何人かいるんだから、テルオ君ももう少し頑張ってみようよ...
 
 
一見、すごく優しい社長の発言かもしれません。普通は早く辞めさせたいと思うものでしょう。
 
しかし、会社にとって厄介者以外の何者でもない適応障害や鬱病の人間に対して引き留めてくれているわけですから、社長は優しい人間だったのでしょう。
 
ですが僕はその社長の言葉を聞いて「仕事って、薬を飲んでまで頑張ってしがみつくようなものなのか?…」と思ったわけです。
 
 
僕は元々、良く言えば独立思考と言いますが、いつかは一人でお金を稼ぎたいという思いを持っていました。そういう思いもあったので、その社長の言葉でもう辞めよう」とすぐに思ったわけです。
 
 
今回は、適応障害で会社を辞めた経験を持つ僕が、鬱病や適応障害になった場合に会社は辞めるべきなのかどうかについて話していきたいと思います。
 
 
勿論、僕としての結論を先に言えば、辞めるべきです。
 




鬱病で休職

ad-4-10
 
 
会社には休職制度というものがあります。
 
病気や怪我などで働けない場合に、一時的に傷病手当という給料の何割かを貰える制度を利用しながら会社を休むことができるというものです。
鬱病や適応障害の医師からの診断書があれば申請可能です。
 
 
僕は会社を辞めた今、飲食店でアルバイトをしているんですが、そのバイト先に最近、鬱病で休職していたという社員が配属されました。復帰を目指してリハビリがてら営業に参加しているという社員です
 
 
鬱病になっても会社を辞めずに頑張ろうと思えば、このように傷病手当を貰って休職して復帰して頑張って働き続けることも可能は可能です。
 

僕が傷病手当を貰わずに会社を辞めた理由

ad-4-2
 
 
僕は傷病手当を貰って休職することなく会社を辞めました。
 
 
傷病手当を貰って休職するというのは、あくまでその会社で復帰を目指すことが前提です。
 
 
僕の場合は鬱病の一歩手前の適応障害だったわけですが、僕の適応障害の原因は仕事にありました。
 
適応障害はその原因から離れなければ治りません。
 
 
なので僕の場合も、傷病手当を貰って完治するまでしばらく会社を休むことは可能だったわけです。
 
しかし、傷病手当を貰って休職するというのは復帰を前提としているため、会社の人間と頻繁に電話などでやり取りをしなければいけません。
3ヶ月間休むからって3ヶ月間放置しておいてはくれません。
 
僕は仕事のことを思い出すのも嫌だったため、仕事の人間とは一切関わりたくありませんでした。
 
 
 
それと、僕が傷病手当を貰わなかった理由がもう一つ。
 
傷病手当は復帰を前提としているとはいえ、会社に「実は辞めるつもりなんです」なんて言わなければべつにバレません。
 
辞めるつもりであっても、少し落ち着くまで傷病手当を貰ながら休職し、その後退職してもいいわけです。
 
ですが僕はこれをしませんでした。その理由というのは最初にも話した通り、薬を飲んで頑張るなんて嫌だ」という思いがあり結局は辞めると決心していたということと、もし今後他の会社へ転職しようと思った場合に、傷病手当を貰いながら休職していたという事実は相手企業に知られことになるからです。
 
 
「前の会社で傷病手当を貰いながら休職し、その後すぐに退職されていますが、何があったのですか?」
 
 
こんな感じで必ず聞かれるでしょう。こうなれば適応障害だったと言うしかありません。
 
転職には完全に不利な状況になります。
 
勿論面接で嘘をつき通せばバレないかもしれませんが、僕にはその自信はありません。
 
 
 
今の会社に復帰することを前提として頑張ろうと考えている方にとっては傷病手当はいい制度かもしれませんが、その仕事を今後辞めて転職する可能性があるのならば、傷病手当は不利に働いてしまいます。
 
 
こういう理由で僕は傷病手当を貰わずに会社を辞めました。
 

鬱病とは一生付き合わなくてはいけない

ad-4-5
 
 
「適応障害は原因から離れて6ヶ月経過すれば完治する」と医者に言われましたが、僕が完治後に仕事に復帰してもいつかはまた同じことになり、その繰り返しの後鬱病に発展していたのではないかと、今の僕の状況から察しがつきます。
 
適応障害は原因から離れれば楽になれますが、鬱病に発展してしまった場合には、原因から離れてもなかなか楽にはなれない」と医者は話していました
 
 
要するに、適応障害の僕でもこうなんだから、鬱病は更に真剣に一生付き合わなくてはいけない病ということになります。
 

鬱病は会社にとってお荷物でしかない

ad-4-3
 
 
最初に、僕のバイト先に鬱病を何度か繰り返している社員が配属されたと話しましたが、その社員を見ている限り、この会社では今後出世は望めないでしょう。
 
 
目は合わせられない
 
声は小さい
 
コミュニケーションがとれない
 
 
接客業としては致命的です。
 
 
これが完治すればいいですが、鬱病は繰り返すため一生付き合っていかなくてはいけません。
 
一時は良くなったように見えても、また繰り返す恐れのある人間を責任ある立場にすることは、会社はするはずもありません。
 
それに、飲食店は慢性的な人手不足のため、リハビリがてらとは言っても、一人の戦力として鬱病の社員もシフトに組み込まれています。
 
 
この社員がこの前、突然当日に体調不良で欠勤したんですが、お店の他の健康なスタッフからは文句の嵐でした。
 
 
「急に休むなよな!」
 
「何であんな使えない人間入れるんだよ!」
 
「あんな変なヤツ配属するなよな!」
 
「あの人に包丁握らせたらヤバくない!?」
 
 
勿論皆その社員の事情は知っていましたが、健康な人間に鬱病なんて関係ありません。
 
 
今日、営業がスムーズに回るかどうか
 
 
それ以外のことは知ったことではなく、鬱病であっても当日急に欠勤したことに対する不満、シフトに組み入れている店長への不満、そんな迷惑な“使えない人間”を配属させた会社への不満。
 
そして、包丁を握らせたらヤバいという、身の危険。
 
 
僕は適応障害を経験しているため、この鬱病の社員の辛さはそれなりにわかります。僕のようにすぐに辞めることはせずに、薬を飲んで頑張っているのでしょう。
 
ある意味尊敬するほどですが、他の多くの健康な人間には理解されるはずもありません。しかもただでさえ人手不足の飲食店ならば尚更です。
 
 
他のスタッフから信頼を得られない、理解もされないこういった鬱病を抱える人間が責任ある立場の店長に会社もするはずもなく、会社にとってはお荷物でしかありません。
 
 
鬱病と闘いながら仕事に復帰するその精神力は素晴らしいとは思いますが、鬱病を抱えながら会社で働くということの現実は、こうです。
 
 
 
僕がもし、あの社長の言葉通りに薬を飲んで仕事を続けていたら、この社員と同じ扱いになっていたのかと思うと、それを想像しただけで恐怖です。
 




鬱病の人間の悩みどころ

ad-4-9
 
 
鬱病や適応障害になる人間は真面目な人間が多いでしょう。
 
僕もそうですが、変に真面目で、他の人ならばスルーするようなことでも細かく深くいちいち考え込んでしまう性格です。
 
 
人が集まって笑っていたら「僕のことかな…」なんて考えてしまいます。
 
 
人の言葉の裏の意味を探ってしまいます。
 
 
人に気を使うがあまり、自分の意図とは違う行動や言動をとってしまうこともあります。
 
 
「自分が休んだら皆が大変だろう」「いや、こんな状態ならば休んだ方がいいだろう」
この考え方がぐるぐる頭の中を回って答えが出ません。
 
 
僕の場合には、他人のことは全て捨てて自分を最優先に考えることにして仕事を辞めました。
 
しかしバイト先の鬱病の社員のように、「休んだら迷惑がかかる」「今辞めたらもう社会に出られないかもしれない」「鬱病で辞めたなんて言ったら恥ずかしい」
 
特に、結婚していて家族がいれば「仕事を辞めたら妻や子供に迷惑がかかる」「妻の両親に申し訳ない」
 
何よりも、「自分は完治して以前のようにバリバリ働きたい!」という思いがあるからこそ頑張って会社にしがみついているんです
 
 
辞める
 
辞めない
 
辞める
 
辞めない
 
 
どちらが自分にとっていいことなのか、周りに迷惑をかけないためにはどうすればいいのかということについてずっと悩みます。
 
 
健康な人間からしたらそんなに辛けりゃ仕事なんて辞めちゃえよ!」なんて言うと思いますが、こんなことを言える人間はそもそも鬱病なんかにはならないわけです。
 
 
 
僕は他人のことなんて考えるのはやめて自分を最優先にしてすぐに会社を辞めたんですが、頑張って鬱病と闘いながら出勤する人間は凄いと思います。
 
ですが、そんな凄さは必要ではありません。
 
 
仕事に悩みながら仕事をする
 
 
何のために仕事をしているでしょう。
 

結論、早く辞めろ

ad-4-11
 
 
鬱病を抱えても通院して薬を飲みながら頑張って会社勤めをしている人間は「逃げるのは恥ずかしいこと」と考えています。
 
恥ずかしいこととは一体何を想像しているのかといえば、
 
 
暗い部屋に閉じこもってお母さんが部屋の扉の前に食事を用意しておく
 
 
こういった映像を思い浮かべて「そんなことは恥ずかしいこと」だと考えています。
 
 
確かに恥ずかしいことかもしれません。僕もそんな生活は嫌です。
 
でも会社から逃げたからといって、人生からも逃げる必要はないわけです。
 
逃げた先が暗い部屋である必要もないわけです。
 
 
「逃げることは恥ずかしいこと」という考え方がそもそもの間違いで、生き物は嫌なことから身を守るという本能が備わっています。
 
「逃げたい」と感じたということは、あなたにとってその場に居続けることは危険なことだと脳が警告しているんです。
 
野生の動物は病院や薬なんてないのでもう逃げるしか道はないわけですが、人間界には病院や薬やカウンセラーがいますから、なんとかそれに頼って頑張ろうとします。
 
つまり、嫌なことから逃げずに頑張るというのは自然な行いではないということなのではないでしょうか。
 
 
 
鬱病のことは安易に語ることは控えますが、僕の適応障害の場合には、適応障害で薬を飲むということは「逃げずに頑張るためのもの」です。
 
実際に僕にも薬が処方されましたが、僕は病院の帰りにその処方箋を破ってゴミ箱へ捨てました。
 
 
ad-4-7
 
 
嫌なことを無理して頑張るつもりがなかったので僕には必要のない薬と考えたからです。
 
 
薬全般に言えることは、薬とは逃げずに頑張って生き続けるためのものです。
 
 
詳しくは知らないので例えとして適切かどうかわかりませんが、癌の人間が薬を飲まないということは、死を意味します。死なずに生きるために薬を飲むわけです。
 
適応障害は薬を飲まなくても死にません。逃げればいいんです。
 
逃げれば治ることに対して薬を飲むなんて自然ではないし、薬を飲んで頑張って会社へ行かなければ死んでしまうというものでもありません。
 
 
つまり、「あなたにとってここから先は危険なことだよ!」と脳が警告しているにも関わらず、薬で脳を麻痺させて会社へ行くというのは、あってはならないことだと僕は考えています。
 
 
 
鬱病とは、適応障害の上の段階の症状です。
 
鬱病とは、脳が「逃げろ」と警告しているにも関わらずその場に留まって頑張ろうとしてしまったことによる結果です。
 
何故逃げなかったのかと言えば、「逃げることは恥ずかしいこと」との考えによるものです。
 
恥ずかしくなんかありません。
 
脳の警告を無視することの方がよっぽど恥ずかしいことです。
 
 
結論、早く逃げろ
 
 
 
危険な場所から逃げることは恥ずかしいことではありません。
 
鬱病はただ、目に見えなく、人によって感じ方に差があるものであるから恥ずかしいと思われがちなだけであって、実は、チェーンソーを振り回す頭のイカれた人間から逃げることは恥ずかしいことではないのと一緒なんです。
 
 
ad-4-12
 
 
頭のイカれた殺人鬼は全ての人間が「危険」と感じるものであるから逃げることが正義だと誰もが言いますが、会社から逃げることは多くの健康な人間には理解できないために、悪と言われてしまいます。
 
 
真面目な人間は「集団の流れに逆らうな」との教えの義務教育を真面目に受けてきた人間なので、少数派の自分は恥ずかしい人間だと思い、多数派に自分を合わせようと一生懸命努力します。
 
 
義務教育よりも、自分の脳からの警告を信じましょう。
 
 

一般の人を悪者にしても自分は救われない

ad-4-6
 
僕は自分の適応障害の経験から、「嫌な仕事は辞めるべき」との立場です。
 

健康なバイトとしての立場からも、「早く辞めるべき」だと思っています。

つまり、自分の適応障害の経験と、鬱病を抱えながら働く人間と一緒に仕事をした経験、両者の立場を経験した僕の結論が「辞めるべき」なんです。  

 
何よりも、会社には精神を患う人間を受け入れる体制が整ってはいません。
 
現場で働く多くの同僚からは迷惑でしかないのです。
 
 
 
自然界の群れて暮らす動物は、“皆と違う使えない変な動物”は群れから追い出される運命です。
健康な動物だけの方が群れにとって安全で生きやすいからです。
 
 
ad-4-4
 
 
人間界でこれを行うと「差別だよね」となるため、動物の本能を隠して世間の流れに従います。
 
ですがそれは隠しているだけに過ぎず、本心では面倒だと思い、そういう人間が集まれば不満が膨れ上がり、結局は本能が勝ちます。
 
 
これが現実であり、これが動物の本能です。
 
 
 

何か事件が起こると人権団体的なところが

こういう人間もいるのだと理解してほしい」

社会は受け入れる体制を整えるべきだ!」

「考え方を変えてくれ!」
 
こういったことを訴えかけてきます。 

 
確かにその通りなんですが、交通事故に合って人が死んでから「車を運転する人への自覚」をいくら訴えても死んだ人間は返ってきませんし、根本的に事故を絶対に起こさない車でも開発しない限りは事故は起き続けます。
 
直近でこの事故を避けるためには、歩行者自身が身の安全を自ら確保しなくてはいけません。
 
いくら病院へ行って薬を飲んでも、車道を歩けば事故は起きるんです。
 
運転手は車道を人が歩いていることなど想像しませんから、驚き、怒鳴り、学校や職場でその話をネタに笑い話になります。
 
 
これが現実なんです。
 
 
薬を飲みながら無理をして会社へ行って頑張るとは、徒歩からスケボーに乗り換えたに過ぎません。
 
どのみち危険です。
 




テルオ的まとめ

ad-4-8
 
 
僕は適応障害だったため、鬱病に関しては想像でしかありませんが、実際に鬱病で働いている人を間近で見て、やっぱり早く辞めた方がいいのではないかと感じています。
 
そして原因がその仕事にあるのであれば、できるならば鬱病になる前に、僕のような適応障害の段階で会社から逃げることをおすすめします
 
だって、仕事は日本中にいくらでもあるんですから!
 
とりあえず「ワークポート」等の転職サイトで一度、どんな仕事があるのか探してみるのもいいでしょう。環境の変わった場所で働く自分を想像してみてください。
 
 
そこまではまだ行動力が持てないという方は「MIIDAS(ミーダス)というサイトで自分の市場価値を算出してみましょう。自分の今までの経験や年齢を入力すれば、自分の市場価値の年収を教えてくれるというものです。
 
これでちょっと自信がつけば、次の自分が歩むべき一歩も見えてくるかもしれません!
 
 

もう仕事を辞めてしまって、しばらく休んでいて何の資格も持っていなくて不安な方は、そんな方を対象に東京都が行っている若者正社員チャレンジ事業というものもあります。

>>若者正社員チャレンジ事業の詳しい内容

 
 
こういう様々なサービスを利用して、早く逃げることを僕は強くおすすめします。
 
 
 
最後に、適応障害で仕事を辞めた経験者の僕から言っておきたいこと
 
  • 自分の脳からの警告は無視するな
  • 逃げることは恥ずかしいことではない
  • 会社は薬を飲んでまで頑張るものではない
  • 嫌な仕事はするべきではない
  • 仕事は生活の手段でしかない
 
これが、適応障害経験者の僕の現在の常識です。
 







好きなカテゴリーを選んでみてね!



Amazonランキング1位の電子書籍が無料ダウンロードキャンペーン中!

 
僕が仕事を辞めて「自由に生きよう」と思った際に参考にした本があります。「だいぽん」さんという方が書いている 「自由な人生を手に入れる教科書」という本です。
 
僕は、学校給食という仕事が嫌になり、やりたくもないのに訳の分からない会社の指示に従ってただ仕事をこなす人生が嫌になり、「人に雇われずに自分で稼ごう!」と思って仕事を辞め、このブログを始めました。
 
普通の人だと、そんな嫌な仕事は早く忘れたく、記憶から抹消したい経験だと思いますが、僕はその早く忘れたい嫌な経験を新しい人生に活かしています。
 
何が言いたいのかというと、「どんな経験も、例えクソみたいな経験であっても、決して自分の人生において無駄にはならない」ということです。無駄な経験なんてないのであれば、人がやらない少数派の道を進むことの方が、はるかに人生役に立つはずだと僕は思っています。
 

 

僕はこの本を参考にし「ブログで飯を食う」ことに5ヶ月間挑戦した結果、月間15万PV(月間15万ページが読まれている)、間5万円の収益を上げることができました。勿論5万円では生活はできませんが、収益は順調に伸びています。
 
1ヶ月目(0円)→2ヶ月目(28円)→3ヶ月目(280円)→4ヶ月目(4000円)→5ヶ月目(50000円)
 
「ブログで稼ごう」と思ってブログでひと月5000円以上実際に稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。僕は全くの素人ながら、5ヶ月目でその5%の中に入りました。 この結果には明らかに「自由な人生を手に入れる教科書」が少なからず影響しています。
 
これからもこの本を参考にし、収益を「プロ」と呼べるレベルまで上げていこうと思っています。その時にはまた、更に自信を持って「自由な人生を手に入れる教科書」をおすすめできることになると思います。
 
でも、お高いんでしょ?
 
安心してください。無料です。
 
聞き逃した方にもう一度。
「自由な人生を手に入れる教科書」は今
無料ダウンロードキャンペーン中です!

 
僕みたいにブロガーとしてだけではなく、「自由に生きたい!」と考えている全ての人に役に立つ内容です。今なら無料でダウンロードできるので、とりあえずダウンロードしておいて暇な時にでも読んでみてください。

 
企業に属する人生がいかに無駄なことなのかを知ることになるので既に会社に魂を売って全てを捧げる人生を決めている人はダウンロードしない方がいいですね!

「ぼくのつまたん」の購読者になる!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




ABOUTこの記事をかいた人

福島県出身。高校を卒業後東京へ。 東京で愛する女性に出逢い30歳で結婚しました。 僕の経験を元に、恋愛や結婚は勿論のこと、仕事の考え方や人間関係、教育に至るまで、「幸せに生きる」とは一体何なのか。 誰にも搾取されずに幸せに生きるための方法をお届けしていけたらなと思います。